モールトン

アレックス・モールトンのメンテナンス AM-GT Mk-2(完成編)【橋輪Blog】

アレックス・モールトンのメンテナンス AM-GT Mk-2(完成編)

DSC_7699

長らく欠品となっていましたSRAM RED の フロントディレーラーが入荷してきました。変速不良を起こしたまま使っていますとアウターに上げる時のチェーンがケージに押し当てられる時間が長くなりますのでケージが減ってしまうのです。

IMG_0566
これモールトンのあまり良くない部分ですね。 フロントディレーラーコントロールワイヤーのアウター受けの位置が良くない。 フロントディレーラーのアームから出たインナーケーブルがかなり斜めになっているでしょう。これではアームを引く力より フロントディレーラーを捩じる力のほうが勝ってしまいます。フロント変速の操作力の重さはここにあると思いますね。



せっかくなのでフレームを分割してみよっと!

IMG_0547
モールトン分割フレーム初めての試み。



IMG_0563
フレーム上に配置される色を変えたOリングが付く筒は、左からリヤブレーキ、 フロントディレーラー、リヤディレーラー操作用のケーブルを繋ぐカプラーで、末端で外さなくともここで分離できるギミック。


IMG_0549
ここどうやって繋がってんだろう?



IMG_0551
ナットを緩めて行くと、



IMG_0552
ナットが移動するだけ。



DSC_7694
DSC_7696
なるほど〜、こうなっていたのね。フックを引っ掛けて引っ張る。良く出来てんな〜。


IMG_0550
上側は、右側のナットを緩めて?



IMG_0553
するとスリーブが出て来たぞ!



DSC_7692
こうゆうことか!凄いな。



DSC_7693
これで下側に見えるスポークのような存在が分かった。スリーブが抜け落ちないようになってんだ。



DSC_7691
分離されたフロントセクション。

ここで興味深いモールトンのフロントサスペンションを分解してみたいところですが、大変スムースな動きで全く問題ないことから次回に持ち越します。構造的なことはコイルバネによる衝撃吸収とボトムリンクのフリクションによるダンパー効果だと思われます。見た所30mm 弱のストロークしかありませんが、アスファルトの粒粒や1mm ほどのタイルの段差までも良く吸収してくれます。KIMORI のエアサス&オイルダンパーは、20cm ほどある歩道から飛び降りても全く衝撃無く着地できますが、アスファルトの表面までは読み取ることが出来ません。オフロードではなくオンロードと考えた場合、シリンダーまでも削り出しで製作される複雑な機構を持つKIMORI のフロントサスは、ばねと摩擦だけの単純構造なモールトンのリーディングリンクサスペンションに及ばないことは事実です。ああ、KIMORI にもこのフェザーベットな乗り心地が欲しい。

DSC_7790
DSC_7791
DSC_7792
DSC_7793
DSC_7794
DSC_7795
DSC_7796

先生お待たせしました。モールトン生まれ変わりましたよ!


アレックス・モールトンのメンテナンス AM-GT Mk-2 【橋輪Blog】

アレックス・モールトンのメンテナンス AM-GT Mk-2

IMG_0578

これがモールトンのリヤサスペンションです。ラバーコーンサスペンションといいイギリスの大衆車オースチンMini (現代のミニではなく昔のミニ)が採用しました。小さいながら広い居住性を求めたこの車は、重く長いコイルばねに対してコンパクトなゴムを使ったのです。これを開発したのがアレックスモールトン博士でした。

DSC_7668
リヤメカ変速不良の原因は、リヤスイングアームピポットのガタにあった。



DSC_7690
リヤエンド部で左右に30mm ほど動いてました。これだけ動けばチェーンもたまらず勝手に変速しますわな。



IMG_0524
ピポットのナットを目一杯締めこんでもガタは止まりません。



IMG_9605
ブラスブッシュとピンによるプレーンベアリングです。走行は少ないのにガタが出たまま乗っていたので急激にブラスブッシュが減ったのだと思われます。



ゲゲゲゲ・・・これは!

IMG_0526
何とピポットボルトが全ネジです。頭が皿ネジですからBB シェルから出ている右フランジのセンターは出ると思いますが、ピン内径とボルトのクリアランスがあり過ぎですね。これは構造上どうも出来ません。


IMG_0527
リヤアームなしでピンを取り付けてみます。



IMG_0528
ここはガチで締め付けます。するとフランジ、ピポットボルト、ナット、ピンがフレームと一体になります。ブッシュはリヤアームと一体になりますのでピンの回りを滑ることになります。


IMG_0532
ピンの長さ摩耗には問題ありませんが、ピン内径のクリアランス分360°位置が変わってしまいます。(今は重力で下に下がった状態で締め付けられている)これって専用ボルト作ったら売れるかも?


