おもしろ&便利グッズ

先生の KIMORI COLOSUS HR メンテ&Di2 アップグレード 2【橋輪Blog】

反応乳化型洗浄剤 Vipros Cherkin α

DSC_2914
Vipros Cherkin α(1ℓ) 1.600円(税別)

先生の KIMORI COLOSSAS HR 2号機のフレームがキモリファクトリーに行っている間にやれることをやっておきましょう。今夜は、カセットやチェーンの洗浄に絶大な効果を発揮するクリーナーをご紹介。ムオン、ケイテンなどの高性能チェーンルーブをリリースするヴィブロスが販売するグゥーキンアルファです。油性洗剤の溶解力と水性洗剤の分解力を併せ持つハイブリット洗浄剤です。一般には、油性成分が油汚れに浸透し溶かしますが、その後はスプレー式のパーツクリナーを大量に使いますよね。これは水性洗剤成分により水洗いが可能なのです。

DSC_2554
組み込んでから一度もクリーニングしていないとみられる DURA-ACE カセット。



DSC_2896
かなり油汚れがひどいですね。チェーンは、走行距離から交換してしまいますが、洗浄する際は一晩漬け置きが有効でしょう。


DSC_2667
1リッターのペットボトルを用意。



DSC_2668
側面をカッターナイフで切り出しトレイを作ります。



DSC_2900
カセットとチェーンが入る丁度良い容量です。



DSC_2902
カセットが浸るまでグゥーキンアルファを入れます。



DSC_2904
1分もしないうちに液体が油汚れで黒くなりました。



DSC_2905
5分経過後ブラシで撫でてみると油汚れが完全に溶けだしています。



DSC_2906
その後は、水洗いすればこのようにピッカピカであります。



DSC_2551
どぶ漬け出来ないチェーンリングは、歯先にこびり付いた油汚れに予めブラシでグゥーキンアルファを浸しておいてから擦れば、あっという間に汚れが取れます。



DSC_2909
DSC_2910
DSC_2911
DSC_2912

凄いでしょう。クランクアームからチェーンリングを分離していなくともインナーリンクの内側までピッカピカです。洗浄を終えたグゥーキンアルファは、30分も放置すれば汚れが沈殿しますので上ばみだけを別の容器に取っておけば再使用ができます。ℓ / 1.600円と高価ですが、こうすればコスパは高いです。ペットボトルで作ったトレイも水洗いの際、一緒に洗ってしまえば再使用できますよ。

これはお勧めです!

おもしろ&便利グッズ カンパ対応サイクルスタンド【橋輪Blog】

おもしろ&便利グッズ カンパ対応サイクルスタンド

DSC_0408
FFR-CFS シマノ・カンパ対応バイシクルスタンド 1.940円(税別)

カンパのクイックに対応するサイクルスタンドです。3種類のソケットが付属しますのでシマノその他のクイックにも対応しています。

DSC_0393
高さは2ウェイで調整可能。



DSC_0394
左がシマノで右がカンパ。



DSC_0395
カンパロングタイプをセットすると・・・・



DSC_0405
絶妙なタイミングでカンパコンポのモールトンAM-SPEED が来店。



DSC_0400
早速、カンパのクイックにセットしてみましょう。



DSC_0401
かっちり嵌って、



DSC_0402
安定感もいいです。



IMG_1792
SPEED のメンテナンス依頼はタイヤ交換。



DSC_0396
モールトンが、IRC に特注したタイヤです。サイドには、ALEX MOULTON のロゴが。



DSC_0397
タイヤサイズは、17インチの 28-369。10.000円(税別)



IMG_1802
流石にこのスタンドではホイールの着脱はできませんのでNNITTO のスタンドにチェンジ。



IMG_1793
うあ〜綺麗に乗ってますね。



IMG_1794
CAMPAGNOLO RECORD ハブ。



IMG_1796
これは!ぼくが大好きな機構が備わっているではないですか。MICHE(ミケ)では見たことがありますがカンパもやってるんだ。素晴らしい!


DSC_0398
フロントハブもしかり。



DSC_0399
ん〜、一度ばらしてみたい。



IMG_1797
流石にAM 17インチモデル、でっかいチェーンリングが付いてますね。STRONGLIGHT のモールトンモデルです。




IMG_1799
アウターリングは、62T。カンパのPCD は、135、113 だからカンパ専用でしょうか。



IMG_1798
インナーリングは、48T。



IMG_1801
このブレーキキャリパーには細いタイヤが必要なんですね。



IMG_1800
スレッドタイプのダブルウィッシュボーンステム(100mm)は、別途購入で、100.000円(税別)
そういえばこのステム使う場合のドロップバーって特殊だろうと思っていたのですがNITTO で作ってるんだって。



DSC_0403
それではちょっと失礼してフロントのサスの具合を。これまたビックリ。オイルダンパーを装備しているかのようなしっとりとした良い動き。アヤセサイクルさんにて購入とのことでしたが、いい仕事してますね。



