アレックス・モールトン

アレックス・モールトン AM-SPEED S フロントサス分解(組立編)【橋輪Blog】

アレックス・モールトン AM-SPEED S フロントサス分解(組立編)

DSC_8203

モールトンの構造が少し解ってきた。衝撃吸収はコイルスプリングが行うがスプリングだけだとどうなるかと言うと、衝撃を受けたスプリングが素早く縮む。今度はその反動で素早く伸びる。いわいる「ぼよよ〜ん」となってしまい元の荷重が掛かった長さに戻るまでに時間が掛かってしまう。この「ぼよよ〜ん」を軽減するのがダンパー効果で、液体がラビリンス(迷路)を通過するオイルダンパーや、摩擦を利用したフリクションダンパーがある。モールトン(NEWシリーズ除く)は、部品点数が少なく構造が簡単な後者を使っています。

DSC_8207
伸び側を制限する赤いブッシュ(正確にはリバウンドブッシュ700円/1ヶ税別)は、ヘタっていた(右側2ヶ)ので新品に交換。


DSC_8208
フォークエンド両側に挟まれている白い樹脂パーツがフリクションを生む。



DSC_8210
スプリングを組み込んでしまうと、どの位の抵抗が掛かっているのか分からないので、反対に組んでみる。



DSC_8209
ある程度のところから更に締めこんで行くとやはり動きが渋くなるようだ。故にセルフロックナット。



DSC_8212
スプリング全体とプラのピストン、Oリング、ダストシールに薄くグリスを塗布。



DSC_8213
スプリングにグリスを塗るのは錆び防止と、多分フォーククラウン内で擦れて公園の遊具のような音がするんだろうな。沢山塗ったほうが良いと思うが夏場になってグリスが流れ出てくるのはゴメンだね。


DSC_8214
スプリングがどん付に当たった状態。



DSC_8215
これどう見ても届かない。スプリングを縮ませながら組むにはマッチョな腕があと2本必要。さーどうする?



DSC_8216
これだな!



DSC_8218
丁度良いところに穴が。スプリングのストッパーとなるパイプだ。



DSC_8219
タイダウンベルトで締め上げの技。これは技有1本でしょう!



DSC_8220
これで一人で作業が出来る。



DSC_8221
全然楽勝!



DSC_8222
なんだかこの作業楽しくなって来たぞ!分解した時には、ここにもグリスが塗ってありましたが、ぼくは何も塗らずに組んでみます。


DSC_8224
グリスを塗ったら動きが良くなっちゃってダンパー効果が薄れるもんね。しかも油は埃を呼びます。



DSC_8226
さてナットの締め加減ですが、



DSC_8229
色々と試してみましたが、ナットを締めて行き止まったところから時計の針で15分戻しがベストの位置とみました。下の横着レンチは感覚が掴みづらいので、ここはコンビネーションスパナで。


DSC_8231
これなら汚れてもエアブローですぐに綺麗になるでしょ。



DSC_8230
フォークアッセンブリー終了!



DSC_8232
ヘット調整に使う32mm の薄口スパナは、Shimano PRO で調達。1.600円(税別)



DSC_8233

無事フロントスプリングの交換が終了です。それではソフトスプリング&GOKISOハブで雲の絨緞を走り抜けて下さい。お次は、NEW シリーズ ”ダブルパイロン” でござ〜い!

DSC_8235

モールトン屋か?


アレックス・モールトン AM-SPEED S フロントサス分解【橋輪Blog】

アレックス・モールトン AM-SPEED S フロントサス分解

DSC_7909
DSC_7906

GOKISO クライマーハブを搭載した I さんのアレックスモールトン AM-SPEED S。試乗りでは、あまりのスムーズさに一日中にやけながら乗ったそうです。今回は、フロントサスペンションスプリングをハードからスタンダードへと戻す作業です。

DSC_7955
フロントスプリング STD  4.000円(税別)



DSC_7956
作業開始です。



DSC_7957
初物には、わくわくしますね。



DSC_7959
スレッドヘッドなのでハンドルは、ステムごと抜いてヨッコしておきましょう。ステムの出し代は75mm をメモ。



DSC_7960
赤いグリスにまみれたハードスプリングが見えます。



DSC_7962
下からはグリスが流れ出ていますね。



DSC_7965
これまいったなカンパのヘット小物。



DSC_7964
外すことは出来ますが32mm の薄口スパナがなければ調整できません。



DSC_7963
スパナは4mm 以下の厚みでなければなりません。



DSC_7966
何かしらありそうですね。



DSC_7967
フォークAssy が抜けました。



DSC_7968
DSC_7969
グリスの状態は悪くありません。ただちょっとプリロードがきつかったかな。



DSC_8033
さ〜てと、どう分解するか? ハードスプリングのテンションが掛かってますからね。



DSC_7971
先ずは、ボトムリンクの外プレートを外してみます。



DSC_8036
赤いブッシュが、それ以上伸びないように制御してるみたいです。



DSC_8037
裏側のヘキサゴンボルトを緩めます。が、固くて舐めそうです。



DSC_8039
ボックスに変更。



DSC_8040
でもこれ抜いたらえらい勢いでスプリング出てくんじゃね?



DSC_8041
とビビリながら作業していたら割とあっさり外れちゃいました。でも組む時は大変そう。(こちらのボルトは抜かないでいいみたい)


DSC_8042
左右のリンクが分解出来ました。



DSC_8043
前フォークが抜けてきた。



DSC_8046
このダストシールがグリスを欠き出していたんですね。



DSC_8044
スプリングは上から押せば、



DSC_8045
ぐにゅっと、



DSC_8047
レッドグリスまみれのハードスプリングです。



DSC_8055
自由長は差ほど変わりませんがピッチが違いますね。



DSC_8048
次にプシュロッド的な部品を外します。



DSC_8049
長ネジが出て来ました。これプリロードアジャスターだったんですね。



DSC_8051
ブレーキ穴に鉄棒を突っ込みナットを外します。



DSC_8052
これアジャスターのロックナットね。その下はバンプラバーか。



DSC_8053
Oリングは外れますがダストカップは外れません。二つの部品に挟まれてるようです。お互いにクルクルは回るんだけどね。


DSC_8158
これやり方教わりました。プラの部分を万力に噛み、ロッドをポキンと折ると外れるボールジョイントだそうです。今回ダストカップに異常がないのでやりません。怖いから。


DSC_8203

全てのパーツのクリーニングが終了!本日これまで、

明日につづく、


記事検索
  • ライブドアブログ