アレックス・モールトン

ロールス先生の SUPER SPEED 大転倒!完成編【橋輪Blog】

ロールス先生の SUPER SPEED 大転倒!完成編

前回のオーバーホールから僅か3か月しか経っていませんが、また殆どフルオーバーホールになってしまいました。でも今回はビカビカ度が全然違いますよ。

IMG_1836
IMG_1837
IMG_1838
漬け置きしておいた DURA-ACE チェーンの洗浄。



IMG_1976
これにてコンポーネント組付けは全て完了。



IMG_1977
SUPACAZ SINGLE COLOR レッド 3.600円(税別)



IMG_1978
最後の仕事はバーテープ巻き。



IMG_1979
手賀沼 CR に行ったら一瞬の雨。



DSC_0062




DSC_0063




DSC_0066




DSC_0067




DSC_0068




DSC_0069




DSC_0070




DSC_0071




DSC_0072

先生のお怪我も治った頃でしょうか。

雨が上がればお届けに伺います!


ロールス先生の SUPER SPEED 大転倒!その7【橋輪Blog】

ロールス先生の SUPER SPEED 大転倒!その7

未だかつてないほどにビカビカに磨き上げたスーパースピードのステンレスフレームを組み上がて行きます。

IMG_1952
フレクシターを仕込んだリアスイングアームピポットは、メンテナンスフリーで分解組立が全く苦にならない。



IMG_1953
ハイドラスティックラバーコーンを組み付けてリヤアームセット完了。



IMG_1954
フロントフォーク。



IMG_1967
コンポーネント。



IMG_1881
SCHWALBE ONE チューブタイプ 20×1.10(28-406) 5.000円(税別)



IMG_1955
先生のこのカーボンリム、タイヤ交換の度にいつも思うのだがタイヤビード綺麗に上がらない。タイヤとリムのマッチングが悪いのか?


IMG_1956
今回もフロントが2ヵ所リヤが1か所上がらない。石鹸水を塗ったり色々とやったのだが今回どうにもならない。



IMG_1957
シュワルベのリムテープを疑ってみる。



IMG_1958
25mm タイプでピッタリなのだが、



IMG_1959
ビードに若干掛かっている個所を発見!



IMG_1960
これかもしれないな?



IMG_1961
テープを剥がすと糊がビッタリ。これは親指でこすげ取るしかない。



IMG_1962
ビードフックに付いた糊は竹串で剥がしていく。



IMG_1965
更にその下の層があった。茶色の糊はシュワルベじゃない。



IMG_1966
2時間ほどかけてこれだけの糊を除去した。こりゃもうリムテープは使いたくない。



IMG_1972
GOKISO ベロプラグ 50ヶ入り 1.000円(税別)



IMG_1973
樹脂のキャップをニップルホールに嵌めていく。



IMG_1974
リムテープより遥に軽いし耐久性もある。



IMG_1975

今度はビードが綺麗に上がりました。GOKISO によるとハイプレシャーでリムテープがニップルホールに食い込み凹む分でタイヤの規定圧が保たれないんだそうだ。ベロプラグではそれが一切ないのであります。

明日につづく、







危ない!半組 MOULTON SST に異変【橋輪Blog】

危ない!半組 MOULTON SST に異変

IMG_1925

昨日の「その6」でヘッドバッチが外れちゃった件。モールトンってどの位置にヘッドバッチ付いてんのかなと展示車を見に行くと・・・・あれ! 半組にした SST に異変!

IMG_1926
フロントフォークが変だぞ?



IMG_1927
ロワーベアリングが全部見えてる!



