tern

tern verge P10 日記 〜 初折畳み&搬送編(その3)【橋輪Blog】

皆様こんにちは、Yuboです。

私事で恐縮ではございますが、6/19(月)からインドに渡航することになりまして、その前に本編(初折畳み&搬送編)を可能な限り仕上げさせて頂きたく、割り込みで投稿させて頂きたいと思います。

前回掲載させて頂いた課題をリストしてみますと、tern verge P10 を AirPorter に収納するにあたっては、(まとめ方の悪さはさておき)少なくとも、以下のような4つの課題がありました。

  1. 折り畳んだだけでは入らない
  2. 部品を取り外した際の受け口の保護(ハンドルとシートポスト)
  3. ハンドルの取り外し作業は、一般の自転車ユーザにとっては難関
  4. ディスクブレーキのローターは破損しやすい

それでは、とりあえず、ひとつ一つ解決していくことにしましょう。


【課題 枩泙蠑んだだけでは入らない

これは総論のお話しです。モットーは最小限の手間で、折り畳み&組み立てができるようにすることです。また、折り畳んだ状態で、多少手荒く荷物が扱われても、容易には壊れないようにすることも考慮しなければなりません。その意味では、単に入っただけでも不十分で、搬送時の保護対策を施す必要があります。

【課題◆柯品を取り外した際の受け口の保護(ハンドルとシートポスト)


AirPorter にホールディグ・バイクを収納する方法は、おそらく機種ごとに異なる収納方法が考えられると思われますが、今回は tern verge P10 を例に、またタイヤを取り外さない形で収納を試みました。この事情は、むろん私がそういう方針を立てたわけではなく、橋輪さんが試行錯誤して、「こうしないと入らないね」という結果に至った、ある意味消極的な理由によります。

もう一つの方針として、ハンドルとシートポストを取り外すことにしました。これも上述の方針とセットですが、寸法を測った結果、これで何とか AirPorter に収めることができそう、という青写真を描くことができたため、ようやく具体的な作業に着手することができたという経緯が背景にありました。

そうなると、一方では、取り外した部分の受け口が元々衝撃に耐えうる設計となっていないため、この部分を何らかの方法で保護する必要性ができています。

では、以下具体的な作業に進みましょう。

DSC_0703

作業前は、組み立て完了時の状態とします。



DSC_0722

ハンドルの真下に、輪行袋が付いてますが、このまま AirPorterに収納を試みます。



DSC_0720

これからご説明する、収納作業の大きなポイントの一つは、ハンドルを取り外すことにあります。まずは、組み上がった状態で、どのような手順を踏む必要があるのかを確認してみます。


DSC_0719

ハンドルしたのレバーを開くと、写真のような支柱が現れます。通常、単に折り畳むだけであれば、この支柱を意識することはありませんが(触る必要がないというよりは、むしろ触ってはいけないもの)、作業を効率的に行うために、この支柱に取り付けられているナット部分を回して、ハンドル支柱とレバーの間隔を広げることができます。

このナットは、レバーがカチっとはまるように調整するためのものですので、今回は作業上の理由により間隔を広げますが、言うまでもなく緩めたままですと、レバーを閉じてもしっかりとハンドルが固定されず、逆にナットを締めすぎると、ハンドルを立てた状態でレバーが完全に閉じなくなってしまい、この場合もやはりハンドルが固定されなくなってしまいます。

その意味で、この支柱にあるナットの調整を行う場合には、事前に適切に調整された状態位置やレバーの閉まり具合(力の入れる程度)をしっかりと把握した上で、調整作業に進むことをおすすめします。


DSC_0718

さて、本題に戻りましょう。このレバーの内部には、フロントフォークを固定するためのネジとフタが取り付けられています。ハンドルを取り外すにはこのフロントフォークを固定するネジを緩めて取り外す必要がありますので、5mm のL型レンチを用意します。これを利用して、ボルトを緩めていきます。


