小径車パーツ

ホイールハブのチューニング 2  【橋輪Blog】

ホイールハブのチューニング 2

DSC_9966

クイックを力強く締めると回転が重くなる原因は、シャフトの段付き長さが0.25mm 足りないことにあった。これは長すぎるより短い方がラッキーである。もし長すぎていたら足し算は出来ても引き算が出来ない橋輪には、旋盤のお助けが必要となる。足し算による微調整には、極薄のシムがいる。リヤ用10mm シャフト(内径Φ10シムリング)は、モノタロウで購入可能だが、フロント用9mm シャフトの内径Φ9シムリングは無い。規格で10mm の下は8mm なのだ。そこでかなりマニアックなMiSUMi-VONA で検索すると、1mm 単位でオーダーが掛けられる。だが汎用規格の10mm は1枚90円で購入可能だが9mm は、1枚480円と大変高価だった。

DSC_9946
フロントシャフトなので9mmである。



DSC_9947
ダブルパイロンのピポット修理に使う12-16mm の2枚を含む9mm、10mm、を42枚購入したが、これで約1万円也。



DSC_9948
今回は内径9mm の厚さ0.1mm と0.05mm を組み合わせて使う。



DSC_9949
0.05mm のシム。強く握れば壊れてしまう程に薄い。これ1枚で480円とは!



DSC_9950
片側に0.1mm を1枚、反対側に0.1と0.05の0.15mm の2枚を入れる。段付きの長さが0.25mm 伸びる計算。



DSC_9967
だが正確に0.25mm となるとは限らない。この部分の削り方にもよる。



DSC_9972
いらな紙の裏に書いているので文字が写り貧乏くさい絵だが、加工工程の差でシムリングの座りが変わってくるからだ。このへんは組んでみなけりゃ分からない。


DSC_9952
せっかくなので、ベアリングもNTNに交換。No.609JX2LLU/1X。



DSC_9953
シムリングを失くさぬようマスキングテープで留めておこう。



DSC_9954
再度ヒートガンでハブボディーを温めます。



DSC_9956
圧入するでも叩き込むにせよインナーレースのみに力が掛るのは避け、アウターレースで挿入しよう。さもないとボールの打痕がレースに付く。



DSC_9955
17のディープソケットがピッタリだった。



DSC_9958
挿入完了!



DSC_9959
まてよ!ちょっと重いな。接触型のラバーシールの抵抗かな?



DSC_9960
両手でシャフトを掴んで回すとバルブの重さで逆回転が始まるときに指が持ってかれる感じがする。



DSC_9957
触れ台に乗せて回すとやはり回転が重い。シムリングが多すぎたのか?普通ならここで0.05mm を1枚抜いて0.2mm とするところだが、ここが究極のセッティング。


DSC_9973
左の足りなくてボールに下向きのストレスが掛っていたのに対して、今度は右のように多すぎて上向きのストレスが掛ってきた。これ狙い通り!


DSC_9970
クイックを締めると互いが打ち消しあい最高の回転を得た。



DSC_9963
クイックを締めないと重く、締めた時ストレスのない最高の回転が得られる。



DSC_9962

最後にクイックを締めた状態で両側カラーのイモネジを締めて終了。このイモネジ、以前にJKホイールの説明で「非常に良いシステム」と書いたが、後にイモネジ一か所では、その効果が得られないばかりか、クイックの締め付けが均等に掛らないことが分かった。最低120°離れた3ヶ所ないと意味がない。なのでこのイモネジは、回り止め程度に締めておけば良い。 色々とやった結果、最高の回転が得られましたが普通はここまでやりませんよ。

T さんに見せたかっただけです

ホイールハブのチューニング 【橋輪Blog】

ホイールハブのチューニング

DSC_9906

ハブにDURA-ACE?並みの回転を与えるべく、チューニングを施す。今回は、Kitt Custom Carbon Tri-Spoke  Wheel を例に取り説明したいと思います。

DSC_9908
先ずは両側のカラーにあるイモネジを緩めます。



DSC_9909
くだんの方法(接着剤のへら)でカラーを抜きます。



DSC_9910
圧入されているのではなくOリングが仕込まれているので抜きずらいだけです。Oリングの抵抗ですがクイックを締めた時点でカラーとシャフトは一体になるので気にしなくてOKです。


DSC_9911
イモネジが噛んでた痕はヤスリでさらっておきましょう。



DSC_9912
シャフトには、軸方向に若干の遊びを指の腹で感じることが出来ます。これがゼロがベストとは限りません。またゼロでも抵抗になっていることもあります。ではこの遊びがどれくらいあるか測ってみましょう。ダイヤルゲージが無くても測定できますよ。


