DAHONを積んで出かけよう

tern を積んで出かけよう Mini COOPER 【橋輪Blog】

tern を積んで出かけよう Mini COOPER +tern Verge N8 × 2

DSC_0344

DSC_0345

DSC_0322

DSC_0323

DSC_0341



DSC_0326

今回の「tern を積んで出かけよう」は、早くも先行入荷した2018年モデルの tern Verge N8 を色違いで購入頂いた S さん夫妻です。この2台をミニに積んでみましょう。ご主人はマットブラック、奥様は、ミニとお揃いのグリーンです。


DSC_0321
ミニは、4ドアモデル。




DSC_0324
後部座席を倒せばこんなに広いですが天井の高さがどうですかね?



DSC_0333
DSC_0334
DSC_0335
DSC_0336
DSC_0337
Nフォールディング完了!



DSC_0339
斜めに入れて真っ直ぐ起こすと、ピッタリ積めましたね。



DSC_0340
ほれもう1台。



DSC_0319
入った〜!



DSC_0317
これはもう完璧であります。



DSC_0316
ミニ犬が、「ちゃんと2台積めたワン」とか言っております。



DSC_0315
ハンドルポストが天井ギリギリで、



DSC_0318
サドルが丁度突っ張って縛らなくとも倒れる気配がありません。



DSC_0342
でもってこのご夫妻、大のカエル好きであります。



DSC_0343
ダッシュパネルに無数のカエル。



DSC_0346
こちらのボックスにも、



DSC_0347
在庫いっぱいいます。



DSC_0265
前回のこれは、見せられませんわ。



DSC_0344
なんだかこれもカエルに見えてきた。



DSC_0349

ターンもカエル(帰る)ちゃカエルですな

ありがとうございました

DAHON を積んで出かけよう HONDA FREED Spike 【橋輪Blog】

HONDA FREED Spike + DAHON Curve D7 & Visc P20

DSC_0133

DSC_0113




DSC_0112
今回の「DAHON を積んで出かけよう」は、初登場のHONDA FREED であります。1BOX カーなので余裕がありそうですね。


DSC_0118
おっと!リヤゲートを開けると既にカーブD7 が2台綺麗に収まってるではないですか。



DSC_0119
しかもクーラーボックスやらのアウトドア用品満載で。



DSC_0115

DAHON 2台づつ所有となったT夫妻。実は、自転車好きの奥様が今年の2月に Curve D7 のクラウドホワイトを購入。その翌日にご主人も付き合いで同じく Curve D7 のレガッタブルーを購入。休日に、二人してポタリング始めると今度は、ご主人が深みに嵌り、自転車に乗ることが楽しくてしかたがなくなったそうです。そんなご主人の目に留まったのが、ホイールサイズ451フロントダブル仕様のVisc EVO でした。


DSC_0120
先ずは車内の片づけから、



DSC_0121
これをあっちへ持って行き・・・・・




DSC_0122
カーブ1台を左後部座席の位置に移動。



DSC_0123
ご主人が、スモーキーグレーで、奥様がマンゴーオレンジをチョイス。



DSC_0124
はいそれでは畳んでみてください。



DSC_0125
DSC_0126
DSC_0127
はい2台とも折り畳み完了。



DSC_0128
1台積み込み完了。



DSC_0129
もう1台乗るのか?



DSC_0131
ピッタリ詰めましたね。乗車店員3名にフォールディングバイク4台搭載可能であります。



DSC_0134

シチュエーションにより、カーブとビスクを乗り換えて楽しむんだって、贅沢DAHON 使いであります。うらやましい!

ありがとうございました!


tern を積んで出かけよう NISSAN LEAF 【橋輪Blog】

NISSAN LEAF + tern Verge N8 & Link B7

DSC_9572



DSC_9577

DSC_9576

久しぶりの「DAHON を積んで出かけよう」であります。今回は初登場の100%電気自動車ニッサン・リーフにターンを2台積んでみましょう。

DSC_9573
ここが電気を食べる口です。



DSC_9574
向かって左が急速充電口で右が家庭用100V / 200V 充電口だそうです。



DSC_9575
興味深く見ているとオーナーSさんボンネットを開けて見せてくれました。「こちらに見えるバッテリーで走るわけではありませんよ、メインバッテリーは床下にあり走行とエアコンを受け持ち、こちら小さなバッテリーでそれ以外の全ての電子制御を賄っています」 「大きな箱はエンジンではなくモーターやインバーターが入ってます」とやけに詳しいSさんは、日産ディーラーにお勤めの方でした。「ちょっと乗ってみますか?」なんて営業入ってますね。とても買えませんよ300万円近くしますからね。でも今買うと2年間電気代がタダなんだって。逆に言うとさ、これタダで充電してきて家の電気全て賄えちゃうかもね。そしたら安いかも。


DSC_9481
さて積み込むには、極太タイヤのVerge N8 と奥様へのサプライズプレゼントのLink B7。



DSC_9578
リヤゲートは意外に小さい。



DSC_9579
ラゲッジスペースは広く見えますが何かストラットタワーみたいのがえらく飛び出してますね。2台積めるかな?