DSC_7669
ピポットリペアーキット8.000円(税別)



IMG_0536
新品ブッシュのスラストベアリングとして働く部分の厚みを測ったら2.51mm ありました。やはり大分減っていたようです。


DSC_7670
ピポットリペアーキットと共に調達したのがこのストレートリーマーでサイズ12.70mm。



DSC_7684
ブッシュを圧入すると内側に膨らみますので、12.00mm のピンが入るようにリーマーを通して整える必要があります。


DSC_7685
ブッシュの圧入にはプレス機械など必要ありません。万力で十分。



DSC_7688
丁度良いクリアランスでアッセンブリー出来ました。



IMG_9610
しかしモールトンのこの方法もう少し何とかならぬ物か?



ここはKIMORI が勝る!

IMG_0980

マジ凄いよ!↴
ロンスイ取付編 その2 KIMORI プロジェクト 20 【橋輪Blog】

明日につづく、


Shimano 輪界に、もの申す! 【橋輪Blog】

Shimano 輪界に、もの申す!

DSC_6004

”オッサン”の KIMORI COLOSSUS HR ULTEGRA Di2 が完成したところで試運転してみた。相変わらずキモリの走行性能は素晴らしいが、何やらペダルにゴリゴリする振動を感じる。

DSC_6005
コンポーネントは、Shimano ULTEGRA Di2 フルコンポ。



DSC_6007
リヤ変速はギリでバッチリ合わせたつもりだったが、若干チェーンがローギヤ側にまだ競ってるようだ。



DSC_6006
今トップギヤ(11速)でHi アジャストスクリューは解放状態。



DSC_6008
調整モードに切り替えたインフォメーションディスプレーの表示は、プラス16。本当は、F R のR が点滅状態。



DSC_6007
調整モードでは、中心からトップ側へ+16段階、ロー側へ-16段階アジャスト出来る。(9070 DURA-ACE Di2 では、それぞれ12段階) +16ってことは目一杯トップ側に動かしている状態。これでも足りてないってことだ。


DSC_6009
試に16から0に近づけて行くと3で、



DSC_6010
10速に変速してしまった。



DSC_6011
続けて-16まで行ってみると9速にシフト。



DSC_6012
折り返して0まで戻ると、



DSC_6013
チェーンは10速ギヤに乗ったまま捩じれた姿で止まっています。理想は、0で11速ギヤの真ん中に居なければならない。


DSC_6015
リヤディレーラーとディレーラーハンガーの間にワッシャーを噛ませて外に出す裏ワザを試みる。



DSC_6014
ただ、出し過ぎるとBテンションボルトがエンドの爪からズッコケる心配あり。



DSC_6021
良さげなワッシャーを見つけた。



DSC_6022
内径10.36mm。



DSC_6023
厚みは、0.96mm。



DSC_6026
リヤディレーラー取付ボルトは10mm だからピッタリ。



DSC_6025
Bテンションボルトは大丈夫そうだ。



DSC_6037
Bテンションボルトがディレーラーハンガーの間に挟まらぬよう気を付けて取り付ける。



DSC_6036
これが、Bテンションボルトがディレーラーハンガーからズッコケた状態。


DSC_6038
これで約1mm 外に出た。



DSC_6012
調整モードを0に戻す。



DSC_6041
これでもまだロー側に寄っている。



DSC_6045

最終アジャストでは、+10。これで何とか事なきを得た


ちょっと待った!


DSC_6027
先生のモールトンが気になった。



DSC_6028
DURA-ACE Di2 へのコンポ載せ替えを依頼されている。



DSC_6029
勿論、リヤディレーラーは、RD-9070。



DSC_6030
しかもリヤエンドは、物凄く薄い。



DSC_6031
右側に突き出たクイックシャフトがエンドの薄さを物語っている。ああ〜ヤバイ!



DSC_6035
こちらもHi アジャストは解放。



DSC_6032
製品出荷時は、トップの位置。



DSC_6033
トップからずれていると言うより10速ギヤの方が近い。



DSC_6034
1mm 以上のワッシャーを入れたら確実にBテンションボルトは、ズッコケるだろう。

シマノお客様相談窓口で聞いたら「リヤディレーラーハンガーが曲がっていませんか?」なんて聞かれちゃった。KIMORI の新車だよ! 実はこのパターン、スペシャライズドのフレームでもあった。リヤディレーラーハンガーなんてフレームメーカーが作ってんだからまちまちだと思うよ。トップギヤからリヤディレーラー取り付け面の距離が全てのメーカーで同じとは限らないし。(機械式なら調整可能 ) 一応シマノには、リヤディレーラーも フロントディレーラー同様にトップ側電気アジャストの機能を持たせるべきだと言っておきましたが、1週間後にアップグレード出来るって話でもないし・・・・・ 今のところ対策は浮かばない。

Shimano の最高峰コンポが取付不可なんて言ったらモールトンオーナーズクラブが黙ってないかもよ!

記事検索
  • ライブドアブログ