KIMORI

KIMORI COLOSSUS HR 5号機(その16)【橋輪Blog】

シフトケーブルの取付け

昨日のブレーキに引き続きシフトケーブルの取付けです。おっとその前に!

DSC_2118
フロントブレーキシューの左右を入れ替えるのを忘れてました。



DSC_2119
リヤ用をフロントに使ったのですからこちらが正解です。



DSC_2103
RUDEA チェーンリングボルト 1.930円(税別)価格変動あり



IMG_2305
RIDEA のチェーンリングボルト左のFSA との違いが分かりますか?



IMG_2306
ナット側にギザギザが付いてるので共回りしないんですよ。



DSC_2104
いい感じです。



DSC_2106
リヤディレーラーを取り付けて。



DSC_2108
そうそう、これがキモリ特許のモーションレスエンドです。クイックレバー締め忘れても走れちゃいますからね!



DSC_2116
チェーンを付ける前にリヤディレーラーのハイローアジャストを決めちゃいましょう。



DSC_2113
ガイドプーリーの刃先が見えますからシマノのディーラーマニュアルのイラストの様に調整出来ますよ。



DSC_2115
ロー側もね。



DSC_2121
ブレーキケーブルもSTI レバー付属のものを使いましたからシフトもね。チェーンステーからリヤディレーラーは、出来合いでピッタリ。


DSC_2122
BB シェル裏側もやっておきましょう。



DSC_2123
フレームナンバーは、5号機の HR-5 です。



DSC_2125
ワイヤーガイドを取り付けましたが、



DSC_2124
フルアウターで直接持ってこられるのも新型アルテグラの特徴です。



DSC_2126
リヤディレーラーのアウターです。リヤアームのスイングの分余裕を持たせています。



DSC_2128
そこから一端露出で、今度はSTI へ、



DSC_2129

あらららら、届きません。ブレーキケーブルと同じ質感で行きたいのでシマノに注文です。バーテープも取り寄せなので作業ストップであります。

今夜はここまで、




KIMORI COLOSSUS HR 5号機(その15)【橋輪Blog】

ブレーキの取付

いよいよコクピット周りの組付けです。今日はブレーキの組付けを

DSC_2072
ドロップバーは、ステムを抜いたほうが通しやすいです。



DSC_2079
デュアルコントロールレバーのセット。



DSC_2082
こちら持込の補助レバー。ちょっと派手ですがBBの赤に合わせてってことで。



DSC_2083
この位置だと親指でも握れます。



DSC_2085
アウターの長さを決めます。ちょっと待ってこのレバー?



DSC_2087
上下が逆でした。これ正解なのね。



DSC_2089
カットした端面はグラインダーで平らに処理。



DSC_2091
この状態でバーテープを巻いてしまうと非常にタッチの悪いブレーキになってしまいます。



DSC_2092
バーの凹みにペコンと入るぐらいに長さをギチギチに合わせましょう。



DSC_2093
こんな感じ。



DSC_2075
フロントですがリヤ用キャリパーです。



DSC_2078
こちらもリヤ。



DSC_2094
この綺麗なアウターの交差を心がけましょう。



DSC_2100
KOJAC は太いのでブレーキリリースと併用して、



DSC_2099
アジャスターも使って、



DSC_2097
リリース。

今夜はここまで、

KIMORI COLOSSUS HR 5号機(その14)【橋輪Blog】

ROTOR Q-RINGS ポジションの設定

ROTOR によるポジションの設定方法は、700C フルサイズフレームを基本として説明しているが、BB上がりの小径車には当てはまらない。超アナログではあるが正確なポジションを見極めてみよう。

DSC_2071
700Cフルサイズであれば、上側チェーンラインとクランクセンターからのラインがほぼチェーンリングの真上となる。


IMG_2292
今、ポジションが7。(ナンバリングは5までしかない)



DSC_2052
アナログではあるが正確に測定してみよう。



DSC_2034
Q-RINGS の頂点を探す。



DSC_2053
そこからクランク中心へと線を描く。



DSC_2055
赤い紐をチェーンが通るであろうラインに張る。



DSC_2054
カセットのセンターである6速に掛ける。



DSC_2056
これらが直角に交わる箇所を探す。



DSC_2057
差し金を使って正確な直角を出す。



DSC_2058
車体を地面に置きクランクの角度を見る。4時ぐらいであろう。ちょっと低すぎるのでは?更に掘り下げると納得がいく。



DSC_2064
DSC_2063
今、中間の6速だ。



DSC_2065
今度はトップに変速。



DSC_2066
クランクアームが3時30分に上がったのが分かるだろうか。



DSC_2067
今度はローにシフト。



DSC_2068
今度は下がった。



DSC_2069
分かりやすくするために仮想63T に掛けるとこれだけ下がる。



DSC_2066
DSC_2063
DSC_2068
DSC_2069

連続写真にすると一目瞭然だ。これでロー側に趣を変えるかハイ側かを決める。


IMG_2293

今回はポジション 7 で決定!


