モールトンDi2 ディレーラーハンガーアダプターを製作する?

DSC_8333
DSC_8293
IMG_0646

昨日の絵に誤解がありましたので書き足しました。製作したアダプターにリヤディレーラーを取り付けるのではなくて、アダプターをリヤディレーラーとリヤエンドの間に挟み込むのです。リヤディレーラーを浮かせるだけであればワッシャーでも良いのですが、Bテンションボルトの受けを作るために 5mm ボルトで回り止めが出来るこんな形を思い付きました。これって A6063 あたりの柔らかめのアルミ材を使ったとしてもヤスリの手作りでは丸一日掛かるでしょう。それを元に耐久性のあるスチールで製作する? 量産したらレーザーカットと曲げの型代だけでも30万円? ともあれ何mm 浮かすかを検証せねば。

DSC_8297
エンド内側とリヤディレーラーの10mm 取付ボルトの先端を合わせるとこんな感じ。



DSC_8301
根本にはネジ山がないから2mm ほどの余裕があるように見える。



DSC_8302
Sugino チェーンリングスペーサー BK 1.600円(税別)
内径10 / 外径15 / 厚み0.5mm  5枚セット


DSC_8307
大変便利なものを見つけた。これで0.5mm 飛びに測れる。



DSC_8309
先ずは4枚 2.0mm 入れてみる。



DSC_8310
面からは少し引っ込む感じ。



DSC_8319
レンチを掛けて回して行くと3山掛かった。



DSC_8323
IMG_0640
Bテンションボルトの当たりを見るとエンドに掛かるのは1/3ほど。こりゃ危ねーな。



IMG_0643
次ぎに3枚 1.5mm にしてみる。



DSC_8315
丁度面一だね。



IMG_0644
Bテンションボルトの掛かりは半分まで増えた。



IMG_0645
大分トップに近づいたぞ! これならアジャスト量で行けちゃうかも?



DSC_8294
そこらにあるもので繋いでみる。



DSC_8295
ジャンクションAからはバッテリーと右STI。今はフロントディレーラーは無視。



DSC_8324
最後にジャンクションAからリヤディレーラーへと繋ぐと・・・・・あれ、今少し動いたような気が?



DSC_8327
ドンピシャ来てるじゃんか? 何で1.5mm で行けちゃったの?



DSC_8329
ジャンクションA でアジャストモードに、



DSC_8331
思いっきり行き過ぎでんじゃんか!



IMG_0642
もっかい1枚抜いて 1.0mm でも大丈夫じゃん。Bテンションボルトの掛かりも増えるし。



シマノさんに嘘つかれました!

DSC_6033
最初にこれ見た時、絶対 2mm 以上無いと駄目だと思って絶望してたもんね。

何だよ〜、リヤディレーラーがただトップに行ききってなかただけじゃんか! シマノさん曰く「出荷時は、トップ(パンタグラフが一番縮んだ状態)の位置になってます」って言ってたじゃん。(今まで取り付けてきたのはULTEGRA Di2 も含めて全てトップで出荷されていたが)やっぱり縮み切ってなかったんだ。やっぱさっき電気入れた時少し動いたもん。ずるいよ! 危ねーな、モールトンに30万円投資するとこだったじゃんか!

DSC_8333

先生、申し訳ありませんでした。悩んでないでもっと早くテストすべきでした。