tern

橋輪オリジナル DAHON / tern 専用 RIDEA シートクランプ【橋輪Blog】

橋輪オリジナル DAHON / tern 専用 RIDEA シートクランプ

DSC_4089

RIDEA 別注で、DAHON / tern 専用シートクランプを製作しました。マテリアルは AL7075 の CNC 加工で非常に軽量ですが、クランプ力が高まるよう工夫しました。特に tern 用は、今までありませんでしたので臨んでいた方も多いと思います。

DSC_4097
DAHON アルミフレーム用クランプ Φ41 5.250円(税別)
(DAHON のスチールフレーム / ロックジョーフレームには装着出来ません)

tern Verge フレーム用クランプ Φ38 5.250円(税別)
(tern Link フレームには、Φ41をお使いください)

カラー:レッド、ブラック、チタン、シルバー、ゴールド、ブルー


DSC_4096
DAHON アルミフレーム用クランプ Φ41



DSC_4095
tern Verge フレーム用クランプ Φ38



DSC_4100
今までのタイプとの最大の違いは、クイックレバーを大きくし、力の弱い女性でも確実にクランプ出来るようにしました。


DSC_4093
手の腹でクランプ出来ますので非常に有効です。



DSC_4092
レバーは大きいですがガッツリ抜きました。



DSC_4101
クランプバンドの厚みも変えています。



DSC_4094
カム部分も非常に凝った作りとなっております。



DSC_4102
Φ41 が、32.5g。



DSC_4088
Φ38 が、33.5g です。



それでは実際に取り付けてみましょう

DSC_4060
tern Verge N8

DSC_4064
DSC_4058
DSC_4065
DSC_4066

DSC_4086
N8 のオリジナルクランプは、45.5g ですから12.0g の軽量化となります。


DSC_4067
DAHON Presto SL

DSC_4068
DSC_4069

DSC_4084
プレストのオリジナルクランプは、67.0g ですから34.5g の軽量化となります。



DSC_4076
tern Verge X11

DSC_4075
DSC_4074

DSC_4085
X11のオリジナルクランプは、57.5g ですから24.0g の軽量化となります。



こちらのΦ41 DAHON アルミフレーム用クランプも橋輪オリジナルです

DSC_4098
RIDEA Seat Post Clamp Q / R Φ41.0mm  5.220円(税別)
スキュアーと同じタイプのクランプレバーで、3点セットで合わせたい方にお勧め。
詳細は⇒こちら


DSC_4099
更に軽量の30.0g となっています。



DSC_4083

本日、たまたま DAHON Visc ltd のタイヤ交換&メンテに来店されたお客さんに「ちょっとお客さ〜ん、いいパーツ入荷してまっせー!」と見せたところ 「おっとやられましたね、ゴールドでお願いします」嵌めてやったぜ!(失礼、ありがとうございました第一号)


DSC_4078
DSC_4079

1 ポイントが効いてます!

DAHON を積んで出かけよう MAZDA DEMIO 【橋輪Blog】

DAHON を積んで出かけよう MAZDA DEMIO + DAHON Dove Plus + tern Surge PRO

DSC_3891

今日の「DAHON を積んで出かけよう」は、初登場のクリーンディーゼル搭載マツダ・デミオ最新モデルです。

DSC_3880
DAHON Dove Plus と tern Surge PRO 同時購入して頂いた H さんですが、シャイな性格の為、顔出しNG であります。ダブプラスの方は、どこへでも積めそうですが畳めないミニベロ、サージプロは如何なものか?


DSC_3883
ラゲッジスペースは、あまり広くなさそうですね。



DSC_3884
リヤシート倒してますが、荷物もいっぱいです。



DSC_3885
始め後ろから突っ込んだらはみ出しましたが、前からだと入っちゃいましたね。



DSC_3886
前輪をここに嵌めちゃうのがポイント!



DSC_3888
そしてダブは、パッセンジャーシートへ。やはり小さい。



DSC_3889
シートベルトも締めて下さいね。



DSC_3893
シンプルなダッシュパネルですね。



DSC_3896
おっと!平均燃費が22.1km / L ですと!ガソリン仕様より燃費が良いそうです。



DSC_3892
1500cc のディーゼルでハイトルクなんだって。何故かバッテリーがバカでかいですね。ディーゼルだから24V じゃないよね?キャップが六つで6セルだから12Vですね。


DSC_3898

ガソリン仕様より40万円ほど高いですが、すぐ元取れちゃいますね。「洗車してないからな」と言っておられましたが、画像加工でピカピカにしておきました。

ありがとうございました!


最新 9100 DURA-ACE 搭載 2018 tern SURGE PRO【橋輪Blog】

最新 9100 DURA-ACE 搭載 2018 tern SURGE PRO

DSC_3424

Shimano Tiagra 20 Speed コンポ搭載の話題のミニベロ 2018 tern SURGE PRO。22 Speed のシマノハイエンドコンポーネント 9100 DURA-ACE にアップグレードしての納車であります。


DSC_3230
9100 DURA-ACE フルコンポーネント。



DSC_3312
エアロバーとシートポストは、カーボン製のShimano PRO。



DSC_3393
クランクセット:FC-R9100 50-34T 170mm  60.458円(今回以下税込み)



DSC_3395
フロントディレーラー:FD-R9100  12.124円



DSC_3396
リヤディレーラー:RD-R9100  23.211円



DSC_3397
カセットスプロケ:CS-R9100 11-28T  27.261円
チェーン:CN-HG901-11  5.100円



DSC_3399
ブレーキキャリパー前後セット:BR-R9100 38.753円



DSC_3398
こちら SURGE ltd のリヤ+リヤではなく前後セットでの装着が可能です。



DSC_3400
デュアルコントロールレバー:ST-R9100  55.775円



DSC_3402
Shimano PRO VIBE CARBON HANDLEBAR 45.360円



DSC_3404
バーテープは、完成車付属のイエローを巻きました。



DSC_3401
Shimano PRO VIBE CARBON SEATPOST 30.240円



アドバイス!

