tern

”オッサン”最近見かけませんが?【橋輪Blog】

”オッサン”最近見かけませんが?

”オッサン”最近登場しませんが、ご病気でもされたのでしょうか・・・・? いえいえご心配なく、しっかり病気してますよ。しかも今年はブルーにはまってるようです。

DSC_6999
DSC_7000
DSC_7001
DSC_6998
tern Verge X11 のワイドレシオを楽しみたいと購入頂きました。しきりに「このブルーがいいね!」と言っておられました。



IMG_3638
KORE(コア)FUSE 供8.500円(税別)



IMG_3640
IMG_3641




DSC_7002
でもってこれ K3 ブルー/ブラック。


DSC_7004
タイヤは勿論ビックアップル。



DSC_7005
グリップ:ERGON GS-1  4.800円(税別)



DSC_7006
ペダル:wellgo M194  7.900円(税別)



DSC_7007
サドル:KORE FUSE 供8.500円(税別)



DSC_7008




DSC_7009




DSC_7012




DSC_7010
最近お気に入りのトリミングしないローアングル。



IMG_3672

”オッサン”本日納車であります。毎度ありがとうございます!

最後は、昨日完成した A さんのレッド/ブラックとのツーショット!

DSC_7035



DSC_7034




DSC_7036




DSC_7037


tern を積んで出かけよう ALFA ROMEO GIULIETTA + tern Link C8【橋輪Blog】

tern を積んで出かけよう ALFA ROMEO GIULIETTA + tern Link C8

DSC_6930


DSC_6915


DSC_6916

今回の「DAHON / tern を積んで出かけよう」は、初登場のアルファロメオ・ジュリエッタでござます。このシリーズ長くやってますが、イタ車が意外と少なく前回の FIAT を含めてまだ2台目であります。

DSC_6918
Y さんファミリーですが購入したのは奥様の方で、ダホン・ボードウォークとターン・リンク C8 を乗り比べ、安定感で C8 をチョイス。通勤に使うそうです。


DSC_6914
4ドアーで後ろストーんと落ちてますのでラゲッジスペースは狭そうですね。



DSC_6919
おおこれは以外!結構広いんですね。



DSC_6920
DSC_6921
DSC_6922
さあレクチャーした通りに畳んで頂きます。



DSC_6923
積み込みは、ご主人にお任せしましょう。入ったけどトップカバーが閉まりません。



DSC_6924
ああそれ外れんのね。



DSC_6925
余裕じゃないですか。



DSC_6926
リヤゲートもちゃんと閉まるし。



DSC_6927
トップカバーはここですね。



DSC_6928
意外とこの車5人乗り。後部真ん中のシートベルトで固定。



DSC_6931

今回もばっちり決まりました。ありがとうございます!


DSC_6929

ちょっと!車の撮影も上手くなったんでは・・・?

GIZA PRODUCTS オフセットブレーキシュー【橋輪Blog】

GIZA PRODUCTS オフセットブレーキシュー

IMG_2462
GIZA PRODUCTS オフセットブレーキシュー  2.600円(税別)
シルバー / ブラック

新製品 SR-CNC1 オフセットブレーキシューが入荷してきました。デザインも Good でブラック、シルバーあり。当然ながらブレーキパット付きです。しかも2.600円と格安!しかもオフセット量が10mm。これでロングリーチブレーキキャリパーが付いてくる DAHON / tern の完成車に Shimano 等ショートリーチブレーキキャリパーが取り付けられます。

IMG_2467
IMG_2466
IMG_2463
IMG_2465
カートリッジタイプなのでパットのみの交換が可能です。



IMG_2460
写真は、2018年モデルの tern SURGE PRO です。(2018 SURGE PRO SALEもあと僅か)フロント及びリヤにロングアーチタイプのブレーキキャリパーが装着されてきます。



IMG_2461
フロントは、カーボンフォークで大丈夫なのですが、リヤはロングアーチでないと届きません。



IMG_2455
ショートリーチの DURA-ACE キャリパーを取り付けてみましょう。



IMG_2456
問題無く取り付くように見えますが、



IMG_2457
シューを目いっぱい下げて取り付けてもタイヤに掛かってしまってますね。



IMG_2458
オフセットブレーキシューだと余裕ですね。なるたけ低い位置に合わせたいフルカーボンホイールにも有利です。


IMG_2459
取付ボルトの後ろとタイヤのクリアランスも大です。



IMG_0950
一番ナイスなのは、ここなんです。シュー取付部を良く見て下さいね!



IMG_0958
今まで散々使ってきたオフセットブレーキシュー。3.200円でパットは付属しない。



IMG_0959
問題は、この形状なんです。



IMG_0960
HED の17インチで検証してみましょう。何故か後ろに E.YAZAWA のファーストアルバムが?



