アレックス・モールトン

モールトン DOUBLE PYLON のメンテナンス 【橋輪Blog】

モールトン DOUBLE PYLON のメンテナンス

DSC_9289

ダブルパイロンのメンテナンス依頼を受けました。オーナーは、AM-SPEED にカラーオーダーのGOKISO ハブを装着した I さんです。修理内容はリヤアームピポットボルトが100Km ほどの走行ですぐに緩んでしまうこと。さてTSR のように解決できるのか?

DSC_9291
100Km ほどの走行ですぐに緩んでしまうというピポットボルト。



作業前に三つほど・・・ フォークの直撃に注意!

DSC_9298
モールトン博士が開発し、NEW SERIES から採用された Flexitor(フレクシター)。スプリングを使わずゴムのトーション(ねじれ)を応用したサスペンションです。こちらの解析を始めてしまうと修理が終わりませんので又の機会に。(後に触ることになる”オッサン”のお陰で)


DSC_9299
DSC_9300
DSC_9301
よくバーテープを巻いていないドロップバーのピストなどでハンドルがくるっと回ってしまい、トップチューブを直撃。みたいなことがこのフレームでもありそうです。



DSC_9302
この部分がヒットすそうです。普段は気を付けていても転倒などでは必ずいくでしょう。



DSC_9305
メインフレームは、ステンレスでフォークは塗装ですので、このような貼ってしまうと半透明になるシリコンの保護テープなどで予防することをお勧めします。ばくは作業前にやっつけそうだったので貼っておきました。



ダブルパイロンのここが嫌い!

DSC_9306
フレクシターのトーションを発生させるゴムが横パイプ内に巻かれていますが、どうもアッセンブリーしてから塗装しているようで、ゴムが見えている部分にも塗装が乗っています。



DSC_9308
しかもひび割れてきていて、自分で塗ったみたい。1.800.000円の自転車がこれかよって思ってしまう。



何故にこんな塗り分けなのか?

DSC_9289
AM & NEW シリーズは、ビビットなカラーからシックな色合いまで12色の中からオーダー可能だが、ステンレスフレームにおいて何故一部だけ塗装なのか?もしかして塗装部分は鉄なのかもしれない。磁石を近づけてみた。

モールトンカラーサンプルは、⇒ こちら


DSC_9292
フォークは、鉄だった。画像に写っている部分は、上部が細いテーパードフォークでこの下がストレートパイプ。2017年モデルでは、上下でテーパードになる可能性が高い。



DSC_9294
ステアリングコラムより舵取りの役目をするクランプアームにも磁石は付いたが、それにクランプされるトーションゴムが入る横パイプ(モールトンのステッカーが貼られている部分)には付かなかった。



DSC_9295
ロアー側もしかり。



DSC_9290
BB シェルも鉄だが、その上のパイロン(やぐら)が集中するピポット部分には張り付かなかった。




DSC_9296
DSC_9297

意外だったのがモールトン・ウイッシュボーンステムで、クイル、ウイッシュボーンアーム共に鉄にクロームメッキと思われる。

明日は、本題に入る




HED の20インチ(406)ホイール緊急入荷!【橋輪Blog】

HED の20インチ(406)ホイール緊急入荷!

DSC_9086

HED の20インチ(406)ホイールが、JET 17 に交じって臨時入荷です。HED ロゴは、2017の NEW デザイン。アルミ、カーボンハイブリッドのクリンチャーで、エンド幅はフロント100mm リヤ130mm のシマノ11速対応モデルです。価格は、今現在のところ未定となっています。

DSC_9087
2017年モデルのNEW ロゴ。



DSC_9088
フロントハブエンド幅は、100mm。



DSC_9089
ブレードスポーク使用でフロント24ホールのラジアル組。



DSC_9090
アルミ、カーボンハイブリッドのクリンチャー。



DSC_9094
クイックとバルブエクステンダー、コア回しが付属。



DSC_9091
リヤは、クロス&ラジアル組の24ホール。



DSC_9092
フリーは、シマノ11速に対応。



DSC_9093
1.8 / 2.8mm のシムが付属して9・10速も取付可能。



DSC_9095
DSC_9096
雰囲気を見るためSCHWALBE KOJAC を組んでみました。



ぼくのモールトンTSR でプチHED 体験

DSC_9097
DSC_9098
DSC_9099
DSC_9100
DSC_9105
控え目なロゴマークで、シックなフレームカラーでも邪魔してませんよね!

22回にも及んだ ”お城で作っていないモールトンはダメなのか?”  シリーズをモールトンのページに纏めてみました。ぼくも含めたモールトン初心者又は、モールトンに興味がある方にお勧めの内容となっています。是非一度覗いてみて下さい。 アレックス・モールトン


DSC_9108

さてさて、自分好みの TSR 始まる!

先生のモールトン SUPER SPEED Di2 完成編 【橋輪Blog】

先生のモールトン SUPER SPEED Di2 完成編

昨年7月 KIMORI COLOSSUS HR の納車の際お預かりしたモールトン2台。その2台目の完成には半年以上の期間を頂いてしまいました。今日はようやくお披露目が出来そうです。

DSC_8760
仕上げのバーテープは、先生のリクエストでLizard Skins のレッドを選択。カーボンコンパウンドのブレーキシューも交換しておきましょうか。


DSC_8769
DURA のチェーンを装着。55T のチェーンリングでは、116リンクでめいっぱい。リヤセンターが460mm もあるモールトンは、700C フルサイズの自転車よりも50mm ほど長い。


