おもしろ&便利グッズ

極小径車に特化する携帯ポンプ【橋輪Blog】

極小径車に特化する携帯ポンプ

IMG_6272

DAHON の K3 や Dove Plus など14インチを採用する極小径車にお勧めな携帯ポンプをご紹介します。

IMG_6258
Panaracer BMP-22AEZ   2.400円(税別)



IMG_6262
ボトルケージ台座用のホルダーが付属します。



IMG_6263
小さいながら800kPa まで充填可能。



IMG_6264
ブルーの方が PRESTA(仏式)バルブ用でバルブに噛みつく構造。




IMG_6265
反対側のレッドは、SCHRADER(米式)に対応。



IMG_6277
非常に狭い DAHON K3 のリヤに装着してみましょう。ブルーの仏式が飛び出した状態で挿入し、



IMG_6278
赤の米式が飛び出すまでパチンと押し込めばオートロックが掛かります。



IMG_6273
簡単でしょ。



IMG_6279
これでポンピング開始。



IMG_6280
おっと!ニュルッとホースが出てきました。ムリなポンピングでバルブ破損を防いでくれます。



IMG_6274
取り外しは、レッドを押し込み、



IMG_6276
引き抜くだけ。



IMG_6266
ボトルケージ台座に装着したままでも折り畳みに干渉しません。



IMG_6267
オフセットフィッティングでボトルケージも併用できます。


これお勧めですよ!

フロアーポンプは、⇒ こちら




極小径車に特化するフロアーポンプ【橋輪Blog】

極小径車に特化するフロアーポンプ

IMG_6119

DAHON の K3 や Dove Plus など14インチを採用する極小径車にお勧めなフロアーポンプをご紹介します。

IMG_6120
NEW! Panaracer BFP-02AGEZ2    4.700円(税別)



IMG_6122
手前に若干スイープしたハンドルでポンピングがしやすい。



IMG_6123
上部に付いたメーターが非常に見やすい。



IMG_6124
メター下には、エアーリリースボタン。



IMG_6125
これがワンタッチで取り付け可能なポンプヘッド。



IMG_6126
ブルーの方が PRESTA(仏式)バルブ用でバルブに噛みつく構造。



IMG_6127
グレーの反対側は、ENGLISH(英式)に対応。



IMG_6128
取付簡単。ブルーが飛び出した状態で、


IMG_6129
バルブに挿入し、



IMG_6130
「パチン」とグレーが飛び出したらロックが掛かります。



IMG_6131
取外しは、グレーをプッシュし、



IMG_6132
ポンプヘッドを引き抜くだけ。



IMG_6133
簡単でしょ。



IMG_6134
これは付属の AMERICAN(米式)バルブアダプター。



IMG_6136
ブルーで対応。



IMG_6113
さて問題の14インチ。バルブとハブの距離が極端に近いです。



IMG_6114
ごく普通のポンプヘッドを取り付けてみましょう。



IMG_6115
ロックレバーがハブに干渉して開けません。



IMG_6116
こちらは、パチンと押し込むだけでロック。



IMG_6117
取外しは、グレーをプッシュして、



IMG_6118
引き抜くだけ。


軽い力でスムースなポンピングもさることながらフロアーポンプ自体も1051g と非常に軽いもの特徴の一つです。何が NEW なのかと言いますと以前はブルー PRESTA(仏式)レッド SCHRADER(米式)に英式のバルブアダプターだったんですよ。やはりお父さんのロードバイクとお母さんのママチャリの方が使用頻度が高いんでしょうね。

これお勧め!





Gaciron の新製品 W10-BS テールライト【橋輪Blog】

Gaciron の新製品 W10-BS テールライト

昨日に引き続きガシロンの新製品 W10-BS テールライトのご紹介に入る前に V6C400 ヘッドライトの補足があります。沢山のギミックを備える V6C400 ですが更に二つの機能があります。バッテリー残量インジケーターと振動センサーによるオート OFF 機能が備わっています。昨日の【橋輪Blog】に補足しましたのでご確認ください。

IMG_1981
Gaciron W10-BS テールライト  4.000円(税別)
USB 充電方式(マイクロ USB ケーブル付属)
ストップランプ機能付

・Mid Flashing     5 Lumens    Max 48hr 
・Low Steady       2 Lumens    Max 12hr 
・Low   Flashing   2 Lumens    Max 66hr 



IMG_2017
早速パッケージを開けてみましょう。



IMG_2018
テールランプ本体とマイクロ USB ケーブル。サドルブラケットにインシュロックが2本。



IMG_2019
円筒型のボディーはアルミ削り出しでスタイリッシュ。



IMG_2020
ゴムバンドの取り付け台座には角度が付いていてシートポストに取り付けた際、水平となる。



IMG_2023
照度センサーが下を向くよう取り付けます。



IMG_2024
電源ボタン長押しで、



IMG_2025
テールライト ON!



IMG_2026
ネジ式でブラケットから外せます。本体側のネジ部には O リングが装着され防水となっています。



IMG_2027
本体裏側に USB 充電口があります。



IMG_2028
付属のサドルブラケットに交換すればサドルレールに直接装着が可能。



IMG_2032
充電口の下は、スマートモード切替スイッチでオート / マニュアルが選択できます。スマートモードを選択した場合、周囲が明るくなると3秒で自動消灯します。また暗い場合も振動センサーにより未操作、未動作で120秒経つと自動消灯します。



IMG_2033
それではテストしてみましょう。



 





IMG_2026
W10-BS には、加速度センサーが内蔵されておりブレーキングによる急減速を感知してストップランプを最大光度10ルーメンを3秒点灯します。








IMG_2049
それでは実際に KIMORI COLOSSUS HR に装着してみましょう。



IMG_2050
シートポストに装着。地面と平行になってますね。



IMG_2051
とても視認しやすいです。



IMG_2052
IMG_2054
次にサドルレールに装着してみましょう。



IMG_2055
バンドブラケットからサドルブラケットに交換しました。



IMG_2056
サドルブラケットは、インシュロックで固定。



IMG_2057
とてもスマートに収まりますね。



IMG_2058
IMG_2059
スイッチ ON でアフターバーナー点火!



