おもしろ&便利グッズ

「下町ロケット」バルブシステム 【橋輪Blog】

「下町ロケット」バルブシステム

初めてCO2 インフレーターってものを使ってみる。だってさ、ボンベのガスが一気に放出されたらどうなんの? もし、そのときチューブが噛んでたら爆発するまでただ見てるわけ? そんな恐ろしい物使ったことなかったよ。素人さんが良く自転車に搭載してるけど本当に上手くいくのかな?

DSC_1176
LEZYNE CO2 SYSTEM    2.800円(税別)
アメリカン / フレンチバルブ対応


DSC_1177
シルバー



DSC_1178
ブラック



DSC_1179
16g のCO2 カートリッジが付属。凍結防止ジャケット付。



DSC_1180
ボディーは、アルミ製の100% CNC 削り出し。このバルブシステムが”みそ”で、右のノブを回すとガスが出る仕組み。カートリッジボンベを取り付けてもここが閉まっていればガスは出ない。少しづつ緩めるとジワ出するのだ。



DSC_1181
バルブをホールドするパッキン。



DSC_1182
ここにボンベをねじ込むと栓を突き破る構造。



DSC_1183
初めて高圧ボンベをねじ込む。結構怖い。アルミだろ大丈夫かな「バーン」とか破裂しねーかな。ウエスに包んで恐るおそる取り付けてみた。意外と「プシュ」音も無く装着完了。


DSC_1184
本当にCO2 が漏れていないか、高速CO2 リークテスターに掛けてみる。実験開始!



DSC_1185
全く泡は、出ない 「佃さん、やりましたよ!」 「成功です!」


それでは実際に使ってみよう。合わせて絶対に失敗しないチューブ交換法も伝授。

DSC_1188
これがパンクしたと想定しよう。



DSC_1186
TAIOGA PRO LEVER  380円(税別)



DSC_1187
プロレバーの名にしては安い! でもこれが一番使いやすい。プロユースだと半年で先端減っちゃうけど。



DSC_1195
先ずは、この先端部分を使って、



DSC_1189
バルブの両側からビードを捲って行きます。



DSC_1190
先ず1本捲ります。ビードに掛かっているのは先端だけですので、チューブに噛むことはありません。



DSC_1191
次にその隣、



DSC_1192
これでもう捲ったビードが戻ることはありませんから最初に使ったレバーを右に移動。



DSC_1193
更に捲って行きます。ここまで来たら、



DSC_1196
今度はこの部分をリムに引っかけ、



DSC_1194
一気にスライド、



DSC_1197
これで片側一周外れました。



DSC_1198
インナーチューブを取り出して、



DSC_1199
バルブ反対側を上に引っ張るように内側のビードを外します。



DSC_1200
タイヤとリムが分離出来ました。



DSC_1201
さて、一般的には、タイヤ片側をリムに嵌めて次にチューブを入れていきますが、ここで絶対チューブが噛まない、捩じれない方法。


DSC_1202
先にチューブを少しだけ膨らませます。



DSC_1203
緊張しながらもジワっとノブを開きます。かなり微妙なコントロールができますね。こりゃー大したもんだ。



DSC_1204
この状態でタイヤの中に入れちゃいます。



DSC_1205
捩じれもなく収まったでしょう。



DSC_1206
バルブ穴に通して、



DSC_1207
内側のビードだけがリムの底に当たるまで押し付けます。



DSC_1208
内側のビードだけを親指で入れて行きます。



DSC_1209
1周入りました。外側のビードは出たままです。



DSC_1210
ここでひっくり返して、チューブを噛ませないポイントを、



DSC_1211
サイドウォールを潰してみて、チューブが噛んでいないか確認します。色つきのリムテープだと解りやすいですね。


DSC_1212
今度は外側のビードを入れて行きますが、ここでもポイント。必ずバルブの反対側からスタート。



DSC_1213
左側からバルブに向かって少しづつ親指で入れて行きます。



DSC_1214
バルブ手前でストップ。



DSC_1215
同じように右側も進みますが、この辺できつくなってくると思います。



DSC_1218
プロレバーの出番ですが、今度は先端を逆に使ってリムに引っかけます。レバーを起すのが辛い場合は、無理をせづ、起こす方向に力を掛けつつ、


DSC_1217
今まで入れて来た部分のビードをつまんでリムの谷底(中央が一番深い)に落とし込みます。



DSC_1219
すると簡単に捲れました。当然です。タイヤ内径よりリム外径の方が大きいのですから。



DSC_1220
ここでタイヤレバーはストップ。この部分がチューブ噛みこみNo.1 部ですぞ!



