オーナーズレポート

Mr.Koba のワールドサイクリングレクチャー 最終回 【橋輪Blog】

Mr.Koba のワールドサイクリングレクチャー 最終回

4. あとがき

鉄道に乗って先々を自転車で走るとなれば、荷物はトランクというわけにはゆかない。ぼくたちは初めの日と最終日は同じホテルに泊まり、要らない荷物を預けておくが、それでも4,5日はリュックの旅になる。旅を重ねるごとに荷物を削って、着の身着のまま、宿に着くと洗濯をしてそれを乾かす。都会を離れれば食事も限られてくる。イギリスでもスイスでもB&Bとは言っても頼めばワインも夕食も出してくれる。そしてその1人前がバカに多い。だから「シェアーします」と言って一人前を2人で食べる。最近はそれも面倒で、日本からフリーズドライやカップ麺を持っていって、ワインを飲んで寝てしまう。スイスの駅近には必ずミグロスかCOOPがあって、見つけたらワインを買って宿に持ち込む。夕食が簡素だから朝食がおいしい。とくに田舎に行くほどベーコンやチーズやパンが手作りでおいしい。またシャワーとかトイレとか水回りは、イギリスもスイスも田舎でも素晴らしい。

DSC03099
イギリス・カークストン峠前の宿

最近、連れのDAHONの後輪に純正の荷台をつけリュックの荷物を半分移した。電車輪行でも荷台のバッグはそのままだから、体への負担は軽くなった。そういうことが簡単にできるのもミニベロだからである。


_DSC5572
イギリス・ホークスヘッド付近

ぼくは海外ではイギリスとスイスが気に入っている。イギリス人はとても親切で人なつこいし、料理もおいしい。外国にいると人と話すことが少ないから、話しかけられるのは嬉しい。あるときロンドンの駅で、教授のような老紳士がぼくたちが困っているのを感じたのか、我々の周りをうろうろし、ようやく意を決して話しかけてくれたことがあって感動した。逆にパリの人は話しかけてこないし、カメラを向けてもこちらを見ない。また下働きはたいてい移民で彼らの表情は暗い。目が合って微笑むのは上流の人だ。ぼくたちは初めの頃ツールドフランスに憧れてノルマンディーの麦畑を走ったけれど、我々の足にはちょっと国土が広すぎたし、スイスやイギリスを知った今、フランスの田園は乾きすぎて単調なように思う。

_DSC5657
イギリス・湖水地方のボビン工場

イギリスで好きな場所は湖水地方。マンチェスターの北、PENRITHから走り始めてカークストン峠を越えてアンブルサイド、そこから下ってグランジュオーバーサンズまで。石垣で区切られた青々とした丘の牧草地と荒々しい峠。我々しか客のない森の中のB&B。世界遺産にもならずひっそりと残っている産業革命の頃の糸巻き工場の水車で回る旋盤。



_DSC5453
イギリス・カークストン峠


_DSC5490
イギリス・カークストン峠


 _DSC5742

イギリス・Grange Over Sands

 



私たち夫婦は運動の苦手な、60すぎの夫婦である。60才まで海外旅行をしたことが無く、おずおずと韓国旅行からはじめた。それまでも国内は子供達と輪行で旅行していたから、いずれ海外と自転車は合体する運命だったのかもしれない。韓国は自転車旅行には向かず、最初のサイクリングはフランスのブルターニュからだった。今回、スイスについて書くつもりだったが、大好きなだけでまだ知らない美しい場所が多く、イギリス・フランスも混ぜてしまった。観光コースから外れて自転車旅を楽しむ人の参考になればうれしい。                     小早川 輝夫

 

_DSC6232
スイス・Andermatt 車窓




_DSC0577_s
スイス・Rueggisberg雪山



_DSC0561
スイス・ Rueggisberg 教会



 

_DSC0594
スイス・Rueggisberg 牧場

いやー皆さん如何だったでしょうか、Mr.Koba のパノラマスケールなオーナーズレポート。読んでるぼくらもヨーロッパツアーしてる気持ちになりましたよね。しかも年齢を感じさせない行動力と、ハイテクを駆使したルート設定には驚きました。また、どちらかにお出かけの際はレポートお待ちしております。

