Moulton SST-22

Moulton SST-22 フレームセット その3 【橋輪Blog】

Moulton SST-22 フレームセット その3

その2では、ブリヂストンモールトンのリンク式フロントサスペンションから、とんでもない方向に脱線して今いましたが、ようやく本題に入れそうです。SST-22 フレームセットは、クロモリ素材で作られる分割式TSRの軽量バージョンで、フレーム単体で250g の軽量化を果たしています。

DSC_0256
Moulton SST-22 フレームセット  265.000円(税別)


DSC_0260
クロモリフレームでありながらフォークエンドとリヤエンドにポリッシュドステンレスを採用しています。



DSC_0257
ボトムリンク式フロントサスペンションは、サブフォークが軽量化されています。ブレーキキャリパーは、ロングリーチタイプを推奨。コラムは1インチのアヘッドタイプ。ヘッド小物は付属しません。



DSC_0258
リヤサスペンションには、シンプルなソリッドラバーコーンを採用。



DSC_0261
フロントディレーラー台座は、TSR のような溶接ではなく、チェーンの駒のようなパーツで繋げアジャスタブルタイプとなっています。



DSC_0262
リヤスイングアームは、ボトムブラケットシェルごとスイングするタイプですが、ピポットボルトが1本貫通ではなく左右からそれぞれボルトが入る形となっています。こちらはアッセンブリーの際、検証してみたいと思います。



DSC_0259
フレームサイズは、CT(クランク中心からシートクランプまでの長さ)で455mm。シートピラーは付属しません。ピラーサイズ31.6mm。



DSC_0263
分割タイプフレームの接点は3ヶ所。



DSC_0265
組立は、六角レンチ1本とフックジョイントロックナット(黒い大きなダイヤル状のナット)で簡単に行えます。



DSC_0266
分割ワイヤーにするためケーブルコネクターが3ヶ(リヤブレーキ/フロント・リヤシフト)付属。



DSC_0267
こちらもセットしてしまえば、道具無しで分割できます。



DSC_0264

便利な分割機構を持ったフレームのSST-22 。輪行旅行用に如何ですか。

SST-22 は、1部のパーツがお城で作っているので、
括りは、”お城製”だそうですよ


Moulton SST-22 フレームセット その2 【橋輪Blog】

Moulton SST-22 フレームセット その2

DSC_9199

BS モールトンには、あまり興味はなかったが、下の写真が目に入って来たとき断然強い興味が湧いてきた。どうやらBSからデザイン依頼を受けた博士が、F型と呼ばれるモールトン初期モデルを忠実に再現した自転車だったようだ。

DSC_9200
航空機のサスペンションの写真。



DSC_9220
博士はブリヂストンモールトンのアイデアを広げる意味で一冊の本を取り出した。H.Gコンウェイ氏の「LANDING GEAR DESIGN」だった。とある。是非見てみたい資料だ。戦時中、英国空軍技術将校に志願した経歴のある博士は航空機にも精通していたのである。

DSC_9201
初期モデルF 型では、フォークの回り止めにセレーションを使っていたがBS モールトンではリンク機構を採用。



DSC_9215
これならぼくも持ってる。



DSC_9216
ラジコン用だが。


さて、ゴールデンウィーク突入で、ちと忙しかったので、この後は少し関連する記事ってことで再放送でお届けする。


2014年1月の記事より

IMG_2637
6日の月曜日、天気が良いので趣味のラジコンを飛ばそうと我らがクラブ飛行場へ。到着すると6〜7mの風で吹き流しは真横に固定されているかのようです。ラジコン機にしたら強風どころか暴風です。


1002041_277731929041609_1498490798_n[1]
せっかく出かけたのに帰る気にもなれず、30km程離れた成田空港に来てみました。なんで着陸してくる方向が分かったかって?


IMG_2673
YUPITERU  VT-225
常に秘密兵器を持っているからです。これで事前にパイロットの無線交信を傍受します。118.20に周波数を合わせれば、成田空港に着陸しようとする便の会話が効けます。パイロトが「ランウェイ34レフト」と復唱すれば柴山側から、「16ライト」ならさくらの山公園側てな具合です。


R/W 34 L なら成田航空科学博物館へ

IMG_2667
屋外にも沢山の航空機が展示されています。中でもお気に入りなのがこのエアロコマンダー。コクピットに座ることが出来ますが、強風時には良く揺れてくれ、臨場感一杯です。背後に777(ボーイング、トリプルセブン)を捕らえました。(iPonにて撮影)



IMG_2668
FUJI  FA-200
一方通行入口ゲートに展示されている富士重工製のエアロスバルです。



IMG_2669
MITUBISHI  MU-2
こちらも純国産機です。子供のころ大好きだった機体です。新聞社などで使われていました。国産機は、この他にも木村秀政先生のYS-11が展示されています。現役を退いた機体ばかりが展示されていますが、ぼくらにとっては嬉しいかぎりです。


IMG_2671
先端にチョコンと付いたノーズギヤが好きです。



IMG_2672
メインギヤのタイヤはレザーワックスでビカビカ。館長さんの愛が伝わります。



IMG_2670
ぼくと同い年だったんだ。知らなんだ。


入場券500円払って館内へ

IMG_2657
5階が360°のコントロールタワーに見立てた展望台。3階の屋外展望台よりパチリ。流石に奴ら強風の中、ビクともしないや。(風に完全に正対しているので殆ど揺れない。つまらん!)



