アレックス・モールトン

MOULTON TSR-9 SP 初期整備の依頼(完成納車編)【橋輪Blog】

MOULTON TSR-9 SP 初期整備の依頼(完成納車編)

IMG_9354

外したクランクやらを元に戻せば初期整備は完成するが、2021年モデルの可能性が高いので輸入元ダイナベクターよりお達しがあったリヤハブ点検をやっておきましょう。

IMG_9355
カセットスプロケを外します。



IMG_9356
おっと、フリーのスプラインにグリスが塗ってありますね。うちではここに給油はしませんが、点検した形跡有りですね。


IMG_9357
おっと、真っ黒なグリス!



IMG_9358
これたっぷりグリスアップされてますね。この間点検したメッキ足 TSR は、グリスが一滴もありませんでしたからね。てことは、フロントサスがハードタイプに交換されてるからスプリングもこの黒いグリスで満たされてるってことね。


IMG_9359
分割フレームお勧めパーツのハイトルクロックリング(4.000円税別)を装着。



IMG_9360
手締めだけでなくレンチが掛けられますのでフレーム合成が格段にアップします。



IMG_9362

MOULTON TSR-9 SP 初期整備完成であります。初期整備と言ってもぼくがやったのは、殆どリヤサスピポットだけですけどね。整備前に試乗した際は、フロントサスペンションが路面の亀裂を綺麗に吸収して、その後リヤがガツンと突き上げるっていうモールトン特有の動きだったんだけど今度はリヤもしっかり吸収してくれてますよ。でもさー、塗装剥がしてシム入れてなんてやってんのぼくだけなのかな〜?

IMG_9812
するとオーナー K さん英国高級車ジャガーで来店。



IMG_9813
TSR と全く同じブリティッシュグリーンであります。



IMG_9818
でもこれトランクに入らないよね?



IMG_9815
IMG_9814
IMG_9816
IMG_9817
流石分割フレーム、奇麗に収まりました。



IMG_9820

英国通であります。ありがとうございました!



MOULTON TSR-9 SP 初期整備の依頼(その6)【橋輪Blog】

MOULTON TSR-9 SP 初期整備の依頼(その6)

IMG_9314

さて分厚い塗装を剥がしたフランジ内々は痩せてきて今度は、スピンドルがスカスカです。どのくらいの隙間かシックネスゲージで測ってみましょう。

IMG_9318
これくらいか、



IMG_9319
0.5mm です。



IMG_9320
今度は、スピンドルを入れて仮組します。



IMG_9321
ラバーコーンもセット。



IMG_9322
ピポットボルトは、ネジ山が掛かってるくらい。そしてメインフレームよりリヤアームを手前に引き寄せます。


IMG_9323
シックネスゲージでフランジとブラスブッシュの隙間を測定します。(その5)で述べたように下側は、半月状に塗装が残っているので測れませんので両サイドに差し込みます。


IMG_9324
両サイドは、少しきついですが、



IMG_9325
上方は、スッパっと入りました。



IMG_9326
隙間は、0.5mm です。てことは、フランジが少し上方に開いているってことですが、今回修正せず無視します。(少し勉強した)(上方に開いていた方がシムを張り付けたままセットしやすい)


IMG_9327
精密シムリングのストック。



IMG_9329
測定通りであれば、スピンドル外径のシム(右側)で0.5mm を作りブッシュ側0.8mm でぴったりですが、


IMG_9330
平行度の出たフランジに複数のシムを挟み込むのは大変なんです。



IMG_9332
そこで内径8mm 外径19mm のスピンドルもブッシュも両方カバーできる0.2mm 厚のシム2枚で0.4mm とします。


IMG_9333
スピンドルをセットします。



IMG_9334
当然0.1mm の隙間が出来ますが、この方がセットしやすく、セットした後ピポットボルトを締め込めば(締め込んだ時だけ)両側0.05mm づつ修正され平行度が出るとの目論見。


IMG_9335
このセットでもう一度仮組します。



IMG_9336
ピポットボルトをガチで本締めします。今ピポットボルトとフランジ、シム、スピンドルが一体になった状態。


IMG_9337
ブラスブッシュの中をスピンドルが滑っている状態ですので軸方向に隙間分動けます。



IMG_9339
IMG_9340
IMG_9341
勿論スイングアームも上下にスルスル動けます。



IMG_9338
このフランジが修正された状態でリヤアームを引き寄せます。



IMG_9342
フランジとブッシュのクリアランスは、0.3mm。これ新たに考え出した方法です。グットアイディアでしょ!


IMG_9344
ブッシュ側は、0.3mm シム1枚で済みます。



IMG_9345
グリスで張り付けます。



IMG_9346
全然セットしやすいですね。



IMG_9347
それでも0.2mm シムが1枚はみ出てきました。マイナスドライバーで押し込みます。



IMG_9348
ピポットボルトを本締め。



IMG_9349
さてリヤアームの動きは如何に?



