tern

tern Verge P10 ブレーキ整備中!【橋輪Blog】

tern Verge P10 ブレーキ整備中!

IMG_5728

昨日のテクトロブレーキの件、続きになりますが、シマノに比べ納車整備比時のセットアップが非常にシビアとなります。そのためディスクマウントフェイシングツールを使い精度を追及しております。

IMG_5729
フォーク側は、フェイシングされてますが疑ってかかります。



IMG_5730
IMG_5731
IMG_5732
マッキーで切削面を塗りつぶします。



IMG_5733
上側からカットしていきます。



IMG_5734
少し削れました。



IMG_5735
さーどうでしょう?



IMG_5736
やっぱり斜めってましたね。もう少し削り込みましょう。



IMG_5737
こんなもんかな。



IMG_5738
下側は、おおよそ良いようです。このまま上側と同じ高さになるまで削り進みます。


どんな大変なことやってるのかって興味のある方は、こちらを参考に!

ディスクブレーキ台座について
ディスクブレーキ台座について(その2)
ディスクブレーキ台座について(その3)
ディスクブレーキ台座について(その4)
ディスクブレーキ台座について(その5)
ディスクブレーキ台座について(その6)







tern Verge P10 テクトロブレーキ変更について【橋輪Blog】

tern Verge P10 テクトロブレーキ変更について

IMG_8452

先日お伝えした 2021 tern Verge P10 TEKTRO BRAKE バージョンですが、本日一瞬雨が止んだすきに撮影しましたのでご紹介します。変更となったのは、油圧ブレーキシステムのマスターシリンダー(左右ブレーキレバー)とフロント、リヤのディスクキャリパーです。仕様変更とはなっていませんが、シマノの部品供給体制が整うまでテクトロブレーキシステムのアッセンブリーとなるようです。

IMG_8457
ディスクローターは、Shimano SM-RT10 から変更ありません。



IMG_8453
IMG_8459
IMG_8460
ブレーキレバー、ディスクキャリパーが、Shimano BR-M315 から TEKTRO HD-M275 に変更となっています。



ストッピングパワーは同等ながらレバータッチに違いが出る

IMG_8454
IMG_8456
このブレーキレバーに触れてから効き始めるレバー先端で15mm ほどのストロークに感触の違いが出る。レバーには、シマノ同様のリーチアジャスター機構が付く。

この15mm のストロークは、機械式のワイヤーを引く遊びではなくマスターシリンダーから押し出された油圧(オイルは、双方ともミネラルオイル)がキャリパーピストンを押し始めパットがローターに接触するまでの距離で、シマノは、何の抵抗もなくこの15mm のストロークを終え制動が始まる感じで、テクトロは、機械式ブレーキで言うリターンスプリングの反発を感じながらストロークする。これは、マスターシリンダー内のラバーカップやキャリパー内のピストンシールの硬さによる違いだと思われる。どちらの感触が好きかと言われれば、長年油圧ディスクに慣れ親しんだライダーからすれば、シマノと答える人が多いと思うが、そうでもない。シマノは、スイッチのように効き始めてしまうのでパニックブレーキに陥った際、ロックさせてしまう可能性が高い。テクトロは、この15mm のストロークから抵抗が発生してるため割とコントロールしやすい傾向がある。皆さんは、どちらのタッチが好みかな。マイバイクとなって慣れてしまえば、どちらも同じですけどね!


IMG_5728

※これはオーナーではなく販売店側の話になりますが、納車整備にはシマノの30倍ほどの時間を要します。





2021 tern Verge P10 TEKTRO BRAKE バージョン少量入荷!【橋輪Blog】

2021 tern Verge P10 TEKTRO BRAKE バージョン少量入荷!

IMG_5725

10月20日ごろの入荷を予定していました 2021 tern Verge P10 ですが、生産に遅れが出ているシマノのハイドロリックパーツからテクトロに変更した TEKTRO BRAKE バージョンが少量ながら先行入荷しました。

IMG_6877
サテンブラック / グレー(ライム)入荷2台



IMG_6867
ダークブロンズ / スチール(シルバーブルー)入荷1台



IMG_6872
ガンメタル / スチール(ダークブロンズ)入荷3台

本日、雨で写真が撮れませんでしたので次回アップします。



2022 tern Link D8 マットブラック先行入荷【橋輪Blog】

2022 tern Link D8 マットブラック先行入荷

IMG_8421
IMG_8423
Link D8(リンク)

2022 tern
Link D8           91.300円
(税込)
橋輪プライス   82.100円(税込)
8 Speed    12.1kg
カラー:マットブラック、セメント、セーフティーイエロー

tern 2022年モデル Link D8 マットブラックが1台のみ先行入荷しましたのでご紹介します。カラーラインナップは、2021から継続のマットブラック、セメントに加えセーフティーイエローが追加で3色展開となります。

IMG_8422
ホイールサイズは、406の20インチ。スキュアータイプのハブです。



IMG_8424
タイヤ:SCHWALBE BIG APPLE 20×2.00



IMG_8433
IMG_8432
ワイドタイプのマットガードが標準装備。



IMG_8426
ガード付きチェーンリングは、52T。



IMG_8428
フォールディングペダルが付属。



IMG_8430
リヤディレーラー:Shimano Claris



IMG_8431
カセットスプロケは、11-32T  8 Speed。



IMG_5719
シフター:Shjimano SL-M315 8 Speed



IMG_8425
biorogic のコンフォートサドル。



IMG_8440
センタースタンドが標準装備。



IMG_8434
アンドロスステム。



IMG_8114
IMG_8116
IMG_8117
工具無しであらゆるポジションにセットできます。



IMG_8443
オートロックセーフティーデザインの OCL ジョイントを採用。



IMG_8442
Folding Size:38 × 79 × 72 cm (15 × 31.1 × 28.3 in)



IMG_8437




IMG_8438

この Link D8 マットブラック売約済で通常入荷は、10月20日を予定しています。

気になる方は、お早めに!




tern 各モデル生産遅延のお知らせ【橋輪Blog】

tern 各モデル生産遅延のお知らせ

8749fc20 (1)

新型コロナウイルス感染拡大に伴い世界各国で自転車の需要が大幅に高まり shimano をはじめとするパーツメーカーの生産の遅れなどから完成車の生産に大変遅れが生じています。沢山のご予約を頂いておりますお客様に関しましては、随時遅延のご連絡をさせて頂いておりますが、中には連絡が取れなくなっている方もおられます。本日、tern のページを更新いたしましたのでこちらでご確認下さるようお願い申し上げます。

橋輪 tern




記事検索
Archives
  • ライブドアブログ