DAHONを積んで出かけよう

tern を積んで出かけよう ALFA ROMEO GIULIETTA + tern Link C8【橋輪Blog】

tern を積んで出かけよう ALFA ROMEO GIULIETTA + tern Link C8

DSC_6930


DSC_6915


DSC_6916

今回の「DAHON / tern を積んで出かけよう」は、初登場のアルファロメオ・ジュリエッタでござます。このシリーズ長くやってますが、イタ車が意外と少なく前回の FIAT を含めてまだ2台目であります。

DSC_6918
Y さんファミリーですが購入したのは奥様の方で、ダホン・ボードウォークとターン・リンク C8 を乗り比べ、安定感で C8 をチョイス。通勤に使うそうです。


DSC_6914
4ドアーで後ろストーんと落ちてますのでラゲッジスペースは狭そうですね。



DSC_6919
おおこれは以外!結構広いんですね。



DSC_6920
DSC_6921
DSC_6922
さあレクチャーした通りに畳んで頂きます。



DSC_6923
積み込みは、ご主人にお任せしましょう。入ったけどトップカバーが閉まりません。



DSC_6924
ああそれ外れんのね。



DSC_6925
余裕じゃないですか。



DSC_6926
リヤゲートもちゃんと閉まるし。



DSC_6927
トップカバーはここですね。



DSC_6928
意外とこの車5人乗り。後部真ん中のシートベルトで固定。



DSC_6931

今回もばっちり決まりました。ありがとうございます!


DSC_6929

ちょっと!車の撮影も上手くなったんでは・・・?

DAHON を積んで出かけよう ABARTH 595 COMPETIZIONE + DAHON Mu D9【橋輪Blog】

ABARTH 595 COMPETIZIONE + DAHON Mu D9

DSC_6787

DSC_6788

DSC_6768

DSC_6769

今日の「DAHON を積んで出かけよう」は、初登場のフィアット500です。それもスポーツバージョンのアバルト595 コンペティツオーネ。昔のチンクエチェントでも595がありました。

IMG_5287
これが昔の595。500cc からボアアップした排気量を示していた。 FIAT ABARTH 595



DSC_6773
本日、納車の A さんです。同等のスペックを持つ DAHON Mu D9 と tern Verge N8 の二択から Mu D9 を選択しました。色もガンメタで合ってますしね。


DSC_6784
カッコいいステアリングホイールですね。ミッションは、マニュアル5速。



DSC_6783
メーターの中にフィアットがいます。



DSC_6785
595のロゴが入ったフルバケットシート。



DSC_6786
17インチ仕様のアルミとブレンボキャリパーが標準装備。



DSC_6770
この左右4本だしエグゾーストも。



DSC_6774
さて積んでみましょうか。



DSC_6776
狭っあ! これは無理かもね?



DSC_6775
ハンドルポストは、全部出さず途中で止める作戦で行きましょう。



DSC_6777
はい、お次はフレーム。



DSC_6778
コンパクトに畳めた所でシートポストは抜いちゃいましょう。



DSC_6780
おおおお、入った!



DSC_6779
外したシートポストは、この辺にしまって。



DSC_6781
本当にギリギリですね。外折れハンドルポストの tern だったら積めませんでしたね。



DSC_6782
リヤハッチもギリで若干リヤタイヤに接触するぐらい。お陰でビクともしません。



DSC_6791

本当に積めて(詰めてかな)良かったです。アバルトは、何だかんだエアロなんですね。小さな車ですが、1368cc ツインカム・インタークーラーターボ 180 馬力で結構速いんだそうです。迫力の排気音が印象的でした。

ありがとうございました。


DAHON を積んで出かけよう MINI COOPER + DAHON Curve D7【橋輪Blog】

DAHON を積んで出かけよう MINI COOPER + DAHON Curve D7

DSC_6540

DSC_6541

今回の「DAHON を積んで出かけよう」は、最多出場のミニクーパーです。「この車にギリギリ積める折畳自転車ありますか?」こちらは実績がありますから「カーブがピッタリですね」とタブレットを開きました。

DSC_3152
DSC_3158
この時は、カーブD7 ではなく D3 でしたがギリで乗りましたよ。リヤワイパーモーターの出っ張りがギリギリだったのを覚えてますよ。



DSC_6527
「それではこれ買います」と即決のキムタクさん。え〜、積めれば性能はええんかい? ま、走りは、橋輪が保証しますが・・・・・・ そういえば、カーブ D3 の人もそうだったな〜。



DSC_6526
さて積んで頂きましょうか。



DSC_6529
勿論リヤシートはそのままです。




DSC_6530
DSC_6531
DSC_6532
折畳完了。



DSC_6533
DSC_6534
余りにも素早過ぎてピンボケごめんなさい。



DSC_6537
リヤウインドウから覗く DAHON の文字が良いですね。



DSC_6542

ピッタリの折畳自転車が見つかって良かったですね

ありがとうございました!