IMG_0963
オフセット量は、7mm。全く問題なく使えるのですが、一つ落ちがありまして。



IMG_0961
例えば、この KOJAK 17×1 1/4(32-369)などの太めのタイヤを使う場合。



IMG_0962
パットが摩耗してくるとシューホルダーとタイヤが干渉し始め最悪の場合バーストします。



IMG_0950
この形状に注目!



IMG_0950 - コピー

その名の通り正にオフセット&オフセットブレーキシューであります。

分かってんなー! 


A さんのデルタなひと時(完成編)【橋輪Blog】

A さんのデルタなひと時(完成編)

例のインナーギヤで9速までしか変速しない件も解決しようやく完成に至ったみたいです。

3
お騒がせしておりましたが、ようやくTernDELTAが完成しましたので、レポートをお送りします。前回も触れましたが、Di2非対応のフレームにエレクトリックケーブルを通すのはホンマに大変でした。橋輪様にアドバイス頂きながら、慎重に作業を進めました。今回はジャンクションAの部分にEW−RS910を使用しました。

2
このシマノの図では右側になっていますが、右側はミラーを仕込みたいので左側に入れました。


4
外に出す穴が必要となり、ドロップハンドルの下の部分に恐る恐る穴を開けました。カーボンハンドルなので勇気が入りましたが、下ハンドルを持つ事は100パーセントないのでええわと思って開けました。

5
下ハンドルをもたないので、新型サテライトスイッチのSW−R9150をつけました。これでずっと上ハンドルで行けそうです(笑)


16
前回のレポートと重複しますが、シートポストの下のシートチューブにジャンクションB(SM−JC41)とワイヤレスユニット(EW−WU101)を押し込んでいます。WU−101はアニバーサリーをDi2化した時に、意識朦朧として間違って買ったものです。シマノの推奨通りRDの近くにつけようかとも思ったのですが、できるだけシンプルにしたいので、ジャンクションBとRDの間に入れました。シートチューブの中はゴチャゴチャで、断線したら大変なことになります(大汗)


6
シートポストは中華カーボンにデカールを貼り付けて、純正っぽく仕上げました。エアロ形状で、一番下に下げてもポジション的には苦しいところです(汗)


7
キャリパーブレーキは旧型のアルテグラです。この色がボク的には好きですね。


8
ハンドル下はアウターケーブルとDi2ケーブルでごちゃごちゃしてたのですが、元メカニックの連れがきれいにまとめてくれました。


9
私1人ではここまで綺麗には仕上げられなかったと思います。


13
BB裏の配線です。ケーブルを通す(何て言うパーツ?)ところに切れ込みを入れてDi2ケーブルをはさみました。


15
同じようにRD近くの所も引っ掛けると怖いので、ブレーキアジャスターを代用して押さえています。


10
最後にフロントフォークにチームロゴを貼って完成です。


11
橋輪様のブログのこの写真を何度も見ながら、ようやくたどり着けました。


12
ホンマにおっちょこちょいで、わからんうちに前に行くので、トラブります。いろいろとアドバイスをいただきまして、本当にありがとうございました。また夜が寂しくなりそうです(笑)


14
次の目標はこの通勤車。橋輪様にセットアップしてもろた2016HORIZEです。これのDi2化が目標です。乗っているマーチニスモにカラーリングが似ているんどえ、勝手にニスモのデカールを貼って「ニスモ製や」とウソをついています(⌒-⌒; )

A さん、お疲れ様でした。ぼくらでも手こずるのに良くここまで完成させましたね。完成重量は、8.6kg と完成車の8.9kg(どちらもペダルレス)から軽量化がなされています。後はシンクロモードの設定ですね。変速人生観変わりますので是非!

ところで一つ参考になったものが。

1
A さんずっと室内で作業してましたよね。通し柱にバイクハンガーが2個。てことは保管も室内ですよね。これぼくにとってとても良いヒントになったんですよ。


DSC_2960
ぼくの工作室(洋間)ですが、以前はこのように飛行機を逆立ちさせて保管していました。重たい部分が床に付いていますから凄く安定しているわけです。地震による転倒防止は、壁に取り付けた1個のフックからショックコードで尾輪を吊っています。ところがこの方法、燃料タンクに僅かに残ったガソリンが、逆さまになることでキャブレターに流出し、悪さをするようで飛行中にエンストを起こす事態がありました。しかたなく隣の和室を機体置場にしたのですが、これが平置きでは置ききれないし足の踏み場もありません。


IMG_2019
A さんのデルタハンガーを見て思いついたのがこの方法です。和室なので柱の周りの長押(”なげし”と言うらしい)に引っ掛けた太いショックコードでランディングギヤを支えます。これだと一枚の壁に4機は吊れますね。


IMG_2020
こんな感じです。上げ下ろしには機体に体を密着させ、もう一本手がいるほどのコツがいりますが何とかなります。我ながら良い考えだったとその日は床に就きましたが、夜中に疑問が。あれ(長押)って何のために付いているんだろう? よく絵画や表彰状などを飾っているのは見ますが、そのためなのだろうか? 調べてみると和室における引き戸上部のかもいの延長に付ける化粧材とありました。え〜、それじゃ強度も何もないじゃん!



