Moulton SST-22

MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(その5)【橋輪Blog】

MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(その5)

IMG_4148

リヤの方がよりリーチが必要なブレーキキャリパー。果たして10mm オフセットブレーキシューで追いつくのでしょうか? 早速仮組してみましょう。

IMG_4149
楽勝でしたね。まだ数ミリ余ってます。やっぱ凄いなこのブレーキシュー。



IMG_4151
後ろから見るとこんな塩梅であります。



IMG_4158
それでは先に進みましょう。分割フレームには、リヤブレーキインナーケーブルが2本必要となります。


IMG_4159
これは、フレームセットに付属してくるケーブルジョイント。



IMG_4164
先ずインナーケーブルをブレーキレバーに通します。



IMG_4160
その先をケーブルジョイントに通します。



IMG_4161
イモネジで固定し余りはカットします。



IMG_4162
反対側にもう1本のケーブルを入れ先はリヤブレーキキャリパーへ。



IMG_4163
ねじ込めば1本になるってわけ。



IMG_4166
リヤブレーキレバーからフレームアウター受けへ。走行状態のハンドル切れ角ではフレームに触らないように長さを調整。


IMG_4165
露出部分が終わって再びアウター受けからリヤキャリパーへ。自然なアールでフレーム触らぬよう努めます。


IMG_4167
フロント。こちらは、シフトケーブルと一緒にまとめるので仮止め。



IMG_4168
このブレーキは、ワイヤー引きが便利。



IMG_4179
8mm スパナとmm ヘキサゴンでワイヤーをカシメます。



IMG_4176
オフセットブレーキシューは取る付けにちょっとコツが要ります。普通はこの状態からブレーキレバーを握ってリムとの当たりを出しボルトを締めこみますが、オフセット故、傾いてしまうのです。


IMG_4174
慣れない場合は、タイヤレバーなどを挟み込むと簡単です。



IMG_4175
こんな感じ。



IMG_4177
最終的には、アジャスターに緩め代を作っておき、



IMG_4178
ブレーキレバーをリリース、



IMG_4171
ブレーキシューを握ってあげるとパチンと太鼓が外れました。



IMG_4172
リリースで外れた太鼓。



IMG_4173
1.35タイヤでも無事リリース出来ました。



IMG_4180




IMG_4181

これでブレーキ完了! そこへ、バーエンドコントロール到着。

次回につづく、



MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(その4)【橋輪Blog】

MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(その4)

IMG_4124

誤発注してしまったバーエンドコントロールレバーは、本日再注文しました。部品入荷までブレーキやっておきましょうかね。

IMG_4125
Dixna バンテージブレーキモア フロント BK    8.000円
Dixna バンテージブレーキモア リヤ BK      8.000円


IMG_4127
シングルピポットに見えますが、



IMG_4128
ローラーロッカーがダブルピポットの働きをし制動力を倍増させます。



IMG_4126
非常に軽量で124.5g です。



IMG_4129
GIZA PRODUCTS オフセットブレーキシュー 2.600円(税別)



IMG_4130
最大10mm オフセットできロングアーチフレームにショートリーチキャリパーが装着可能になります。



IMG_4131
先ずフロントを取り付けてみます。



IMG_4132
やはりそのままではお話にならないほど届いていません。



IMG_4133
リーチも短いが開きも狭いです。1.35タイヤでリリース出来るか心配です。



IMG_4134
リヤも装着してみましょう。



IMG_4135
えええ・・・ちょっと待って!フレームジョイントボルトを抜きます。



IMG_4136
フレーム分割!



IMG_4137
こうゆうとき分割フレームは便利です。バイクスタンドを回してひっくり返します。



IMG_4138
このキャリパーナットが・・・・・



IMG_4139
入らないんです。



IMG_4140
だっぷり塗装が乗ってるようです。塗料だけだと良いのですが。



IMG_4141
ステップドリルで塗装を削ろうかと試みますが先端が先に出口の小さい穴に当たってしまいます。



IMG_4142
太いやつでもダメ。



IMG_4143
地道にドリルのキリで塗装を削っていきます。



IMG_4145
下地が出る前にナットが入ってくれました。一安心。



IMG_4146
これでナットが締められます。



IMG_4147
リヤキャリパーも取り付け出来ました。



IMG_4148
え、こりゃフロントよりも届かないぞ!

10mm のオフセットブレーキシューで追いつくかな?

次回につづく、




MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(その3)【橋輪Blog】

MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(その3)

IMG_4043

前回の(その2)である程度のポジションが決まったのでコラム周りを固めていきます。ステムの高さは、20mm カーボンコラムスペーサーを一つ抜いたこの位置。

IMG_4070
嵩増しに入れていた1インチカーボンコラムスペーサー20mm 2個をアルミスペーサーに入れ替えます。



IMG_4071
DIA-COMPE アルミAヘッドスペーサー1” 10mm  270円
DIA-COMPE アルミAヘッドスペーサー1”   5mm  250円


IMG_4072
10mm スペーサーを4個。



IMG_4073
1”からのオーバーサイズ変換シム。



IMG_4074
コラムの上に10mm / 5mm 各1枚。



IMG_4075
コラムカットしないのは、ある程度乗ってみてから再調整があるかも。



IMG_4076
スターファングルを打ち込みます。



IMG_4077
装着完了。



IMG_4078
ヘッドベアリングにプリロードを掛け、



IMG_4079
コラムを締めれば完成。



IMG_4107
次にコンポーネント。



IMG_4108
microSHIFT リヤディレーラー 10s RD-R55S  5.000円




IMG_4109
microSHIFT バーエンンドコントロール BS-A10B      12.000円



IMG_4110
カセットスプロケ:Shimano 105 CS-5700 11-28T 10 Speed 4.886円


  
IMG_4111
KMC   10s チェーン X10 SL/BK   3.800円
モールトンなので2本用意しました。


IMG_4112
カセットの組み込み。



IMG_4115
一応〜、念のためデレィラーハンガー見ておこうかな。



IMG_4113
みといて良かったです。曲がってました。



IMG_4114
修正完了!



