テクニカルマスター

フィキシングボルトで締め切るタイプの2ピースクランクについて(その2)【橋輪Blog】

フィキシングボルトで締め切るタイプの2ピースクランクについて(その2)

もうここまで来るとDAHON に Di2  フロントディレーラーを如何に取り付けるかではなく、2ピースクランクそのもの分析に迫る必要が出てきた。クランク /  BB 互換チャートなどを見て、68mm ENGLISH であればそのまま取り付けても良いのかって疑問が湧いてくる。今夜は、クランクを一旦外してその関係性を調べてみよう。

DSC_5924
DAHON Mu SLX のハンガー(BB シェル)幅は、公称68mm。実寸では、68.32mm だった。



DSC_5925
CONTROLTTECH のカーボンクランクに付属のBB。



DSC_5927
左クランクとの結合部分。問題になるのは軸長ではなく完全に勘合された時の距離だ。



DSC_5929
取付けはこのフィキシングボルトを規定トルクで締めるだけ。CONTROLTECH の文字があるキャップは、セルフりテーリングキャップで緩めればそのままプラーとなりクランクが抜けてくる。


DSC_5930
これが裏側の断面でBB ベアリングに密着する。



DSC_5931
さて規定トルクで締めこむと何処まで入り込むのだろう。



DSC_5933
フィキシングボルトを締めこんで行く。力を入れなくともスルスルと進む左クランク。

DSC_5934
ここで一旦ストップ。

DSC_5935
ここから力を入れ規定トルク(本当はトルクレンチなど使っていないが、そこはある程度解ります)まで締めこむとここまで入る。これで締め代は分かった。BB を入れてしまうとこの締め代は見えなくなってしまうが、ここまで締まって初めて2ピースクランクが一体になるってことだ。


DSC_5937
次に測定のためにチェーンリングを外す。



DSC_5938
ポジション確認のためにマーキングをしておく。



DSC_5939
DSC_5940
これで分解できた。



DSC_5941
今度はBBを入れて何処までクランクに押されるかやってみましょう。



DSC_5942
先ずは、右のBB をクランクに完全に密着するまで入れます。



DSC_5943
次にスペーサー1枚。



DSC_5944
そして左のBB をそっと被せます。



DSC_5945
左クランクを乗せます。あ〜、この左右クランクの距離がQ ファクターね。



DSC_5946
規定トルクになるまで左BBは、左クランクに押され中ほどに進んで行く。



DSC_5924
BB シェル幅は、実寸では、68.32mm でしたよね。



DSC_5947
2ピースクランクが完全に一体になった寸法が67.33mm ですよ。

68.32 − 67.33 = 0.99mm

約1mm 足りないってことですよ!

IMG_0110
これでは、BB シェルに納まりませんね。これは何を意味するかと言うと、過大なトルクで左右のベアリングを圧縮しつつ、左クランクは、固定されていない状態。これでは高性能クランク&BB に変えた意味が全くない。


DSC_5971
Di2  フロントディレーラーのことを忘れたとして2.46mm の付属スペーサーを外したら軸方向に約1.5mm ガタが出ることになります。


IMG_9993

0.99mm に近づけるべく、BBシェル削れってか? こんなクランクセットで良いのか自転車業界。

次回につづく、


船長通信

DSC_0405 - コピー
・10/19日、瀬戸内海向けで太平洋側南下中、西向け航行中ですが、南伊豆町の石廊埼沖約8海里、伊豆諸島新島側から昇る朝日です。...今日も、良く晴れそうですね。...朝晩の気温も低くなり、秋の紅葉も間もなくですね。


フィキシングボルトで締め切るタイプの2ピースクランクについて 【橋輪Blog】

フィキシングボルトで締め切るタイプの2ピースクランクについて

DSC_5906

完成したかのように書いた船長のDAHON Mu SLX コントロールテック Di2 だが、実はトラブルが解消しきれず、休暇中に送れなかったのであります。同じメーカーの同じT数のチェーンリングに変えただけなのに Di2フロントディレーラーのギリで取れていた微妙なセッティングが狂いフロント変速に支障を来たしています。

