GOKISO

GOKISOハブの最高峰 チタンスーパークライマー【橋輪Blog】

GOKISOハブの最高峰 チタンスーパークライマー

近年、航空機用ジェットエンジンの主軸を支えるベアリングは、エンジン振動の低減やバードストライク(鳥がエンジンに吸い込まれる現象)によるエンジン破壊を防止する目的で、ベアリング本体に弾性体衝撃吸収構造が多く採用されるようになり、より高性能化、高効率化が進められています。ここで培われた航空技術がGOKISOハブに盛り込まれています。

スーパークライマーは、昨日紹介したナローハブのように、スリーブにスリットを設けるタイプから新たにフィンガータイプのハブボディ一体化構造の弾性体衝撃吸収構造を採用しています。しなやかさを犠牲にすることなくより軽量化、高剛性化を実現しています。

DSC_1683
GOKISO スーパークライマー前後セット 702.000円(税込)
F:100mm R:130mm シマノ11・10・9・8速対応(カンパもあり) 
フルチタンボディー 29年保障


DSC_1688
フロント:エンド幅100mm



DSC_1700
リヤ:エンド幅130mm



DSC_1684
フロント:232.5g(230g) ※( )内はGOKISO 資料より
昨日の2.5g の誤差からすると正解。


DSC_1686
リヤ:452.5g(445g)
5g の差。これは仕様変更か。リヤには、ベアリングを7個使用する。


DSC_1696
製品精度保証書に記載されたシリアルナンバーが刻印されている。何時製造され、誰に販売された物かをGOKISO が管理している。てことは、30年目は、保証期間切れか? 覚えていられない。


DSC_1687
こちらも勿論、球面形状ナット、ワッシャー採用。シャフトの材質もハブボディー同様チタン合金(Ti-6AL-4V)だ。



DSC_1689
放熱フィンのようなデザインに見えますが、強度アップではなく、強度を下げずに柔軟性を持たせているんです。



DSC_1690
リブではなくて16本の指がフランジを支持しているのです。



DSC_1691
更に、谷側も抉り込んでいます。



DSC_1692
こう見ると完全にフランジがフローティングしているのが解る。



DSC_1694
この隙間がサスペンションとして機能する。


gokiso_product_tokkyoimege05[1]


DSC_1701
リヤは逆に抉り込むこてで柔軟性(弾性体衝撃吸収構造)を持たせている。


しかし、ハブなんて硬いものが歪むかね?と思うが、以前にこんなことがあった


yjimageMOLR3FQK
Novatec のシールドベアリング仕様のラージハブを持つ前輪にガタがあったので、ベアリングを交換しようとしたら、ハブに圧入されているはずのベアリングが自由落下した。新品ベアリングも手でするりと入った。こんなハブダメだろうから別のハブに変えようとスポークをばらしたら、ベアリングが抜けなくなった。スポークテンションで広げられてたんですね。初めての不思議な体験でした。


何故、装飾品のように磨き上げられてるのか?

DSC_1695
CNC加工であればエッジが立とうと思われる研削部。面取りは、手作業に近い仕上がりだ。



3451606721_ca6228ebeb_z[1]
1963 トライアンフ T120 ボンネビル

ぼくと同い年の英国トライアンフ製ツインエンジンをレストアしたことがある。古(いにしえ)の重たい鋳鉄シリンダーを抜いた時、見えたコネクティングロッドに驚いた。コンロッドと言えば無骨な鉄と決まっている。

s-l1600[1]

s-l1600[2]

出て来たコンロッドはアルミだった。しかもエッジは滑らかに落され、バフ仕上げの鏡面加工が施されていた。自分の顔が写り込むコンロッドを見て「これは、以前のオーナーがチューニングしたのでは?」と Heynes のマニュアルを見てみたところ純正だった。「キズを付けてしまったら丁寧に仕上げてから組みなさい」と書いてあった。キズに応力が集中しクラックに発展するらしい。このアルミ軽量コンロッド、英国ではあのスーパーセブンに積むコスワースエンジンチューニングの必須アイテムであった。



「話は、それましたが、70万円ものハブ、橋輪に展示してあったら伯が付くでしょうね!」

とんでもありません。船長の KIMORI COLOSSUS HR に装着するんです!