IMG_4116
やっぱり SST でもエンドが薄いですね。ディレーラー取付ボルトが飛び出してます。Hi 側アジャストボルトでガイドプーリーとトップギヤを合わせることはできますが、リターンスプリングの力が弱くなりトップへの変速に支障をきたすのでスペーサーで調整します。


IMG_4117
Sugino チェーンリングスペーサー 0.5mm  420円



IMG_4118
3枚入れて、



IMG_4119
1.5mm とします。



IMG_4120
入れすぎましたね。



IMG_4121
1枚抜いて1.0mm。丁度いいですね。面からちょっと出てネジ山を有効に使ってる感じ。



IMG_4122
チェーンを付ける前にガイドプーリー作動範囲を決めちゃっておきましょう。



IMG_4123
お次は、バーエンドコントロールシフターの取り付け・・・・?

あれ!しっくた! バーコンじゃなくって普通のダブルレバー取り寄せちゃった!

次回につづく、





MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(その2)【橋輪Blog】

MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(その2)

IMG_3991

今回は、コクピット回りを組みましょう。手、足、尻が揃えばポジション出せますもんね。

IMG_3997
BROOKS Cambium C17    12.800円



IMG_3995
Dixna アークシートポスト 31.6mm BK   4.300円
Dixna サドルクランプ SL   1.200円


IMG_4036
Dixna フットプリントスポットペダル BK  5.900円



IMG_3998
こちら持ち込みのドロップバーで、Sim Works To Smile Bar Φ26.0 バーエンド52cm です。


  
IMG_3996
GIZA PRODUCTS ステム MS-28 26.0mm   2.500円



IMG_4024
TRP RRL Alloy ブレーキレバー 6.800円



IMG_4029
オールブラックでデザインもいいですね。



IMG_4028
IMG_4027
付属のチップを入れるとブラケットの取り付け角度を変えられるようなんですが、入れるとクランプがとどきません。


IMG_4030
このブレーキレバーリリース機能が付いてるみたい。赤丸のボタンを押すと、



IMG_4031
リリースされました。



IMG_4032
戻すには、



IMG_4033
一旦握り込んで、



IMG_4034
放せば解除です。



IMG_4047
今回、20×1.35 と太めのタイヤを選択しているので、このリリース機構は良い仕事をしてくれるのでは。


IMG_4035
どうなんですかね、最近グラベルなんかによく使ってるドロップバー。



IMG_4040
サドルをシートポストにセット。これで尻を確保。



IMG_4039
ペダルを仮付けして足。



IMG_4001
ステムは、適当な1インチのカーボンコラムスペーサーで一番上に仮止め。



IMG_4002
ハンドルの角度は、分からないので適当に。



IMG_4041
ブレーキレバーも仮付けすれば、手も確保。



IMG_4003
この状態で S さんに一度ご来店頂いてポジションを見ることに。



IMG_4043
結果、ステムは、20mm スペーサーを1個抜いたこの位置。



IMG_4042
ハンドルバーは、上ハン水平から前下がりにしてブレーキレバーはこの位置でとりあえず。



IMG_4044




IMG_4038

何か付けてみるとグラベルバーもいい感じですよ!

次回につづく、



MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット【橋輪Blog】

MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット

IMG_3976

1回の打ち合わせでほぼパーツチョイスは決まった。コンポーネントはフロントシングルで行く。

IMG_3958
先ずは、クランク周りから。



IMG_3973
Sugino RD4 クランクBK 170mm 24.700円(以下税別)



IMG_3975
Sugino CBB AL ボトムブラケット BSA 103mm  8.500円



IMG_3957
POWER TOOLS MINI VELO CHANRING  PCD130mm 56T  9.000円



IMG_3974
Sugino トルクスタイプチェーンリングボルトSL   4.400円
Sugino KPB アクスルボルトSL  1.000円
上は、クランク付属のシングルチェーンリングボルト。


IMG_3978
hasirin ステッカーを張る。これが当店の保証書だ。



IMG_3979
蓋代わりにしていたスチール製のボトムブラケットを外す。リヤアームピポットは、完璧に調整済だ。



IMG_3981
BB シェルは、BB タップでネジ山修正済のドライブサイドのみフェイスカット完了で、ご覧のようにグリスに満たされている。


IMG_3982
スチール BB は、287.5g。



IMG_3983
これに対して AL BB は、235.5g と 50g 軽い。



IMG_3984
下準備が終わっていると作業が早い。



IMG_3986
インテグラルタイプの BB を使わない場合を想定してノンドライブサイドは、フェイスカットしていなかったのは正解。意味もなく矢印の部分の塗装を剥がしそこから錆びるだけだ。


IMG_3985
IMG_3987
黒いパーツを付けると一段と迫力が増してくる。



IMG_3988
クランクにチェーンリングボルトが付属してくるが、あれは錆びるからね。



IMG_3989
クランク周り完了。



IMG_3990

本当に Sugino BB は良く回る。DURA-ACE だってこんなに回らんよ!

次回につづく、



記事検索
Archives
  • ライブドアブログ