DSC_1221
バルブをタイヤの内側に当たるまで押し込み、



DSC_1222
その状態を保ったまま親指でビードを落します。ここまでスムースに行かない場合は、予めのCO2 入れ過ぎです。



DSC_1223
そしてこちら側も同じようにチェック。



DSC_1224
それではCO2 を充填していきますが、2回に分けます。



DSC_1225
半分程ど入ったら回転させてビードが均等に収まっているか確かめます。矢印の辺りにタイヤのラインが必ずあるので、リムと並行に回ってるか確認します。もし、ラインがリムに隠れているような場所があれば親指の腹で抉ってみて下さい。


DSC_1226
それでは、残りを一気に充填しましょう。「おおー、冷たいぞ!」「これが凍結防止ジャケットか、ありがたい!」(何かセリフが佃社長の声になってる)



DSC_1227
はい終了。これは使える。


小さな17インチでテストしましたが、この後 700 C 1本充填できました。


DSC_1228

残りは、バケツの中に、ロケットエンジン点火!ブクブクブク・・・・・・


このレクチャーはためになりましたか?

(はい) (いいえ)



久々、おもしろ&便利グッズ crazy stuff CYCLE LIGHTS 【橋輪Blog】

crazy stuff CYCLE LIGHTS

DSC_0558
crazy stuff CYCLE LIGHTS  1.320円(税別)

デンマーク発のキッズ用アクセサリーブランド「クレージースタッフ」のサイクルライトです。それでは愉快な仲間を紹介しましょう!


DSC_0559
DSC_0560
DSC_0561
DSC_0562
DSC_0563
DSC_0564
DSC_0565
DSC_0566
DSC_0567

パッケージに包まれていては、ガイ・フォークスの透明マスクを付けているみたいで解りづらいので、画像を頂きましょうかね。

lamps-l1[1]
TIGER

lamps-l2[1]
BLACK PANTHER

lamps-l3[1]
CAT

lamps-l4[1]
EAGLE

lamps-l7[1]

LEOPARD

lamps-l8[1]
SHARK

lamps-l9[1]
WHITE BUNNY

lamps-l10[1]
WHITE SHARK

lamps-l11[1]
ZEBRA

lamps-l12[1]
SKULL

lamps-l13[1]
CROCODILE


DSC_0571
ワニのクロコダイルくんです。



DSC_0572
大口を開けて何でも噛みつく凶暴な奴ですが、



DSC_0573
31.8mm は食べません。



DSC_0574
後頭部を押すと、目玉が点灯。



DSC_0575
頭を開けるとボタン電池。



11種類もの豊富なキャラクターも凄いが、パッケージも凄い!

DSC_0568
同じく見えるパッケージですが良く見ると、



DSC_0569
キャラの形に合わせて一つ一つ専用のパッケージになってるんです。ヒレがあるやつとか、耳があるやつとか。



DSC_0570
(画像クリックで拡大)

製品は勿論のこと、パッケージ作るんだって金型が必要ですからね。安いライトなんだから全てが入る四角い箱でいいんじゃないですかね。何を拘ってるんですかね。


DSC_0581
これは、パッケージマニアとしては、黙ってられませんね。製品の形をしたパッケージだったら対外取っておきますよ。



DSC_0583
こんな複雑な形はとても再現できない。しかも軽い。そしてこれ裏側から刷毛塗りするとクリアー吹いたようにピカピカになる。1/24 スロットレーシング、クリヤボディーの技ですな。



DSC_0584
これは、エアーインテークに持って来いです。



DSC_0586
レイバングリーンの色付は貴重。



DSC_0587
更に、同じ形が複数揃うと、もう絶対に捨てられない。



DSC_0591
PA-18 の翼。

DSC_0590
エルロンリンケージのロッドカバー。これ、100均で買ったタッチペンのパッケージで作ったのよん。3本入って100円のボールペンじゃダメなのよ。あれ袋だから。



DSC_0592
ランディングライトカバー。



DSC_0593
サングラスだって作れちゃう。

あれ! 何の紹介だったっけ?

デコチャリ必須アイテム あんどんボトルケージ【橋輪Blog】

デコチャリ必須アイテム あんどんボトルケージ

DSC_4925
TOPEAK iGlowCage B (グロウケージB) 3.300円(税別)
ボタン電池2ヶ付属

5色に発光するボトルケージが出た!光によって水の味も変わるのだ!

