アレックス・モールトン

BS モールトンチェーンリング交換の依頼 4【橋輪Blog】

BS モールトンチェーンリング交換の依頼 4

IMG_3042

トップギヤで歯飛び! っていったい何が起きたんだろう?そう言えば試運転した時ローからトップまで気持ちよく変速するかだけ確認して踏み込んでいなかった。アウターローのチャラチャラ音だけ気にしていたのだ。乗ってみるとダン、ダンと必ず2回連続して歯飛びする。これは2セット使ったミッシングリンクに他ならない。

IMG_3043
早速カセットスプロケを外して検証に入ろう。



IMG_3044
さーてミッシングリンクが何処にどう悪さしているのだろう。



IMG_2172
レコンカプレオ11速カセットの時も判別には時間がかかった。でも今回は、Shimano Capreo 純正ロックリングと純正9速カセットだ。
RECON 11s トップ 9T の歯飛びの原因に迫る(その2)【橋輪Blog】



IMG_3045
レコンの時のようにロックリングを置いてみよう。



IMG_3046
ロックリングは、自由に動ける。これじゃない。



IMG_3047
裏側はどうだ?ミッシングリンクもアウターリンクも同じ位置関係に見えるが。



IMG_3049
テンションを掛けるためにクリップでつまんでみる。左の紙はレシート。



IMG_3050
アウターリンクは、全てレシートが通るのでギヤブロックとの間に隙間がある証拠。



IMG_3052
発見したり!ミッシングリンクのオーバル部分は、レシートが通らないではないか。ここでローラーが持ち上げられて歯飛びが「ダン」次のミッシングリンクが来て「ダン」結果「ダン、ダン」である。



IMG_3053
元々装着されていたチェーンを見ると、



IMG_3054
「CN-7701」9速時代の DURA-ACE だ。これはもうない。



IMG_3057
原因が判明したところで Shimano の9速用チェーン CN-HG53 114L を2本(1本2.800円)用意。こちらのジョイントは、アンプルピンだ。


IMG_3058
122リンクにしたいのだから7ピン分をもう一本からカットしてアンプルピン一本追加で8ピン。114+8=122リンク。


IMG_3060

試運転をして本当に完成。いや〜純正カプレオにミッシングリンク使っちゃいけないんですね。知らなかった。

追伸:

IMG_2948
(2)で製作したピポットボルトナットと書きましたが、オーナー曰くこれ BS の純正ではなく、オーバーホールを依頼したモールトンショップ「コーフー」さんのオリジナルなんだって。

やっぱ BS でもここショボいみたいよ






BS モールトンチェーンリング交換の依頼 3【橋輪Blog】

BS モールトンチェーンリング交換の依頼 3

IMG_2947

チュービングで作られた BS モールトンのフロントディレイラー台座は、計4本のボルトを緩めることによって角度調整ができるものだった。

IMG_2994
これで前後に自由に動けます。



IMG_2995
後ろ開きだったのを



IMG_2996
セオリー通りに調整してみました。



IMG_2935
使うチェーンは、KMC X9 9速用で116リンク。リヤセンターが長いモールトンのお客さんには、何時も2本買って頂いているのですが、


IMG_2936
色々いじらさせて頂いたので、X9 新品の歯切れがありましたのでこれで延長します。



IMG_2972
ジョイントにはKMC ミッシングリンク CL566R。



IMG_2973
元のチェーンの駒を数えると120リンクでしたので半端4リンクを加えて120リンクとなり、



IMG_2974
ミッシングリンクで繋ぐので計122リンク。(ミッシングリンク2セット使い)



IMG_2976
奇数は増やせないので3T アップで2リンクプラスで丁度かな。



IMG_3018
フロントディレイラーの再調整をして取り付け完了です。フロントの変速性も良好です。



IMG_2985
このワイヤー錠も当時物ですかね。それではちょっと試運転してみましょう。で、走ってみるとアウターローでチャラチャラ音が半端ないです。メンテベンチで回したときは何ともなかったのに!


IMG_3018
IMG_2999
もしかして?



IMG_3019
タイダウンベルトで1人が乗車した1G を掛けてみると、



IMG_2998
あ〜チェーンがケージに干渉してますね。



IMG_2946
このラバーサスペンション、柔らかい上にストロークが相当多いようです。



IMG_2997
最終的に変速が出来るギリギリまで上げました。やはり最初のセッティングには意味があったんですね。

「お待たせしましたこれで完成です」で引き渡し後すぐにお客さんが戻ってきました。「トップで歯飛びしちゃうんですけど!」ええええ・・・何が起きた?

