tern

最新 9100 DURA-ACE 搭載 2018 tern SURGE PRO【橋輪Blog】

最新 9100 DURA-ACE 搭載 2018 tern SURGE PRO

DSC_3424

Shimano Tiagra 20 Speed コンポ搭載の話題のミニベロ 2018 tern SURGE PRO。22 Speed のシマノハイエンドコンポーネント 9100 DURA-ACE にアップグレードしての納車であります。


DSC_3230
9100 DURA-ACE フルコンポーネント。



DSC_3312
エアロバーとシートポストは、カーボン製のShimano PRO。



DSC_3393
クランクセット:FC-R9100 50-34T 170mm  60.458円(今回以下税込み)



DSC_3395
フロントディレーラー:FD-R9100  12.124円



DSC_3396
リヤディレーラー:RD-R9100  23.211円



DSC_3397
カセットスプロケ:CS-R9100 11-28T  27.261円
チェーン:CN-HG901-11  5.100円



DSC_3399
ブレーキキャリパー前後セット:BR-R9100 38.753円



DSC_3398
こちら SURGE ltd のリヤ+リヤではなく前後セットでの装着が可能です。



DSC_3400
デュアルコントロールレバー:ST-R9100  55.775円



DSC_3402
Shimano PRO VIBE CARBON HANDLEBAR 45.360円



DSC_3404
バーテープは、完成車付属のイエローを巻きました。



DSC_3401
Shimano PRO VIBE CARBON SEATPOST 30.240円



アドバイス!

DSC_3408
フロントディレーラーのケーブル取り回しには、新型のフロントディレーラー FD-R9100 / FD-R8000 / FD-5801 で可能な工夫を一つ。



DSC_3410
ダウンチューブの中を通ってきたフロントシフトアウターケーブルは、出口すぐ下にあるアウターカップに収まりケーブルガイドに沿ってインナーのみ露出のままフロントディレーラーへ向かいますが、少し取り回しに無理がありTiagra シフターでの操作力の重さが気になります。今回デュラの性能を存分に発揮させるために上写真のようにフルアウターに変更しました。先ずオリジナルより長めのアウターケーブルに入れ替えます。次にアウターカップ、BB下のケーブルガイドを無視し直接フロントディレーラーに繋げました。



DSC_3409
これが、FD-R9100 / FD-R8000 / FD-5801 の特権です。全くストレスのない軽やかなフロント変速を実現します。



体重測定!

DSC_3387
DSC_3388
オリジナルは、9.06kg。



DSC_3389
DSC_3390
9100 DURA-ACE 搭載は、8.16kg と900g もの軽量化に成功!




DSC_3405




DSC_3392




DSC_3406




DSC_3456

約17万円の車体にカスタム費用約32万円も掛けてしまったオーナーの K さんは、以前カスタムバイクギャラリーに DAHON Mu SLX ULTEGRA Di2 JK 451 カーボンホイールで登場頂いた方。その時、SLX のカスタム費用が48万円を超えていたからまあいいのか?

小径フリーク恐るべし!



昨日に続き Capreo ネタをもう一丁!【橋輪Blog】

昨日に続き Capreo ネタをもう一丁!

DSC_3274

昨日に続き Capreo ネタをもう一丁行きましょう。tern Verge X18 所有の N さんからハンドル周りのチューニングを依頼されました。ところが・・・・・

DSC_3275
CONTROLTECH カーボンドロップバー 25.000円(税別)
これ SALE で40%OFF でやってます⇒ ラスト1本



DSC_3278
RIDEA Extendabule Stem Φ31.8 5.930円(税別)



DSC_3266
Lizard Skins バーテープブラック 3.880円(税別)



DSC_3275
「厚手のバーテープとカーボンドロップの衝撃吸収で手首の疲れが全然違いますよ」「出来ました!」で取りに来られたのですが、「何かもう少しやりたいですね」とまた置いて行ってしまいました。


DSC_3269
続きましてリヤホイールのチューニング。



DSC_3268
レッドパーツをチョイスしたのは、たった一つのセーフティーロックのアナダイズドカラーに合わせて。


DSC_3270
リヤスポークニップルをレッドに組み替えました。



DSC_3277
カプレオ互換135mm スーパーライトハブ 19.800円(税別)
カラーアクセントの意味で組み替えたんですが、これ走りが全然違ってきますよ。


DSC_3281
フロントは、キネプロ X の高性能シールドベアリングハブが装着されていますが、リヤは、Shimano 純正カプレオです。カップ&コーンのこのリヤハブ、一度シャフト回してみなさんな。100人に聞いても全員「これ捨てだな!」となること間違いなし!



DSC_6916
Shimano Capreo ハブは、ずっしりの398.5g。



DSC_6594
これに対してスーパーライトハブは、193.0g と半分以下。



DSC_3272




DSC_3265




DSC_3279
やっぱ X18 カッコいいですね! なんでtern は、こーゆーモデルをラインナップから外すかね?



DSC_3271

「N さ〜ん、完成しましたよー!」
カプレオスーパーライトハブも装着したし、取りに来られたら RECON Fe Capro 11速カセット見せちゃおっかな〜!