DSC_9924
遊びの分をシャフト、カラー共に片側に押し付けた状態でイモネジを締めます。



DSC_9914
反対からシャフトを押せば、



DSC_9915
遊びの分だけカラーは外へ。カラーのツバとハブの隙間というより、その内側の僅かな隙間です。



DSC_9916
ここにシックネスゲージ(この測定器具は、高価なダイヤルゲージと違い数百円で購入できる)を差しこみます。



DSC_9917
ツバの内側には段付きがありますので、


DSC_9918
ここではなく、



DSC_9919
こちらで測定。



DSC_9920
ここです。



DSC_9921
幾つかのゲージを組み合わせて隙間がどれだけあるか測定します。



DSC_9922
0.20mm と0.05mm の組み合わせの0.25mm がしっくりきました。指の腹に感じた遊びは、0.25mm だったことが分かります。



DSC_9923
0.30mm も入りますが無理やりです。



DSC_9925
たった0.25mm ですがクイックレバーを締めたときに影響が出ます。ぼくはクイックレバーをきつく締め付けない派なので殆ど影響が出ませんが、きつく締める人は回転に差が生じるでしょう。


DSC_9902
分解には、ヒートガンが便利。カーボンホイールなので触れないほど加熱してはいけません。「熱いな」ぐらいでも薄いアルミハブは、膨張します。


DSC_9935
ハブが温まったらシャフトの頭をこずいてやりますが、適当なボルトを差しておいた方が良いですね。



DSC_9936
ガンガンやらなくともこんこん位で簡単に抜けてきますよ。



DSC_9938
これが部品構成。



DSC_9966
要は、このベアリングに掛る太くなっている部分の長さです。



DSC_9939
この太くなった段差でベアリングが止まるわけです。



DSC_9941
世には、この細いクイックシャフトで回ってると思っている人結構いるんですよ。



DSC_9942
クイックを締めると何処と何処が一体化するのかを見極めなくてはいけません。右からクイックナット(これはシャフトを押しているのではありません)この場合フロントなので赤で書いたフォークエンド、エンドはカラーを押してカラーは、ベアリングのインナーレースだけを押してインナーレースは、シャフトの段差を押す。そして今書いた全てが一体化する。そしてその相手は一体化したハブボディーとベアリングのアウターレース。その二つの一体化しともの同士の間にボールが回っているわけです。


DSC_9945
このカラーの段差が、ベアリング全体ではなくインナーレースのみを押している絡繰りであります。



DSC_9940
これが正常な段付きの距離だとしよう。



DSC_9944
この段付きの距離が正常より短かったらどうなるか?


DSC_9968
汚い絵はハブを立てに見た状態。

右が正常で左が短いパターン。クイックはカラーを押し下げベアリングインナーレースを下げようとする。ベアリングアウターレースは、ハブの段付きに阻まれ動けない。すると互いに高さの違うレースは、ボールにストレスを掛けるのです。

あすは、具体的なチューニング法を



お待たせしました20インチカーボンバトンホイール入荷!【橋輪Blog】

お待たせしました20インチカーボンバトンホイール入荷!

IMG_1287

Kitt design Tri-Spoke Wheel A4チラシ outline 20150825

Kitt design がリリースする20インチカーボンバトンホイール。406と451サイズがあり、エンド幅も豊富。特にフロント74mm は、DAHON / tern のフォールディングバイクにもフィットする。NOVATEC 製のハブは、11 Speed フリーで、付属の1.85mm スペーサーを入れれば9 / 10 速にも対応。カーボンリム専用ブレーキシューが付属します。

DSC_5470
Kitt Custom Carbon Tri-Spoke  Wheel



DSC_5471
フルカーボンのクリンチャー。



DSC_5459
ロゴは、このホワイトとブラックが選択可能。


Kitt Custom Carbon Tri-Spoke  Wheel

【20" ETRTO 406】
フロント 74mm リムブレーキ   48.000円
(税別)
フロント100mm リムブレーキ    48.000円(税別)
リヤ    130mm リムブレーキ    52.000円(税別)

【20" ETRTO 451】
フロント 74mm リムブレーキ    48.000円
(税別)
フロント100mm リムブレーキ     48.000円(税別)
リヤ    130mm リムブレーキ     52.000円(税別)
フロント100mm ディスクブレーキ 54.000円(税別)
リヤ    135mm ディスクブレーキ 58.000円(税別)

DSC_9341
小径ホイールコレクションがまた増える!



IMG_1288

先ずは、段ボール箱に隠れたこのあたりから行ってみましょうかね〜住職

お楽しみに!


