アレックス・モールトン

ロールス先生のダブルパイロン(テストライド編)【橋輪Blog】

ロールス先生のダブルパイロン(テストライド編)

DSC_9386

そして何時もの撮影スポット呼塚防災公園にて。普段は平日ばかり来ているが、土曜日となると散歩の人や大堀川ルートを走るライダーが大勢いました。

DSC_9375
中空クランクから向こうが覗く完全真横のショット。こう見ると必要最低限のトラスが巡る。



DSC_9379
ANDOZA ホイールの美しさを映す斜めショット。ニッケルのクールな輝きとリム山のなだらかなアールが織りなす優美さの融合だ。



DSC_9374
たまたま同じ井出達のウエアーで行きかうライダーにピントが合う。彼らはこの骨骨自転車には興味がないようだ。



DSC_9381
角度を変えるだけでこんなに姿を変えるダブルパイロンフレーム。



DSC_9383
撮影中何処からともなくお散歩中のモールトンマニアが集結。モールトン談義が始まる。



DSC_9384
今回のお気に入りのショット。さながら冬季ロンドンのケンジントンパークか。

撮影後少し試乗してみた。ギヤ、チェーンに施した「チタンの鎧」だが、流石オーナーでなければフリクションロスが低減されたかは体感できなかったが、確かに変速性能は上がったと思われる。特に大きな力が掛かるフロントチェンジのインナーからアウターへと登るシフトではトリプルギヤの1 UP ぐらいにスムースになっている。

それとこのダブルパイロン乗り心地が格段に良い。路面の細かな凸凹を良く吸収してくれるフロントサスペンションを持つモールトンでは、その次にくるリヤタイヤで軽い突き上げを感じる。これはフロントサスよりリヤのラバーコーンサスが固い為だ。だがこの2013 ダブルパイロンはそれがないのだ。2014年以降のダブルパイロンしか試乗したことがなかったので分からなかったが、これはすごい発見だ。

NEW シリーズの特徴であるフレクシターフロントサスペンションは、内筒と外筒の隙間にラバーを充填させそのトーション(捻じれ)をバネとしている。
その4で書いたように2013以前のダブルパイロンは、オールフレクシターでリヤスイングアームピポットもフレクシターとなっている。ピポットボルトを締めると内筒のみがメインフレームと一体となるが、ラバーをかえしたリヤスイングアームは、一切金属接触していないフルフローティングだ。これはラバーコーンにプラスしたもう一つのサスペンションと言える。


では何故2014年以降この素晴らしい乗り心地を生むオールフレクシターを止めたのか。DV 富成次郎氏によるとピポット穴を真円にする面倒なリーマー加工をお城のメカニックが省きたかったからだそうだ。フロントには、フレクシターを圧入するパイプに割が入っているが、フィックスのリヤは、ストレートリーマーを巧みに使い真円加工しなければ正確に圧入できないからであろう。


ダブルパイロンは、2017年にフロントサスペンションにアップグレードがあったが、ここで2013年以前モデルの価値観が上がった気がする。








ロールス先生のダブルパイロン(完成編)【橋輪Blog】

ロールス先生のダブルパイロン(完成編)

DSC_9387

ロールス先生ダブルパイロンのホーバーホール完了です。トマトケチャップでビカビカにしたステンレスフレームとニッケル仕上げの ANDOZA ホイールの相性が抜群です。今夜はノーコメントで!

DSC_9389




DSC_9391




DSC_9392




DSC_9393




DSC_9390




DSC_9388




DSC_9394




DSC_9395




DSC_9396




DSC_9397

このタイミングでロールス先生1925年製 ロールスロイス・スポーツファントムで来店。先生ダブルパイロンのオーバーホール完了です。

ROLLS-ROYSE SPORT FANTOM 1925

明日は、テストライド編を








ロールス先生のダブルパイロン(その13)【橋輪Blog】

ダブルパイロンいよいよ最終仕上げ

13回にも及んだ「ロールス先生のダブルパイロン」メンテナンスですが、いよいよ最終段階です。今回かなりスムーズに運んだんじゃないですかね。

DSC_9372
バーテープ:Dixna ホットホールバーテープ グレー/ホワイト 2.400円(税別)
ブレーキシュー:ADEPT トライデントカートリッジセット ガンメタリック 1.600円(税別)
ボルト:FFR ステンレスカラーボルトM6×20 シルバー 1.120円(税別)


DSC_9370
チタンコーティングを施した KMC X11 SL チェーン。



IMG_0717
元付いていたチェーンと比べると・・・・ミッシングリンクを数えればピッタリ同じだった。



IMG_0735
チェーンリングが、53T とあまり大きくないのと KMC が118リンクってのもあって1本で足りちゃいましたね。余った施工済チェーンは、スーパースピードもやりたいと言ってましたのでそちらに回しましょう。


IMG_0736
これでミッシングリンク繋いじゃいましょう。



IMG_0737
乗ってみないと分かりませんが変速スムーズになったような気がします。



IMG_0739
今回カーボンリムではないので付いていたオフセットブレーキシュー使いません。



IMG_0740
このブレーキシューカートリッジ、カラーがブラック、シルバー、ガンメタルとあるのですが、ガンメタがフレームカラーに近いでしょ。


IMG_0741
IMG_0742
ブレーキシュー装着完了。



IMG_0743
ほんでもってこれね。フレクシターのトルクスボルト。上下全部で8本あります。



IMG_0744
ソケット使っても掛かりが浅くトルクを掛けられない。緩めるのも慎重に。



IMG_0745
ステンレス M6 の 20mm テーパーヘッドです。



IMG_0746
オリジナルに拘る方もおりますが、こちらの方が断然良い。



IMG_0748
最後の仕事は、バーテープ巻き。やっぱこのグレー / ホワイト合わんな!やっぱブラックか?