いつ出来たんだろう、こんな展示があった。BOENG 747の頭。

IMG_2660
飛行機足フェチのぼくとしては、ここはじっくりと。





2
現在飛んでいる多くの旅客機が、オレオ脚と呼ばれるこのタイプのノーズギヤ(緩衝装置)を採用しています。



IMG_2661
二つのタイヤは、1本の軸で結ばれショックアブソーバーのインナーチューブに取り付けられています。インナーチューブはシリンダー内を自由にクルクル回ってしまいますので、何処に行ってしまうか解りません。パイロットがフットペダルを左右に踏むとワイヤリインケージによりアクチュエーターに伝わり、大きな力で”く”の字に連結されたパーツを動かします。このパーツがショックアブソーバーの収縮に屈伸運動しながら追従しつつ、ハンドルを切る重要な役割をしている訳です。これはDAHON の一部サスペンションモデルにも採用されました。


一度このヒンジ部分を見てみたかった

3
殆どの航空機はバックできません。ボーディングブリッジから搭乗を終えた後、平べったい大きな車が飛行機を押している姿を良く見かけますね。その際ハンドルを切るのは飛行機を押すトーイングトラクターが主導権えを取ります。従って、ステアリング系統に影響を与えないために、一度ここを外します。グランドスタッフが道具も使わずクイックリリース出来るようになってるんですね。向かって右側のキャッスルナット状になった部分に刺さる回り止めに注目。



IMG_2662
親指でボタンを押すと先端のチェックボールが引っ込み抜ける仕組み。



IMG_2663
反対側はネジになっていて、手で左に回せば(実際にぼくも道具は持ち合わせていない)簡単に抜けるようだ。(完全に抜いてしまって”ガターン”と落ちたら”こらーっ”となりそうだったので途中で止めといたが)



IMG_2664
この部分が下に下がりトーイングバーと連結するのだ。でも本当にこんな簡単でいいのかな?


いいものを見せてもらった500円は安かった

IMG_2665
退館し外から全体写真を一枚。すると建物から係員のおっさん1名と一家族が、どうやらオプショナルツアーの解説らしい。おっさん「このタイヤは25回ほど再生され1本100万円もします」などと得意げにレクチャー。ぼくは賺さずフェンスの外から手を上げて、「質問、このオレオは・・・・」と言ったら、「きみね、今お客さんに説明してるから、明日来て500円払ってこっちに来なさいよ、そしたら教えてあげるから」だって。

おっさん、本当は知らねーんじゃん!

職業柄、折り畳み構造には、うるさいもんで、失礼!


Moulton SST-22 フレームセット 【橋輪Blog】

Moulton SST-22 フレームセット

DSC_9195
Moulton SST-22 フレームセット  265.000円(税別)

分解ができるクロモリフレームセットです。こちらもTSR-9 FX に続きシリーズ化で観察してみたいと思います。このSST-22 の22ですが、22 Speed の意味で、本国ではフロントダブル11速カセット22 Speed の完成車で販売しているためこの名が付いているようです。

先日、ある病院の口腔外科部長Y先生に誘われ、お酒の席をご一緒させて頂いたのですが、こちらの先生も筋金入りのモールトンマニアでありまして、クラシックモデルなどの詳しいお話を聞かせて頂きました。ぼくがモールトン初心者ですと言うと貴重な書籍を頂けるということになりまして、後日さっそうとベスパ(イタリア製クラシックスクーター)に乗り持参頂いた本がこちらです。

DSC_9196
that's Moulton 魅惑の小径車アレックスモールトン講談社
これヤフオクでは最低1万円以上のプレミアが付いていて大変貴重な本のようです。Y先生ありがとうございました。これから読み込むのが楽しみです。「モールトン城を訪問する」の行から始まる中身をペラペラと捲ってみると・・・・・


モールトンサスペンションメンテナンス

DSC_9197
おっとメンテナンス講座も載っているではないか。TSR をバラす前に読みたかったな。



DSC_9198
ラバーコーンの分解にはポジドライブと言う規格の専用ドライバーが必要とある。



IMG_1096
どうりで#2 のプラスドライバーが合わなかった訳だ。



004[1]
英国旧車エンジンのクランクケースカバーなどにもポジドライブ規格のネジが使われていたのを思い出した。



DSC_9217
これは普通のプラスドライバーだが当時、富成次郎氏から教わったポジドライブに対応させる方法を伝授しよう。



DSC_9218
先端を少しグラインダーで削る。これだけでピッタリフィットしますよ。


ブリヂストンモールトンを作った男たち

DSC_9199

BS モールトンには、あまり興味はなかったが、下の写真が目に入って来たとき断然強い興味が湧いてきちゃった。


DSC_9200

明日につづく、





記事検索
  • ライブドアブログ