明日につづく、



BS モールトンチェーンリング交換の依頼 2【橋輪Blog】

BS モールトンチェーンリング交換の依頼 2

IMG_3055

ブリヂストンモールトンの BSM-S18。フレームが分割できるセパレートフレーム構造をもつモデルである。20年ほど前に購入して暫く乗っていなかったが、つい最近オーバーホールしてまた乗り始めたのだそうだ。

IMG_2946
これがリヤサスペンション。



IMG_2948
リヤアームピポットには、製作されたボルトナットを使用し精度はモールトンより断然良さそうに見える。



IMG_2950
ここから分割できるようだ。オーナーさん一度も分割したことないそうなので、ここはひとつ興味本位で。


IMG_2951
リヤブレーキ、シフター2本のケーブルをケーブルコネクターで分離。



IMG_2952
キャップボルトを緩めてみます。



IMG_2953
あら、あっさり分離しました。



IMG_2954
ボルトを締めていくとどうなるのか?



IMG_2955
ブロックが上がってきました。



IMG_2956
ブロックの下にはダブルナット。



IMG_2957
締めこむと抜けてくるってことは?



IMG_2958
なるほど逆ネジになってんのね。



IMG_2959
塗料ののってる右側のネジ山は不明ですが一応クリーニングしておきました。



IMG_2960
やっぱここは、グリスだろうね。


IMG_2937
さて本題のチェーンリング。



IMG_2938
ギヤ板は、Sugino で、インナー42T、アウター53T。



IMG_2939
フロントディレイラーは、Shimano FD-R440A。



IMG_2940
リヤディレーラー、カセットスプロケは、トップ9T の Shimano Capreo。



IMG_2941
でもってホイールサイズは、17インチ。



IMG_2942
これもう作ってないと思われるが BS でモールトンタイヤ作ってたんですね。



IMG_2943
タイヤサイズは、17×1 1/4(32-369)。9T トップでも漕ぎ切ってしまうのでアウターリングを大きくしたいという依頼であります。



IMG_2989
POWER TOOLS Minivelo Chanring 56T   9.000円(税別)



IMG_2961
3T アップだからフロントディレイラー持ち上げておきたいけどレンチでフレーム傷つけそうです。



IMG_2962
先端の短いスタビータイプでやりましょう。



IMG_2991
ケージがチェーンリングのアールと合っていませんね。



IMG_2993
複雑な構造のフロントディレイラー台座は、取り付け角の変更が出来そうですね。

でもこれだけの完璧なオーバーホールをするショップであれば、フロントディレイラーの取り付け角度に気付くはず。何か意図してやったのか。とりあえず再調整してみようか。

明日につづく、





BS モールトンチェーンリング交換の依頼【橋輪Blog】

BS モールトンチェーンリング交換の依頼

IMG_6523
BRIDGESTONE Moulton BSM-S18

ブリヂストンモールトンのチェーンリング交換の依頼がきました。BS モールトンに触るのは初めてで、非常に興味深いですね。

IMG_6524
これが独特のフロントサスペンション。



IMG_6528

そういえばこんな記事書いたっけ ブリヂストンモールトンを作った男たち

明日につづく、


ロールス先生の SUPER SPEED 大転倒!完成編【橋輪Blog】

ロールス先生の SUPER SPEED 大転倒!完成編

前回のオーバーホールから僅か3か月しか経っていませんが、また殆どフルオーバーホールになってしまいました。でも今回はビカビカ度が全然違いますよ。

IMG_1836
IMG_1837
IMG_1838
漬け置きしておいた DURA-ACE チェーンの洗浄。



IMG_1976
これにてコンポーネント組付けは全て完了。



IMG_1977
SUPACAZ SINGLE COLOR レッド 3.600円(税別)



IMG_1978
最後の仕事はバーテープ巻き。



IMG_1979
手賀沼 CR に行ったら一瞬の雨。



DSC_0062




DSC_0063




DSC_0066




DSC_0067




DSC_0068




DSC_0069




DSC_0070




DSC_0071




DSC_0072

先生のお怪我も治った頃でしょうか。

雨が上がればお届けに伺います!


記事検索
Archives
  • ライブドアブログ