Many thanks Mr.Koba 
 


Mr.Koba のワールドサイクリングレクチャー その3 【橋輪Blog】

Mr.Koba のワールドサイクリングレクチャー その3

3. ナビと地図

ぼくのサイクリング計画はGoogleのマイマップで、まず行きたい場所にピンを立てることから始まる。行きたい場所が都会ならホテルは必ずあるし、田舎でホテルやB&Bが少ないときにはそれもBooking.comなどで検索してマイマップにピンを刺す。Booking.comでも見つからないときは、GoogleマップかGoogle Earthで丹念に宿のアイコンを探し、見つかったら宿にメールする。

_DSC5237
イギリス・湖水地方の宿

次はストリートビューがある場所はそれを見てできるだけひなびた道を探す。車に追い越されるほどストレスがたまることはない。マップにルートを描いてkmlファイルで出力してGoogle Earthで開き「高度プロファイルを表示」すれば距離と高低差がグラフで見られる。遠かったり上り坂がきつそうなら、バスなどの交通機関を探す。Googleマップにはバス停のアイコンがあって、クリックすれば路線・時刻などが分かる。


DSC00490
フランス・ロシュホールアンテール

ニューヨークやパリやロンドンなら小道でも見られるのに、スイスはストリートビューを見られる場所が少ない。そのかわりSBB Online Timetable という乗換案内は実に充実している。鉄道だけでなくバスも含めて乗換案内をしてくれるし、バス停の場所も地図で教えてくれる。


_DSC6311
スイス・ブリーグ付近の駅

走る道や日程が決まったら、Googleマップから地図を作る。地図の縮尺は500010000分の1。サイクリストはだいたい1/50000図を携帯するが、それでは車の少ない生活道路は分からない。そのかわり地図作りは大変な仕事だ。パリ市内図を1/5000図で作るとA3ノビで16枚になる。Googleマップの200m/500feet図か100m/200feet図を50100枚位、パソコンにハードコピーして画像ソフトで貼り合わせる。ぼくは地図マニアで、東京235000図も京都市内5000図も作ったから、これはお手の物だ。最近はエクセルも使って走る範囲によって縮尺も任意に決められるから、無駄のない地図作りができるようになった。個人で使うのだから、地図の縮尺は6300のように半端な数字でも構わない。スケールさえ印刷しておけば、だいたいの距離はつかめる。


_DSC0623_s
スイス・トゥーン付近

最初にフランスの田舎を走ったときは、間違いやすい分岐にはストリートビューの写真を地図にコピペしていた。しかし今はNEXSUS 7をハンドルバーにつけ、Google Engineで自宅で作ったマイマップを見ながら走るので、紙の地図はあくまで補助になった。自転車のボトルゲージに予備バッテリーとテザリングのためのiPhoneを入れて走る。紙の地図は連れの自転車でひらひらしている。

_DSC0500
スイス・バーゼル近郊ヴィーゼ川沿いのサイクリング道路

流石、地図マニア。道に迷うことは無さそうです
明日は、最終回!

Mr.Koba のワールドサイクリングレクチャー その2 【橋輪Blog】

Mr.Koba のワールドサイクリングレクチャー その2

. 飛行機の輪行、電車の輪行


DAHONのような折りたたみ自転車を飛行機に載せるのは割に簡単だ。ハードケースに入れると、そのケースを帰りまでどうするかという問題が起きる。ホテルに預かってもらうか、主要駅にしかないLeft Baggageを探さなければならない。だから普通の輪行袋にいれ、動きやすい部分は紐などでしっかり固定する。サドルはプチプチシートで覆う。工具や空気入れは、機内持ち込みだと検査に引っかかる場合があるから輪行袋に同梱する。以前、ペダルを外すスパナを荷物検査で取り上げられ悔しい思いをした。20cmを越える工具は機内に持ちこまず自転車と一緒に受託手荷物にする。

ただし自転車を持ち込むのは予約が必要な場合が多いから、チケット入手と同時に飛行機会社や代理店に連絡して確かめておく。外国の航空会社の対応は不親切な上、なかなか返事をくれないことが多い。

