tern

DAHON が好きだけどフォークは、tern が好き!【橋輪Blog】

DAHON が好きだけどフォークは、tern が好き!

DSC_2327
DAHON SPEED Falco

DSC_2330
DSC_2328
DSC_2329


DSC_6351
DAHON ANNIVERSARY LIMITED EDITION 001

DSC_6343
DSC_5656
DSC_5655

SさんのDAHON コレクション SPEED Falco 並びに ANNIVERSARY LIMITED EDITION 001。どちらも tern のハイドロフォーミングアルミエアロブレードフォーク & Syntace VRO ハンドルポストを RIDEA のヘッドセットで装着。剛性感ではなく”ごつい”感じが好きなんだって。今回も例にもれずやちゃいます。それでは今夜はノーコメントで!

DSC_7436
Painted by DESIGN BOX IMOTO



DSC_7479




DSC_7455




DSC_7445




DSC_7439




DSC_7453




DSC_7447




DSC_7440




DSC_7441




DSC_7480




DSC_7481





DSC_7454




DSC_7472




DSC_3926
DSC_7437

そうとう雰囲気変わりましたよね。同色にペイントしてさり気無くがいいね!

Sさん、早く取りに来ないとお正月乗れませんよ



【お正月休みのお知らせ】
年末は12月29日まで、新年は1月7日より営業致します



tern Verge X11 に搭載される SRAM コンポーネントを覗き見る(その2)【橋輪Blog】

tern Verge X11 に搭載される SRAM コンポーネントを覗き見る(その2)

DSC_7518

昨日の妙な形のチェーンリングギヤ X-SYNC テクノロジーに引き続きリヤメカを覗いてみよう。SRAM マウンテンコンポと聞いてリヤディレーラーのテンションスプリングの硬さからヤホイールの着脱が困難だろなと想像する方も多いと思われる。しかもディスクブレーキだし。先ずはその辺のギミックから。

DSC_7516
流石は、SRAMマウンテンコンポ、DH でもチェーン落ちが無いようビンビンに張ってますな。



DSC_7537
この鍵のマークのボタンに注目。



DSC_7529
今テンションプーリーは、思いっきり後にのけぞってますね。



DSC_7530
これをテンションが解放される方向に押します。



DSC_7531
まだまだ、



DSC_7532
もうちょっと、



DSC_7533
はい、ここで鍵のボタンを押します。



DSC_7534
はいこれが、CAGE LOCK ってギミックです。



DSC_7509
リヤディレーラーハンガーへの取り付け部分にはテンションスプリングがありませんから完全にフリーです。これによりリヤホイールの着脱は、シマノより容易です。


DSC_7511
DSC_7512
DSC_7513
完全にフリーですからご覧の通りふらふらです。



DSC_7535
ロックの解除は、更に前方に押してあげるとパチンとロックが自動的に外れ、



DSC_7510
はい元通り。凄いでしょ!



DSC_7429
リヤホイールが簡単に外れました。



DSC_7430
さてこのカセットスプロケどうやって外すのかな?



DSC_7486
ロックリングが無いが、内側に爪がありますね。



DSC_7487
シマノのロックリング回しがピッタリ合っちゃた。でも緩んでからも暫くレンチで回さないと出て来ません。




DSC_7469
ようやくカセットが外れました。数えていませんが、おそらく10-12-14-16-18-21-24-28-32-36-42T です。シマノのメガレンジのように最後のローが取分け大きくなってます。



DSC_7467
これがSRAM の言う「FULL PIN」で123本のステンレスピンでローギヤから順番で繋がっています。これならマディーなコースでも泥つまりはないね。



DSC_7375
「品番には、SRAM XG 1175 とあるがカタログスペックには、1150」と書いたが、輸入元のダートフリークでは、ラインナップしていない商品。11 は、11速を示しその後の二桁がパーツのグレードなのでカタログスペックより上のグレードであるようだ。(1150で税別22.000円)


DSC_7463
材質はクロモリなのでこんな形でも325.5g と軽くはない。



DSC_7464
裏側を見る。



DSC_7465
ロックリング(このタイプをロックチューブと言うらしい)は、カセットに仕込まれていて外せない構造。



DSC_7466
このギザギザの付いたカラーが回るのだ。



DSC_7461
フリーを見る。ローギヤしか掛からない構造。最も、ローギヤにその他のギヤ繋がっているんだからそうだよな。ここで分かった! 何でレンチでずーっと回さないと出てこないのか。圧入されてたんだね。ロックチューブは、セルフリテーリングツールも兼ねていたってことか。


DSC_7470
取付けもローギヤがちょっと掛かる所まで入って、それからレンチで締めこんで行くと圧入されるって構造。これならガタが出ないな。凄いぞSRAM!