DSC_0407

フリクションの締め具合、盗ませて頂きました。これ今まで触ったモールトンの中で一番良い動きしてますね。あらあらタイヤ交換に来たモールトンで、すっかり勉強させて頂きました。

修行に行くか



蛙は、おたまじゃくしの子 I Live Light 蛙 【橋輪Blog】

蛙は、おたまじゃくしの子 I Live Light 蛙 

DSC_9071
NEW! I Live Light 蛙 1.500円(税別)

CR1025 ボタン電池で点滅する非常に小型なセーフティーライトです。フィギヤ職人によるハンドメイド塗装で多彩なカラーバリエーション。おたまじゃくし形のパッケージがいけてます。

DSC_9072


DSC_9073
赤水玉

DSC_9074
ゴマ桃

DSC_9075
ゴマ緑

DSC_9076


DSC_9077
ゴマ黄

DSC_9078
ピアノブラック



DSC_9079
DSC_9080
ちょっといかしたパッケージ。



DSC_9081
丁度、雨蛙ほどの大きさ。



DSC_9082
シリコンバンドが付属。



DSC_9083
お腹のマグネットで鉄の部分に引っ付きます。



DSC_9086
喉元のスイッチで点滅開始。




DSC_9087
鉄のパーツやフレームに引っ付きます。



DSC_9088
アルミパーツは、付属のシリコンバンドで、



DSC_9089
鉄片が埋め込んであるので、



DSC_9090
ぴょんと引っ付きます。


こちらも現役!

DSC_9092
ぶらさカエル 1.500円(税別)

どちらも無事に帰るって意味を込めてるんだって!


「下町ロケット」バルブシステム 【橋輪Blog】

「下町ロケット」バルブシステム

初めてCO2 インフレーターってものを使ってみる。だってさ、ボンベのガスが一気に放出されたらどうなんの? もし、そのときチューブが噛んでたら爆発するまでただ見てるわけ? そんな恐ろしい物使ったことなかったよ。素人さんが良く自転車に搭載してるけど本当に上手くいくのかな?

DSC_1176
LEZYNE CO2 SYSTEM    2.800円(税別)
アメリカン / フレンチバルブ対応


DSC_1177
シルバー



DSC_1178
ブラック



DSC_1179
16g のCO2 カートリッジが付属。凍結防止ジャケット付。



DSC_1180
ボディーは、アルミ製の100% CNC 削り出し。このバルブシステムが”みそ”で、右のノブを回すとガスが出る仕組み。カートリッジボンベを取り付けてもここが閉まっていればガスは出ない。少しづつ緩めるとジワ出するのだ。



DSC_1181
バルブをホールドするパッキン。



DSC_1182
ここにボンベをねじ込むと栓を突き破る構造。



DSC_1183
初めて高圧ボンベをねじ込む。結構怖い。アルミだろ大丈夫かな「バーン」とか破裂しねーかな。ウエスに包んで恐るおそる取り付けてみた。意外と「プシュ」音も無く装着完了。


DSC_1184
本当にCO2 が漏れていないか、高速CO2 リークテスターに掛けてみる。実験開始!



DSC_1185
全く泡は、出ない 「佃さん、やりましたよ!」 「成功です!」


それでは実際に使ってみよう。合わせて絶対に失敗しないチューブ交換法も伝授。

DSC_1188
これがパンクしたと想定しよう。



DSC_1186
TAIOGA PRO LEVER  380円(税別)