DSC_0716

この作業を上から覗くとこんな感じに見えています。



DSC_0714

これでまずはフロントフォークの固定するボルトを取り外すことができました。

この段階で、一旦フロントフォークのボルトを元に戻し、組み立て完了時の状態に戻して、一般的な折畳み手順+αの取り外し作業という流れで、順番に説明していきます。


DSC_0713

最初に右のペダルを取り外します。これは、通常の折畳み手順の一環として必要な作業です。



DSC_0712

2つの黄色いボタンを内側に押し込むとペダルが簡単に取り外せます。



DSC_0709

取り外したペダルは、ハンドル下部にある専用の収納口を利用して、差し込みます。



DSC_0708

収納口は右と左に一つずつ設けられています。



DSC_0707

とりあえず、シートポストを下げてみます。



DSC_0706

通常の折畳み作業の一環です。



DSC_0705

シートポストの底面が地面に接するぐらいまで、これを引き下げます。



DSC_0704
ボトルケージ下部にある、フレームを折り畳むためのレバーを開きます。



DSC_0702

本体をN字に折り畳みます。



DSC_0701
この辺りはまだ通常の折畳み手順です。



DSC_0697
前後のタイヤを合わせて、磁石で引きつけます。



DSC_0696

先だって解説したように、ここからが AirPorter 収納のための特別な作業になります。



DSC_0694

L型レンチを利用して、ハンドル支柱にあるボルトを緩めます。この段階で、上側にあるレバーとハンドルポストをつなぐ支柱のナットについては、先ほど解説したように、作業をしやすくするために、必要に応じて調整します。



DSC_0692

写真のように、ボルトが浮き上がるまで緩めます。



DSC_0690
ボルトが緩んで外れたことを確認して、フタごとネジを取り外します。



DSC_0688

このように取り外せます。



DSC_1759

この段階で、取り外した部品は、フタとボルトだけに見えますが、正確にはボルトとフタの間には写真のようなワッシャーが挟んであり、またボルトの上にはゴム製のキャップ(この段階で写真を撮り忘れました)が取り付けられていますので、順番としては、まずゴム製のキャップを取り外すことにより見えるボルトをL型レンチで取り外す形になります。


DSC_0687

フタとボルトを抜いた状態で一旦ハンドルポストを立てます。



DSC_0686

すると、写真のような向きの場合、上方向に引き抜くことができます。



DSC_0685

ハンドルには、ブレーキとリア・ギア用のシフトケーブルが取り付けてあるため、完全に本体と分離できるわけではありませんが、写真のように引き抜くことができます。



DSC_0684

このように引き抜くことができました。



DSC_0683

この状態ですと、フロントフォークがまったく固定されていませんので、重力に引かれて抜けてしまいます。



DSC_0681

本来、フロントの2穴の開いた平らな部分には、tern のエンブレムが取り付けてあるのですが、購入して早々に柄の部分が割れて外れてしまいましたが、ここでは無視してください(汗)

さて、長々と説明を続けてきてしまいましたが、この段階で一息入れることにしましょう。ハンドルを無事取り外せたということは、ここで新たな課題を検討しなくてはなりません。具体的には、ハンドルを取り外すことによりむき出しになってしまった受け口を、何らかの形で保護する必要があります。

そこで、秘密兵器の登場です♪ これは私にとって知るよしもなかったことですが、ハンドルを取り外した際に露出してしまう受け口の直径は、なんと、どこでも買える紙テープの芯の直径と一緒とのこと。


DSC_0680

早速こんな感じで、早速取り外したフタとボルトに取り付けてもらいました。



DSC_0679

なんとなくピッタリしてよさげな感じです。



DSC_0678
二つぐらい揃えると、ピッタリはまるそうです。



DSC_0676

これがあるとなしでは搬送時の安心感がまったく違ったものになります。



DSC_0675
ボルトを締めてもらえば、ハンドルの取り外し作業は完了です。



DSC_0673

ボルトを締めてもらっている様子。



DSC_0671

一旦取り外して、改めて局部を拡大して撮影しました。



DSC_0659

ここで先ほど撮影し忘れた、ボルトのキャップを取り付けます。



DSC_0656

これが取り外し完了後の状態です。



DSC_0655

先ほども解説したように、ハンドルを完全に取り外すことは簡単にはできませんので、AirPorter に収納する際には、このような状態でうまく本体とハンドルが収まる位置を模索します。



DSC_0654

先ほどシートポストを最低まで下げましたが、この形状では入らないことが判明しましたので、抜いてしまうことにしました。



DSC_0653

これが、シートポストを抜き、ハンドルを取り外した状態です。シートポストにはケーブルが取り付けられていないため、ハンドルとは異なり完全に取り外すことが可能です。



DSC_0651

シートポストとハンドルを取り外した P10 を改めて眺めてみます。



DSC_0650

アングルを変えてもう一枚。



DSC_0649

シートポストを抜いてしまったため、本体を支える足がありませんので、代わりに簡単なクッションを敷いて本体を立てています。



DSC_0648

遠目からのアングルでもう一枚。



DSC_0644
この状態で AirPorter に収納してみます。容量的にはかなり余裕があります。



DSC_0643

かなりスカスカな状態であることがご確認頂けると思います。また取り外した部位の保護という観点では、シートポストの受け口に何ら保護を施していませんが、上記のような形で収納する場合、おそらく当該箇所が衝撃にさらされる確率は極めて低いと思われましたので、今回はとくに保護を施さない形で収納することにしました。



