DURA-ACE

我が家にも新型 DURA-ACE R 9100 がやって来た!【橋輪Blog】

我が家にも新型 DURA-ACE R9100 がやって来た!

DSC_8421
DSC_8420

新型 DURA-ACE 9100 系が橋輪にもやって来ました。凄すぎて良く分かりませんが、ご紹介致しましょうかね。特に フロントディレーラーの進化は見ものです。

DSC_8421
クランクセット:FC-R9100 53-39T 170mm  55.980円(以下税別)
ゴッツいクランクアームが重そうに見えるが7g 軽くなった。


DSC_8422
カセットスプロケ:CS-R9100 12-28T  25.242円
ロースプロケットには30T が加わり 11-30T のワイドレンジも可能に。ロー側1速から5速までがチタン。


DSC_8444
ボトムブラケット:BB-R9100  3.715円
チェーン:CN-HG901  4.723円


DSC_8445
デュアルコントロールレバー:ST-R9100  51.644円
レバーストロークが少なくなり、かつ操作力も少なくなったそうだが、ストロークと操作力は相反するものだが、どちらも良くなったのは素晴らし。


DSC_8437
リヤディレーラー:RD-R9100-SS  21.492円
MTB コンポに見るリヤエンドから外に飛び出る量が少ないシャドータイプになったリヤディレーラー。


DSC_8441
左が Hi で右が Lo のアジャストスクリュー。その右上が、エンドアジャストボルト(Bテンションではない)。ワイヤーアジャスターも新しいタイプ。


DSC_8438
DSC_8439
どのギヤでもプーリーの歯先との距離が一定になる動き。



DSC_8442
DSC_8443
ここにはBテンションを掛けるスプリングがない。Pテンションによるシングルテンション方式。



DSC_8423
 フロントディレーラー:FD-R9100  11.226円
 フロントディレーラーには相当の改良が加えられたようだ。


DSC_8424
パンタグラフを排除した電動フロントディレーラーと同じ構造。



DSC_8436
故に Lo アジャストスクリューもHi 側に影響を与える。



DSC_8425
果して何処にケーブルを掛けるのか?



DSC_8426
それはこのキャップを外すと現れる。



DSC_8430
キャップには穴が開いており余ったケーブルを通し後ろ方向に導く。



DSC_8427
凄いのがこれで、 フロントディレーラーであってもケーブルの張り調整が出来るようになった。



DSC_8428
矢印に注目。左下から差したレンチでスクリューを締めこむと、

DSC_8429
ケーブルを留める台座が回転して張りを調整できる。画期的!



DSC_8435 - コピー
ケーブルは、黄色の線を辿って固定されキャップの穴を潜り後方(写真の場合は、左)に逃げる。もうエンドキャップが足にぴんぴん跳ねることはない。更に画期的なのが、ワイヤー受けを通ってくるので、フレームの形状に全く左右されないフロントディレーラーとなったこと。とんでもない所にアウター受けを付けているアレックス・モールトンには持って来いだ。(赤のようなラインになっても フロントディレーラーを動かす力には影響がない)


DSC_8434
しかもワイヤー受けを下側から見るとアウターケーブルの受けにもなっている。これはフルアウターを使わざる負えないフォールディングバイクには打って付けだ。


さて、こんな高価なコンポを見せびらかすために在庫しておく余裕など橋輪にはない。あるカスタマーの最新アップデートのリクエストだ。

明日は、装着編を

DSC_8509



※19日(日曜日)誠に勝手ながら早じまいします。営業時間午後4時まで。

先生のモールトン SUPER SPEED Di2 【橋輪Blog】

先生のモールトン SUPER SPEED Di2

DSC_8274

Di2 リヤディレーラーのお蔭で作業が止まっている先生のモールトン SUPER SPEED Di2。ない頭振り絞って考えたこと。

DSC_8275
DSC_8276
クランク、STI レバー、 フロントディレーラーまで装着が終っているが、



DSC_8277
リヤディレーラーだけがどうしようもない。



DSC_8279
4mm エンドのお蔭でトップ位置がここだ。



DSC_8282
しかもBテンションボルトの当たりは4mm エンドの真ん中にドンピシャで、キモリの時の様に1mm ワッシャーなどでは全然追いつかない。


DSC_8284
トップギヤとガイドプーリーを一致させるべく取付ボルトを緩めて行くと、



DSC_8287
ここまで離れてしまう。



DSC_8290
この隙間を埋めるスペーサーはどうだろう。



DSC_8291
マッドガード取付用の5mm 穴がある。こいつを使って、
DSC_8293
モールトンDi2 ディレーラーハンガーアダプターなるものを作ったらどうか?



DSC_8288

問題は、相手はアルミではなくステンレスってところが強みだが、この10mm 取付ボルトのネジ山が何巻掛かるかだ。

本当に誰かやった人いないの〜?


船長のKIMORI COLOSSUS HR 8 【橋輪Blog】

進化の速度が速すぎるDi2

DSC_5371

船長からの指令で、コクピットに置くジャンクションは、XTR インフォメーションディスプレイをセットすることとなった。

DSC_5373
左:SC-M9050 XTR インフォメーションディスプレイ
右:SM-EWW01 ワイヤレスユニット


DSC_5370
IMG_9602
IMG_9603
先生のモールトンも全く同じ部品構成でDURA Di2 化を進めている。



だが、ここで Yubo より気になるメールが1通?