DSC_7540
リヤディレーラー:SRAM X1。こちらもダートフリークでのラインナップにはない製品だが、XO1 とGX の中間グレード。もう一つ、ケージ取付部に注目。


DSC_7539
ROLLER BEARING CLUTH とある。ローラーベアリングクラッチと聞くと無段階のワンウェークラッチを想像するがここでそんな機構は必要ない。分解図がどこにもないので、解りかねるが、チェーン暴れに対するフリクションダンパー的な機構であろうと想像する。



最後にX-HORIZE

DSC_7516
DSC_7517
DSC_7518
スプロケットの傾斜に沿って動くのではなく完全に水平方向に動く。変速してもROLLER BEARING CLUTH 部分に位置は変わらずケージが巧みに動き、どのギヤでもガイドプーリーとの距離が変わらないってギミック。



DSC_7523

もうこれいらないね!




明日、火曜日は定休日となります。それでは明後日の【橋輪Blog】の予告を




何処が変わったのか解るかな?

DSC_7457

【お正月休みのお知らせ】
年末は12月29日まで、新年は1月7日より営業致します



tern Verge X11 に搭載される SRAM コンポーネントを覗き見る【橋輪Blog】

tern Verge X11 に搭載される SRAM コンポーネントを覗き見る

DSC_7488

tern Verge X11 に搭載される SRAM コンポーネントを覗き見てみよう。初めて触れる SRAM 1×(ワンバイ)ドライブトレーンテクノロジー。フロントをシングルとし、失われたレンジをウルトラワイドなカセットスプロケでカバーするシステムだ。このVerge X11 には、11 Speed のコンポーネントが搭載されているが、SRAM は、遂に12 Speed を発売。フロントシングルでは、当然 フロントディレーラーが存在しないが、それでチェーン落ちはしないのだろうか? 今夜は、SRAM force 1 カーボンクランクセットのチェーンリングの謎をのぞき見る。

DSC_7490
SRAM Force 1 カーボン 52T(X-SYNC) 43.000円税別(ダートフリーク扱い時の金額)



DSC_7496
チェーンリングに掛かったチェーンが殆ど横方向に動かない。どんな秘密があるんだろう?


(画像クリックで拡大)
DSC_7492
歯の形状に注目して頂きたい。


(画像クリックで拡大)
DSC_7498
歯の形を良く観察するとプラスドライバーとマイナスドライバーの先のような形が交互に並んでいる。



DSC_7497
試に一コマずらしてみると全く噛み合わない。



DSC_7502
チェーンリングを真上から見た写真。実はこの形、チェーンの形なのです。


sram_1x_technology_updates_x_sync[1]
写真では非常に分かりづらいので、イラストをお借りしました。

一番上がチェーンです。アウターリンクとインナーリンクが交互に並んでいますよね。勿論アウターリンクとインナーリンクでは幅が違うのが解ります。でも良く見てみるとアウターリンクの内側にもインナーリンクが入り込んでいますよね。その十字形に抜けた白い穴が + になるんです。一番下がその + - の歯を持ったチェーンリングです。そして真中が合体の図。これなら外れないわな。
SRAM 凄い!



DSC_7489

明日は、後ろの方も覗いてみますかね!




【お正月休みのお知らせ】
年末は12月29日まで、新年は1月7日より営業致します

2017 tern フラッグシップモデル Verge X11 【橋輪Blog】

2017 tern フラッグシップモデル Verge X11

DSC_7317
DSC_7433
VERGE(ヴァージ)[X11]

2017 tern 
Verge X11       299.160円
(税込)
橋輪プライス     269.200円(税込)   
11 Speed  10.2kg(ペダルは付属しません)


NEW Verge シリーズの最後を飾るのは、実質2017 tern のフラッグシップと言っても過言ではない X11。SRAM MTB スーパーウルトラワイドレシオのコンポーネントを1×(ワンバイ)テクノロジーで搭載したその最高峰をご紹介しよう。

DSC_7324
DSC_7400
マットブラック / ブラック(ブライトブルー)



DSC_7317
DSC_7318
クローム / ブラック(ブライトブルー)



DSC_7326
軽量451ホイールは、P10 に標準装備される Kinetix Pro Disc のアップグレード版 Kinetix Pro ”X” Disc。



DSC_7344
アナダイズドカラーの Kinetix ハブにストレートプルで組まれたブレードスポーク。



DSC_7343
タイヤは、SCHWALBE DURANO 20×1 1/8(28-451)



DSC_7327
フレームと同じハイドロフォーミング製法で作られる高剛性のアルミエアロブレードフォーク。エンド幅は、100mm。


DSC_7351
油圧ディスクキャリパーは、Shimano BR-M615 DEORE。
ディスクローターは、Shimano SM-RT56 160mm。


DSC_7372
リヤにも同じパッケージを搭載。リヤエンド幅は135mm。



DSC_7331
クランクセット:SRAM Force 1 カーボン 52T(X-SYNC)