DSC_3408
フロントディレーラーのケーブル取り回しには、新型のフロントディレーラー FD-R9100 / FD-R8000 / FD-5801 で可能な工夫を一つ。



DSC_3410
ダウンチューブの中を通ってきたフロントシフトアウターケーブルは、出口すぐ下にあるアウターカップに収まりケーブルガイドに沿ってインナーのみ露出のままフロントディレーラーへ向かいますが、少し取り回しに無理がありTiagra シフターでの操作力の重さが気になります。今回デュラの性能を存分に発揮させるために上写真のようにフルアウターに変更しました。先ずオリジナルより長めのアウターケーブルに入れ替えます。次にアウターカップ、BB下のケーブルガイドを無視し直接フロントディレーラーに繋げました。



DSC_3409
これが、FD-R9100 / FD-R8000 / FD-5801 の特権です。全くストレスのない軽やかなフロント変速を実現します。



体重測定!

DSC_3387
DSC_3388
オリジナルは、9.06kg。



DSC_3389
DSC_3390
9100 DURA-ACE 搭載は、8.16kg と900g もの軽量化に成功!




DSC_3405




DSC_3392




DSC_3406




DSC_3456

約17万円の車体にカスタム費用約32万円も掛けてしまったオーナーの K さんは、以前カスタムバイクギャラリーに DAHON Mu SLX ULTEGRA Di2 JK 451 カーボンホイールで登場頂いた方。その時、SLX のカスタム費用が48万円を超えていたからまあいいのか?

小径フリーク恐るべし!



昨日に続き Capreo ネタをもう一丁!【橋輪Blog】

昨日に続き Capreo ネタをもう一丁!

DSC_3274

昨日に続き Capreo ネタをもう一丁行きましょう。tern Verge X18 所有の N さんからハンドル周りのチューニングを依頼されました。ところが・・・・・

DSC_3275
CONTROLTECH カーボンドロップバー 25.000円(税別)
これ SALE で40%OFF でやってます⇒ ラスト1本



DSC_3278
RIDEA Extendabule Stem Φ31.8 5.930円(税別)



DSC_3266
Lizard Skins バーテープブラック 3.880円(税別)



DSC_3275
「厚手のバーテープとカーボンドロップの衝撃吸収で手首の疲れが全然違いますよ」「出来ました!」で取りに来られたのですが、「何かもう少しやりたいですね」とまた置いて行ってしまいました。


DSC_3269
続きましてリヤホイールのチューニング。



DSC_3268
レッドパーツをチョイスしたのは、たった一つのセーフティーロックのアナダイズドカラーに合わせて。


DSC_3270
リヤスポークニップルをレッドに組み替えました。



DSC_3277
カプレオ互換135mm スーパーライトハブ 19.800円(税別)
カラーアクセントの意味で組み替えたんですが、これ走りが全然違ってきますよ。


DSC_3281
フロントは、キネプロ X の高性能シールドベアリングハブが装着されていますが、リヤは、Shimano 純正カプレオです。カップ&コーンのこのリヤハブ、一度シャフト回してみなさんな。100人に聞いても全員「これ捨てだな!」となること間違いなし!



DSC_6916
Shimano Capreo ハブは、ずっしりの398.5g。



DSC_6594
これに対してスーパーライトハブは、193.0g と半分以下。



DSC_3272




DSC_3265




DSC_3279
やっぱ X18 カッコいいですね! なんでtern は、こーゆーモデルをラインナップから外すかね?



DSC_3271

「N さ〜ん、完成しましたよー!」
カプレオスーパーライトハブも装着したし、取りに来られたら RECON Fe Capro 11速カセット見せちゃおっかな〜!

また置いて行っちゃうかも?



tern SURGE PRO にKitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

tern SURGE PRO に Kitt カーボンホイール付けてみた

DSC_3038
DSC_2989

昨日ご紹介した tern SURGE PRO。フレームサイズ520の方も組んでみました。上の写真が520で下が470です。でもって今夜の【橋輪Blog】は、キネプロホイールを Kitt カーバンバトンと入れ替えてみようと思います。

DSC_9345
Kitt Custom Carbon Tri-Spoke  Wheel



DSC_3646
Tern X Kitt design SMI 368 3K カーボンフォーク



DSC_3049



DSC_3049 - コピー
ロゴを黄色に画像加工してみました。


DSC_3050




DSC_3051



DSC_3045



ホワイト / ブラックもやってみた

DSC_3054



DSC_3056



DSC_3057



DSC_3052 - コピー

Kitt カーボンホイール / フォーク絶賛発売中!



【おまけ】Kitt カーボンホイール付けてみたシリーズ

DSC_1114
Verge X10 に Kitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

DSC_1122
Verge N8 に Kitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

DSC_1128
Link N8 に Kitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

DSC_1136
DAHON Mu SLX に Kitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

DSC_1145
DAHON Helios に Kitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】

記事検索
  • ライブドアブログ