小径車パーツ

RIDEA から DAHON 用 NEW アイテム【橋輪Blog】

RIDEA から DAHON 用 NEW アイテム

DSC_3043
RIDEA DHHCQ1 Frame Hinge Clamp GR Lever 5.140円(税別)

先日テストを行ったRIDEAのDAHON用フレームヒンジレバーが全色入荷しました。 現行のDAHON では、Vice Grip を採用するVisc / Presto / Helios / Duve などに装着可能です。

DSC_3044
アナダイズドカラーの4色展開。



DSC_3048
シルバー



DSC_3047
ゴールド



DSC_3046
レッド



DSC_3045
ブラック

取付方法は ⇒ こちら

DSC_2756

さて、どの色選ぼうか?

RIDEA から DAHON 用 NEW アイテム 【橋輪Blog】

RIDEA から DAHON 用 NEW アイテム

DSC_2715

先日行ったサイクルモードにてRIDEAブースで見たDAHON 用NEW アイテム2点です。ちゃんと機能するかテストして欲しいと送られてきました。物はチェーンテンショナーとフレームヒンジレバーですが、ヒンジレバーは折り畳みにとって重要な部品のため注意が必要です。

DSC_2716
RIDEA HCT2 Chain Tensioner  4.990円(税別)



DSC_2717
シングルフリー用チェーンテンショナーですが、これDAHON では現在、シングルスピードのプレスとかヘリオスに楕円チェーンリングを組む時ぐらいしか使い道が見つかりませんね。


DSC_2718
RIDEA DHHCQ1 Frame Hinge Clamp GR Lever 5.140円(税別)
カラーは、ブラック、レッド、ゴールド、シルバーのアナダイズド4色。現行のDAHON では、Vice Grip を採用するVisc / Presto / Helios / Duve などに装着可能。


DSC_2719
アルミむくからのCNC削り出し仕上げです。



DSC_2735
こちらDAHON オリジナル。



DSC_2736
アルミダイキャスト製。



DSC_2737
オリジナルは、47.0g。



DSC_2738
RIDEA は、40.5g と意外に6.5g 軽かったです。



DSC_2720
それでは、取付方説明も兼ねてPresto でテストしてみましょう。



DSC_2721
先ずは、タイロッド(DAHONではテンションロッドと呼んでいる)を緩めます。バイスグリップではこのタイロッドを締めたり緩めたりすることでヒンジの圧着力が変わりますので最後に調整して下さい。



DSC_2722
ロックタイトが付いていなければスパナを使わなくとも外れます。



DSC_2725
するとセーフティーロックピンも抜けます。



DSC_2726
次に左下のイモネジを



DSC_2727
アレーンキーで外します。



DSC_2734
このイモネジが中に入っているレバーヒンジピンの脱落を止めています。



DSC_2740
ピンは、ヒンジを振動させれば自然落下してきます。



DSC_2741
これでレバーが外れました。



DSC_2739
付属する黒大1、透明小3の樹脂ワッシャーは、どこに使うか不明。



DSC_2744
使うとすれば透明小を1枚ここにかな。



DSC_2745
イモネジを戻す際は、緩み止めを塗布します。



DSC_2747
取付完了。



DSC_2750
さてRIDEA のレバーは、ちゃんと仕事をするのか?



DSC_2752
締めて行くにしたがって力が「ギュー」っと掛って来て、



DSC_2753
最後に「パチン」と吸い付く感じ。いいですね。合格です!



DSC_2779
この「ギュー」って行くときに誰が頑張っているかというと、このタイロッドです。プッシュロッドと言った方が正確かもしれません。レバーを締めて行くとタイロッドには縮められる力が掛ってきます。スチール製のロッドですからこのくらいの力では縮みませんからフレームの接合する面と面やピンとピン穴が競り合ってくるのです。


DSC_2757
DSC_2758
DSC_2759
この三つのピンの位置関係が重要。



DSC_2772
今、Vice Grip で説明していますが、Mu などに採用される V-Clamp でも同じことが言えます。



DSC_2774
解放されていてピンと穴にガタがある状態。この三角形の形状を良く見ておいて下さい。

DSC_2775
レバーを締め始めるとピンと穴のガタが無くなりタイロッドが圧縮され始める。ここが「ギュー」ってとこ。

DSC_2776
更に閉じて行くと三つのピンが一直線上に並ぶ。ここがフレームの圧着力が最大になる位置です。ですがここで終わってしまう車体は、危険です。レバー形状がおかしいかフレームに異常があると判断します。

DSC_2778
圧着力が最大になる位置からレバーがフレームに接触するまで更に押し込める余裕が必要。今度は一直線上に並んだ三つのピンが逆三角形になりましたね。圧着力が最大になる位置から反対側に少し緩んだ状態(ここが最後に吸い付けられるような「パチン」)です。上の一直線上に並んだ位置ではタイロッドが閉じる方向に倒れるか開く方向に倒れるか迷っている状態です。ここまで来てしまえば圧着力が最大になる位置には戻れませんのでセーフティーロックなどなくともヒンジが開いてしまうことなどありえないってことです。


DSC_2756
DSC_2755

良いアクセントで高級感が出ましたね!

