小径車パーツ

SCHWALBE BIG APPLE 14×2.00 大量入荷!【橋輪Blog】

SCHWALBE BIG APPLE 14×2.00 大量入荷!

DSC_3711
SCHWALBE BIG APPLE 14×2.00(50-254) 2.600円(税別)
限定24本!

シュワルベの14インチ小径ファットタイヤが大量入荷です。シュワルベの国内ビックアップル小径タイヤのラインナップは、12×2.00から始まり16×2.00、18×2.00、20×2.00で、ビックアップルプラスが20×2.15と14インチがありません。14インチモデルの DAHON Dove Plus に装着したくて本国取り寄せした商品です。2.00の太さで14インチですから迫力満点ですぞ!

DSC_2982
DSC_2983
DSC_2984
DSC_2987
画像は、2018 DAHON Dove Plus への装着例です。
詳しくは、⇒ こちら



DSC_3481

明日は、こんなにリムに引っ張られた 14”BIG APPLE を

RECON Fe カセット Capreo 11s 9-28T 再入荷!【橋輪Blog】

RECON Fe カセット Capreo 11s 9-28T 再入荷!

DSC_3241
RECON Fe カセット Capreo 11s 9-28T  24.000円(税別)
Ratio:9-10-12-13-15-17-19-21-23-25-28

RECON Fe カセット Capreo 11s 9-28T 再入荷しました。実は昨年9月にご紹介した10 / 11 Speed が最終ロッドでして、トップ9T を求める小径車マニアの需要を見込んで再生産して頂きました。ですので今回10 Speed はありません。

同じ図面からコンピューター入力されたものを再生産しているので製品誤差はないものと思われるが、表面処理とパッケージが変わってきたことから今一度作動テストをしてみようと思います。


DSC_3242
ワンピースタイプでロックリングと0.5mm スペーサーが付属。



DSC_3243
マテリアルは、クロモリからの削り出し。



DSC_3244
よくもこんな風に削れるものだ。



DSC_3245
ワンピースと言ってもトップ3T の一体部分は、分解式。



DSC_1514
高価なスプロケットだけにトップ3T をリペアーパーツとして別売できることを強く望みたい。



DSC_3251
表面処理の風合いが変わっているので今一度目方を測ってみると201.0g。



DSC_1507
DSC_1506
前回入荷したものが207.5g だったから何故か6.5g 軽くなっている。



DSC_3253
こちら Shimano 純正カプレオカセット9 s が240.0g。2枚増えても39.0g 軽くなっていることとなる。




DSC_3247
こちら M さんから注文を受けて組んであった DAHON 用カプレオ16インチホイールセット。ホイールは、とうに組み上がっていましたがカセット待ちでした。

DAHON 用カプレオ16インチホイールセット


DSC_3248
こちらのホイールでテストしてみましょう。



DSC_3249
付属の0.5mm スペーサーを入れるとロックリングの締め代が浅くなりますから、



DSC_3250
このハブの場合スペーサーは無で。



DSC_3263
テストベンチは、DAHON Mu SLX 11 Speed。



DSC_3255
SLX に可愛い16インチをセット。



DSC_3256
リヤディレーラーは、Shimano 105 11 Speed。
作動前に Hi / Lo & B テンションを調整します。



DSC_3257
シフトダウンしながらケーブルテンションを見ます。



DSC_3258
次にアップ側への落ちを確認して、



DSC_3259
前回と同じで結果は良好でした。



DSC_3262

左側からのショット。丸見えのフリーがセクシーです!

M さん大変お待たせしました!



tern SURGE PRO にKitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

tern SURGE PRO に Kitt カーボンホイール付けてみた

DSC_3038
DSC_2989

昨日ご紹介した tern SURGE PRO。フレームサイズ520の方も組んでみました。上の写真が520で下が470です。でもって今夜の【橋輪Blog】は、キネプロホイールを Kitt カーバンバトンと入れ替えてみようと思います。

DSC_9345
Kitt Custom Carbon Tri-Spoke  Wheel



DSC_3646
Tern X Kitt design SMI 368 3K カーボンフォーク



DSC_3049



DSC_3049 - コピー
ロゴを黄色に画像加工してみました。


DSC_3050




DSC_3051



DSC_3045



ホワイト / ブラックもやってみた

DSC_3054



DSC_3056



DSC_3057



DSC_3052 - コピー

Kitt カーボンホイール / フォーク絶賛発売中!