DSC_7365
tern オリジナルのチェーンデバイス。



DSC_7354
BB:SRAM GXP



DSC_7382
リヤディレーラー:SRAM X1  11 Speed



DSC_7392
10-42T のSRAM スーパーウルトラワイドレシオカセット。反対側にある160mm 径のディスクローターが見えない。


DSC_7375
品番には、SRAM XG 1175 とあるがスペックには、1150。



DSC_7364
ハンドルポストは、P10 と同じ290mm を装着。



DSC_7397
Syntace VRO ステムは、オプションのブルーではなく X11 専用ブライトブルー。



DSC_7394
シフター:SRAM GX 11 Speed



DSC_7335
シフターボディー上面のブライトブルーのラインは、tern がX11 の為にSRAM に作らせたのだろうか?



DSC_7336
ハイドロリックブレーキレバーは、Shimano BL-M615 DEORE。



DSC_7393
グリップは、ERGON GS1。



DSC_7363
シートポストは、N8/D9用、P10用とグレードが上がりX11 では、ハイグレードモデルに装着されるSyntace Hardanadized を採用。


DSC_7362
サドルは、ERGON SMC 30 Pro。



DSC_7361
フレームヒンジ、ハンドルポストには、OCR ジョイントを採用。



DSC_7358
Folding Size  D38 x W80 x H74 cm



DSC_7319




DSC_7320




DSC_7322




DSC_7321




DSC_7323

NEW Verge シリーズ最高峰 X11 試乗できます!
※試乗には、身分証明書の提示を頂いております


明日は、このX11 に搭載されている全くゆかりの無いSRAM のマウンテンコンポを覗いてみようか



【お正月休みのお知らせ】
年末は12月29日まで、新年は1月7日より営業致します

2017 tern Verge P10 【橋輪Blog】

2017 tern Verge P10

DSC_7280
DSC_7288
VERGE(ヴァージ)[P10]

2017 tern 
Verge P10       143.640円
(税込)
橋輪プライス     129.200円(税込)   
10 Speed  11.7kg


NEW Verge シリーズの二日目は、Delux から Premium にアップグレードするハイドロリックディスクブレーキ仕様の Verge P10 をご紹介。

DSC_7286
DSC_7287
マットブラック / グレー(ブライトブルー)



DSC_7281
DSC_7282
マットシルバー / ブラック(レッド)



DSC_7407
DSC_7314
マットシルバー / ブラック(レッド)は、サドルとグリップに赤のアクセント。



DSC_7289
Kinetix Pro Disc の軽量451ホイール装備。



DSC_7292
タイヤは、SCHWALBE DURANO 20×1 1/8(28-451)



DSC_7291
フレームと同じハイドロフォーミング製法で作られる高剛性のアルミエアロブレードフォーク。エンド幅は、100mm。


DSC_7302
油圧ディスクキャリパーは、Shimano BR-M315(この辺、展示会でのプロトタイプからのスペック変更あり)



DSC_7307
センターロックタイプのディスクローターは、Shimano SM-RT10 160mm。



DSC_7305
リヤにも同じパッケージを搭載。



DSC_7306
リヤエンド幅は、135mm。



DSC_7294
ガード付きシングルのクランクは、FSA でチェーンリング53T。



DSC_7298
tern オリジナルのチェーンデバイス。



DSC_7303
BB はテーパースクエアータイプ。



DSC_7296
リヤディレーラーは、Shimano RD-M610 Deore。



DSC_7297
D9 よりウルトラワイドなカセットは、Sunrace 11-40T 10 Speed。



DSC_7293
ハンドルポストは、D9 より更に短い290mm を装着。



DSC_7404
フラットバーは、VRO ステムでセット。



DSC_7308
シフターは、Shimano SL-M610 DEORE 。



DSC_7309
マスターシリンダー、Shimano BL-M315。グリップは、Biologic。



DSC_7299
新採用のポーターサドルは、サドル前部の下側にパットを設け、肩に担ぐことが出来る。



DSC_7304
リヤエンドに装着されたキックスタンド。



DSC_7426
DSC_7427
D9 のものとは異なり長さの調節がワンタッチで出来るアジャスタブルタイプ。



DSC_7315
右のみ着脱式のペダルがペアーで付属。



DSC_7316
また、外したペダルをレール部に収納出来る。



DSC_7311
フレームヒンジ、ハンドルポストには、OCR ジョイントを採用。



DSC_7312
Folding Size  D38 x W80 x H74 cm



DSC_7300




DSC_7301




DSC_7328

NEW フレーム Verge P10 試乗できます!
※試乗には、身分証明書の提示を頂いております


X:Xtreme
S:Supreme
P:Premium
D:Deluxe
C:Complete
B:Basic


明日は、NEW Verge 最高峰 Xtreme 11 を

記事検索
  • ライブドアブログ