小径車パーツ

DAHON Mu SLX に JK カーボンホイールを(組替編)【橋輪Blog】

DAHON Mu SLX に JK カーボンホイールを(組替編)

さてパーツが揃ったところで組替に入りますかね。

IMG_1737
先ずは、チェーンをカットする。



IMG_1738
オリジナルの55T チェーンリングを外します。



IMG_1739
POWER TOOLS GUAD CHANRING 60T。大きいですね。



IMG_1740
RIDEA のシングルチェーンリングボルト。リデアの特徴は、このギザギザ。



IMG_1741
共回りしないために使うチェーンリングナットレンチが必要ないんです。



IMG_1745
五つのチェーンリングボルトは、星を書くように均等に締めて行きます。



IMG_1746
続きましてリヤブレーキ。



IMG_1747
Vブレーキアーム取付けボルトを外します。



IMG_1748
お次は左。



IMG_1750
ブレーキパットは、JK カーボンホイールに付属するカーボン用に入れ替えます。



IMG_1751
RIDEA CLV ブレーキアームは、シールドベアリングなので潤滑の必要はありませんが、スタットは、鉄製のため錆び防止でグリスを塗布しておきましょう。



IMG_1753
ストッパーピンは、一番リターンスプリングの力が弱くなるここを使います。(右に行くほど強くなる)



IMG_1755
ここね。



IMG_1756
RIDEA 7075 のアルミボルトは、オーバートルク厳禁。締めすぎるとすぐに頭が折れます。



IMG_1757
規定トルクで締めたあとは、スムースにう動くか確認しておきましょう。




IMG_1758
ブレーキシューを戻してリヤはおしまい。



IMG_1759
続きましてフロントブレーキ。あれれれれ・・・右も左も締まってなかったぞ!



IMG_1760
これってボルト締めちゃうとブレーキアーム動かなくなっちゃうやつだな。

久々にやってくれてんな DAHON!

明日につづく、


DAHON Mu SLX に JK カーボンホイールを【橋輪Blog】

DAHON Mu SLX に JK カーボンホイールを

DAHON Mu SLX に JK カーボンホイール装着依頼です。お客様遠方のため車体ごと送って頂きました。

IMG_1663
何かおにぎりみたいのが送られてきました。



IMG_1664
スリップバックほど薄手ではないですが、ちょっとリスクある送り方ですね。



IMG_1665
IMG_1666
IMG_1669
中身は、2019年モデルの DAHON Mu SLX。ほとんど納車されたばかりの新車ですね。



IMG_1670
おっと SCHWALBE BIG APPLE が付いてるじゃないですか。しかもぼくの好きな旧型のトレッドパターンです。よくありましたね。現在このパターンを使ってるのは⇒こちらだけ


IMG_1680
オリジナル85mm のブレーキアームで2.00のタイヤでは、クリアランスギリに見えますが、



IMG_1681
ブレーキを握ると干渉してしまいます。



IMG_1715
今回の依頼内容はこちら。



IMG_1714
JOSEPH KUOSAC(ジョゼフ・クゼ)
フルカーボンホイール前後セット 92.000円(税別)
20”(406)74/130mm Shimano 11S コンバーション


IMG_1717
フリーは、Shimano 11速。(SALE 中でした JK 10 Speed ホイールセットは完売しました)100/130mm 11 Speed は、⇒ こちら


IMG_1727
RIDEA CLV V-Brake CNC 7.800円(税別)



IMG_1730
アーム長は、100mm。ピポットにはシールドベアリングを使用しています。



IMG_1728
超ワイドなブレーキシュー取付範囲をもち406から451へのインチアップ時にも対応。



IMG_1731
RIDEA XFH V -Type Lever CNC( V ブレーキ用)15.700円(税別)



IMG_1732
45.5g と軽量です。



IMG_1733
チェックボールが入ったかなり凝ったアジャスターです。



IMG_1734
IMG_1735
IMG_1736
7075アルミからCNC加工されたホルダーとレバー。バークランプボルトは、チタン製。



IMG_1719
POWER TOOLS GUAD CHANRING 60T  15.000円(税別)



IMG_1720
IMG_1721
IMG_1722
チェーンリングは、オリジナル55T から60T へアップ。スーツで乗ることも多いようなので、ガード、ギヤ一体成型のガード付きチェーンリングをチョイス。