「新年スペシャルSALE」開催中⇒ [橋輪SALE]

GOKISO ハブナローフランジ 【橋輪Blog】

GOKISO ハブナローフランジ

GOKISO(ゴキソ)は超精密工作機械メーカーであり、超精密金属切削加工、航空機ジェットエンジン用軸受の生産を手掛ける近藤機械製作所から生まれた自転車製品ブランドです。今夜は、GOKISO 製品の中で、小径車に特化したナローフランジハブをご紹介します。このナローフランジハブは、決して軽くはありません。むしろ重いと言えます。それでは、ずっしり重たいハブが世界一軽くなる理由を。

DSC_1657
GOKISO ハブナローフランジ前後セット 226.800円(税込)
(小径車用) F:74mm R:130mm DAHON / tern 対応
カラー:レッド / マットブラック


DSC_1669
フロントエンド幅74mm で DAHON / tern に対応する(通常ラインナップは、100mm )




DSC_1668
リヤー Shimano 11 S 対応(カンパもあり)



DSC_1658
フロント:200.5g(198g) ※( )内はGOKISO 資料より



DSC_1660
リヤ:457.5g(455g)
計測誤差は、どちらも2.5g だから、どう見てもぼくのキッチンスケールがいい加減だ。


DSC_1659
tern カップ&コーン74mm フロントハブ:124.5g
ちなみにamerican clossic の100 / 130mm では、フロント105g リヤ205g。内装ハブまではないが重量級であることは確か。


DSC_1661
シャフトの回転を見てみると、まるでハンドクリームのような、しっとりとした感じ。



DSC_1662
比べてしまうとこれは、大五郎が乗ってる乳母車レベル。


付属品を見てみよう


DSC_1674
クイックシャフト前後。



DSC_1675
拘りを持ったスチールシャフトの重さを補うのか、レバーはカーボン製。



DSC_1677
1.85mm スペーサーが付属。



DSC_1678
10・9・8速が取付可能に。



DSC_1679
GOKISO メンテナンスセット。



DSC_1680
DSC_1681
専用グリスとOリングが2ヶ。



DSC_1682
材質:PP樹脂 ご使用:アルコール可 とある。



DSC_1664
ここに注目して頂きたい。エンド側面と接触するワッシャーは、爪で剥がせばすぐ外れます。



DSC_1666
実は、球面になってまして、平行度が決して正確ではないフォークや、リヤエンド部に順応出来るような構造になってるんです。こんなハブ見たことないでしょ!


DSC_1667
メンテナンスセットに入っていたOリングは、外した球面ワッシャーの内側に見えるのと同じもの。



gokiso_product_tokkyoimege02[1] - コピー


DSC_1670
リヤも左右同じ構造になっています。



DSC_1672
この隙間には、水や埃が進入しますか、らたまにメンテが必要です。でも道具要らずですからね。



DSC_1671
フリーは、なんと92ノッチで無段階に近くその1ノッチの間隔は4°ない。



gokiso_product_tokkyoimege01[1] - コピー


それでは、GOKISO ハブ最大の特徴、内部のフローティング機構をお見せしましょう!



「でも、受注生産でしょ、DAHON / tern 用だからと言って、こんな高価なハブ橋輪で在庫すんの?」

とんでもありません。船長のDAHON Mu SLX ビックシングルに装着するんです!



「新年スペシャルSALE」開催中⇒ [橋輪SALE]

KIMORI COLOSSUS HR 1号機!その7 【橋輪Blog】

KIMORI COLOSSUS HR 1号機!その7

前回の記事では、「船長のHR-1 フレームは、この後、BB 取付けのため愛知にあるジェットエンジンのタービン軸受け製作所へと送られることとなる」てな件で終ったが、その会社である近藤機械製作所(GOKISO)の展示会に行ってきました。


IMG_7445
決して大きなブースではありませんでしたが、大変興味ある内容が詰まった展示でした。中央右に背を向けるのが代表の近藤さん。



IMG_7469
これが噂のGKISOハブ。右のシルバーのハブが第一号のプロトタイプだそうだ。



IMG_7446
GOKISO 完組カーボンホイールの新たなラインナップGD₂(ジーディースクエアー)。ハブも含め決して軽くはないホイールだが、22%以内の勾配であれば、確実に効率が上がるそうだ。