各色近日入荷!



DSC_1356
DSC_1357
2018 DAHON
Presto SL     127.440円
(税込)
橋輪プライス 114.600円(税込)

2018は、チタンカラーで登場するプレストSL。16インチ8.2kg の車体には、新採用のDAHON Super Light シートポストではなく、スペシャルなKCNC Lite Wing Dahon edition が標準装備。
入荷予定は、12月となっております。

こちらもご予約お待ちしております!

CONTROLTECH パーツの SALE 第二弾!【橋輪Blog】

CONTROLTECH パーツの SALE 第二弾!

DSC_1963
CONTROLTECH カーボンフラットバー 11.000円(税別)

コントロールテックパーツの限定セール第二弾は、クランプ径Φ25.4 / 560mm のカーボンフラットバーバー(2014〜2015 DAHON Mu SLXで標準装備されていた当時30.000円してたものです)と DAHON アルミフレーム用Φ41mm カーボンシートクランプです。

DSC_1964
クランプ径Φ25.4



DSC_1966
560mm の長さで、若干スイープあり。



DSC_1967
重量は、128.5g



DSC_1962

限定3本
40%OFF の6.600円(税別)でお願いします!





DSC_1972
CONTROLTECH カーボンシートクランプ 8.000円(税別)



DSC_1971
レバー部分がカーボン製。アルミクランプは、DAHON アルミフレームΦ41mm に対応。



DSC_1970
重量は、56g



DSC_1969

限定3個
40%OFF の4.800円(税別)でお願いします!




こちらセールではありませんが

DSC_1974
DAHON Φ41mm シートクランプレッド 2.500円(税別)




DSC_1973
珍しいDAHON 純正のシートクランプレッドです。限定3個です。




DSC_6294
CONTROLTECH 406 Vブレーキ カーボンフォーク 60.000円(税別)

詳細は ⇒ こちら


CONTROLTECH パーツの SALE!【橋輪Blog】

CONTROLTECH パーツの SALE!

DSC_1951
CONTROLTECH カーボンドロップバー 25.000円(税別)

コントロールテックパーツの限定セールです。第一弾は、クランプ径Φ31.8 / 400mm のカーボンドロップバー。

DSC_1953
アナトミック&エアロデザイン。



DSC_1952
クランプ径Φ31.8 / 400mm



DSC_1954
ステムクランプ部と、



DSC_1955
ブラケット部に滑り止めが施してあります。



DSC_1957
ハンドルパイプ内を通らないシフトとブレーキラインの2本が通るトンネル。



DSC_1958
重量は、220g



DSC_1961

限定3本
40%OFF の15.000円(税別)でお願いします!



小径車用高級高品質ホイール ANDOZA B2 【橋輪Blog】

小径車用高級高品質ホイール ANDOZA B2

DSC_1528
ANDOZA B2 ”17(369)前後セット 171.800(税込)

17インチ小径車用高級高品質ホイール ANDOZA B2 です。
40mm のリムハイトを持つハイポリッシュアルミリムですがスポーク本数の少なさやオリジナルハイグレードのハブで軽量に仕上げられています。付属のスキュアーでモールトンのエンドにも対応します。


DSC_1518
タイヤウォーマーのようなリムカバーが付属。ロービジの袋はスキュアー。



DSC_1521
フロント:”17(369)100mm 16H


 
DSC_1533
リムの山が丸みを帯びているのが特徴。



DSC_1523
DSC_1522
ANDOZA / HAWK B2 ロゴ。



DSC_1524
小型軽量高性能なオリジナルハブ。



DSC_1534
スポークは、ブレードスポーク採用で、フロント、リヤ左右同じ寸法としています。



DSC_1527
リムテープ付属。



DSC_1532
リヤ:”17(369)130mm 16H



DSC_1530
リヤも全てストレートプルスポークです。



DSC_1531
フリーは、Shimano 11s 対応。(カンパもあり)



DSC_1535
別途購入(12.800円)も可能なスキュアーとバルブエクステンダーが付属。



DSC_1536
DSC_1537
DSC_1538
チタン製でレバーのみアルミ。



DSC_1539
重量僅か62.5g。



SCHWALBE KOJAC 嵌めてみました

DSC_1540
DSC_1541
DSC_1542




DSC_1599

明日は、この超いかしたホイールを量産型 Dynavector DV-1 に装着してフライング公開しちゃいます。まだ誰にも言っちゃダメよ!

これは、来てますよ!

記事検索
  • ライブドアブログ