IMG_9350
IMG_9351
IMG_9352
IMG_9353

スタンド、リヤキャリパー、リヤディレーラー、チェーンなどの重量物が付けたままなので自然落下してきますが、空荷だったら落ちてこないほどにフリクションが掛かっています。ガタがゼロでスムースな動きのベストセッティングとなりました。この作業も回を重ねるたびに多少は上達してきます。

明日は、完成納車編を



MOULTON TSR-9 SP 初期整備の依頼(その5)【橋輪Blog】

MOULTON TSR-9 SP 初期整備の依頼(その5)

IMG_9301

フランジ内にスピンドルが収まりませんが、今までの経験上塗装を剥がせば入ると思います。先ずは、左右フランジの平行度を見てみましょう。

IMG_9293
スピンドルを入れずに仮組します。



IMG_9292
ラバーコーンもセット。



IMG_9294
これ新たな方法でフランジの裏からライトを当てます。



IMG_9295
ほぼ平行ですね。後で書きますが、この時点では隙間ゲージなど使わずに、この程度の目視点検でよいかと最近思っています。


IMG_9300
前回やった剥離してのメッキ加工やステンレスフレームと違い測定しにくいからです。



IMG_9300 - コピー (2)
この円の部分の塗装を剥がすわけですから、



IMG_9300 - コピー (2) - コピー
当然下側の隙間ゲージの測定はできませんからね。



IMG_9298
ラジコンパーツで作った回転砥石で塗装を落とします。



IMG_9299
TSR 用に新たに製作したもの。サンドペーパーが大分減ってます。



IMG_9302
これいまいちなんだよな〜!JR 砥石に FUTABA ガイド。



IMG_9303
非常に効率が悪い。



IMG_9304
バージョンアップします。


IMG_9306
これでガイドいらず。



IMG_9307
サンドペーパーも両面テープ止めとしバンバン張り替えられるよう多めに製作。



IMG_9308
ペタンと貼って、



IMG_9309
チョキチョキすれば、はい新品。



IMG_9310
サンドが無くなってきたな〜くらい削れば、



IMG_9311
はいこの通り。ペーパーは、一か所使い捨て。



IMG_9312
左フランジも仕上がりました。



IMG_9313

はい、ストンと入りました!今夜はここまで、

次回につづく、



MOULTON TSR-9 SP 初期整備の依頼(その4)【橋輪Blog】

MOULTON TSR-9 SP 初期整備の依頼(その4)

IMG_9266

叩き込んだのだろうか全く動かないスピンドル。ここは KIMORI 特製工具で行きましょう。

IMG_9273
これが木森さんお手製の SST。これ TSR にピッタリなんです。



IMG_9274
こちらから差し込んで、



IMG_9275
叩き棒を挿入。



IMG_9276
ハンマーで叩き抜きます。



IMG_9277
出てきました。



IMG_9278
ここは、グリスの一滴もなく手付かずだったようです。ここ今までの経験からしてブッシュのバリが原因です。このサイズのストレートリーマを購入しましたが、リーマ修正すると必ず削れ過ぎてしまいます。

IMG_9279
IMG_9280
なのでこのスピンドルを使って右から左、左から右へと打ち込み続けると30回ぐらいでバリが取れます。


IMG_9281
IMG_9282
スムースに回るようになりました。



IMG_9283
IMG_9284
スラスト方向もスムース。



IMG_9285
何時もの方法でスピンドル長を確認します。飛び出したスピンドルに、



IMG_9286
平らなものを当てがい面一にします。



IMG_9287
反対側に若干飛び出したスピンドルに爪が引っかかればブッシュとスピンドル長の関係は、OK!



IMG_9288

次は、スピンドルとフランジの具合を見ます。

次回につづく、



MOULTON TSR-9 SP 初期整備の依頼(その3)【橋輪Blog】

MOULTON TSR-9 SP 初期整備の依頼(その3)

IMG_9250

フロントサスペンションフォークは、全く問題ありませんでしたが、リヤサスペンもちょっとだけ点検しておきましょうかね。

IMG_9251
スイングアームピポットもおそらく大丈夫だと思いますが、



IMG_9252
ピポットボルトを緩め、



IMG_9253
ラバーコーンを外します。



IMG_9254
おっとガタガタであります。



IMG_9256
フランジとブラスブッシュの隙間には爪が入るほど。



IMG_9257
話はそれますがこのスタンドブラケットは凄いですね。



IMG_9258
この作り込み。



IMG_9259
さてと、これはちょっとまずいので要分解です。



IMG_9260
IMG_9261
クランクアームなど邪魔になるものを外します。



IMG_9262
このグリスニップルも外しておかないと怪我しますから(フレームが)



IMG_9263
ん〜リヤアームが外れませんね。



IMG_9264
完全にボルト抜いてるのに。



IMG_9265
ブッシュとフランジには隙間があるのにスピンドルが噛みついているみたい。ここは力業で。



IMG_9267
外れました。



IMG_9268
スピンドルが分厚い塗料に食い込んでました。



IMG_9266
スピンドルも全く動きません。


これは、何時もの治療を施すしかありませんね。

明日につづく、



営業日カレンダー
2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