KIMORI

”オッサン”のガレージセール KIMORI COLOSSUS 【橋輪Blog】

”オッサン”のガレージセール KIMORI COLOSSUS

DSC_8515

昨年の5月に460.000円(税別)で売り出したキモリ・コロッサスの新古車を”オッサン”が売却したものです。フレームサイズは、M の500mm。あれから”オッサン”少し手を加えています。いやいや”オッサン”あれやこれやと売りに出し、終いにはキモリまで売りに出すとは。自転車買過ぎてお金無くなってしまったんですかね?

変更点

DSC_3753
サドルが、Joseph Kuosac(ジョゼフ・クゼ)ROAD 1.0Mから、

DSC_8518
TIOGA スパイダー 14.040円(税込)に変更。



DSC_3767
タイヤもContinental GRAND PRIX 28-406から

DSC_8519
Panaracer Minits Lite 20×1.25(32-406)5.530円×2(税込)に。



DSC_8520
ペダルレスでしたので、Wellgo R277 8.530円(税込)を取り付けてます。



DSC_8522
DSC_8525
DSC_8526
このコロッサス塗装がマジ凝ってるんです。ロゴは全てステッカーではなくマスキングによる塗装です。ロゴの縁取りは、ラメで七色に変化します。Painted by DESIGN BOX IMOTO

キズ等は、こちらで確認願います ↴ 
KIMORI COLOSSUS 新古車売ります!2



DSC_8521

”オッサン”がちょいとグレードアップして消費税分乗ったことになります。

KIMORI COLOSSUS 

460.000円でお願いします!
※”オッサン”の個人売買なので消費税は掛かりません
※クレジットカード決済、ローン(JACCS)ご相談


※19日(日曜日)誠に勝手ながら早じまいします。営業時間午後4時まで。

船長のKIMORI COLOSSUS HR 完成編 【橋輪Blog】

船長のKIMORI COLOSSUS HR 完成編

DSC_8003

完成編を含めて18回に及んだ「船長のKIMORI COLOSSUS HR」が、いよいよ完成。GOKISO チタンスーパークライマーハブにShimano DURA-ACE Di2 と最高級パーツを盛り込んだその総額は、橋輪史上飛びぬけた最高額の200万円を優に超えた。それでは今夜はノーコメントで!

DSC_8004




DSC_8005




DSC_8006




DSC_8007




DSC_8024




DSC_8010




DSC_8008




DSC_8021




DSC_8022




DSC_8013




DSC_8009




DSC_8026




DSC_8014




DSC_8025




DSC_8023




DSC_8027




DSC_8028




DSC_8012




DSC_8017




DSC_8011




DSC_8018




DSC_8020




DSC_8016




DSC_8019




DSC_8031




DSC_8030

船長の短い休暇も余す所あと1週間。

船長〜、明日試運転して発送しま〜ス!


船長通信

DSC_0510
DSC_0511
DSC_0512
少し寒かったですが、1/26日、天気も良く、海は青く空はとてもブルーで綺麗でした。




船長のKIMORI COLOSSUS HR 17 【橋輪Blog】

船長のKIMORI COLOSSUS HR 17

DSC_7930

オフセットBB への改造のためにGOKISO と木森さんにお願いしていた船長のHRが帰ってきました。さて、問題のチェーンラインは如何に?

DSC_7931
木森さん、オイルシールも新型に変えてくれたようです。



DSC_7933
さてBBはどうなってるかな?



DSC_7935
スペーサーが左に入ってる。これで軸長の違いから発生した3mm ギャップがキャンセルされた。



DSC_7940
いや〜、シャフトをそのまま回してもスムースな回転。



DSC_7936
よ〜し組付けよう。



DSC_7942
組込み完了。



DSC_7943
心配していたチェーンライン良くなってます。ローにシフトしても落ちる気配はありません。ですが11速ハブの分プロトHR よりまだ1.85mm まだ条件は厳しいです。


保険を掛ける

DSC_7944
tern チェーンフォールプロテクターrivet 純正品 3.000円(税別)
アルミ、クロモリに対応できるようスペーサーが付属しますが、


DSC_7949
キモリのダウンチューブには合いません。



DSC_7950
この部分でピッタリ。



DSC_7945
シマノのバンドタイプフロントディレーラーに付属してくる樹脂のスペーサー。



DSC_7951
これが丁度いいかな。



DSC_7946
本来この向きで使うようですが、



DSC_7947
ひっくり返して、



DSC_7948
ガイドを反対向きに、



DSC_7952
距離、角度、全て3次元方向にアジャスト出来調子良いです。



DSC_7953
ローで若干触るくらいにセット。これで安心せすね!