IMG_0749
これじゃダブルパイロンにはチープ過ぎ。



DSC_9373
BROOKS Leather Bar Tape ブラック 8.000円(税別)
やはり英国車は、英国のブルックスで行きましょう。ブルックスでもバーテープは、Made in Itaiy なのね。しかし毎度ブルックスバーテープ巻きは緊張します。


IMG_0752
特にこのスタート。コルクのエンドキャップが非常に難しいのだ。「ちょっとここ押さえてて」は、いつものプライスカードクリップが便利。



IMG_0751
巻き始めの一巻き目に BROOKS のロゴが出てくるように。でも反対側は隠れちゃうけどね。



IMG_0753
ブラケット部分に到達すると写真を撮ってる余裕などありません。



IMG_0754

バーテープ巻き完了にて全ての作業終了です。

明日は、完成写真撮れるかな!




ロールス先生のダブルパイロン(その12)【橋輪Blog】

チタンコーティング施工完了

DSC_9364

クレストヨンドからチタンコーティング施工されたパーツが届きました。チェーンリング、カセット、プーリー、チェーンが、「チタンの鎧」ロード用ドライブトレインフルセットで施工費15.000円(税別)となります。チタンナノ粒子自体が小さなベアリング作用をしているため低トルク時はフリクションも低減し、高トルク時はギヤとチェーンがガッチリと噛み合っているという理屈だそうです。そしてシフティングも明らかにスムースになるようです。納車後ロールス先生のインプレが楽しみです。

DSC_9365
梱包には、チタンの鎧施工済ステッカーが。



DSC_9366
アウター、インナーのチェーンリング。



DSC_9367
触れた感じは、すべすべしてるようなしてないような?



DSC_9369
プーリーにあっては全く分かりません。



DSC_9368
確かにカセットはすべすべしてますね。



DSC_9370
更に追加したチェーンもう1本の施工費が4.000円(税別)で、モールトンなので2台分必要となります。


DSC_9371
チェーンは、新品時の堅いグリスが完全に除去脱脂されており施工後専用オイル(スピンドル油のようなさらさら)を塗布してあるようです。もはや堅いグリスに包まれたねちっこいチェーンが、鎖と化しています。これはフリクションロスの低減が体感できるかも?この専用オイルも後日発売予定だそうです。


IMG_0697
プーリーから取り付けていきます。



IMG_0698
ブログに記録を残しておけば回転方向の間違いはありません。



IMG_0713
ANDOZA ホイールにカセットを組み付け。



IMG_0714
IMG_0715
前後ホイールをセット。



IMG_0716
イヤディレーラー取り付け。



IMG_0700
インナーチェーンリングの位置もブログを見返して 11 SPEED ロゴを合わせます。



IMG_0699
チェーンリングボルトの組付け。PCD 130 5アームのカンパスーパーレコードチェーンリングは他のチェーンリングとの互換性はありません。チェーンリングボルト(レンチはトルクス T30)にナットはなくこちら側から見えている4アームは、インナーリングに目ねじが切ってありクランクアームとなる1アームは、クランクアームにねじが切ってあり裏側から取り付けます。


IMG_0701
これがクランクアーム裏側からの1本。でも何か変です。締めこんでいくとレンチがどんどん押し出されてきます。これではトルクが掛けられません。


IMG_0702
奥を覗いてみてもドン付きになっているだけで何もありません。



IMG_0704
よく見るとボルトの先から何やら飛び出してます。



IMG_0705
このような樹脂でできたチップが入ってました。



IMG_0710
ちょっと画像分かりずらいでっすが、この状態ではレンチを深く差すことができます。



IMG_0711
ボルトを締めこんでいくとクランクアームのドン付きに樹脂パーツが押されて出てくるみたいです。なのでレンチが押し出される。



IMG_0712

この樹脂パーツ何でしょうか。2分割で深く差すと割が拡がるようですが、樹脂じゃ緩み止めにもならないし、レンチが掛けられぬよういたずら防止ですかね。いたずら防止用にセットすることもできず1時間以上考えましたが分かりません。

どなたか知ってる方いらっしゃれば教えてください




Dynabector DV-1 もポジションチェンジ【橋輪Blog】

Dynabector DV-1 もポジションチェンジ

DSC_7194
Dynabector DV-1  フレームセット 550.000円(税別)

DV-1 オーナーが、二人同時期に首に痛みを訴えてきた。前傾姿勢がちと辛いみたいです。こちらもポジションチェンジしてみましょうか。

DSC_7189
NITTO NP ステム 80mm コラム長 150mm
スレッドヘッドの DV-1 には、一般的なクイルステムを選んだが、このフレームには短かったようだ。


DSC_9355
NITTO NTC 225 ステム 80mm コラム長 225mm
NP の方がハンドルクランプボルトのフラッシュナットがなくてカッコいいのだが仕方ない。


DSC_7178
DSC_9354
約50mm 上げてみた。やはり DV-1 は、ロングコラムの方が良いのかもしれない。



DSC_4724
そして”オッサン”の DV-1 も。



IMG_5539
NITTO NTC 225 ステム 80mm コラム長 225mm に変更。



DSC_9357




DSC_9361




DSC_9362




DSC_9363

そしてこのサンドグレーの DV-1 現在オーナー海外出張中なので橋輪でお預かりしています。完成車の状態で見られるのは稀なのでご興味のある方は是非この時期にご来店下さいませ。

Dynabector DV-1 




記事検索
Archives
  • ライブドアブログ