DSC_5907
もっとクランクを外に出したい。



DSC_5910
今アウターローだが、Di2フロントディレーラーのハイ、ローのストッパーボルトを両方外してしまったのがこの状態でケージが目一杯内側に来ています。チェーンとケージの関係は、シマノが推奨する0。このまま行ってくれれば良いのだが、リヤをトップ側に変速して行くとオートトリム(チェーンの斜め掛けに対して フロントディレーラーがオートで動く)が働きます。これがアジャストボルトを外しているものだからストローク量が半端ない。本来ありがたい機構なのだが、今回は非常に邪魔くさい。アウター側電気アジャストは目一杯マイナス、E-tube に繋いでカスタマズしようとしたがそれも無い。シマノに問い合わせしてもオートトリムのキャンセルは出来ないと言う。


DSC_5917
トップに来たら、



DSC_5914
もうチェーンを外に押し出す気満々なのです。



DSC_5918
アウタートップで0.5mm 程にしたいが4mm もある。



DSC_5919
シートチューブが太いダホンの宿命だが何とかせねば。



DSC_5921
シートチューブからチェーンリングの距離を測ってみるとリング外側で30mm。



DSC_5922
オリジナルのSLX で測ってみると歯の先端で30mm。



IMG_9992

更に右側にシムを追加すれば2mm 位は稼げるが、果してこのタイプの2ピースクランクでその様な事を勝手にやって良いのか?

次回は、クランクを一旦取り外して検証する




そして船長の短い休暇は終わり再び海へ

船長通信

DSC_0402
・10/14日、京浜港川崎区から出港し、東京湾浦賀水道を抜けて洲埼沖約3海里南下中、相模湾西側17:15頃、西側方面の夕日です。右側に富士山が見え、オレンジ色の綺麗な夕日でした。16日、函館港向けになり太平洋側北上中です。では、また良い画像が有ればmailします。


こんなブレーキシュー探してたんだ!【橋輪Blog】

こんなブレーキシュー探してたんだ!

IMG_3970
ブレーキシューと言っても色々なものがありますね。



IMG_3971
上はロードのキャリパーブレーキ用、下がVブレーキ用で、長さが大分違いますね。



IMG_3973
左は3種類のコンパウンドのKCNC。ゴージャスなシューです。右は一般的なDAHONなどのミドルクラスに付いてくるもの。(しょぼい)


今日のめっけもん!短いシューを探してたんだ

IMG_3972
JAGWIRE CROSS PRO LITE      2.800円(税別)



IMG_3974
上KCNCは当たり面が65mmに対しノーマルが57mmほどか。



IMG_3981
tern の上位モデルに付くこれなんか75mmもある。



IMG_3976
これですよ、カートリッジタイプで見栄えもいい。



IMG_3975
長さは、ご覧のようにロード用と同じ短さ。これを探してたんだ。



以前にこんな記事を書いた。小径車のリヤVブレーキは非常に条件が厳しいという話。      

(画像クリックで拡大)
IMG_1793

またしても下手な絵で申し訳ありませんが、小径車故のリムのアールがきつくなり、更には折り畳み特有のブレーキ台座が付く鋭角なバックフレームと相まって状況は過酷なものとなっています。(左)

セットしたブレーキシューを斜め横から見るとこんな角度になっていると思います。(中)

(右)は極端に書きましたが、リム方向(縦方向)から見ると、シューの角度がブレーキームの角度に近づいてくると、アームピボットから弧を描くように作用するシューの下側(後ろの長く伸びた方)が先にリムと接触を始めてしまうために極端なトーアウトとなってしまいます。

         


どうゆう事かと言いますと

IMG_3426
小径車においてVブレーキアームがホイールの中心線に合った理想の取付である場合(フロントは、ほぼこれに近くなる)。


IMG_3424
今、フロントブレーキが掛かっている状態。

IMG_3428
ブレーキをリリースすると平行線状に離れて行きます。



IMG_3420
リヤではバックフレームの形状から、中心線からかけ離れたブレーキ台座にセットしなければならず、シューとブレーキアームが斜めになってしまう。


IMG_3422
IMG_3423
するとご覧の様な動きになってしまいます。

ブレーキレバーを握り込んで行くと、まず長く伸びたシューの後ろ側が接触を始め、徐々に全体が接触するまで歪みながらリムに密着していく、超トーアウトとなるのです。
これでもV用ブレーキレバーとの組み合わせなら大丈夫なんですが、STI レバーで動かそうとなると、少なくなるストロークに苦労するのであります。これはブレーキシューが長くなればなるほど顕著に現れます。
 


スピプロがジャックナイフする?