また置いて行っちゃうかも?



tern SURGE PRO にKitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

tern SURGE PRO に Kitt カーボンホイール付けてみた

DSC_3038
DSC_2989

昨日ご紹介した tern SURGE PRO。フレームサイズ520の方も組んでみました。上の写真が520で下が470です。でもって今夜の【橋輪Blog】は、キネプロホイールを Kitt カーバンバトンと入れ替えてみようと思います。

DSC_9345
Kitt Custom Carbon Tri-Spoke  Wheel



DSC_3646
Tern X Kitt design SMI 368 3K カーボンフォーク



DSC_3049



DSC_3049 - コピー
ロゴを黄色に画像加工してみました。


DSC_3050




DSC_3051



DSC_3045



ホワイト / ブラックもやってみた

DSC_3054



DSC_3056



DSC_3057



DSC_3052 - コピー

Kitt カーボンホイール / フォーク絶賛発売中!



【おまけ】Kitt カーボンホイール付けてみたシリーズ

DSC_1114
Verge X10 に Kitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

DSC_1122
Verge N8 に Kitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

DSC_1128
Link N8 に Kitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

DSC_1136
DAHON Mu SLX に Kitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

DSC_1145
DAHON Helios に Kitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

2018 tern SURGE PRO 【橋輪Blog】

2018 tern SURGE PRO

DSC_3016
DSC_2995
SURGE PRO(サージュ・プロ)

2018 tern
SURGE PRO(完成車)    171.720円(税込)
橋輪プライス            154.500円(税込)
20 Speed  8.9kg(ペダルは付属しません)
470 / 160 to 170cm 
520 / 170 to 180cm


2018 tern
SURGE PRO                   105.840円(税込)
橋輪プライス                95.200円(税込)
(フレーム&フォークセット)
470 / 160 to 170cm 
520 / 170 to 180cm  


2017 で限定生産され、あっと言う間に完売を迎えたサージュ・リミテット。その凄まじいインパクトには圧倒されたが、2018それを上回るパッションを与えられたサージュ・プロがリリース。ウエイトは、9kg を切る8.9kg。サージュ・プロのために新たに設計されたフレームは、リミテッドの460 / 500 から拡大され470 / 520 となっている。完成車には、Tiagra コンポ搭載だが、フォールディングバイクメーカーには珍しくフレーム・フォークセットでの販売も。ロードバイク顔負けのど派手なカラーを纏った SURGE PRO をご紹介しよう。

DSC_2989
DSC_2994
マットイエロー / ブラック(写真は、フレームサイズ470)



DSC_2977
DSC_2979
ホワイト / ブラック(写真は、フレームサイズ470)



DSC_2998
451サイズのホイールは、サージュ・プロ用に新設計したキネプロX。フロントエンド幅は、100mm。



DSC_3005
スポークは、エアロブレードタイプを採用。



DSC_2999
リムハイトは、40mm。タイヤは、SCHWALBE DURANO 20×1 1/8(28-451)を装着する。



DSC_3000
Tern X Kitt design SMI 368 3K カーボンフォークが標準装備。



DSC_3010
軽量だけではなくエアロブレードデザインで空力的にも有利。



DSC_3008
DSC_3011
エアロフォルムを強調させるためブレーキ、シフトケーブルは、全てインナールーティングされる。



DSC_3007
シートチューブにボトルケージ台座。



DSC_3009
アルミプレートから切り出されたヘッドバッチ。



DSC_3001
クランクセット:FSA Gossamer Pro 53/39T  Mega EVO BB386



DSC_3002
フロントディレーラー:Shimano FD-4700 Tiagra



DSC_3003
リヤディレーラー:Shimano RD-4700 Tiagra



DSC_3004
カセットスプロケ:Shinano CS-HG500-10 11/25T 10 Speed



DSC_2997
シフター:Shimano SL-4700 Tiagra 2×10



DSC_2996
ステムは、バークランプ径31.8Φで、フレームサイズ470が、80mm、520が、90mm。ハンドルバーはそれぞれ380mm / 400mm。


DSC_2980




DSC_2986




DSC_2983




DSC_2984




DSC_3017

なんとサージュ・プロも試乗車を下ろしちゃいました!
最強ミニベロをご堪能ください

※試乗には身分証明書の提示を頂いております


DSC_3036

明日は、こんなことをしてみたりする



2018 tern RIP Limited Edition 【橋輪Blog】

2018 tern RIP Limited Edition

DSC_3672
rip Ltd(リップ・リミテッド)

2018 tern
RIP Ltd        88.560円(税込)
橋輪プライス    79.700円(税込)
サイズ
500(650C) :160 to 170cm
540(700C) :170 to 180cm

8 Speed  10.0kg

フラットバー仕様のリップにブルホーンを装着。新たなグラフィックを纏った2018年限定モデルです。

DSC_3678
カラー:マットブラック / ポリッシュ



DSC_3673
Kitt オリジナルのブルホーンバー。クランプ径はΦ25.4mm でブラックのバーテープが付属。



DSC_3674
シフター:Microshifut サムシフター 8 Speed



DSC_3680
フロントシングルのチェーンリングは、44T。tern オリジナルチェーンウォッチャー。(BB装着タイプ)


DSC_3681
リヤディレーラーは、Shimano 新型 Claris RD-R2000。


DSC_3682
カセット11-28T。



DSC_3675
ストレートエアロブレードフォークを採用。



DSC_3676
40mm のリムハイト。タイヤサイズは、540サイズのみ700×25c で、500サイズは、650×25c。



DSC_3683




DSC_3684

ちょっと尖ってまっせ〜!


【2018 DAHON 入荷情報】
Visc EVO マンゴーオレンジ
Visc EVO パールホワイト
Visc EVO チタン
EEZZ       クラウドホワイト

記事検索
  • ライブドアブログ