DSC_7954
Shimano DURA ペダル PD-9000 23.240円(税別)
KCNC ボトルケージクランプ 4.400円(税別)
CONTROLTECH ボトルケージ COMP BC 11.600円(税別)

後は、これらを取り付ければ完成か




船長通信

DSC_0505 - コピー
反時計回りで尾道から、さざなみ海道の岸線を、呉市仁方から安芸灘大橋へ、とびしま海道南側のルートで今治市岡村島からフェリーで今治港、今治のHOTELで一泊し、しまなみ海道を北上ルートで走って来ました。...チョット寒かったですが、綺麗な島々の景色や町並みを見ながら走るのは、とても気持ちいいですね!。

DSC_0503 - コピー
...初日、サイクルコンピューターGARMIN EGDE 1000Jのバックライトを上げ過ぎてバッテリーが約5時間程しか持たず、とびしま海道の大崎下島で約100kmを走った所でブラックアウト、(途中警告で充電して下さい。の表示有り)突然バッテリーが無くなり、その日の走行距離も確認できませんでした。

...途中で大崎下島の山清さんで、美味しそな”みきゃん”色々と、二日目、大三島のリモーネでアイス他を、...また皆さんで!。

DSC_0502 - コピー
...とびしま海道、中ノ島と岡村島に架かる岡村大橋、チョット以前から気になってたのですが、愛媛県と広島県の県境、今治市と呉市ですが、橋中央のセンターライン広島県側はラインが新しく引いて有りますが、今治市側は?、道路管理が橋の中央で?。...面白いですね!。

DSC_0506 - コピー
...しまなみ海道へお越しの際はぜひ、大島南側、亀老山(307.8m)山頂へ(平均勾配約8%〜12%)ヒルクライム3km、来島海峡大橋が見える絶景スポット、亀老山展望公園から見る景色は360°しまなみが見渡せます。...天気も良く澄んだ日の夕暮れ時の夕日は、サイコーの景色や、その日のクライマックスは感動でお勧めですね!。...2017年の休暇で昇るのは初めですが、少し残念なのが、(南京錠が?...無い。..w)もしかして施設管理者に撤去されたの?。

..そんな感じで楽しくサイクリングして来ました。...次は、何所へ行こうか?。


んで、届きました!

DSC_7846
DSC_7845
DSC_7847
このシャーベット最中絶妙であります。



DSC_7844
これも

ごちそう様です。

明日は、完成編を




2017年 KIMORI COLOSSUS に革命が起る!かも?【橋輪Blog】

2017年 KIMORI COLOSSUS に革命が起る!かも?

納めて間もない”オッサン”の KIMORI COLOSSUS HR に、フロントサスペンションからのオイル漏れが発生。特殊工具を使うこのユニットのオーバーホールは、木森さんにしか出来ないので依頼しました。近い将来オーバーホールキットを作成して頂き、橋輪でも作業が出来るようにしたいものです。

木森先生の「コロッサスのダンパーユニットを分解する」【橋輪Blog】

DSC_7553
オイルシールリペアが完了したユニット。下は交換部品。



DSC_7554
違うタイプのオイルシール(右)に交換したためアルミ製のケージ(左)もシールに合わせ製作したようです。



DSC_7557
この様にセットで組むそうです。



DSC_7560
分解せずに上から見えるものはオイルシールではなくダストシールなのでオイル漏れには関係しません。



DSC_7563
さて組み付けて行きます。



DSC_7564
ヘットパーツのロワーベアリングの役割を果たすピロボールは給油しません。洗浄のみです。



DSC_7566
DSC_7567
DSC_7568
DSC_7569
DSC_7570
DSC_7571
DSC_7572
DSC_7573
最後にKIMORI ステッカーを貼り直して完成です。”オッサン”これでお正月走れますね。



DSC_7551
すると橋輪前にクラシカルなベンツが横付!