社長殿

頸椎の症状がよろしくないとの話を伺いましたが、お大事にしてください。

本日、内蔵バッテリー用充電ケーブルとEdge 1000Jを受け取りました。
その関連で e-tubeについて調べていたところ、少し勘違いしていたことが判明しましたので、それについて共有させて頂きたいと思います。

Di2は最近触り始めたばかりなので、昔のことは知らないのですが、おそらくANT+のみで相互のセンサーが通信していたのではないかと思われます。

そして、新たに登場したBluetooth通信に関してですが、これまでコンポーネントの一環として取り付けていたワイヤレスユニット、もしくはインフォメーションディスプレイのいずれか(両方はダメみたいです、下記PDFの*7参照のこと)を新型に付け替えることで、Bluetooth通信ができるようになります。

(参考)
http://e-tubeproject.shimano.com/pdf/HM-CC.3.0.0-01-JA.pdf

これにより、iPad版のe-tubeがBluetooth接続で利用できるようになります。

ワイヤレスユニット:(旧型)SM-EWW01 ANT+のみ
(新型)EW-WU101 ANT+及びBluetooth

インフォメーション:(旧型)SC-M9050 ANT+のみ
ディスプレイ  (新型)SC-MT800 ANT+及びBluetooth

先日、船長さんのバイクを組み立てている際に、インフォメーションディスプレイがサイコンと機能が重複していらないかどうかという話とは別の観点で、 Bluetooth接続でe-tubeを利用したい場合、EW-WU101またはSC-MT800が必須になると思われます。

Bluetooth付きは旧型より値段も高いようですし、これまで通り有線でe-tubeを使う場合には、もちろんいずれも旧型で十分ですね。

以上、ご参考まで。



ゲゲゲゲゲ・・・・、もう新型が出るのか。本日、シマノが休みなので詳しい事は聞けないが、インターネット発注システムで、これらの部品を覗いてみた。(金額は税別)

ワイヤレスユニット
SM-EWW01 ANT+ 在庫なし(在庫限り) 7.304円
EW-WU101 ANT+ Bluetooth 在庫なし 7.958円

インフォメーションディスプレイ
SC-M9050 ANT+    在庫あり(在庫限り)11.804円
SC-M9051 ANT+ Bluetooth  在庫なし 15.650円
SC-MT800 ANT+ Bluetooth  在庫なし 14.254円

 
赤で示した部品に関しては、まだ未発表未発売であるが、リストにはこう出ていた(画像はなし)。現行モデルには、両方とも(在庫限り)とあるので、シマノは新型にシフトする意向だ。インフォメーションディスプレイにおいては、M9050からM9051と仕様変更の1が付きブルートゥース対応となり、MT800では、フルモデルチェンジとなりそうだ。しかも全て値段は値上げである。これらは、次に発売される新型 DURA-ACE R9100 の準備なのか?

その前に、ANT+ / Bluetooth 通信って、そもそも何?



DSC_5375
最近新調したぼくのプロポケース。



DSC_5376
中には送信機が2台収まるようになっている。



DSC_5377
左:Futaba 12ZA  当時価格190.000円(税別)
右:JR XG11MV  37.700円(税別)
左のFutaba製は、当時最上位から2番目のモデルで、(最上位モデルは、windows 搭載)「良いプロポを持つと上手に飛ばせるようになるよ!」 などとと言われて奮発したが、一向に腕は上がっていない。一方、右のJR製(最上位モデルは、Android 搭載)が最近購入した最新送信機で、価格は1/5 ながら機能は進化し12ZA を上回る。この辺は、シマノさんも見習って頂きたいところだ。


DSC_5378
最新プロポでは、短いアンテナの2.4GHz 帯の電波を使っており、受信機とペアリングを行えば混信は皆無だ。これに比べ、旧型はスルスルとアンテナを伸ばす40 / 72MHz 帯で、同じ周波数を使っている人が電波を出せば必ず混信し墜落となった。だが現在この辺の周波数を使っている人は殆どいなくなったので独占だが。



DSC_5380
当時は、この様なバンド管理用の看板を立て、必ず送信機のスイッチを入れる前に大きな声で 「54番お借りします!」 と周囲に知らせ、自分が使いたいバンドの番号札を貰い、フライトを終えスイッチを切った後 「54番お返しします」 と札を返すルールがあった。現在は、日曜日など混信が無いのを良い事に、4〜5機が同時飛行している時がある位だ。40 / 72MHz 帯でやってた頃の方がラジコンにも礼儀と情緒があったような気がする。

Yubo !、 ANT+ / Bluetooth 通信って何? 教えて。本当こうゆうの苦手なんだから。DVD とブルーレイの違いも分からないんだぜ? ブルーレイって青いの? 

その辺から教えてちょうだい!




船長通信

DSC_0273
・8/11日、太平洋側南下中ですが、宮城県金華山沖約5海里、仙台港方面に沈む18;30頃の夕日です。



DSC_0274
・8/12日、太平洋側南下中ですが、茨城県犬吠埼沖約5海里、05:05頃の日の出です。



DSC_0278
・8/13日、お盆のお休み中ですね。..茨城県鹿島港沖12海里、太平洋側から昇る05:00頃の朝日ですが、積雲(綿雲)がピンク色で綺麗ですね。



DSC_0279

DSC_0283
・8/14日、朝方は青森県尻屋埼沖でしたが、台風6号の影響で曇り空で日の出は見れませんでしたが、津軽海峡を抜けて日本海側を南下中ですが、秋田県男鹿半島、入道埼沖約3海里、西側へ沈む夕日です。,,,明日は、雨模様の天気ですね。8/17日頃は、台風7号(チャンスー)の影響で太平洋側は時化になりそうですね。

..では、また良い画像が有ればmailします。


記事検索
  • ライブドアブログ