IMG_1928
ビニールテープ巻きした上に締めあげた2本のタイラップがずれてるんだ。やはりホイール、タイヤ付きフォークは、想像するより重かったのか。危ない危ない。


IMG_1929
早速アヘッドパーツを取り寄せた。



IMG_1930
GIZA PRODUCTS MS-28 アヘッドステム 2.500円(税別)
ハンドルバークランプ:Φ25.4
コラムクランプ:Φ28.6
アングル:50° / 130°
ステム長:100mm
カラー:ブラック


IMG_1931
DIA-COMPE アルミ A ヘッドスペーサー 1” 5mm  250円(税別)
DIA-COMPE アルミ A ヘッドスペーサー 1” 10mm  270円(税別)
カラー:ブラック(シルバーもあり)


IMG_1932
grunge A ヘッドステム 1” カラー 300円(税別)
高さ:38mm
カラー:ブラック(シルバーもあり)


IMG_1933
モールトンのステアリングコラム外径は、1インチのΦ25.4。1インチのアヘッドステムなんてまずないでしょう。なのでオーバーサイズのステムを1インチコラムに装着するためのシムであります。
1”=25.4 1/8”=3.175 1 1/8=28.575 
であるのでオーバーサイズ=28.6であります。


IMG_1934
やっぱりタイラップじゃもたなかったか。20mm 以上ずれ落ちてる。



IMG_1936
ここまで滑ったら、



IMG_1969
下の TSR 試乗車直撃でした。



IMG_1937
このスペーサーで1インチから1 1/8 にインチアップ。



IMG_1938
これでオーバーサイズのステムがセットできます。



IMG_1939
これで安心ですね。



DSC_9787

Moulton SST-22 フレーム半組セット

(分割フレーム)カラー:Flight Grey      
販売価格 497.800円(税別)

Moulton SST-22 フレームセット 半組完成です。フレーム単体では完成イメージが湧かないため半組としてみました。

Moulton SST-22 フレームセット 半組完成編【橋輪Blog】


カッコいいと思うんだけどな〜!





ロールス先生の SUPER SPEED 大転倒!その6【橋輪Blog】

ロールス先生の SUPER SPEED 大転倒!その6

本日も一日雨でしたね。雨の日は自転車磨きに最適ですよ。今日もせっせとヤマハシルバーポリッシュで磨いていきます。

IMG_1921
IMG_1922
IMG_1923
靴磨きの要領でウエスの両端持って磨きますが、フレームを押さえていてくれるバイクスタンドは便利ですね。色々と向きを変えたり出来ますから。


IMG_1924
「ちゃりん」おっと磨いていたらヘッドバッチが落ちました。走ってる時じゃなくてラッキーかな。



IMG_1919
シートピラーもこの通り。これにてフレーム磨きは全て完了。



IMG_1940
IMG_1941
IMG_1942
IMG_1943
IMG_1944
IMG_1945
IMG_1946
めっちゃ綺麗でしょ!



IMG_1947
バリアスコートしておきましょう。



IMG_1948
IMG_1949
ヘッドバッチをもとの位置に貼り付けて終了。



IMG_1951

ロールス先生、これまでにない超々ビカビカですぞ!

次回につづく、





ロールス先生の SUPER SPEED 大転倒!その5【橋輪Blog】

ロールス先生の SUPER SPEED 大転倒!その5

IMG_1891

フロントフォークで試してみた YAMAHA SILVER POLISH は凄かった。説明文にあるように「ポリッシュをクロスに付けて少し拭いた後、何もつけていない部分でよく拭くと表面が磨かれ、くすみ、黒ずみを取ることができます」ってやり方がミソみたい。今日はリヤスイングアームを磨いていきます。

IMG_1894
ケチャップ漬けにすること2時間。



IMG_1898
固まりかけたケチャップを落とすには、歯ブラシをお湯につけながらやると効率がいいことを発見。



IMG_1899
最後は中性洗剤で水洗い。



IMG_1900
IMG_1901
IMG_1902
ケチャップだけでここまで奇麗になります。ただこのままだとロウ付け部分は、シルバーなんだよね。



IMG_1903
更にここからヤマハシルバーポリッシュで磨いていくとゴールドに変わってくるんですよ。



IMG_1908
IMG_1909
IMG_1910
IMG_1911
IMG_1912
IMG_1914
IMG_1915
IMG_1916
IMG_1917
IMG_1913

凄いでしょう!人差し指の指紋が無くなるほど頑張ったけどね。本当は、こうならぬよう小まめに磨いておくのが正当だけどこんなに変わるとやりがいあるね!

IMG_1907

只今、メインフレーム漬けこみ中!



記事検索
Archives
  • ライブドアブログ