DSC_0645

このような作業を終えて何とか AirPorter に本体を入れることができたわけですが、まだまだこの段階では両手を挙げて喜ぶわけにはいきませんでした。前回、予告させて頂いたように、ご覧のような形でディスクブレーキのローター部分がはみ出してしまっています。頑張れば、このままチャックを締めて自身で搬送することは可能ですが、第三者に預けて搬送を依頼するには部位の保護は十分ではないと言えます。

そのような訳で、まだ2つの課題が解決できておりませんが、次回は課題とい鮹羶瓦鵬鮴發鮃圓錣擦督困予定です。

  1. 折り畳んだだけでは入らない
  2. 部品を取り外した際の受け口の保護(ハンドルとシートポスト)
  3. ハンドルの取り外し作業は、一般の自転車ユーザにとっては難関
  4. ディスクブレーキのローターは破損しやすい

6/19(月)は午後のフライトでインドに渡航してしまいますので、夕方に近づくほど記事をアップするのは難しいと思いますが、可能であれば渡航先のインドから現地レポートも併せて解説を行いたいと思います。


tern verge P10 日記 〜 初折畳み&搬送編(その2)【橋輪Blog】

皆様こんにちは、Yuboです

前回は tern verge P10 をホールディングして携帯するのではなく、飛行機の荷物として搬送する方法に関して、色々件とした結果、tern の純正品である AirPorter に行き着いたところまでのお話をさせて頂きました。

しかしながら、一方で適合表を確認する限り、この AirPorter に tern のホールディング・バイクを収納するためには、単にN字に畳むだけでは収納できず、何らかの部品を取り外す必要があるという、一定の制約があることがわかりました(tern の アクセサリーカタログを参照すると、すべてのモデルに「※」がついていて、素直に「○」にはなっていない)。

とはいえ、私自身を含めて、おそらくホールディング・バイクのユーザのほとんどは、持ち運ぶ際に荷造りをしなければならないとしても、僅かな数ステップで、折畳み&展開ができることを期待されていることでしょう。

そのような背景を踏まえて、今回は tern verge P10 を用いて、実際に収納可能性を検証してみようというのが、「初折畳み&搬送編」の趣旨になります。

前置きが長くなりました。再度、tern AirPorter の内容を確認してみましょう。


AirPorter
http://www.ternbicycles.com/jp/gear/471/airporter

DSC_9325
まずは概観から。こちらが tern のロゴのある表面です。



DSC_9326
TSAロック付きです。
(参考:プロテカのサイト)
 TSAロックの使い方


DSC_9327
しっかりとした取っ手が付いています。



DSC_9328
こちらが tern のロゴのない裏面です。左右に車が付いています。



DSC_9330
持ち運びに便利です。



DSC_9329
側面はこんな感じ。



DSC_9331
反対側も一応撮影。



DSC_9332
横にしてみました。ロゴ的には正しい向きになりますね。



DSC_9333
懲りもせず、今度は横にした裏面です。



DSC_9334
寝せてみました。



DSC_9336
フタを開けると、すでに tern verge P10 が入っていました。(注: tern AirPorter に tern verge P10 は付属していません)。



IMG_1276
一件落着。今日はもう疲れたので、このまま帰らせて頂きます。




DSC_1558
ほんとは、純正だったら、これぐらいの手軽さを期待したいところですが、やはり世の中そんなに甘くありませんでした。



DSC_1754
翌日、再び橋輪さんに戻ってきました。中身が空の状態から、改めて P10 収納してみましょう。



DSC_0635
裏蓋には、モデルによっては参考になる、収納方法のヒントがプリントされていましたが、P10 に関して言えば、ほとんど参考になりませんでした。



【tern verge P10 を AirPorter に収納する際の課題 

折り畳んだだけでは入らない
アクセサリーカタログにも「※」で記載されているように、一定の部品を取り外す必要があります。これは、折り畳んだ状態の P10 と AirPorter を比較してみれば一目瞭然でした。おそらく容積的には十分なのですが、形状がうまく直方体に収まらないのです。橋輪さんに色々と、試行錯誤してみてもらった結果、少なくともシートポストとハンドルを抜く必要があることが分かりました。

