Moulton TSR-9 FX

”お城で作っていないモールトンはダメなのか?” その22【橋輪Blog】

モールトン TSR-9 FX 整備完了!

22回にも及んだ ”お城で作っていないモールトンはダメなのか?”  シリーズも結果を出す時期が来た。第一回の ”アレックス・モールトン始めました” の章で、「おー!モールトンですね! あっ、これお城で作ってないやつですね」 って言われちゃう事に対して、今ははっきり答える事が出来る。「はい、パシュレー製ですよ!」と。

DSC_9058
最後の最後で気が付いた。フロントサススプリングに少しプリロードを掛けようとスパナで回したその時、300°位から反発が起き手で押さえていないとスパナが戻ってしまう。更に回していくとブルンと力が抜けまた300°付近で反発が出てくる。スプリング末端の処理が悪く引っかかるのだ。黒いグリスにまみれたスプリングには異常がないと判断して見ていなかった。やはり新車時に分解洗浄しスプリング末端をグラインダーで仕上げてあげないといけないようだ。


DSC_9066
リヤサスペンションは完全に生まれ変わった。フロントがソフトなリーディングリンクに対して固いイメージのリヤサスは、突起物を乗り越えた時、フロントがソフトに吸収し、次にリヤタイヤが通過する際、ゴツンと突き上げられる印象が強かった。故にサスの前後バランスが悪く、リヤが固すぎると感じていた。これがきっちりとした整備をした後は、リヤもソフトになり違和感を全く感じなくなった。ピポットの調整でこれだけ良い動きに変わることを実感した。


DSC_9068
サドルを押しただけでもラバーコーンの潰れ方が違うのがわかる。



DSC_9063




DSC_9065




DSC_9060




DSC_9061




DSC_9062




DSC_9064

草花に囲まれたモールトンを見ていると上品な気分に浸れた。しかしその上品な乗り心地は、確かな整備の本でしか生まれないのは確かだ。ぼくは今、このブリティシュバイクの所有感に満ちている。


DSC_9085

ぼくの完全ノーマル整備済 Moulton TSR-9 FX 試乗できます
※試乗には身分証明書の提示を頂いております

”お城で作っていないモールトンはダメなのか?” その21【橋輪Blog】

TSR リヤサスペンションは、クライマックス

例の「フレームを押さえてリヤアームをこっちに。スラストのクリアランスを全部こっち側に取る」って方法で左側だけに厚さの異なるシムリングを入れ替えて塩梅をみる。シックネスゲージで測定した値は、0.80mm がペケで0.70 と 0.75mm が合格。果たして理想の動きが再現できるのか。

DSC_9048
先ずは、0.80mm を入れてみた。ピポットボルトを締めこむとリヤアームが動かない。次に、0.75mm でセット。リニアに動くようにはなったが、やはり手を放すとその場でストップ。



DSC_9049
続いて0.70mm でテストすると手で軽く触れていればその場に居座るが、放した分だけ「ストン」ではなく「スーッ」と下がってくる感じ。これベストなんじゃね!


DSC_9040
左右0.30+0.05で0.70mm の組み合わせ。



DSC_9046
0.05mm は紙のように薄い。



DSC_9047
薄いシムを外側にすると装着が難しくなるので(シムの内径がスピンドルに掛り難くなる)0.05mm を内側にする。装着方法はグリス貼り付け式。ブッシュとスピンドルにはグリスを塗布せずリヤアームフランジ装着時のシムずれ防止だけにグリスを使う。


IMG_1099
パシュレー製には、親切にグリスニップルが付いているので後から十二分にグリスが充填できるのだ。毎回シムを挟んで組付けるのは面倒かと思えるが、定期的なグリスアップをしていればブッシュ交換の時期が来るまでオーバーホールは皆無となる。反対に”お城製”では定期的なピポット分解給油が必要となってくるだろう。


DSC_9051
ピポットボルトは、AM-GT のようなセルフロックナットではないので緩み止めのためにロックタイトを使う。ボルトにではなく雌ねじ側に(青く見える)塗布した。


DSC_9052
ピポットナットはガッツリ締めでOK!完璧なリヤサスペンションに仕上がった。



DSC_9056
ロックタイトまみれで顔を出すピポットボルト先端。これがグリスをしこたま充填した後に突っ込むとボルト先端がグリスを押し出しロックタイトの効果が全く無くなるのだ。


これでピポットブッシュの行は、完了となるが何時か試してみたい事がもう一つある。それはスピンドル内径とボルトの太さの僅かな相違だ。こんな物がある。

IMG_1222
ストリッパボルト(胴部研磨タイプ)

こいつも良い仕事をしそうだ!

”お城で作っていないモールトンはダメなのか?” その20【橋輪Blog】

大量に届いたシムリングを見てほくそ笑む

DSC_9029

誤発注で100枚も届いたシムリング。まさかの10枚パックで850円だったとは。でも850円のシムリングが100枚届かなくて本当に良かった。やはりモールトン取扱店としては、厚さの異なるシムリングを100枚ぐらいは常に在庫してないとね!当然 (笑)

DSC_9037
プロショップ宜しくジプロックに小分けにし、タグにサイズと厚みを記載した。



DSC_9039
内径13mm 外径19mm 厚さ0.3mm のシムリングはこんな感じ。



DSC_9041
内径は13mm でピッタリ。でも外径が合ってませんね? いやいやここが今夜の”みそ”ですから。



DSC_9042
ブッシュの外径は、25.29mm。



DSC_9021
でもご覧のように全面当たってるわけではありませんので。



DSC_9043
フランジ内側にシムリングを置いてみるとこんな感じです。ブッシュの当たり面をマーキングした付近は、外から見えてしまうので、リューターで削っていないので好都合です。


DSC_9044

左がパシュレーでライセンス生産されるTSR のクロモリフレームに装着されてくるブッシュです。右は”お城製”のステンレスフレーム用のブッシュで、どちらもスピンドル径は13mm。ですが”お城製”は外径が19mm しかありません。パシュレーのツバが広いブッシュの方が接触面積が広く、捻じれ剛性には断然有利ですね。ここはパシュレーに軍配が上がります。でも外径19mm のシムリングを入れてしまうと条件は同じになってしまいますね。

DSC_9045

敢えて外径19mm のシムリングを使うことで ”お城製”と肩を並べて勝負するのだ!