DAHON のアルミシートポストが曲がる件【橋輪Blog】

DAHON のアルミシートポストが曲がる件

DSC_4294
FF-R ALUMI SEAT POST 339 φ33.9mm 550mm  9.000円(税別)
FF-R シートポストの詳細は、⇒ こちら

K 技師より問い合わせが来た。「Litepro のシートポストが曲がってしまったんですが橋輪さんで販売しているFF-R は、大丈夫ですか?」 うちではライトプロであろうがライトウイング、純正、コントロールテックカーボンでも曲がったって話は聞いたことないですよと答えたが、慎重なK 技師、心配性なのか難しいことを聞いてくる。「も〜そんな難しいこと言われてもさっぱり分かりませんよ!」 「じゃー、うちで退色テストのために半年間Mu P9 の試乗車に取り付けていたものがあるから持って行ってテストしてみたら!」 「その代わりにレポートしてね」 「曲がったら【橋輪Blog】に出せないけど(笑)」 でK技師から届いたレポートがこれだ!


本レポートでは、主にFF-Rシートポストの耐久試験結果について報告する。

【目的】
軽量で丈夫なDAHON用シートポストの探索と入手。また、その記録。

【まとめ】
・FF-Rシートポストの耐久性を検証した
・往復30 kmの市街地で、計13日間の試験走行を実施した
・装着車種はroute 2012
・クランプ部に薄い傷はついたが、一切曲がらなかった
・同様の方法・期間でLiteproは3度曲がっていたが、そのような懸念は払拭された

ffr-2


【理論】
パイプの曲げ強度計算において用いられる指標について述べ、試算結果を示す。

1. 断面係数
詳細な理論は割愛するが、一般に管の断面係数は曲げ強度計算に用いられ、次式で表される。

z1-formula

同一素材の場合、Z1を比較することで、強度比較できる。
 

2. 引張・曲げ強度
金属で同一形状の場合、引張強度(曲げ強度)を比較することで強度の比較推定ができる。

引張と曲げ-2

図1: 引張試験(左)と3点曲げ試験(右)

表1に、主に自転車に用いられる材の引張/ 曲げ強度を示した。
 
表1: 素材強度一覧
table-1
 
3. 試算結果
前記の指標に基づいて、FF-RやDAHONシートポストの強度を比較したのが表2である。
FF-RはほぼDAHON純正品と同等の強度設計と考えられる。

表2:各種材料の強度比較 
table-2

表2補足
・純正については、D社の主張の通り、6061-T6の20%強度増としている
・CFRPについては、より強度の小さい曲げ強度を数値として採用した
・重量は直管想定でヤグラなどは考慮しない 

なお、右側3列については、「ありそうな」値を適当に入力しており、実測ではない。


【非アルミシートポストの小考察】

1. カーボン
この素材をDAHONシートポストに用いると、運用について制約がある(過去のエントリーを参照)。
DAHONの見解は不明だが、少なくとも摩擦増強のコーティングについては、可能性があったはずである。
摩擦力を高めた特殊なシムや締結具の開発については検討の余地がある。

2. チタン
6-4チタンなどを使えば、前表の通り、十分に軽量化は達成できる。
金沢輪業などからも発売されていたり、それ以外にも3-2.5チタンがフレーム材として存在してはいるが、シートポストとしては可能性がまだまだある。
コスト改善や「チタンならでは」という訴求点の設定も含めて、業界の奮起を期待したい。

3. マグネシウム
マグネシウムは耐食性の観点から、屋外使用に耐えられる仕様検討が十分とは言えず、加工も難しいとされているが、ここ数年で合金の開発も進んでいる。
これらの問題が現場レベルでクリアされれば、さらに軽量で、振動減衰性も改善されたシートポストになるだろう。


【試験条件】
 
[装着車種] DAHON route 2012
[サドル] TIOGA Fortis Aura, 434g
[シートポスト差しこみ深さ] 金属部最下部よりクランプ上面で11cm
[乗り手重量] 約80kg
[走行ルート] 距離30 km/day, 神奈川県〜都内の国道2号線および住宅街

[屈曲度計測法]

・転写式(定量)
図2のように、目視によりシートポストの側面見出したのち、紙に押しつけ、ペンを紙に垂直にしてシートポストをなぞり、屈曲部の角度計測をする方法(前面は進行方向)。
分度器か、それが難しい場合は正接を読み取り角度計算する。
分解能がペン先太さに依存するため、0.3mmシャープペンなどが望ましい。

measurement

図2
 
・転動式(定性)
サドルや金具をすべて外し、平らなところでシートポストを転がすと、屈曲している場合には偏心して回転する(図3)。

original-2

図3


【結果】
実走行期間は13日間(雨天含む)であった。
走行を終えて前記計測法により測定したが、屈曲は一切検知することができなかった。
一部、クランプに浅い傷は確認できた(図4)。