DAHON を積んで出かけよう SUZUKI Jimny + DAHON Mu SLX【橋輪Blog】

DAHON を積んで出かけよう SUZUKI Jimny + DAHON Mu SLX

DSC_6196

今日の「DAHON を積んで出かけよう」は、前回のハスラーに続き初登場のスズキジムニーであります。ジムニーは、新型をリリースして生産が追い付かないほどの人気ですが、このジムニーも凄いです。足回りにそうとうの手が入っています。この型も20年間モデルチェンジしなかったんだって。

DSC_6186
さて積み込むのは、2019年モデルの DAHON Mu SLX。早くもフロントダブル化のカスタム仕様です。



DSC_6187
DSC_6188
DSC_6189
DSC_6190
DSC_6191
DSC_6192




DSC_6195
購入頂いた S さん、今まではロードをひっちゃきになって乗られていたそうですが、これからは景色を楽しむようなスタイルに切り替えるべくフォールディングを選択したそうです。でも山は行くのでフロントダブルね。


DSC_6207
ハイリフト量は、60mm。なかなかの迫力ですな。



DSC_6202
アピオ社のコンプリートモデルでカテゴリーは、TS4 だそうです。



DSC_6197
足回りは、ショック、スプリング、スタビ、タイロッドに至るまで全て交換してあります。



DSC_6199
ステンレスマフラー含め全てアピオ社のオリジナルパーツだそうです。



DSC_6200
仕様も凄いのですが、下回りまでピッカピカ。オフロード走行の後は、車の下にもぐり軍手に洗剤を付け徹底的に洗うのだそうです。


DSC_6201
ブレーキバックプレートから覗くホイールシリンダーまで洗ってる人まずいないでしょう?



DSC_6204
案の定エンジンルームまだピカピカであります。メンテナンスも全部自分でやるんだって。



DSC_6208
それでは、積んでみましょう!



DSC_6209
DSC_6210
DSC_6211
折畳完了!



DSC_6212
DSC_6213
DSC_6214
DSC_6215
こいつは楽勝でしたね。でもオフロードにはつれて行かないでね!



DSC_6216
さてとレカロシートに座って、



DSC_6217

オフロードならびに洗車の達人でした。

ありがとうございました!


DAHON を積んで出かけよう SUZUKI HUSTLER + DAHON K3【橋輪Blog】

DAHON を積んで出かけよう SUZUKI HUSTLER + DAHON K3

DSC_6101

DSC_6106

今回の 「DAHON を積んで出かけよう」は、初登場の「遊べる軽スズキハスラー」であります。

DSC_6102
屋根には、お洒落なルーフキャリア。流石遊べる軽ですね。



DSC_6105
ナンバーは、555。マフラーは、センター出しになってます。



DSC_6113
給油口のリッドには、注意書きが。無鉛ガソリン指定だそうです。



DSC_6103
これはレーシングフックですね。



DSC_6107
そして搭載する DAHON は、K3。



DSC_6108
EEZZ 用ハンドルポストに交換して高さ調整が出来るようにしました。



DSC_6109
RIDEA シートクランプのRED。



DSC_6112
K3 を購入頂いた O さんも遊び心満載の方であります。



DSC_6104
さ〜積んでみよう。



DSC_6116
K3 にはフルフラットシートは必要ないですね。



DSC_6114
これで十分です。



DSC_6117
DSC_6118
DSC_6119
DSC_6120
はい折畳完了!



DSC_6121
さてどうですか?



DSC_6122
予想通りでしたね。



DSC_6123
後部座席を一番後ろまで下げても大丈夫。



DSC_6124
ここにも積めちゃう。



DSC_6125
K3 は、楽勝だったのですがもう一台持っている OX PECO の輸送のために FUJI の空箱を貰って帰りたいと!


DSC_6126
うそ? パッセンジャーシートもフラットになるのか。


DSC_6127
あら、入っちゃいましたね。



DSC_6128
でもって K3 は、ドライバーシートの後ろへ。



DSC_6129
ありがとうございました。また遊びに来てね!



TS400
SUZUKI ハスラー TS400

ぼくの時代ハスラーと言えばこっちなんだよね。2サイクル単気筒400cc で、「ババン、バン、バン、バン・・・・」って感じ。ガキのころ近所の兄ちゃんに後ろに乗せてもらいモトクロスコースのジャンプの着地で思いっきりコケた思い出があります。

色もいっしょやん!

記事検索
Archives
  • ライブドアブログ