”お城で作っていないモールトンはダメなのか?” その19【橋輪Blog】

出ている物を削るのではなく、足りない物を足す

大きな間違いに気付いて良かった。これでブッシュの幅に合わせてスピンドルを削っていたら使い物にならなかった。スピンドルの長さが合っているのだからブッシュの厚みを増やせば良い。出ている物を削るのではなく、足りない物を足すのだ!

DSC_9008
ピッタリ合ったスピンドルを入れて仮組したリヤアーム。ピポットボルトは締めていない。



DSC_9018
スラスト方向にはかなりのガタがある。



DSC_9019
DSC_9020
左右に振ってみるとブッシュとフランジの隙間が変わるのが分かる。



DSC_9033
スラスト方向にガタがある状態でリヤアーム先端がどれくらい動くか測ってみる。



DSC_9030
一番左に寄せた状態で20mm の位置にセット。



DSC_9032
ここから右に振ってやると、約4.5mm 動いた。この数値は、この先見て行くことになろうダブルパイロンや一部AM シリーズでは倍以上数値となって現れるだろうと推測する。


DSC_9012
これはシックネスゲージと言う隙間を測定する工具で、自動車関係ではエンジンのバルブクリアランスの測定などに用いられる工具。


DSC_9028
0.05 / 0.10 / 0.15 / 0.20 / 0.30 〜1.00mm と続き5/100mm 単位と、ノギスと同じ精度で隙間が測れる。もっと細かいのもあるが、ここではこれで十分。


DSC_9021
フレームを押さえてリヤアームをこっちに。スラストのクリアランスを全部こっち側に取る。



DSC_9022
0.10mm のゲージを差してみよう。



DSC_9023
0.10mm はここまで入る。フランジに隠れて見えないが、



DSC_9034
スピンドルに当たるここまで入っているってこと。



DSC_9024
0.80mm は入らず。



DSC_9025
0.70mm はサクッと入る。



DSC_9026
0.60 と 0.15 を重ねて0.75mm を作る。



DSC_9027
ぐにゃって感じではいった。良くバターをナイフで切る感じなどと言う。測定した0.70〜0.75mm のシムを左右に振り分けて入れれば良いことになる。


シムを探してみた


mono34919166-100519-02
岩田製作所ベアリング対応シムリング 定価850円

シムを調べてみると内径表示が12mm の次が14mm で一枚80円ほど。スピンドルの太さに合う内径13mm のシムを探すとこれが出てきた。ベアリングのインナーとアウターレースの側面に使う高精度のシムリングだ。0.3mm 厚までが定価850円で、0.5mm が1.050円、1.0mm が1.250円と大変高価である。高精度で内径がピッタリの13mm であれば致し方ない。厚みの違いを混ぜて全部で10枚注文してみた。

DSC_9038
来た。



DSC_9029
あれ〜何これ? それも全部で100枚。



DSC_9036

10枚パックだった!

”お城で作っていないモールトンはダメなのか?” その18【橋輪Blog】

そもそもの考え方が間違っていた

DSC_8999

考え方が間違っていたことに今気付いた。旋盤があれば何でも出来る。旋盤さえあればなどとの無い物ねだりが間違えだった。頭が旋盤にしか向かなかった。付くづくアホだと思った。

DSC_9117

DSC_9119
この時点でブッシュ両端の距離がフランジに届いていないことに気付いていたはず。



DSC_9118
なのにスピンドルの長さなんか測りだす。




DSC_9119
フランジ間の寸法を基準にしなければならない事に何故気付かなかったのだろう。



DSC_9127
容易には入らなかったスピンドルを何とか入れようと思わなかったのか?



IMG_1207
先ずは、M8 のタップでロックタイトの付いた雌ねじを綺麗にしてやる。



DSC_9001
ボルトもしかり。



DSC_9002
これでボルトがスルスルと入って行けば(ボルトを信用して)フランジの平行度は出ていると推測。ここからボルトをレンチで締めこんでフランジ間を狭めるなんてことはやってはいけない。


DSC_9003
ブッシュが当たる部分の円をマーキング。



IMG_1209
分厚い塗装が乗っていた部分をリューターで削る。



IMG_1210
剥離とまで行かないが、ほぼ平らに。


すると!

DSC_9007
スピンドルの全長を落とさなくとも入ってしまったのである。



DSC_9006
完璧!パシュレー精度出てんじゃんかよー!



DSC_9008
リヤアームを仮組します。



DSC_9009
ピポットボルトは締めません。当然スラスト方向にはガタが出ています。



DSC_9010
キャバクラのねーちゃんの名刺が入ってしまうほどに。



DSC_9011
それにしても可愛いな〜! また行くか。



DSC_9012

ここでこいつの出番。まさか自転車でこいつを使うとは?

次回につづく、





記事検索
  • ライブドアブログ