自転車の運賃は無料か、片道100$ほどのどちらかだ。その運賃を考えて、ニューヨークに行ったときは現地のkmart99$の子供用マウンテンバイクを買い、帰りはホテルの従業員にあげた。


JSC00703
ニューヨークの街角

ヨーロッパやニューヨークの駅は出入り自由な上、スロープで自転車を押してホームに出るのは常識だ。土地の人はそのまま自転車のマークがある2等車両 に載せている。ただし混雑時や地下鉄は畳まないと載せてくれない場合が多い。イギリスでブロンプトンがはやっているのはそのせいだと思う。我々はユーレイルパスとかユーレイル・リージョナルパスで1等に乗ることが多いから、自転車はホームで必ず畳む。ただし畳むと手荷物になるらしく、輪行袋をかけないと車掌に注意される。そんなことを知らなかったから、街のスーパーで一番大きいゴミ袋を買い、2枚つなげて即席の輪行袋を作ったことがあった。


 

_DSC0673
ゴミ袋の輪行袋

 


スイスやイギリスの電車は空いているが、フランスのTGVは混んでいる場合が多い。彼らのトランクは人一人が入りそうに大きいから、下手な場所に置くと自転車は巨大なトランクの下でつぶされて壊れかねない。我々は自転車が地面を走るものだから車内でもつい床に置く。そんな配慮はいらない、混んでいるときは堂々と荷物置き場の上段に置こう。

 

_DSC0676
スイス・TGVバーゼル駅

 


飛行場で荷物が回って出てくる。しかし自転車はたいがい別な出口から出て、床に転がされている。少し傷んだ輪行袋をまとって。(輪行袋が痛まないように、最近は90リットルのポリ袋を被せることにした)

いやー勉強になりますな。次回は、「
ナビと地図」を

Mr.Koba のワールドサイクリングレクチャー その1 【橋輪Blog】

Mr.Koba のワールドサイクリングレクチャー その1

さー、今夜からはMr.Koba とヨーロッパツアーに出かけよう! 
1回目は、「自転車に優しい海外の道路」がテーマ
素晴らしい景色の写真は、全て拡大できますのでお見逃しなく。



1.自転車に優しい海外の道路

大学のサイクリング部などでは重装備で1日150kmくらい走るようだが、ぼくたち夫婦は60才を越えているのでせいぜい50kmしか走らない。写真を撮っていると平均時速は8kmくらい、でもそれくらいが翌日に疲れを残さない距離のようだ。

_DSC5223
イギリス・湖水地方の道しるべ

最初のスイス旅行を例にとると、行きたい場所としてまずベルンのパウル・クレー・センターとバーゼルのVitra Design Museumがあった。調べるとベルン近郊にはABEGG STIFTUNG という布の収集では世界的な美術館、バーゼルにはバイエラー財団美術館や市立美術館がある。このようにある都市に複数行きたい場所があるとき自転車は便利なうえ途中が楽しい、街や自然や人々と直接ふれあうことができる。観光バスのツアーとはまったく逆だ。そんなときDAHON MU-SLXのように折り畳みが簡単で軽い自転車はほんとうに助かる。電車やトラムやバスを利用したサイクリングにうってつけだ。またパリもニューヨークもロンドンも、自転車にとっては意外なほど狭い。地下鉄に乗らなくても、公園を走りショウウインドーを見ているうちに目的地に着いている。


_DSC0509
スイス・バーゼルのトラム
自転車は危険ではないですか、と聞かれることがある。幹線道路をフルスピードの車と併走するのは確かに怖い。でもそういうケースは海外ではほとんど起こらない。ロンドンならネットの London Cycling Campaign で出発地と目的地を入力すれば、土地の人しか知らない人通りの少ない裏道を教えてくれるし、スイスならば Map Cycling in Switzerland というサイトが、国中に張り巡らされたサイクリング道路や高低差を教えてくれる。ニューヨークはだいたい東京と同じで車と平行して走るが、近年サイクルレーンが増えているし、すべての道が一方通行だから、思わぬ方向から車が飛び出してくる危険はない。


