GOKISO

GOKISO クライマーハブ・アレックスモールトン適合モデル(装着編)【橋輪Blog】

GOKISO クライマーハブ・アレックスモールトン適合モデル(装着編)

DSC_7799

昨日ご紹介したGOKISO クライマーハブカーボンホイールを装着するアレックス・モールトン AM-SPEED S です。こちらのオーナー I さんも先生と同じくダブルパイロンも所有。何時もお父さんと二人でツーリングを楽しんでいます。今回のメニューは、ホイール交換に伴う駆動系のクリーニングと調整&フロントサスペンションスプリングをハードからスタンダードへと戻す作業です。しかし、またもやモールトンのメンテナンス。モールトンの代理店ではないのに。骨ほね自転車(KIMORI)があると骨ほね自転車が寄ってくるのか?

DSC_7802
フォークからはグリスが流れ出ていますね。



DSC_7803
SPEED S のラバーコーンは、オイルが入ってないソリッドタイプ。



DSC_7800
DSC_7801
DSC_7804
DSC_7805
DSC_7806
CAMPAGNOLO ATHENA のフルコンポ。



DSC_7807
DSC_7808
車体は綺麗にしていますが、流石に駆動系は手付かずか。



DSC_7811
変速も同期していないよう。



DSC_7809
カンパのハブは、エンドどうなってんだろう?



DSC_7819
早速外してみまひょ!



DSC_7821
ホイールサイズは17インチ。ベロシティーのリムでモールトン特有のオフセットタイプ。どんな効果があるんだろう?


DSC_7815
DSC_7816
これはハブシャフト旋盤で落としてありますね。



DSC_7823
ところでうちカンパの工具なんてあんの?



DSC_7824
あった!



IMG_4069
Lifu ♯09B3 カンパ対応カセットロックリングツール 1.100円(税別)



DSC_3547
IMG_4070
KIMORI のシングルスピードにMICHE(ミケ)のBB 組み込む時に使ったやつだ。



DSC_7825
ピッタリ!



DSC_7826
おー、カセット外れて良かった。



DSC_7827
プーリーも行っときましょうか。



DSC_7828
ごってり埋まってますな。



DSC_7832
ピンのグリス溜まりの溝の方向。



DSC_7834
ガイドプーリーの方は内側だ。



DSC_7836
これ分からなくなるからな。



DSC_7838
同じように見えるが一応。



DSC_7839
洗ってる間にどっちか分かんなくならない様にタイラップをガイド側に。



DSC_7842
完璧にリフレッシュ。



DSC_7851
洗ってみたらアッパー、ロワー、回転方向の矢印があったのね。微妙に形も違う。



DSC_7853
リヤディレーラーもクリーニング完了。



DSC_7854
これも1mm ぐらいのワッシャー嚙ましてるね。テンションの切り欠きがギリだ。



DSC_7855
カンパのカセットとフリーも一か所しか合いませんが、



DSC_7857
トップギヤだけ何処でも付いちゃう。



DSC_7858
一か所だけ背が低い歯の流れからここだろうな。



DSC_7860
ロックリングを付けて完成。



IMG_0582
次フロント行ってみよう。



DSC_7862
クランクは抜かずにクリーニング。てか抜き方分かりましぇーん?



DSC_7863
フロントディレーラーもクリーニング。



DSC_7866
チェーンリングは、STRONG LIGHT。



DSC_7867
インナーリングにネジ切ってあんのね。



DSC_7880
5アームの取付け一部がクランクにネジ切ってあるタイプ。これネジ入って行かねっす。



DSC_7878
ロックタイトがびっちり固着してます。



DSC_7882
こいつの出番。



DSC_7883
ヒートガンで十分に炙る。



DSC_7885
スチールのチェーンリングボルトをタップ代わりにするもダメ。



DSC_7886
地道にこそぎ落とすしかないか。



DSC_7888
ようやく入った。



DSC_7890
チェーンリング取り付けに格闘すること1時間。



DSC_7891
こんなクランクならいくらでもあるがカンパはね。焦った焦った。



IMG_0581
リムテープとバルブエクステンダー取付。



DSC_7865
DSC_7864




DSC_7898
ブレーキシューもカーボン用に交換。



DSC_7893
DSC_7894
 フロントディレーラー、リヤディレーラー調整して本日はここまで。



DSC_7903
DSC_7905
DSC_7906
DSC_7907
DSC_7908
DSC_7910
DSC_7909

フロントサスのスプリング入れ替える前に一度この状態で乗って頂きます。

GOKISO の乗り心地は如何に!

GOKISO クライマーハブ・アレックスモールトン適合モデル【橋輪Blog】

GOKISO クライマーハブ・アレックスモールトン適合モデル

DSC_7599

GOKISO クライマーハブのアレックスモールトン適合モデルを発注した。しかも最近始まったサービスのカラーオーダーも掛けたので仕上がりが楽しみ!

DSC_7600
シリアルナンバー入りの保証書が付属。



IMG_9862
カラーオーダーは、別途30.000円(税別)



DSC_7601
GOKISO クライマーハブセット(アルミボディー) 260.000円(税別)



DSC_7602
フロント。



DSC_7603
中々、渋い色に上がったではないですか。



DSC_7604
リヤ。



DSC_7608
フリーは、カンパ11速対応。



DSC_7615
モールトン専用のシャフトはどうかな?



DSC_7610
確かに短い。



DSC_7611
船長のKIMORI用チタンスーパークライマーと比べてみよう。



DSC_7614
一目瞭然。



DSC_7606
17 in フルカーボンクリンチャーリム(35.000円 / 本税別)に、チタンスポーク(500円 / 本税別)で組み上げる。



DSC_7773
DSC_7774
DSC_7776

430.000円ほどの高級ホイールの完成!



DSC_7909

明日は、組付け編を

船長のKIMORI COLOSSUS HR 9 【橋輪Blog】

船長のKIMORI COLOSSUS HR 9

探していた17インチカーボンリムがようやく入荷した。

DSC_5590
17 in フルカーボンクリンチャーリム 35.000円(税別)
20 / 24H  298g


DSC_5592
リムハイトは、50mm。



DSC_5591
クリンチャーでリム内幅16mm のワイドタイプです。



DSC_5594
ワイドリム + エアロ形状で、空力的にも有利となっています。



DSC_5595
セットするハブは、GOKISO チタンスーパークライマー 650.000円(税別)
チタンスポーク 500円 / 本(税別)


DSC_5712

DSC_5713




無理とは思ったが、HED JET 17 と対決させてみた

DSC_5715
DSC_5716
HED フロント

DSC_5717
DSC_5718
GOKISO フロント

DSC_5719
DSC_5720
HED リヤ

DSC_5721
DSC_5722
GOKISO リヤ



DSC_5714

流石に HED には敵わなかったが、重い GOKISO ハブにフルカーボンリムとチタンスポークで、かなり迫ったと思う。ともあれ総額820.000円もするとても小さく、ゴージャスなホイールセットが完成した。後は、ホワイトロゴのデカールを制作して貼りましょうかね。

KIMIRI COLOSSUS HR

記事検索
  • ライブドアブログ