IMG_1085
タケシのSPEED PRO TT もショートVを組んでいますが、この理由により高級なブレーキシューが使えずに、長さの短い、しょぼいノーマルを仕方なく使っていました。


IMG_3977
もちろん十分な制動力は出ていますが、シューとリムの隙間を確保するためには、あまり詰められませんでした。

IMG_3978
強く握り込むとハンドルバーにくっ付いてしまいます。



IMG_3979
短いブレーキシューの装着で理想としている当たりに近づいたわけです。

IMG_3980
ハンドルバーにも余裕ができました。


ちと高いブレーキシューですが、これはお勧めですぞ!



1セット35.175円”究極のブレーキレバー”Avid Speed Dial Ultimate 【橋輪Blog】

 究極のブレーキレバーAvid   Speed Dial Ultimate       

IMG_3204

SRAM / Avid がGIANTからリリースしていた頃からスピード ダイアル アルチメイトは、既に廃盤と言われておりましたが、今年から総輸入元となったDIRT FREAKに問い合わせたところストックは4セットのみ、今後の入荷や再生産の予定はないとのことでしたので、4セット全て買い取りました。

IMG_3206
Avid   Speed Dial Ultimate        35.175円(ペア)
(エイビット スピード ダイアル アルチメイト)

何回かの価格変動がございましたが、この価格がファイナルアンサーです


IMG_3205
アルミCNCで形成され重量は僅か153.5g



IMG_3208
IMG_3207


  
それではその優れたギミックをご紹介しよう

IMG_3233

IMG_3225
ワイヤーの引きを微調整できるバレルはロックナット不要。



IMG_3234
CAM SPLIT CLAMP

IMG_3235
クランプ径は22.2mm で、グリップやシフターを外さなくとも脱着できるようになっている。
クランプを削り出すだけでも相当な材料を無駄にするだろう。


IMG_3236

それともう一つ、ハンドルをクランプするにはこの様に締め代が必要だが、



IMG_3237
こちらはには無い。これでは幾ら締めてもハンドルを掴むことは出来ない。



IMG_3238
クランプとレバーホルダーの斜めになっている部分がミソ!



IMG_3239
ハンドルバーに嵌めてしまうとクランプとレバーホルダーの穴が一致しませんが、ピボットボルト径より穴が大きいので、ボルトは入ります。更に締めこむとボルトの段差が入り込み、斜めの部分が滑ってハンドルバーを締め上げるのです。
見た目も美しい、何とも凝ったクランプ方式でしょう。


分解を進めます

IMG_3211
レバーホルダーは一対の2ピース構造になっている。



IMG_3216
繊細なリターンスプリングが見えてきた。素晴らしいレバータッチと戻りを約束する重要な部品だ。





IMG_3212
レバー側に圧入されたピボットピンの軸受けには、アマチュアシールドベアリングが使用され、スラスト方向のクリアランスはナイロンワッシャーが受け持ちます。
レバーホルダーの合わせ面は、まるでエンジンのクランクケースのようだ。液体パッキンを塗って組み付けたら水が漏れないだろう。



IMG_3221
次にリーチアジャスター。ホルダー上のイモネジを締めこむことによって3段階に調整できる。



IMG_3220
まずはノーマル。イモネジは飛び出しておらず、レバーがホルダーのストッパーに当たって止まっている状態。



IMG_3222
イモネジを締めこむと頭の部分に当たりストッパーとなる。



IMG_3223
更に締めこむと頭より太いネジ山部に当たり、レバーの戻りが一番制御された(レバーが近い)状態。



IMG_3224
こう書くと何か凄いように感じるが、普通のレバーに付いているリーチアジャスターの方が、無段階調整で優れているはず。なのに何故かカッコいい。



IMG_3229
レバーとワイヤー太鼓の関係



IMG_3230
普通のレバーの場合、レバーを引く度にレバーとワイヤー太鼓(黄色○部分)に摺動抵抗が発生するが、



IMG_3232
こちらは、太鼓が回らないため抵抗は一切ない。こういう一つ一つで、レバーを引く力をロスなくワイヤーに伝える。


そしてこれが、このレバーの際立った機能


IMG_3218
  Speed Dial を一番緩めた状態(ワイヤー引量小)

