KIMORI

船長のKIMORI COLOSSUS HR 14 【橋輪Blog】

船長のKIMORI COLOSSUS HR 14

DSC_6640

最高にゴージャスなGOKISO チタンスーパークライマーフルカーボンホイールが完成したところでアッセンブリーを進める。ブレーキキャリパーは、DURA-ACE。これを引くブレーキインナーワイヤーは、船長お気に入りの1本7.000円(税別)もするKCNC チタニウムワイヤーだ。


DSC_6604
”オッサン”の HR を ULTEGRA Di2 で組んだ後だからエレクトリックワイヤーの配線もすんなり進む。ここでスタッフより「船長はフロントビックシングルだから左STI はダミーですよね?」


DSC_6605
ゲゲゲゲ! 普通に配線してた。



DSC_6606
でも悔しいからこう答えた「スプリンタースイッチを使いたかったから左側だけで3万円もするブレーキレバーを選んだんだ」 とね。



DSC_6642
そしてチェーンを掛ける前に見て頂きたいものがある。




DSC_6678
GOKISO モニター BB&Sugino クランクセット 80.000円(税別)




DSC_6677
GOKISO チタンスーパークライマーハブセット 650.000円(税別)



さて、クランクって手でフィリップして、どれだけ回るでしょうか? 重たい重量物(タイヤ)が付いたホイールが慣性でクルクルと回るのは想像が付きます。殆ど慣性力には及ばない肉抜きされた62T のチェーンリングとウエイトにはなりますが、左右180°ずれたクランクアームがバランスを崩します。ぼくが知っている限りでは、3万円クラスのセラミックベアリングでもスタンダードに組めば3〜4回転ほどです。

始めて動画を作ってみました。iPhone で撮影し、Windows Media Plyer で編集。CD 音源をダウンロードし画像に重ねました。最後に You Tube にアップロードの際、「ファイル形式を変更せよ」との難題も出ましたが何とかアップ出来ました。パソコン音痴のばくには、かなりハードルが高い作業でした。指先で軽くフィリップしたところから回転が始まります。ただの偶然ですが、結果的にBGM にも同期しています。カメラに指が写ってしまったのは、ご愛敬で!






Shimano 輪界に、もの申す! 【橋輪Blog】

Shimano 輪界に、もの申す!

DSC_6004

”オッサン”の KIMORI COLOSSUS HR ULTEGRA Di2 が完成したところで試運転してみた。相変わらずキモリの走行性能は素晴らしいが、何やらペダルにゴリゴリする振動を感じる。

DSC_6005
コンポーネントは、Shimano ULTEGRA Di2 フルコンポ。



DSC_6007
リヤ変速はギリでバッチリ合わせたつもりだったが、若干チェーンがローギヤ側にまだ競ってるようだ。



DSC_6006
今トップギヤ(11速)でHi アジャストスクリューは解放状態。



DSC_6008
調整モードに切り替えたインフォメーションディスプレーの表示は、プラス16。本当は、F R のR が点滅状態。



DSC_6007
調整モードでは、中心からトップ側へ+16段階、ロー側へ-16段階アジャスト出来る。(9070 DURA-ACE Di2 では、それぞれ12段階) +16ってことは目一杯トップ側に動かしている状態。これでも足りてないってことだ。


DSC_6009
試に16から0に近づけて行くと3で、



DSC_6010
10速に変速してしまった。



DSC_6011
続けて-16まで行ってみると9速にシフト。



DSC_6012
折り返して0まで戻ると、



DSC_6013
チェーンは10速ギヤに乗ったまま捩じれた姿で止まっています。理想は、0で11速ギヤの真ん中に居なければならない。


DSC_6015
リヤディレーラーとディレーラーハンガーの間にワッシャーを噛ませて外に出す裏ワザを試みる。



DSC_6014
ただ、出し過ぎるとBテンションボルトがエンドの爪からズッコケる心配あり。



DSC_6021
良さげなワッシャーを見つけた。



DSC_6022
内径10.36mm。



DSC_6023
厚みは、0.96mm。



DSC_6026
リヤディレーラー取付ボルトは10mm だからピッタリ。



DSC_6025
Bテンションボルトは大丈夫そうだ。



DSC_6037
Bテンションボルトがディレーラーハンガーの間に挟まらぬよう気を付けて取り付ける。



DSC_6036
これが、Bテンションボルトがディレーラーハンガーからズッコケた状態。


DSC_6038
これで約1mm 外に出た。



DSC_6012
調整モードを0に戻す。



DSC_6041
これでもまだロー側に寄っている。



DSC_6045

最終アジャストでは、+10。これで何とか事なきを得た


ちょっと待った!


DSC_6027
先生のモールトンが気になった。



DSC_6028
DURA-ACE Di2 へのコンポ載せ替えを依頼されている。



DSC_6029
勿論、リヤディレーラーは、RD-9070。



DSC_6030
しかもリヤエンドは、物凄く薄い。



DSC_6031
右側に突き出たクイックシャフトがエンドの薄さを物語っている。ああ〜ヤバイ!



DSC_6035
こちらもHi アジャストは解放。



DSC_6032
製品出荷時は、トップの位置。



DSC_6033
トップからずれていると言うより10速ギヤの方が近い。



DSC_6034
1mm 以上のワッシャーを入れたら確実にBテンションボルトは、ズッコケるだろう。

シマノお客様相談窓口で聞いたら「リヤディレーラーハンガーが曲がっていませんか?」なんて聞かれちゃった。KIMORI の新車だよ! 実はこのパターン、スペシャライズドのフレームでもあった。リヤディレーラーハンガーなんてフレームメーカーが作ってんだからまちまちだと思うよ。トップギヤからリヤディレーラー取り付け面の距離が全てのメーカーで同じとは限らないし。(機械式なら調整可能 ) 一応シマノには、リヤディレーラーも フロントディレーラー同様にトップ側電気アジャストの機能を持たせるべきだと言っておきましたが、1週間後にアップグレード出来るって話でもないし・・・・・ 今のところ対策は浮かばない。

Shimano の最高峰コンポが取付不可なんて言ったらモールトンオーナーズクラブが黙ってないかもよ!