IMG_2021

しかもA さんちは、木造在来工法のようですから通し柱にコーチボルトでバイクハンガーを取り付ければ強度的に問題はないんですが、良く考えてみたら橋輪は、LC 建築ですからこれ和室に見せるための本当の飾りでしかありません。ってことは、柱に見えてるのも薄い板でおそらく接着剤で壁のコンクリートに張り付けてあるだけ? 柱ごと剥がれるってことじゃん。知らないって恐ろしいですね。慌ててコンクリートスクリューを20本ほど打ち込みました。かなり危なかったです。


IMG_2018

お蔭様で工作室が広くなりました。


A さんのデルタなひと時(クランク編)【橋輪Blog】

A さんのデルタなひと時(クランク編)

今回は、クランク編のレポートが届きました。良好な回転を得られない様で苦労しているみたいです。

1
RIDEAのBBにはいろいろワッチャーが入っています。

説明書では何も装着しないように見えるのですが、ワッシャーみたいなんは入れた方がええのでしょうか?スペーサーはチェンラインの調整で入れるんやろうなと思うのですが、ワッシャーの意味がわかりません。3枚あって1枚は波打ち、2枚は真っ平らです。しょーもない質問でごめんなさい。

船長さんのフレームのBBのフェイスカット?かっこええですね。しびれます。ボクのデルタもしてほしいです(笑)


もしかしてプリロードアジャスターが付く前のROTOR?


4
ご指摘の通りプリロードアジャスターが付く前のROTORのようです。

フィキシングボルトを軽く締めてノンドライブサイドのクランクの調整ネジを締めるともう重くなって数回転しか回りません。規定トルクで締め付けたところ一回転もしません。こらあかんわ💦💦

またやらかしたかもしれません(大汗)RIDEAのBBの中の透明の筒のつけ方を間違っていたのかもしれません。向きを逆にしてNon−DriveSideの方からはめると規定トルクで締めてみても回り方が改善しました。BBの中の筒が悪さをしていたのかもしれません。インフォメーションディスプレーに充電しようとした私のことですから、なんでもありかもしれません😱


そのころの ROTOR クランクは、シマノと同じです。フィキシングボルト(真ん中の大きいの)は、規定トルクではなくレンチが止まったところから10分ほど締め込んで回転が良くガタが無いか確認したらピンチボルト(割を締める方)をきちんと締め付けて終了です。全くシマノのやり方と同じです。ちなみにBBのカラーに左右はないです。


お疲れのところ恐れ入ります(笑)もう一度きちんとやってみます。今日はハンドルバーをまいてみて、うまくいけばチェーンを装着して完成です。また報告します。やっぱりプロやから専門用語がすごいですね。ブログ読みながら、時々こっそりググってます^^;楽しいですわ。

かなり完成に近づいてきました。最後にまとめて写真を撮ってレポートしますが思わぬ難題にさしかかりました。チェーンを張ってRD FDと調整していって順調に進んでいたのですがインナーに入れるとご覧のようにチェーンがたるんでしまいトップまでいきません。

5

チェーンが長過ぎるのかと思いましたがアウター×ローもかなりキツキツで、ここでもrotorの洗礼かもしれません。rotorのクランクは53/38でスプロケは11-28なんでキャパの範囲内かと思ってたのですが。疲れてきたのでアルテグラのコンパクトドライブにしよかなとめげそうです💦


チェーン長すぎじゃないですかねマニュアル熟読して下さい。
ありがとうございます。やってみます。

マニュアルや解説サイトも熟読して最初からやり直しました。アウターは全部完璧に変速してますがインナーに落とすと9速で止まってしまいます。チェーンがFDに当たるからそれを検知してそれ以上先に行かないようです。インナーも楕円リングにしたんですが楕円に合わせてFDの位置を決めてるんで難しいですね😰もう少し格闘してからSHIMANOのコンパクトドライブも検討します。

ちょっと待った!「チェーンがFDに当たるからそれを検知してそれ以上先に行かないようです」ってそんな高度な機能は備わってないです。それが出来るには、5年後に発売される DURA-ACE Di2 RS009 AI を待たなければなりません。初期設定でチェーンテンションが緩むギヤには変速しない様プログラムされているのです。ぼくも最初に悩んだところです。ですからフロントがインナーギヤにシフトされている場合リヤ変速は、1〜9速までしか動かないのです。E-TUBE カスタマイズで解除も出来ますが、する必要もないでしょう。マニュアルには、52-36T / 30-34T は解除出来ませんとありますが歯数を偽れば可能。ただその後シンクロシフト設定の際、自分で割り算してシフトマップを作成しなければならないが。

自分で作るシフトマップ ⇒ こちら

マニュアル熟読してね〜ネ!P147に書いてあります!


記事検索
Archives
  • ライブドアブログ