IMG_7448
リムのワイド化とビードのフックに拘りがあるようだ。



IMG_7450
これが一般的なフック部。



IMG_7449
タイヤのビードの形に完全に一致するよう機械研磨されている。



IMG_7476
ほらねと力説を受けた。



IMG_7447
やはりワイド化はトレンドのようだ。



IMG_7478
リムテープの代わりにスポーク穴一つ一つに嵌め込む樹脂製のベロプラグ(1.000税別)これにもノウハウがあった。これに変えると僅かながらの軽量化になるのかな位の認識しかなかったが、GOKISO オリジナルリムとベロプラグの組み合わせだと殆どチューブにダメージが見られない。例えばどんなに丈夫なリムテープでもタイヤに大きな荷重や衝撃が掛かった祭、スポーク穴部分が膨らむそうだ。これが24ホールもあれば、かなりの圧力がリム本体内に逃げるそうだ。これにより、リム打ちパンクの防止にもなるってこと。初耳でした。


このカットモデルを手に取って見てみたかった

IMG_7471
ハブのフローティング構造が良く分かる。



IMG_7470
ベアリングのボールも通常約4mmのものを半分の2mm としている。



IMG_7479
フリーラチェットの爪が見える。



IMG_7452
シマノ、カンパなどのフリーが並ぶ中、スバ抜けて静かでスムースな回転であった。



IMG_7475
4っの爪が12時6時と3時9時で交互に噛み、92ノッチを実現している。これは最早、ワンウェーローラークラッチの域である。


IMG_7472
これがGOKISO フラックシップのチタンスーパークライマー。
前後セットでなんと702.000円也。



IMG_7474
近藤社長の話を聞いている間、ずーと回り続けていたGOKISO ホイール。ちなみに社長の話は長い。



IMG_7473
こちらが船長のKIMORI COLOSSUS HR に組み込もうとしているGOKISO BB。現在モニター販売中で80.000円也。チタンスーパークライマーハブのとてつもない価格と比べると安いと錯覚してしまうが8万円もするBBなんて見たことも聞いたこともない。船長のBB いつ出来上がるのかと聞いたところ専用の精密工作機械が1機しかなく、出来上がり次第のご連絡だそうだ。かなり遅れてます。


IMG_7453

高性能ハブに付いては、ぼくが説明するよりこちらの動画で
⇒ http://www.gokiso.jp/ja/movies.html




IMG_7454
ジェットエンジンメーカーRolls-Royce社の認定を取得とある。



DSC_6174

昨日の件だが、このエンジンの写真を見て頂きたい。エンジンナセルから覗くファンブレードの角度から左に回らなければ空気を吸い込まないことが解る。アメリカのプラット&ホイットニーなどに代表される世界中のジェットエンジンは、正面から見て反時計回りに回転するが、伝統を重んじるイギリスロールスロイス社は、反対の時計回りなんですよ。(近藤さん)「それは知りませんでした、お詳しいですね」と余計なこと言ってしまったが、軸受けだからどちらに回っても一緒か。

自慢!



船長通信

IMG_1332
9/8今、瀬戸内海、松山港で荷役中で、明日は、台風18号アターウ接近の為、港外にて荒天避難錨泊、アンカーです。



IMG_1340

IMG_1361
本日9/10の画像、日の出は、和歌山県串本町、潮岬沖、約3海里、日没は伊豆半島、静岡県南伊豆町、石廊埼沖約10海里です。...京浜港向けで、東京湾に入ります。



IMG_1364
9/14本日の夕日けは、(太平洋南岸、高知県土佐清水市、足摺岬沖、約4海里)です。では、また、mailします。...

本日も展示会、だが問題発生でアップ出来ません 【橋輪Blog】

本日も展示会、だが問題発生でアップ出来ません

本日も展示会回り。千住でcervelo MASI を初めとする東商会。青山でのPRインターナショナル。そして北の丸公園東京都科学技術館でのあの高性能ハブを製造するGOKISO(近藤機械製作所)。

DSC_6174
近藤機械製作所で頂いたパンフレットは表紙にグッと来るものがありますな。



DSC_6176
中には興味深い内容が、



DSC_6175
近藤社長ともお会いでき、イギリスは、ロールスロイスのジェットエンジンに軸受け部品を供給しているとかお話を聞けた。


DSC_6177
撮影した画像が取り出せない!何時もならばタブレットで撮影してくるのだが、iPhone 6S に変えたため、こちらの方が画像が綺麗かと。ところがパソコンに反応しない。何時もであれば、「iPhone のポータブルデバイス」が出るのに、iCloud のIDってなんでよ?てな訳で、明日、ソフトバンク行ってきます。すいません。



DSC_6178

ぼく、「ところで近藤社長、このパンフの表紙、ロールスロイスのエンジンじゃありませんね?」

近藤社長、「えっ?」

こりゃー1本取ったな!

明日につづく、

記事検索
  • ライブドアブログ