トラスなバイクたち 【橋輪Blog】

トラスなバイクたち

DSC_5837

DSC_5838

DSC_5841

今、KIMORI COLOSSUS が店内に5台ある。トラス構造のフレームが類は友を呼ぶのか、アレックスモールトンの取り扱いが無いのにメンテナンス&カスタム依頼が3台来ています。モールトンには木森さんと出会うずーと前から興味はあったが、触れる機会はなかった。今回のメンテナンスで純正部品が必要になったので久しぶりにダイナベクターの富成次郎さん(モールトン輸入元代表)と話した。1995年にアメリカから来日したゼロ戦とムスタングを一緒に見に行った以来だから20年ぶりか。やはりモールトンにはモールトンのノウハウがぎっち詰まっていることを少し聞かせて頂いた。そして9年に及ぶ開発次期を経て完成させたダイナベクター・モールトンを今年発表するそうだ。KIMORI を取り扱っている事を話すと、むこうは途轍もないプライドを持っていると思うが少しは、KIMORI を鼻に掛けていたようだった。

KIMORI がモールトンの良いライバルにまで上り詰める日は来るのだろうか。


【お知らせ】
誠に勝手ながら10月16日の日曜日は休業とさせて頂きます

船長のKIMORI COLOSSUS HR 11 【橋輪Blog】

船長のKIMORI COLOSSUS HR 11

DSC_5725

コクピット回りを構築する。”オッサン”のULTEGRA Di2 は、XTR インフォメーションディスプレーしか装着しないが、船長の DURA-ACE Di2 では、スプリンタースイッチとワイヤレスユニットが追加となる。


DSC_5727
XTR インフォメーションディスプレーSC-M9050  11.804円(税別)



DSC_5771
これは、情報の表示だけではなく、3ポートのジャンクションAとして使える。



DSC_5729
ワイヤレスユニットSM-EWW01  7.304円(税別)



DSC_5728
ワイヤレスユニットは、搭載予定のGAMIN 製サイクルコンピューターにコンポ情報を送る機器。シマノディーラーマニュアルによるとリヤディレーラーから出たエレクトリックワイヤーにリヤエンド部(シートステー)で繋げとある。ある機種のライトのパルスに干渉する可能性があるためだそうだ。今回敢えてステム下に装着してテストしてみる。


DSC_5733
パットは、異なるアールに対応する2種類が付属。



DSC_5734
付属のOリングでは、ステムに回らないのでTAIOGA のバンドを使用してみた。



DSC_5735
ライトとの干渉が無い事を望む。



DSC_5726
スプリンタースイッチ(リモートスプリンターシフター)SW-R610  12.031円(税別)



DSC_5737
こちらは、下ハンを握っているときSTI を操作しなくとも親指でシフト出来るスイッチ。右左はアップダウンに振り替える。


DSC_5738
コネクターは、スプリンタースイッチ専用の形。



DSC_5739
バーテープに穴を開ける治具も付属する。



DSC_5740
エレクトリックワイヤーEW-SD50  150mm   2.204円(税別)
エレクトリックワイヤーEW-SD50  250mm   2.179円(税別)
エレクトリックワイヤーEW-SD50  350mm   2.204円(税別)
これの価格って長さに比例してないのね?


DSC_5741
右STI からインフォメーションディスプレーまでは、250mm。



DSC_5742
そして一番下のダミープラグを外す。



DSC_5743
ここがスプリンタースイッチ専用ポート。(他のE-TUBE ポートとは形状が異なる)



DSC_5744
取付位置は、最後に決める。



DSC_5745
左STI からインフォメーションディスプレーは、350mm。



DSC_5746
最後にインフォメーションディスプレーとワイヤレスユニットを繋ぐがこの向きでは無理がありそう。



DSC_5747
こっち向きのほうが綺麗に纏まりそうだ。



DSC_5748

これでコクピット回りは完成か

今夜はこれまで、


船長のKIMORI COLOSSUS HR 9 【橋輪Blog】

船長のKIMORI COLOSSUS HR 9

探していた17インチカーボンリムがようやく入荷した。

DSC_5590
17 in フルカーボンクリンチャーリム 35.000円(税別)
20 / 24H  298g


DSC_5592
リムハイトは、50mm。



DSC_5591
クリンチャーでリム内幅16mm のワイドタイプです。



DSC_5594
ワイドリム + エアロ形状で、空力的にも有利となっています。



DSC_5595
セットするハブは、GOKISO チタンスーパークライマー 650.000円(税別)
チタンスポーク 500円 / 本(税別)


DSC_5712

DSC_5713




無理とは思ったが、HED JET 17 と対決させてみた

DSC_5715
DSC_5716
HED フロント

DSC_5717
DSC_5718
GOKISO フロント

DSC_5719
DSC_5720
HED リヤ

DSC_5721
DSC_5722
GOKISO リヤ



DSC_5714

流石に HED には敵わなかったが、重い GOKISO ハブにフルカーボンリムとチタンスポークで、かなり迫ったと思う。ともあれ総額820.000円もするとても小さく、ゴージャスなホイールセットが完成した。後は、ホワイトロゴのデカールを制作して貼りましょうかね。

KIMIRI COLOSSUS HR

記事検索
  • ライブドアブログ