DSC_7550
1960年 メルセデスベンツ 190 SL です。



DSC_7552
ボディーカラーと同色に塗られたインストルメントパネル、ホワイトのステアリングホイールにメッキのホーンリングが良い時代の雰囲気を醸し出していますね。


DSC_7548
降り立ったのは、KIMORI COLOSSUS HR の2号機を所有する先生であります。


先生のコロッサス HR は、HED JET 17 と写真の GOKISO ハブで組んだ VELOCITY ホイールを組み替えながら楽しんでいます。今日は、VELOCITYリムをフルカーボンリムに組み替えて欲しいとの依頼で来店されました。リヤは、カーボンリムとのホール数が合いませんのでGOKISO にハブを発注です。

「それではお預かり致します」 ちょっと待って下さい先生、ホイールの組み替えはいいんですが、フロントサスペンションユニットからオイル漏れしてますね。これも修理しておきます。

”オッサン”のHR3号機に続き先生のHR2号機もオイル漏れってことは、今GOKISO に行っている船長のHR1号機もヤバイってことかな? これオイルシールのロッドに問題有か?



今世紀最大の発見!

お預かりした先生のHR2号機をマジマジと見たら、何と凄いチューニングが施されてるではないですか!これは今世紀最大の発見であり、キモリがモールトンより劣る唯一の弱点を克服出来た証しと言えよう。先生!これは凄い!

今の段階では公表は出来ませんが、年明け早々にでも木森さんとテストしてみたいと思います。アレックスモールトンを超える日が来るかも?




そして先生、車を乗り換えて再来店

DSC_7482
ROLLS-ROYCE SPORT PHANTOM 1925
「この車にも同じチューニングしてるんですよ」と先生。


DSC_7483
そしてドライブに誘って頂きました。



DSC_7484
行って来ま〜す!


1925年のクラシックカーの割に意外と乗り心地はグットでしたね。この車の魅力はやはりエンジンですかね、助手席に座っていても巨大なトルク感を覚えます。V 型2気筒の大排気量ハーレーダビットソンの様な1気筒づつの爆発をバックレストに感じる加速感です。これは心地良いですね。そうそう、4速のトップギヤに入れたまま、歩くようなスピードの時速7km/h からノッキングもせずに140km/h まで加速するそうです。貴重な体験をさせて頂きました。

KIMORI に凄い新年が訪れますように

それでは皆様、良いお年をお迎えください



KIMORI COLOSSUS HR



【お正月休みのお知らせ】
年末は12月29日まで、新年は1月7日より営業致します





船長のKIMORI COLOSSUS HR 16 【橋輪Blog】

船長のKIMORI COLOSSUS HR 16

DSC_6798

今、船長の HR-1 は、ロー側で非常にチェーンラインがきつい状態です。さて、位置が変わらなくともチェーンリングを大きくして行くと何故チェーンラインが辛くなるのか? ですが小さなチェーンリングに付け替えて説明するのは大変なので、リヤ変速のトップとローを入れ替えてフロントギヤとチェーンの関係を見てみよう。トップの小ギヤに掛ければフロントギヤが大きくなった事となり、ローの大ギヤに掛ければ小さくなります。

DSC_6796 - コピー
ここに注目して欲しい。



DSC_6822
DSC_6823
シフトはローギヤー。チェーンリング小の仮定では、シートチューブの後ろ側から数えて2個目のチェーンローラーがギヤから浮いています。


DSC_6818
DSC_6819
次にトップにシフト。チェーンリング大の仮定では、4個目のローラーまで下がりました。



DSC_6802
極端に小さなフロントチェーンリングを付けて、カセットスプロケットと同じ大きさだとすれば、ほぼチェーンリングの真上となり、チェーンの斜め掛け部分とリヤセンター(クランク中心からリヤハブ中心の距離)が、ほぼ一致。(フルサイズ700C のフレームであればBB 下がりがあるため自然とこうなります)


DSC_6801
超大ギヤを付けたと想定すると、ここまでチェーンが噛むわけです。



DSC_6855
フロントギヤに掛かっているチェーンは曲げられませんから先ほどのローラーの浮いている部分からローギヤに向かって曲げが始まります。これだけ差が出るわけです。

ビックギヤ搭載のCOLOSSUS HR は、400mm のロングリヤアームを持ち、435mm とフルサイズフレームより30mm ほど長いリヤセンターでありながら実際の斜め掛けチェーン部分の長さは、380mm ほどしかないって事になります。これが小径車の性であり最も難しく、楽しい部分であります。「ああ、ロード屋さんには味わえないんだろうな」(苦)


DSC_6817

GOKISO BB の着脱には、GOKISO専用工具が必要です。木森さんにオフセットシェルに加工して貰うため、近藤機械製作所(GOKISO)に送ります。


記事検索
  • ライブドアブログ