IMG_3219
Speed Dial を一番締めた状態(ワイヤー引量大)




IMG_3226

1
レバーをエンドtoエンドまで動かすとAとBでは、こんなにも違いが出る。

深いレバータッチでコントローラブルな味付けから、スピーディーなハードタッチまで無段階でアジャストできる。
その他、ブレーキアーム長の異なる場合にも対応する。
即ち、このスピードダイヤルアルチメイトは、自分の好みにブレーキをチューニングできる。正に究極のブレーキレバーなのです。


IMG_3217
ここまでくると、モデルガンの世界だ!

4セットの入荷ですが、このBlogアップ前に、関門海峡を抜けて鹿児島に向け航行中の6000t級タンカーより2セットの注文が入りましたので、残り2セットとなります。6000t級タンカーがスピードダイヤルアルチメイト2セットで止まるのか?

究極のブレーキレバーAvid   Speed Dial Ultimate 
もう、日本に2セットしか無いかもしれない

tern Verge X20 にドロップバーを(装着編)【橋輪Blog】

tern Verge X20 にドロップバーを(装着編)

IMG_3133
アッセンブルされてきたドロップバーをダブルタップレバーの高さのみ再調整して組み付けます。



IMG_3131
ワイヤリングのリクエストは全てハンドルのトンネルに通すこと。



IMG_3128
ダブルッタップのブレーキレバーとトップマウントレバーは1本のワイヤーで繋ぎます。



IMG_3127
畳めるための余裕も必要です。



IMG_3129
リヤのブレーキは、ダブルッタップレバーに対応すべくRIDEA CSV ショートV でレバー比を近づけますが、今一スポンジー。

制動力は出ていますがレバータッチはスポンジー
これはバックフレームの大きな傾きによるブレーキ台座取り付け角と車輪中心線のズレ、長いブレーキシュー、厚みのあるパットが原因です。小径車でこの手のフレームの宿命ですが、安物の短い一体物のVブレーキシューに変えることで改善されます。写真のパットでコンパウンドの違うグレー部分を切り取り赤い部分だけにしてしまうのも手でしょう。
どうしても納得行かない方はこちら



IMG_3132
SRAM Red – Black Edition
フロントブレーキはREDのキャリパーが装着された状態で持ち込まれました。どう取り付けてあるのか、一度ばらさせて頂きましたが、筒状の部品を下からコラム内に入れ、泥除け取付穴で止めるという物。このアダプターは自転車屋としてはちょっと・・・。
見て見ぬ振りとしておきましょう。(ごめんなさいKさん)
そうそう、キャリパーブレーキとなりましたので、Nフォールディングはできません。X30h宜しく前輪を180°反時計回りに回してからフレームを折ります。



IMG_3103
ダブルタップでもきちんとシフティング出来ることを調整確認できましたら、



IMG_3130
初期伸びに対応できる付属のアジャスターを取り付けます。



IMG_3134
走行中の操作は難しくなりますが、フォールディングの関係上アジャスターはここに。



IMG_3111
SRAM SuperSport Bar Tape w/Gel



IMG_3136
十分な試運転を終えバーテープを巻けば完成です。巻き方にも拘りのリクエストがありました。



tern Verge X20ドロップバージョンの完成で〜す!

DSC_0573
(画像クリックで拡大)



DSC_0583




DSC_0584




DSC_0578




DSC_0571




DSC_0577




DSC_0588




DSC_0580




DSC_0586




DSC_0585




DSC_0575




DSC_0576


オーナーのKさん11月4日の鈴鹿8時間エンデューロにエントリーしているそうです


IMG_2138

11月2日、午前中必着で確かに送りましたからねー!

ギリだ! 健闘を祈る!
記事検索
  • ライブドアブログ