IMG_1723
RIDEA TQXG-R5 Chainring Screw for Single  1.400円(税別)

これでパーツが揃いました。チェーンリングを5T アップのビックシングルに変えるためチェーンも KMC X11(税込4.980)円に変更です。

明日は、取付を

Parts Collection のページを構築しました【橋輪Blog】

Parts Collection のページを構築しました

IMG_1537

あれ、そんなパーツ【橋輪Blog】で見たな。何時の記事だったっけ? てなわけで橋輪 HP の Parts Collection のページを構築しました。パーツラインナップは、まだまだ極少ないですが小径車に特化した内容となっています。


ブックマークに登録よろしくです!



PORTER MOULTON コラボバック発売【橋輪Blog】

PORTER MOULTON コラボバック発売

DSC_6614

PORTER(吉田カバン)オリジナルの MOULTON リヤバックが発売です。TSR シリーズ、SST 分割フレームモデル(SST 非分割には取付不可)に適合します。ポーターオリジナルの高級素材を使用しておりモールトン社の認定アクセサリーとなっています。

IMG_1523
PORTER オリジナル TSR 専用リヤバック 46.000円(税別)
サイズ:H74×W26×L45cm。




IMG_1525

IMG_1524
MOULTON / PORTER のタグ。



IMG_1526
トップカバーには、ジャケットやヘルメットを搭載できる便利なストリング。



DSC_6609
その裏側には、小物を収納できるポケット付き。



IMG_1528
大容量バックには、側板があり型崩れしない構造。



IMG_1530
MOULTO ロゴ入りのレインカバーが付属。



IMG_1531
ジッパー部に防水リップ付き。穴あきのペアノブで鍵が掛けられます。



IMG_1529
付属の PORTER DIAL TSA LOCK。



IMG_1527
キャリアへの取付けは、ベルクロ3点でワンタッチ。取り付けにはTSR 用純正リヤキャリアが必要。



IMG_1521
MOULTON TSR リヤキャリア 14.400円(税別)



IMG_1522
大型リフレクターが付属。



DSC_6616




DSC_6615




DSC_6612




DSC_6611




DSC_6613

スマートに装着された PORTER MOULTON リヤバック。こうして見るとモールトン本来のコンセプトが伺えますね。


ぼくの TSR 試乗出来ます!

DSC_6617
MOULTON TSR-9FX  240.000円(税別)
(完成車・非分割フレーム)


DSC_6619

※試乗には、身分証明書の提示を頂いております


RIDEA から NEW アイテム【橋輪Blog】

RIDEA から NEW アイテム

IMG_1514
RIDEA FDSD2 フロントディレーラーアダプター
(DAHON / tern 用)  価格未定

RIDEA から NEW アイテム登場です。フロントディレーラーブラケットのないフレームでフロントダブル化するためのパーツです。RIDEA からは 今まで日本国内では Birdy 用しか流通がなく、今回新製品である DAHON / tern のアルミフレーム用フロントディレーラーブラケットを取り寄せてみました。現在のところ価格未定ですが、8.000円前後での発売を予定しています。

IMG_1501
こんなパッケージに入って来ました。インストラクションマニュアルはなし。



IMG_1502
構成部品は、この3点。いずれもCNC 加工。



IMG_1503
組立に使うレンチは、4 / 2.5mm のヘキサゴン。



IMG_1504
バンド部は、ヒンジで解放出来てアールは DAHON / tern のアルミシートチューブにフィッティングする。


IMG_1505
こちらブラケットとアウター受け。



IMG_1506
ブラケットは、1ボルトスライド方式の取付。



IMG_1509
こんな感じか。



IMG_1510
IMG_1511
スライド量は、10mm 近くありそう。



IMG_1512
こちらアウターケーブル受け。



IMG_1513
こうだろうね。



IMG_1520
目方は、47.0g でした。



IMG_1519
カラーは、レッドとブラック。




IMG_1514

Tiagura を一体化してみた。要は、シートチューブの太い DAHON / tern の場合、如何にしてフロントディレーラーをシートチューブから遠ざけずに装着できるかが要となってくる。近々、実際に取り付けてテストしてみたい。

お楽しみに!

記事検索
  • ライブドアブログ