DSC_1187
プロレバーの名にしては安い! でもこれが一番使いやすい。プロユースだと半年で先端減っちゃうけど。



DSC_1195
先ずは、この先端部分を使って、



DSC_1189
バルブの両側からビードを捲って行きます。



DSC_1190
先ず1本捲ります。ビードに掛かっているのは先端だけですので、チューブに噛むことはありません。



DSC_1191
次にその隣、



DSC_1192
これでもう捲ったビードが戻ることはありませんから最初に使ったレバーを右に移動。



DSC_1193
更に捲って行きます。ここまで来たら、



DSC_1196
今度はこの部分をリムに引っかけ、



DSC_1194
一気にスライド、



DSC_1197
これで片側一周外れました。



DSC_1198
インナーチューブを取り出して、



DSC_1199
バルブ反対側を上に引っ張るように内側のビードを外します。



DSC_1200
タイヤとリムが分離出来ました。



DSC_1201
さて、一般的には、タイヤ片側をリムに嵌めて次にチューブを入れていきますが、ここで絶対チューブが噛まない、捩じれない方法。


DSC_1202
先にチューブを少しだけ膨らませます。



DSC_1203
緊張しながらもジワっとノブを開きます。かなり微妙なコントロールができますね。こりゃー大したもんだ。



DSC_1204
この状態でタイヤの中に入れちゃいます。



DSC_1205
捩じれもなく収まったでしょう。



DSC_1206
バルブ穴に通して、



DSC_1207
内側のビードだけがリムの底に当たるまで押し付けます。



DSC_1208
内側のビードだけを親指で入れて行きます。



DSC_1209
1周入りました。外側のビードは出たままです。



DSC_1210
ここでひっくり返して、チューブを噛ませないポイントを、



DSC_1211
サイドウォールを潰してみて、チューブが噛んでいないか確認します。色つきのリムテープだと解りやすいですね。


DSC_1212
今度は外側のビードを入れて行きますが、ここでもポイント。必ずバルブの反対側からスタート。



DSC_1213
左側からバルブに向かって少しづつ親指で入れて行きます。



DSC_1214
バルブ手前でストップ。



DSC_1215
同じように右側も進みますが、この辺できつくなってくると思います。



DSC_1218
プロレバーの出番ですが、今度は先端を逆に使ってリムに引っかけます。レバーを起すのが辛い場合は、無理をせづ、起こす方向に力を掛けつつ、


DSC_1217
今まで入れて来た部分のビードをつまんでリムの谷底(中央が一番深い)に落とし込みます。



DSC_1219
すると簡単に捲れました。当然です。タイヤ内径よりリム外径の方が大きいのですから。



DSC_1220
ここでタイヤレバーはストップ。この部分がチューブ噛みこみNo.1 部ですぞ!



DSC_1221
バルブをタイヤの内側に当たるまで押し込み、



DSC_1222
その状態を保ったまま親指でビードを落します。ここまでスムースに行かない場合は、予めのCO2 入れ過ぎです。



DSC_1223
そしてこちら側も同じようにチェック。



DSC_1224
それではCO2 を充填していきますが、2回に分けます。



DSC_1225
半分程ど入ったら回転させてビードが均等に収まっているか確かめます。矢印の辺りにタイヤのラインが必ずあるので、リムと並行に回ってるか確認します。もし、ラインがリムに隠れているような場所があれば親指の腹で抉ってみて下さい。


DSC_1226
それでは、残りを一気に充填しましょう。「おおー、冷たいぞ!」「これが凍結防止ジャケットか、ありがたい!」(何かセリフが佃社長の声になってる)



DSC_1227
はい終了。これは使える。


小さな17インチでテストしましたが、この後 700 C 1本充填できました。


DSC_1228

残りは、バケツの中に、ロケットエンジン点火!ブクブクブク・・・・・・


このレクチャーはためになりましたか?

(はい) (いいえ)



久々、おもしろ&便利グッズ crazy stuff CYCLE LIGHTS 【橋輪Blog】

crazy stuff CYCLE LIGHTS

DSC_0558
crazy stuff CYCLE LIGHTS  1.320円(税別)

デンマーク発のキッズ用アクセサリーブランド「クレージースタッフ」のサイクルライトです。それでは愉快な仲間を紹介しましょう!


DSC_0559
DSC_0560
DSC_0561
DSC_0562
DSC_0563
DSC_0564
DSC_0565
DSC_0566
DSC_0567

パッケージに包まれていては、ガイ・フォークスの透明マスクを付けているみたいで解りづらいので、画像を頂きましょうかね。

lamps-l1[1]
TIGER

lamps-l2[1]
BLACK PANTHER

lamps-l3[1]
CAT

lamps-l4[1]
EAGLE

lamps-l7[1]

LEOPARD

lamps-l8[1]
SHARK

lamps-l9[1]
WHITE BUNNY

lamps-l10[1]
WHITE SHARK

lamps-l11[1]
ZEBRA

lamps-l12[1]
SKULL

lamps-l13[1]
CROCODILE


DSC_0571
ワニのクロコダイルくんです。



DSC_0572
大口を開けて何でも噛みつく凶暴な奴ですが、



DSC_0573
31.8mm は食べません。



DSC_0574
後頭部を押すと、目玉が点灯。



DSC_0575
頭を開けるとボタン電池。



11種類もの豊富なキャラクターも凄いが、パッケージも凄い!

DSC_0568
同じく見えるパッケージですが良く見ると、



DSC_0569
キャラの形に合わせて一つ一つ専用のパッケージになってるんです。ヒレがあるやつとか、耳があるやつとか。



DSC_0570
(画像クリックで拡大)

製品は勿論のこと、パッケージ作るんだって金型が必要ですからね。安いライトなんだから全てが入る四角い箱でいいんじゃないですかね。何を拘ってるんですかね。


DSC_0581
これは、パッケージマニアとしては、黙ってられませんね。製品の形をしたパッケージだったら対外取っておきますよ。



DSC_0583
こんな複雑な形はとても再現できない。しかも軽い。そしてこれ裏側から刷毛塗りするとクリアー吹いたようにピカピカになる。1/24 スロットレーシング、クリヤボディーの技ですな。



DSC_0584
これは、エアーインテークに持って来いです。



DSC_0586
レイバングリーンの色付は貴重。



DSC_0587
更に、同じ形が複数揃うと、もう絶対に捨てられない。



DSC_0591
PA-18 の翼。

DSC_0590
エルロンリンケージのロッドカバー。これ、100均で買ったタッチペンのパッケージで作ったのよん。3本入って100円のボールペンじゃダメなのよ。あれ袋だから。



DSC_0592
ランディングライトカバー。



DSC_0593
サングラスだって作れちゃう。

あれ! 何の紹介だったっけ?
記事検索
  • ライブドアブログ