ffr-1

図4-a

 
ffr-3

図4-b
 

参考までに同様の方法で10日間試験したLiteproブランドのアルミシートポストの写真を示す(図5)。

lite-p

図5

大きく曲がっているが、角度計測したところ3度の屈曲を確認した。

また、DAHON純正のシートポストについても同様に計測したところ0.64度の屈曲を確認した(図6)。

original-1

図6

ただし、これは購入から4年にわたって進行したもので、Liteproなどとは比較にならない。


【考察】
乗り手の使い方としては、クランプ上面から、サドルまでは42cmあり、荷物を含めた重量は80kgジャストである。
つまり、国内では比較的負荷の大きな部類であると思われる。
平均的な日本人成人男性の体格(170-175cm, 65-70kg)においては、純正もFF-Rも問題なく長く使えるものと考えられる。

Minimum Insert Lineの印刷位置は適正とは思えない。
パット印刷か何かだとしたら、ワークの位置をずらしてみてはどうだろうか。
2014 T6の表記は額面通りと受け取っていいだろう。

純正シートポストでは、図7のような筋交いが入っており、これが強度向上に貢献しているのであれば、耐久力はもう少し上の数値かもしれない。

original-3

図7


【結論】
FF-R アルミシートポストを所定の条件で試験したところ、クランプ接触部に薄い傷が見られたが、目視でわかる屈曲や、クランプ部の痩せは発生しなかった。問題なく使用可能である。

【謝辞】
本テストに当たり、橋輪殿によりFF-Rシートポストの貸与をご快諾いただきました。
心より感謝申し上げます。

【公開に際して】
本レポートはシートポスト選択において科学的アプローチを試みたものであり、記載内容により強度等一切を保証するものではない。
内容に基づいて生じた不利益については、橋輪および筆者は一切の責を負わない。 

【出典】
*1: http://www.zerocut-watanabe.co.jp/contents/handbook/hand041.html
*2: 数値は曲げ強度。http://www.sankyo-ss.co.jp/about-cfrp/performance.html
*3: http://www.ofa-titanium.com/product/titan/ti64.html
*4: http://www.ofic.co.jp/mg/mg02.htm

凄い内容でしょう。ここまで突き詰める人まずいないと思いますね。しかもK技師、FF-R を1本お買い上げ頂きました。そうそうキズが付いた原因は、長年酷使したシートポストシムにあると思います。中級グレード以上の車体に装着されている純正シートポストシムを取り寄せますので、こちらも合わせて交換をお勧め致します。

DSC_9109
暗黒技研お手製超精密アルミ削り出しDAHON シートポストシム。

「DAHON のカーボンシートポストが下がる件」てのも随分やったな〜
DAHON のカーボンシートポストが下がる件
暗黒技術研究所「秘密基地」に潜入!
暗黒技研の正体は?
薄いシートポストシムをアルミむく材より切り出す
60kg 以下の体重の人だったらこれで行ける
誠に勝手ながらKCNC ライトウィングを推奨させて頂きます
”しつこく”DAHON のカーボンシートポストが下がる件 言い訳編 & 船長来店

HED の20インチ(406)ホイール緊急入荷!【橋輪Blog】

HED の20インチ(406)ホイール緊急入荷!

DSC_9086

HED の20インチ(406)ホイールが、JET 17 に交じって臨時入荷です。HED ロゴは、2017の NEW デザイン。アルミ、カーボンハイブリッドのクリンチャーで、エンド幅はフロント100mm リヤ130mm のシマノ11速対応モデルです。価格は、今現在のところ未定となっています。

DSC_9087
2017年モデルのNEW ロゴ。



DSC_9088
フロントハブエンド幅は、100mm。



DSC_9089
ブレードスポーク使用でフロント24ホールのラジアル組。



DSC_9090
アルミ、カーボンハイブリッドのクリンチャー。



DSC_9094
クイックとバルブエクステンダー、コア回しが付属。



DSC_9091
リヤは、クロス&ラジアル組の24ホール。



DSC_9092
フリーは、シマノ11速に対応。



DSC_9093
1.8 / 2.8mm のシムが付属して9・10速も取付可能。



DSC_9095
DSC_9096
雰囲気を見るためSCHWALBE KOJAC を組んでみました。



ぼくのモールトンTSR でプチHED 体験

DSC_9097
DSC_9098
DSC_9099
DSC_9100
DSC_9105
控え目なロゴマークで、シックなフレームカラーでも邪魔してませんよね!

22回にも及んだ ”お城で作っていないモールトンはダメなのか?”  シリーズをモールトンのページに纏めてみました。ぼくも含めたモールトン初心者又は、モールトンに興味がある方にお勧めの内容となっています。是非一度覗いてみて下さい。 アレックス・モールトン


DSC_9108

さてさて、自分好みの TSR 始まる!
記事検索
  • ライブドアブログ