KIMORI COLOSSUS HR 5号機(その13)【橋輪Blog】

オーバルチェーンリング取付

可動域の広い KIMORI のフロントディレーラーブラケットだが56T しかもオーバルチェーンリングが装着できるのか? ROTOR のウェブサイトによるとQ-RINGS 53T の仮想歯数は、最少50.4T で最大が55.6T とある。これを公式に当てはめて56T が最大何T になるか計算してみる。

53:55.6=56:X

55.6×56=3113.6 3113.6÷53=58.747 と約59T にも膨らむ訳だ。

DSC_2019
取り寄せたインナーギヤは、44T。



DSC_2020
これ一度クランク抜かないと付けられないと思うでしょう。



DSC_2021
ちょっと無理そうに見えますが、



DSC_2022
クランクアームを真下に向けて、通します。



DSC_2023
5時7時方向の裏を通して、次に2時。



DSC_2024
そこから10時を通せば、



DSC_2025
知恵の輪ですが抜けるんですね〜。



DSC_2026
ポジションは、青いテープで記します。



DSC_2027
3本のチェーンリングボルトで借り止め。



DSC_2034
一番高い山は、Q56(44)11s の文字の右)の上の歯ですね。



DSC_2028
先ずはフロントディレーラー取付ボルトを一番上に。



DSC_2029
ケージは、チェーンリングのアールに添っていますが歯の位置が高すぎますね。



DSC_2033
仕方なくケージの後端から持ち上げるべくアジャスターを回します。



DSC_2031
ケージの傾きは、理想より離れますがシマノだから大丈夫でしょう。



DSC_2038
歯とケージの間隔は、ご覧のとおりピッタリきました。



DSC_2041
この位置で固定なのですがボールポイントレンチでなければ回せません。



DSC_2043
ここでキモリスペシャルツールの出番!と言っても六角レンチの先端を切断しただけですが。



DSC_2047
これで確実にロック。



DSC_2052
I さん、Q-RINGS 56T 行けそうです。それとチェーンリングボルト何使うか連絡下さい。



IMG_2292

今回、仮組のため仮想のポジション7としましたが、このポジション出しの方法をもう少し煮詰めてみましょうか。

明日につづく、

KIMORI COLOSSUS HR 5号機(その12)【橋輪Blog】

Shimano R8000 シリーズ ULTEGRA が入荷!


DSC_2001

Shimano R8000 シリーズ ULTEGRA が入荷してきました。何回も言いますが、KIMORI はリヤブレーキキャリパーを2個ですからね。

DSC_2007
デュアルコントロールレバー:ST-R8000  32.989円(以下税別)



DSC_2004
フロントディレーラー:FD-R8000-F  4.902円




DSC_2003
リヤディレーラー:RD-R8000-SS  8.617円



DSC_2002
リヤブレーキキャリパー:BR-R8000  6.799円×2ヶ



DSC_2010
チェーン:CN-HG701 116L 11S クイックリンク 3.372円



DSC_2005
新型アルテグラのフロントディレーラーは、ケーブル張り調整が出来るのがいいですね。



DSC_2006
それとこのガイド。アウター直接も装着可能だし変なインナーケーブルルーティングでもこのガイドが助けてくれます。


DSC_2008
ハンドルバー:NITTO M106 NAS Φ26.0 380mm  9.200円


 
DSC_2009
そしてこちらが持ち込まれた楕円チェーンリングROTOR の55 / 56T。



DSC_2011
後の電動変速機Di2 搭載を踏まえてオプションオーダーしたDi2 FD ブラケット。



DSC_2013
メッキフロントディレーラーブラケットは良いですよ。塗装だと一発で決めなければ傷が付きますもんね。



DSC_2014
DSC_2015
上下にこれだけ可動域がある KIMORI のフロントディレーラーブラケット。



DSC_2016
DSC_2017
チェーンリングのアールに添わせる回転域もこんなに。



DSC_2018

さて、これほどの可動域がある KIMORI のフロントディレーラーブラケットだが第一希望である56T しかもオーバルチェーンリングが装着できるのか?

明日につづく、


記事検索
  • ライブドアブログ