【おまけ】Kitt カーボンホイール付けてみたシリーズ

DSC_1114
Verge X10 に Kitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

DSC_1122
Verge N8 に Kitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

DSC_1128
Link N8 に Kitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

DSC_1136
DAHON Mu SLX に Kitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

DSC_1145
DAHON Helios に Kitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

最後の HED JET 17 生産中止!【橋輪Blog】

最後の HED JET 17 生産中止!

DSC_3806
HED JET 17 フロントリヤ Set  280.100円(税別)

ホイールサイズ:17インチ(369) クリンチャー
 リムハイト:50mm
重量:フロント600g / リヤ778g(クイック含む実測)
エンド幅:フロント100mm / リヤ130mm
仕様:Shimano(10.11) / CAMPAGNOLO

小径車ファンの皆様、大変です!
アメリカ HED CYCLING 社がリリースする JET シリーズカーボンホイールの17インチ、JET 17 が生産中止となりました。本日バックーダーで入荷したシマノフリー1Set、カンパフリー1Set でラストとなります。密かに狙いを付けていた方これがラストチャンスです。


DSC_3807
2017年モデルのブラックロゴ。ホワイトロゴの2016年モデルは完売しました。



DSC_3808
アルミ、カーボンハイブリッドのクリンチャー。



DSC_3809
エアロブレードスポーク。



DSC_3810
シマノフリー。



DSC_3813
1.8 / 2.8mm のシムが付属して9・10速も取付可能。




DSC_3811
カンパフリー。



DSC_3812
クイックとバルブエクステンダー、コア回しが付属。



DSC_1462
装着例:Dynavector DV-1+HED JET17



20インチもラスト1Set あります!

DSC_3814
HED JET 20 フロントリヤ Set  280.100円(税別)

ホイールサイズ:20インチ(406) クリンチャー
 リムハイト:50mm
重量:フロント671g / リヤ817g(クイック含む実測)
エンド幅:フロント100mm / リヤ130mm
仕様:Shimano(10.11)


DSC_9098
装着例:Moulton TSR-9+HED JET20


特にモールトニア、それから将来的にモールトンを組んでみたいと思っている方、これは大きな選択肢が削除されることとなります。何とも悲しい事件であります。

こちらも思いっきり痛い!

DSC_0253

KIMORI COLOSSUS HR




Tern X Kitt design SMI 368 3K カーボンフォーク入荷!【橋輪Blog】

Tern X Kitt design SMI 368 3K カーボンフォーク入荷!

DSC_3652
Tern X Kitt design SMI 368 3K カーボンフォーク 30.000円(税別)

2018年モデルの tern SURGE PRO に標準装備されるフルカーボンフォークです。SURGE / SURGE Ltd に装着できますが、フロント用のブレーキキャリパーが必要となります。

DSC_3646
形状はストレートエアロブレード。



DSC_3647
SMI(スミ)FULL CARBON 368 のロゴ。



DSC_3648
サイドには、Kitt desain。



DSC_3649




DSC_3650




DSC_3651
カーボンステアリングコラム。フレームサイズに関わらずコラムカットは必要です。取付には別途コラムアンカー(1.200円税別)とクラウンレース(500円税別)が必要になります。



DSC_3653
カーボンフォークエンド。



DSC_3654
こちらフロントブレーキ用のキャリパーが必要になります。


さて気になる重量は、

DSC_3642
DSC_3643
SURGE Ltd のオリジナルアルミフォークは、972.0g と超重量級。



DSC_3644
DSC_3645
比べフルカーボンフォークは、479.0g と500g 弱の軽量化。



DSC_3641

E さんお待たせしました。Shimano 105 コンポから R8000 ULTEGRA にアップグレードした SURGE Ltd です。カーボンフォークが入荷するまで BR-R8000 のフロントブレーキキャリパーはお預けでした。やっとフルコンポで乗れますね!

ULTEGRA にアップグレードは、⇒ こちら

DSC_3628




DSC_3629




DSC_3633




DSC_3635




DSC_3634




DSC_3636

カッコいいや!

記事検索
  • ライブドアブログ