_DSC0613
スイス・ベルンからツーンへ

またフランスもイギリスもスイスも田舎に行けば細かい道が沢山あるせいか、ダンプどころか車と出会うことがまずない。細い道で後ろから車に追いつかれても、彼らは広い場所に出るまで根気よく待ってくれる。


DSC02479
イギリス・湖水地方の田舎道

ぼくは日本のサイクリング道路は好きになれない。車は来ないが川沿いの一本道など退屈でしかたない。スイスのサイクリング道路は違って、所々にルート番号と行き先や分岐の指標がある生活道路だ。馬もトラクターも散歩している人も通る1車線ほどの道。スイスなんてただの観光地だろうと思っていたが、自然や自転車を大切にするお国柄には魅了されてしまった。

_DSC6394
スイス・リッギスベル


明日は、「飛行機の輪行、電車の輪行」です

「オーナーズレポート」第7回 DAHON Mu SLX 【橋輪Blog】

NEW カテゴリーズ「オーナーズレポート」第7回

DAHON Mu SLX

小早川輝夫さん
(ここで失礼ながら例の如く、ニックネームを付けなければならない。我々は、Mr.Koba と命名した)は、60才を過ぎてから海外ツーリングに嵌ったDAHON マニアだ。
何故ダホンマニアかと言うと、Mu SLX を船長の2台を上回る3台所有。1台はアイスホワイトのフロントダブル仕様。
もう1台もホワイトで、こちらは全くのオリジナル。
そしてマットブラックが出ると、フロントダブル仕様で購入。
SLX コレクターというカテゴリーが存在するかもしれない。


DSC_0064
川崎市在住の小早川輝夫さん


先ずは、海外輪行のための下準備から、Mr.Koba どうぞ!


橋輪 様

ご無沙汰しております。 

DAHONはフロントをダブルにしてもらったのが正解で、快調で他の自転車には乗らなくなりました。

またシートポストの下部にキャスターを付けるようにしたので、輪行のときは転がして移動できるようになりました。

丁度純正のキャスターと同じような作りですが、自作の木製です。DAHONは軽い上、駆動系がスムースで脚力が1段階上がったかのような印象です。

今年4月にはスイスを夫婦で走りました。荷物をすべてリュックに入れて電車やバスやトラムに乗ったり降りたり、これも折りたたみの素早さがあるからできることでした。ありがとうございました。
 

DAHON MU-SLX のための輪行補助輪



MU-SLXのシートポストの先はとがっているので、飛行機に載せるとき袋が破れてしまう。

そんなわけで輪行補助輪を作ることを思い立った。


日曜大工センターで調達できる部品を使ったので、いかにも素人くさいが役に立つ。

折り畳んでサドルを引くと軽く転がる。キャスターが回転するので方向転換は思いのままだ。

またサドルバッグの取付金具などがポストについていて、サドルが一番下まで下ろせないと自転車はますます自立しにくくなるが、それも解消された。

工作で一番難しいのは塩ビパイプを設計図通り斜めにカットすること。
(1, 2度の誤差は問題ないが)

ぼくは塩ビパイプをはさむように端材をあてがって、端材に鋸の切れ目を入れてから切った。
DAHon延長ポスト2
(画像クリックで拡大)

また丸棒と平板はボンドだけでは強度不足になるから、下から40mmほどのコーススレッドを3本ねじ込んである。

丸棒は自転車のシートポストの内径よりやや細い。このままでは補助輪が落下する恐れがある。それで板バネの落下防止を考えた。

DAHon輪行補助輪

材料は古いノコギリの刃をハサミで切って作った。

はめるときも外すときも使い心地は悪くないがハサミの刃がこぼれた。

もっといいアィデアがあると思う。

これを着けて飛行機に乗せたことはまだないが、カーボンのシートポストを保護する意味で、丸棒を塩ビパイプにはめただけのシートポスト延長棒は何回か使った。

その塩ビパイプは9cmほどの長さである。



次回は、海外ツーリングの経験が豊富なMr.Kobaに、飛行機輪行テクニックやヨーロッパ自転車事情などを伝授頂こう。

_DSC0623_s[1]

お次は、スイスで御座ーい!


 

記事検索
  • ライブドアブログ