IMG_2060




IMG_2061

次の動画でストップランプの点灯をご確認ください。







通販もやってるよ!
https://hasirin.jimdofree.com/お問い合わせ/



Gaciron の新製品 V6C400 ヘッドライト【橋輪Blog】

Gaciron の新製品 V6C400 ヘッドライト

自転車ライト専門メーカー Gaciron(ガシロン)の取り扱いを開始しました。今夜は、発売されたばかりの多彩なギミック満載ヘッドライト V6C400 をご紹介します。

IMG_1980
Gaciron V6C400 4.000円(税別)
USB 充電方式(マイクロ USB ケーブル付属)
大容量リチウムイオンバッテリー(2500mAh)

・HIGH     400 Lumens    Max 1hr 30min
・Normal  200 Lumens    Max 3hr 
・Low       100   Lumens    Max 7hr 


IMG_1982
早速パッケージを開けてみましょう。



IMG_1983
何か普通のライトより付属品が多いですね。



IMG_1984
レンズカットはこんな感じ。



IMG_2015
上方向への配光をカットする設計で対向車と歩行者に配慮。



IMG_1985
操作パネルはライト右側に集中。



IMG_1987
防水キャップの付いたマイクロ USB 充電口。



IMG_2011
ライト単体の重量は、134.5g。



IMG_1988
これが V6C400 から採用された H07L 新型ブラケットでゴムバンドで簡単に装着できる。



IMG_1989
IMG_1990
取り外しのリリースレバーがミソで従来のプラスチック一体型ではなくスプリング内蔵となっている。あの煩わしいリリースされてないのかレールが堅いのか分からないのから解放された。


IMG_1991
IMG_1992
しかも前後どちらからも装着可能。



IMG_1993
IMG_1994
首振り機能は、360° OK!



IMG_1995
更に充電ケーブル以外にもケーブルが付属。



IMG_1996
長さは、310mm ある。



IMG_1997
充電口につなぐと・・・・



IMG_1998
はい、リモコンになります。



IMG_2008
IMG_2009
IMG_2010
ハンドルグリップから手を離さなくてもライトの操作ができるってわけ。そしてギミックはまだある。



IMG_2001
電源ボタンを2.5秒長押しすると緑のスマートモードインジケータが点灯しフラッシュモードに。緑のスマートモードランプの上は、明暗を判断する光センサーになっています。


IMG_1999
光センサーにスタンドライトの光を当てた状態でテストしてみましょう。








【追記】

IMG_2022
バッテリー残量インジケータ。電源ボタンが青く光っていますが、青だと61〜100パーセント。黄色に変わると21〜60%。赤だと20%以下となります。





スマートモードで振動センサーがオート OFF します。動画は、スマートモードで未操作、未動作から115秒経ったところからスタート。オートオフの後振動を与えると点灯します。これだけの機能を満載して4.000円は、安い!

明日は、ストップランプ機能搭載のテールランプを



先生の KIMORI COLOSUS HR メンテ&Di2 アップグレード 2【橋輪Blog】

反応乳化型洗浄剤 Vipros Cherkin α

DSC_2914
Vipros Cherkin α(1ℓ) 1.600円(税別)

先生の KIMORI COLOSSAS HR 2号機のフレームがキモリファクトリーに行っている間にやれることをやっておきましょう。今夜は、カセットやチェーンの洗浄に絶大な効果を発揮するクリーナーをご紹介。ムオン、ケイテンなどの高性能チェーンルーブをリリースするヴィブロスが販売するグゥーキンアルファです。油性洗剤の溶解力と水性洗剤の分解力を併せ持つハイブリット洗浄剤です。一般には、油性成分が油汚れに浸透し溶かしますが、その後はスプレー式のパーツクリナーを大量に使いますよね。これは水性洗剤成分により水洗いが可能なのです。

DSC_2554
組み込んでから一度もクリーニングしていないとみられる DURA-ACE カセット。



DSC_2896
かなり油汚れがひどいですね。チェーンは、走行距離から交換してしまいますが、洗浄する際は一晩漬け置きが有効でしょう。


DSC_2667
1リッターのペットボトルを用意。



DSC_2668
側面をカッターナイフで切り出しトレイを作ります。



DSC_2900
カセットとチェーンが入る丁度良い容量です。



DSC_2902
カセットが浸るまでグゥーキンアルファを入れます。



DSC_2904
1分もしないうちに液体が油汚れで黒くなりました。



DSC_2905
5分経過後ブラシで撫でてみると油汚れが完全に溶けだしています。



DSC_2906
その後は、水洗いすればこのようにピッカピカであります。



DSC_2551
どぶ漬け出来ないチェーンリングは、歯先にこびり付いた油汚れに予めブラシでグゥーキンアルファを浸しておいてから擦れば、あっという間に汚れが取れます。



DSC_2909
DSC_2910
DSC_2911
DSC_2912

凄いでしょう。クランクアームからチェーンリングを分離していなくともインナーリンクの内側までピッカピカです。洗浄を終えたグゥーキンアルファは、30分も放置すれば汚れが沈殿しますので上ばみだけを別の容器に取っておけば再使用ができます。ℓ / 1.600円と高価ですが、こうすればコスパは高いです。ペットボトルで作ったトレイも水洗いの際、一緒に洗ってしまえば再使用できますよ。

これはお勧めです!

営業日カレンダー
2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