DSC_9584
優しい口調で顧客のハートをガッツリ掴むイケメン日産セールスマンのSさん。サプライズB7 で奥様のハートもガッツリですね!


DSC_9585
DSC_9586
DSC_9587
DSC_9588
2台積めましたね!



DSC_9590
逆にその出っ張りで超安定!



DSC_9591

ありがとうございました。また何時でもメンテナンス、カスタムお待ちしております。あれ?そうかエンジン掛けずにいきなり出発するのね。不思議電気自動車。おっと良いフレーズ見つけた。

ターン、ニッサン、エコライフ!

何年か前に東武バスの広告やりませんかって言われて1年やったのよ。バスの車内に貼ってある広告。クロスバイクの写真を選択してコピーを考えて下さいと言われ、最高のコピーが浮かんだのよ。

「バスやめて、自転車通勤エコライフ!」

つったら「それだけは勘弁して下さい」と言われた。





DAHON を積んで出かけよう Volkswagen GOLF 【橋輪Blog】

Volkswagen GOLF + DAHON Mu SLX & Visc P20

DSC_7575

DSC_7577



DSC_7574

新年一発目の「DAHON を積んで出かけよう」 は、出場回数3回目と意外と少ないフォルクスワーゲン・ゴルフであります。新年営業初日(7日)の初売りは、DAHON 20インチ最軽量モデル Mu SLX となりました。

DSC_7581
2時間半を掛けて遠方よりご来店頂きましたS さん夫妻。ご主人は、以前に Visc P20 を購入頂いておりますので、このSLX は奥様用であります。


DSC_7583
リヤゲートを開けるとビスクが積まれていました。



DSC_7585
おっと!これはナイスアイデアです。ホームセンターで容易に入手でき、安くて丈夫で加工が簡単なプラダン(プラスチック段ボール)を使って自作されたフォールディングバイク専用ラックであります。ちゃんと持ち手も作られていて使い勝手がよさそうです。


DSC_7586
製作に当たっては、ビスクのマンゴーオレンジに合わせ黄色の梱包用テープも同時購入ですかね。



最近ぼくもこれ使ってます。


DSC_7587
はいこれ! こちらは四つ折りになって販売されていたプラダンを梱包テープで止めただけの大きな長財布のようなものです。側面に刺さる黒い棒は、アルミパイプで飛行機の左右翼と胴体を貫通するカンザシです。


DSC_7588
財布の中身は翼の支柱で左右一対ありますが間仕切りがありますので傷も付かず重宝しています。



IMG_0107
翼の下と胴体を結ぶ支柱で偽装ではなく大事な強度部品となっています。



IMG_0420
翼長が約2.7m ありますので、どちらか一つ忘れて来ても飛行できません。一度カンザシパイプを忘れ苦い経験をしたことから製作しました。やはり皆さん機体(車体)色に合わせた梱包テープを選ぶようですね。



さてお願いします!

DSC_7589
DSC_7590
DSC_7591
DSC_7592
DSC_7593
DSC_7594
搭載完了! 

「是非、奥様用のフォールディングバイクラックも製作して下さいね」 と言わなくとも最初から2台分スペースで作られているようですが。そうそう、ブリティシュグリーンの梱包テープもお忘れなく。


DSC_7596
DSC_7597
DSC_7598

今日は風も無く良く晴れた一日です。せっかくなので、これから手賀沼CR を走ってから帰るそうです。

楽しんで来て下さい。ありがとうございました。


DAHON を積んで出かけよう HONDA N ONE 【橋輪Blog】

HONDA N ONE + DAHON Curve D7

DSC_6747

DSC_6735

DSC_6746

今回の「DAHON を積んで出かけよう」は、初登場の HONDA N one です。親しみの湧く可愛い車ですよね。若い人は知らないと思いますが、これ元祖がありまして空冷2気筒360cc のN360です。当時のカー&ドライバー誌の表紙を飾ったモスグリーンにイエローのストライプが入ったN のイラストを覚えています。助手席に乗った兄ちゃんが三角窓の支柱に摑まり、片輪が浮くほどのコーナリングシーンを後方から描いたものでした。まだ探せばあるかも?

69n2sleaflet-1[1]
これがそのN360。ライトとグリル回りの雰囲気が似てますね。
「えぬっころ」って呼ばれてました。



DSC_6732
最もコンパクトになる16インチシリーズを求めて来店されたSさん。EEZZ、Presto を試乗して最終的に選んだのが、Curve D7。さ〜積んで頂きましょう。


DSC_6736
DSC_6737
DSC_6738
DSC_6739
DSC_6740
はい折り畳み完了! さて入りますかな?



DSC_6742
ええーっ! そっちなの? でも凄いね後部座席がポップアップするんだ。これなら畳まなくとも入っちゃいそう?



DSC_6734
でもこのコーナーのネタ的にはー、こっちでしょう。



DSC_6743
ほら入った! 



DSC_6744
予想外の展開にSさんもびっくり!



DSC_6745
とりあえずシートベルトで抑えておきますね。



DSC_6748

目が可愛いよね。

でも何時もこの車見ると、ボンネット半開きに見えるのぼくだけ?


記事検索
  • ライブドアブログ