【tern verge P10 を AirPorter に収納する際の課題◆

部品を取り外した際の受け口の保護
ホールディングバイクは、折り畳んだ状態で簡単に持ち運び可能ですが、これをケースに入れて運ぶとなると、話は変わってきます。具体的には、ある程度ケースに入った状態で乱暴に扱われたとしても、破損しないような形で収納する必要性が出てくるわけです。上記の想定で、シートポストとハンドルを抜くとなると、取り外した後、本体のそれぞれの受け口を、何らかの形で保護する必要があります。

【tern verge P10 を AirPorter に収納する際の課題】

ハンドルの取り外し作業は、一般の自転車ユーザにとっては難関
私自身、ロードバイクにある程度乗り慣れていますが、ハンドルの取り外しは自分自身で一度も行ったことがありません。理由は、そもそもその必要性がないこと、またレンチの力の入れ方を間違えると、緩すぎて走行中の事故を誘引したり、強く閉めすぎて破損させてしまったりする可能性があるからです。

【tern verge P10 を AirPorter に収納する際の課題ぁ

ディスクブレーキのローターは破損しやすい
P10 に限った話ではありませんが、ロードバイクでも昨年 DURA-ACE に取り込まれたように、ディスクブレーキは確実に普及しつつあり、雨天時の制動力がほとんど変わらないこと、ロングライド時に長時間ブレーキを利かせても手が疲れにくいことなど、従来のカンチブレーキに対するディスクブレーキのメリットは、枚挙にいとまがありません。しかしながら、一方でデメリットもあるわけでして、とりわけ搬送、輪行する際にディスクを破損しないように注意しなければならないことが挙げられますが、この事情はホールディングバイクでも変わりません。

中間報告を先だって先にさせて頂くと、単にシートポストとハンドルを抜いて AirPorter に収納しただけでは、ちょうど前輪のローター部位が、下記の写真のようにはみだしてしまうことが判明し、この問題を解決するためには、橋輪さんのヒラメキが必要でした。

BlogPaint


次回以降は、上記の 銑い硫歛蠅魏魴茲垢襪燭瓩亮茲蠢箸澆砲弔い董⊆_鶲聞漾△任る限り多くの写真を交えて、詳細な解説を試みてみたいと思います。

次回につづく、

tern verge P10 日記 〜 初折畳み&搬送編(その1)【橋輪Blog】

皆様こんにちは、ご無沙汰しております、Yuboです。

DSC_7286
tern verge P10

先日、2017 Verge P10 を購入したのですが、初ホールディング・バイクながら、かなり気に入っております♪
とりわけ期待以上だったのは、折りたたむ前に取り付けたアクセサリーのほとんどが、付け替えなしでそのまま P10 を折りたためることでした。

〔付け替え不要のアクセサリーの例〕
  • ボトルケージ: TOPEAK モジュラー ケージ II
    ワンタッチ・アジャスター(調整機能)付きなので、ロードバイク用のボトルだけでなく、ペットボトルも差すことができます。加えて、ストッパー付きなので、ブレーキをかけてもボトルだけ正面に飛んでいってしまうことがありません。
  • テールライト: tern Vizy™ Light
    こちらは先日のブログでご紹介頂いた、日本では販売されていないテールライトです。
  • キャリーバッグ: tern CarryOn™ Cover 2.0
    橋輪さんにも常時在庫があるようなソフトケースですが、商品をよくよく確認してみると、特許技術が適用されていて、誰もが真似できるものではなさそうです。
〔上記のアクセサリー類を取り付けた tern verge P10〕

DSC_1577
いわゆる「N字型」に折り畳んだ状態の P10。ハンドルの真下に平行に取り付けられたキャリーバッグと、ストッパー付きのボトルケージがそのまま取り外しなしで、折畳み可能です。テールランプは真上からは見えないですね。

DSC_1578
前方から見た P10。キャリーバッグがハンドルと平行になっていることがより明確になっていると思われます。相変わらずテールライトはシートポストの裏側なので、前方からはほとんど見えません。

さて、この状態で一応、夜間走行も輪行も可能な状態に仕上がったわけですが、この時私の中では、車のトランクに入れたり、電車の貨物として持ち歩いたりするのではなく、飛行機で遠出したい場合、一体どうすればいいのかなあ、という素朴な疑問が浮かんできました。