DSC_4926
トピークレースボトル(550cc)付属



DSC_4937
連続点灯50時間 点滅100時間



DSC_4932
ライチ味

DSC_4931
レモン味

DSC_4934
ソーダ味

DSC_4942
メロン味

DSC_4944
グレープ味



DSC_4941

いらねー機能って言えば、いらねーし、楽しーって言えば、楽しい

でも横からの視認性は高まるのは確か!
注)昼間は、味が分かりません




--------------------------------------------------------------------------------
サマーキャンペーン!SC

5月7日より新企画”サマーキャンペーン” SC がスタートです。

モデルによりますが、8.220円〜最大56.240円お得! 
各モデルカラーの後に付いた
(SC)マークがキャンペーン対象商品となります。

(SC)マークは、橋輪ホームページで⇒チェック
橋輪SALE も見てね!

詳しくは、お問い合わせ下さい。


久々、「おもしろ&便利グッズ」発見! 【橋輪Blog】

久々、「おもしろ&便利グッズ」発見!

DSC_4725
JR お徳用ガードテープ  740円(税込)

行き付けのラジコンショップ RC DEPOTでみつけたテープです。自己融着タイプなので、剥がれにくく確実に固定できます。こいつは良い!

DSC_4726
薄いのですが、全く伸びないテープです。リムテープのような感じ。



DSC_4729
バーテープの末端処理に最適。ビニールテープだと伸びるは、べたつくは、剥がれやすいはですよね。



DSC_4731
明るい所で見て下さい。表面の質感もいいでしょ!伸びない材質なのでケーブルもしっかり押さえますよ。



DSC_4736
おっと、このX10 ドロップバーですよ。



DSC_4735
RIDEA Extendable ステムで、ドロップバーを前方へオフセットしました。


コンポーネントは、フル105 でフロントダブル化

DSC_4730
DSC_4732
DSC_4733
DSC_4734
キネプロホイールは、アメクラ11速フリーに組み替えて X22へ。



DSC_4737

オリジナルのフラットバーで乗り込んでからドロップ化とフロントダブル化したYさんのX10。費用は10万円ほど掛かりましたが、全く違う1台になりましたね。

走るフィールドも広がりました




--------------------------------------------------------------------------------
サマーキャンペーン!SC

5月7日より新企画”サマーキャンペーン” SC がスタートです。

モデルによりますが、8.220円〜最大56.240円お得! 
各モデルカラーの後に付いた
(SC)マークがキャンペーン対象商品となります。

(SC)マークは、橋輪ホームページで⇒チェック
橋輪SALE も見てね!

詳しくは、お問い合わせ下さい。

強烈&リーズナブルなライト二つ紹介【橋輪Blog】

強烈&リーズナブルなライト二つ紹介

IMG_6334
NEW !
SERFAS(サーファス)から、2015モデル USL-305 / SL-255 がリリース。明るさ200ルーメンを確保するには、1万円は必要でしたが、どちらも強烈&リーズナブルな仕様となっています。

IMG_6337
USL-305(リチウムイオンUSB充電タイプ) 5.600円(税別)

IMG_6336
【スペック】
High       305 Lumen(1.5時間)
Medium  150 Lumen(3.0時間)
Low          50 Lumen(7.25時間)
Flasing          Lumen(5.5時間)


IMG_6338
ライト裏側にUSB 充電ジャック。
両サイド窓より180°の視認性を確保(SL-225 も同じく)。



IMG_6340
バンドホルダーは、スイープハンドルにも対応。



IMG_6341
超超強烈。



IMG_6342
USL-305 / SL-255(単3乾電池2本タイプ) 4.500円(税別)

IMG_6335
【スペック】
High       225 Lumen(5.0時間)
Medium  125 Lumen(7.5時間)
Low          50 Lumen(11.5時間)
Flasing          Lumen(23.0時間)


IMG_6344
本体を捩じると電池BOX が開きます。High で5時間持つってことは、夜間走行多い方、こちらでエネループ使うって手もいいね!


IMG_6345
超強烈。



IMG_6346
左がUSL-305 右がSL-225

どちらもテストサンプルを置いていますので、是非お試し下さい

夜間走行が楽しみになる!


MINI LOVE カスタムバイクコンテスト結果報告

DSC_2923
(暗黒さんが左はしに写ってる)

KIMORI COLOSSUS HR ・・・・・・・ スカ



埼玉サイクルエキスポ情報

DSC_2916

新型KIMORI MTB 試乗出来ます!

明日も行ってま〜す!

記事検索
  • ライブドアブログ