DSC_8768
最新バージョンにアップグレードしましょう。



DSC_8765
SM-PCE1 からのケーブルは、



DSC_8767
STI の2番目のポートに繋ぎます。



DSC_8761
DSC_8762
各機器のアップグレードが完了。



DSC_8771
GOKISO ハブとBB に合わせた赤のバーテープでアクセントを付けて完成です。



先生、モールトン SUPER SPEED Di2 完成しました

DSC_8783




DSC_8772




DSC_8773




DSC_8774




DSC_8787




DSC_8788




DSC_8782




DSC_8781




DSC_8778




DSC_8779




DSC_8780




DSC_8776




DSC_8775




DSC_8777




DSC_8785




DSC_8786




DSC_8784

先生のモールトンのメンテナンス受けたことから何となく修理依頼が増えてきた。これは先生がアレックスモールトンとぼくを結びつけたのか。今年3月より橋輪は、アレックスモールトン販売店となった。

アレックスモールトン販売店一覧

DSC_8795
Moulton TSR-9 FX  220.000円(税別) 完成車

モールトンをより詳しく知るためにTSR-9 FX ってモデルを研究用に買ってみた。こちらはラインナップ中最も価格の安いモデル。俗にいう”お城製”ではなく英国パシュレー社でライセンス生産されるもの。研究を始めるに当たって素敵な Blog タイトルを思いついた。

”お城で作っていないモールトンはダメなのか?” 乞うご期待!


先生のモールトン SUPER SPEED Di2 その6 【橋輪Blog】

ハイドラスティックユニット解説

DSC_8787

ダイナベクターの富成次郎さんよりハイドラスティックユニットの断面図の画像を頂きました。これを元に作動を解説してみたいと思います。

ハイドロ
ラバーコーンの中にeの部屋があり、ここに液体(ラジエーターに入れる冷却水のクーラントらしい)が入っていている。ゴムが圧縮されるとdの壁に開いた穴からcの部屋に液体が移動する。aの部屋は上部のフレンチバルブから加圧されたエアーが入っています。この指定空気圧は、1〜2kg/cm でこれ以上入れると破裂するらしい。この圧力は、bのダイヤフラムを押し下げてcの部屋に流入した液体を速やかにeの部屋に戻す働きをしているようだ。液体の移動の際、dに開けられた小さな穴(ラビリンス)を通過することでダンパー効果を狙っているみたい。取りあえず1万円掛けて切断せずに済んだわ。

とまー、凝った構造だが、ぼくには、ソリッドラバーとハイドラスティックの違いが全く体感出来ないと言う感想であります。あのオースチンミニもハイドラスティックを採用していたようだが後期型では、コスト面でソリッドラバーに戻したとか。よ〜解りませんな!

明日は、完成編を!

本日、お通夜の受付を頼まれてますのでお先に失礼します。

先生のモールトン SUPER SPEED Di2 その5 【橋輪Blog】

モールトン博士が発明したラバーコーンの秘密

DSC_7803

以前にも書きましたがイギリスの大衆車モーリスミニに採用されたラバーコーンサスペンションは、アレックスモールトン博士が発明したって話は有名です。では何が凄いかってお話しです。

DSC_8655
ハイドラスティックユニット 32.000円(税別)
モールトンのリヤサスには、ソリッドラバーコーンと、こちらの液体を封入させたタイプがあります。


DSC_8656
下側にはフレームにねじ込むネジ山。



DSC_8657
168g とヘビー級な部品。



DSC_8658
交換は至って簡単。



DSC_8659
アルミナットを外し、



DSC_8663
本体を緩めるだけ。



DSC_8664
外したハイドラスティックユニットを見てみる。何やらファイバーワッシャーが付くネジが。ここからオイルを入れるのか?


DSC_8665
オイルが噴き出すと期待してポンプで圧を掛けてみたが、



DSC_8666
何も起らない。やはり壊れているのか? 真っ二つにカットして内部構造を見てみたいものだ。JCL日本切断研究所なる会社があって何でも綺麗に切断してくれるらしい。ワインボトル相当で1カット1万円だって。(後に先生に聞いたところ転倒した際にゴムが剥離してオイルが出たそうな)



DSC_8682
こちらハイドラスティックだが内部構造がどうなっているやら知るすべがない。二つの部屋があって流体が行き来しているらしい。フレンチバルブからエアーを入れるが、エアーサスペンションではないので固さの調整は出来ないらしい。むしろ流体の移動を促す目的のようだ。よってコーン状のソリットラバーだけの動きをぼくなりに説明してみたい。

be4103fe[1]
ただのゴムブロックに力を加えると黄色の曲線を描くゴムの弾性。これをコーン状にすることにより青の直線となるモールトン博士のラバーコーン。体重50kg の人と100kg の人が乗っても弾性が変わらない秘密がここにある。この直線に近づけるものは、近未来には出てこないだろうと工業界は言っている。


DSC_8683
今、50kg の人が乗車して1G が掛かっているとする。黄色線で囲まれラバーの底の部分が下のアルミの皿と接触している。この状態から衝撃を受けると更にラバーが圧縮される。


DSC_8683 - コピー
次に100kg の人が乗車。赤線の部分までラバーが潰れる。アルミの皿の半分ぐらいまで接触面積が広がっている。


DSC_8683 - コピー - コピー

もうお分かりだと思おうが、50kg の人と100kg の人では、最初の接触面積に違いが現れるということ。お相撲さんのへそは、小さな子供の指1本でも凹むが、腹全体を凹ませるには大人が体当たりしてもしんどいのと同じメカニズムだ。


DSC_8678
能書きを垂れたところでアッセンブリーに移ろう。



DSC_8677

あら!DURA 11速のチェーンが在庫切れ!



記事検索
  • ライブドアブログ