ご存じのように、飛行機の荷物は、通常はスケジュール厳守を大命題として、担当者が飛行機の下部に荷物を出し入れします。この辺りの気圧のコントロールとか飛行機周りの話は橋輪社長にまかせて、お話をさらに進めると、要するに多少乱暴に扱われても壊れない形で荷造りをして持ち運ぶために、必要なものを揃えたいと考えたわけです。

そこで、とりあえず tern の Web サイトへアクセスして、純正品を探ってみたところ、ソフトケース以外にもハードケースが揃えてあることが分かりました。

tern Storage & Transport

おお!これなら行けそうです。しかも、純正品です。とはいえ、こんなかさばるものを在庫しているのはメーカーだけだろうなと思いつつ、ダメ元で橋輪社長に問い合わせてみたところ、「うちにも1個だけ在庫あるよ」という返事が返ってきました。これは運命だ、という想いに駆り立てられるがままに、橋輪さんに取り置きをお願いすることにしました。

それがこの AirPorter™ です。

tern_airporter

セミハードスーツケース。飛行機や電車移動での外部からの衝撃を軽減します。

  • Rugged nylon, semi-hard case protection
  • Telescopic handle and smooth-rolling inline skate wheels
  • TSA-approved combination lock
  • Includes: padded chainring protector, wheel separators and tube protectors
tern_airporter_manual

なんとなく、よさげな感じですねー。

とは言え、物事にはとかく困難がつきまとうもの。これまでこの手の衝動的な行動を起こしたとたんに何度も痛い目にあっている私は、ここで少し冷静になって、tern のアクセサリーカタログを再度確認してみました。

tern ACCESSORIES

このページの下の方にある、ACCESSORIES CATALOG をポチッとしました。

カタログを確認してみると(画像をクリックして拡大)、
tern_accessories_catalog_upper_left

おお、確かにアイテム[4]として、AirPoter が掲載されています。

次に、同じくページ下部にある、ACCEPTABLE TABLE をポチッとしました。

適合表を確認してみると(画像をクリックして拡大)、
tern_accessories_acceptable_table_upper

むむ、あれこれ、つい最近まで「AirPorter」の行がなくて載ってなかったんだけど、最新版では一応項目が記載されている!などというつぶやきはさておき、気になったのはすべての tern 製ホールディングバイクについて、「※1:一部パーツを調整したり、取り外すと使用可」となっていることでした。

従って、現段階ではなんとか入りそう、としか言えませんので、ともかく検証してみなくてはなりません。

・・・このように、ふとしたことがきっかけで AirPorter なるハードケースを見つけ出したわけですが、この時点においては、その後創業90年以上の橋本輪業の歴史の一ページとして刻まれたといっても過言ではない、社長&スタッフの総力を上げた壮絶な戦いが待ち受けていようとは想像すらできませんでした。

(次回以降、tern AirPorter with verge P10 vs 橋輪の奮戦記をアップさせて頂く予定です)


2017 DAHON Mu SLX ピュアシルバー入荷!【橋輪Blog】

2017 DAHON Mu SLX ピュアシルバー入荷!

DSC_8061
2017  DAHON
Mu SLX     207.360円(税込)

橋輪プライス    186.600円
(税込)

11 Speed     8.6kg  


Mu SLX の詳細は、⇒ こちら

先行入荷の2017 DAHON Mu SLX スパーキーレッドから遅れていたピュアシルバーが本日入荷しました。2016のチタンカラー同様、こちらは全てブラックパーツとなっています。

DSC_8063
DSC_8064
ピュアシルバー



DSC_8065
DSC_8066
DSC_8067
DSC_8068
DSC_8069
ピュアシルバーは全てブラックパーツ。



DSC_8070




DSC_8072




DSC_8056

試乗車をご用意してお待ちしております
※試乗には身分証明書の提示を頂いております




tern 入荷情報

DSC_7205
(写真は、フレームサイズ46)

2017 tern
SURGE ltd        213.840円(税込)
橋輪プライス     192.400円(税込)
カラー:クローム
46 / 150 to 165cm(限定25台)  
50 / 165 to 180cm(限定50台)

22 Speed

SURGE ltd(サージ・リミテッド)46サイズのセカンドロッドが入荷しました。
(50サイズは3月の入荷予定)

SURGE ltd(サージ・リミテッド)



tern Verge X11 に搭載される SRAM コンポーネントを覗き見る(その2)【橋輪Blog】

tern Verge X11 に搭載される SRAM コンポーネントを覗き見る(その2)

DSC_7518

昨日の妙な形のチェーンリングギヤ X-SYNC テクノロジーに引き続きリヤメカを覗いてみよう。SRAM マウンテンコンポと聞いてリヤディレーラーのテンションスプリングの硬さからヤホイールの着脱が困難だろなと想像する方も多いと思われる。しかもディスクブレーキだし。先ずはその辺のギミックから。

DSC_7516
流石は、SRAMマウンテンコンポ、DH でもチェーン落ちが無いようビンビンに張ってますな。



DSC_7537
この鍵のマークのボタンに注目。



DSC_7529
今テンションプーリーは、思いっきり後にのけぞってますね。



DSC_7530
これをテンションが解放される方向に押します。



DSC_7531
まだまだ、



DSC_7532
もうちょっと、



DSC_7533
はい、ここで鍵のボタンを押します。



DSC_7534
はいこれが、CAGE LOCK ってギミックです。



DSC_7509
リヤディレーラーハンガーへの取り付け部分にはテンションスプリングがありませんから完全にフリーです。これによりリヤホイールの着脱は、シマノより容易です。


DSC_7511
DSC_7512
DSC_7513
完全にフリーですからご覧の通りふらふらです。



DSC_7535
ロックの解除は、更に前方に押してあげるとパチンとロックが自動的に外れ、



DSC_7510
はい元通り。凄いでしょ!



DSC_7429
リヤホイールが簡単に外れました。



DSC_7430
さてこのカセットスプロケどうやって外すのかな?



DSC_7486
ロックリングが無いが、内側に爪がありますね。



DSC_7487
シマノのロックリング回しがピッタリ合っちゃた。でも緩んでからも暫くレンチで回さないと出て来ません。




DSC_7469
ようやくカセットが外れました。数えていませんが、おそらく10-12-14-16-18-21-24-28-32-36-42T です。シマノのメガレンジのように最後のローが取分け大きくなってます。



DSC_7467
これがSRAM の言う「FULL PIN」で123本のステンレスピンでローギヤから順番で繋がっています。これならマディーなコースでも泥つまりはないね。



DSC_7375
「品番には、SRAM XG 1175 とあるがカタログスペックには、1150」と書いたが、輸入元のダートフリークでは、ラインナップしていない商品。11 は、11速を示しその後の二桁がパーツのグレードなのでカタログスペックより上のグレードであるようだ。(1150で税別22.000円)


DSC_7463
材質はクロモリなのでこんな形でも325.5g と軽くはない。



DSC_7464
裏側を見る。



DSC_7465
ロックリング(このタイプをロックチューブと言うらしい)は、カセットに仕込まれていて外せない構造。



DSC_7466
このギザギザの付いたカラーが回るのだ。



DSC_7461
フリーを見る。ローギヤしか掛からない構造。最も、ローギヤにその他のギヤ繋がっているんだからそうだよな。ここで分かった! 何でレンチでずーっと回さないと出てこないのか。圧入されてたんだね。ロックチューブは、セルフリテーリングツールも兼ねていたってことか。


DSC_7470
取付けもローギヤがちょっと掛かる所まで入って、それからレンチで締めこんで行くと圧入されるって構造。これならガタが出ないな。凄いぞSRAM!


DSC_7540
リヤディレーラー:SRAM X1。こちらもダートフリークでのラインナップにはない製品だが、XO1 とGX の中間グレード。もう一つ、ケージ取付部に注目。


DSC_7539
ROLLER BEARING CLUTH とある。ローラーベアリングクラッチと聞くと無段階のワンウェークラッチを想像するがここでそんな機構は必要ない。分解図がどこにもないので、解りかねるが、チェーン暴れに対するフリクションダンパー的な機構であろうと想像する。



最後にX-HORIZE

DSC_7516
DSC_7517
DSC_7518
スプロケットの傾斜に沿って動くのではなく完全に水平方向に動く。変速してもROLLER BEARING CLUTH 部分に位置は変わらずケージが巧みに動き、どのギヤでもガイドプーリーとの距離が変わらないってギミック。



DSC_7523

もうこれいらないね!




明日、火曜日は定休日となります。それでは明後日の【橋輪Blog】の予告を




何処が変わったのか解るかな?

DSC_7457

【お正月休みのお知らせ】
年末は12月29日まで、新年は1月7日より営業致します



記事検索
  • ライブドアブログ