KIMORI

KIMORI 磨きに最適なポリッシャー【橋輪Blog】

KIMORI 磨きに最適なポリッシャー

KIMORI COLOSSUS HR の前後足はメッキ仕様。これが最近ちょっとザラ付いてきたので磨いてあげることに。そしてまた楽器店で見つけてきたのがこれ。

IMG_3184
YAMAHA METAL POLISH SP2  840円(税別)
ニッケル仕上げに特化したポリッシャーです。

 
IMG_1864
YAMAHA SILVER POLISH SP2  770円(税別)
前回モールトンを磨いたのがこれで、銀製、銀メッキの黒ずみを取るのに最適です。


IMG_3168
IMG_3169
IMG_3170
IMG_3171
あっと言う間ビッカビカであります。



IMG_6818




IMG_6940




IMG_6942




IMG_6948




IMG_6949




IMG_6950




IMG_6947

小さな巨人 KIMORI COLOSUS HR

KIMORI COLOSUS HR





ロールス先生のスーパースピード(その12)【橋輪Blog】

クレストヨンドよりチタンコーティングが上がってきた

IMG_1079

クレストヨンドよりMOULTON SUPER SPEED と KIMORI COLOSSUS HR 2台分のチタンコーティングが上がってきた。先ずは、キモリから組み付けてしまいましょう。

IMG_1080
「チタンの鎧」を着せたパーツたち。見た目では分からないが、チェーンは相変わらずチェーンではなく鎖と化してサラサラだ。


IMG_1081
プーリーの組み付け。



IMG_1082
カセットスプロケ。



IMG_1085
リヤディレーラー及びチェーン。



IMG_1084
フロントディレーラー及びチェーンリング。



IMG_1086
Shimano E-tube でアップデートとカスタマイズでシンクロモードの設定を行った。



IMG_1106
RIXEN KAUL BOTTLE FIX    1.100円(税別)
MINOIURA BOTTOLE CAGE AB100 5.5    972円(税別)


IMG_0803
先生 MINOURA  の樹脂製のボトルケージを付けていたが、しっかりした物に交換してくれとのリクエストでホワイトで行くかレッドで行くか悩み中。


IMG_1104
IMG_1103
マスキングテープで仮止めしたのは、GOKISO ハブのアナダイズドレッドに合わせたレッド。



IMG_1101
IMG_1102
こちらHR カラーフレームにすごく近いホワイト。どちらも甲乙つけがたい。



IMG_1105
やっぱホワイトかな。「MINOURA」のロゴも「COLOSSUS」ロゴと同じシルバーだし。



IMG_1109
ホワイトのボトルケージ付けただけでフレームのイメージ変わったな。



IMG_1111

何かこれとても気に入ったな!たかがボトルケージだがフレームの一部のように見える。モールトンのフレームカラー同色リヤキャリアみたいな感じ。リクセンのステンバンドでシートチューブの「KIMORI」ロゴ隠れちゃったけど先生もともと SEVE 張ってあったからね。そうそう今ではフレームオーダー時のボトルケージ台座オプション出来るからね。

休み明けの水曜日は試運転かね





ロールス先生のスーパースピード(その6)【橋輪Blog】

KMORI COLOSSUS HR にもチタンコーティング

IMG_0803

ロールス先生「KIMORI にもチタンコーティング処理お願いします」と持ち込まれました。”チタンの鎧”大変お気に入りのようです。

KMORI COLOSSUS HR

IMG_0804
ドライブトレーンの分解に入ります。



IMG_0806
DURA クランクからチェーンリングのみ外します。



 IMG_0805
カセット、リヤディレーラー、チェーンを外しました。



IMG_0807
リヤディレーラーのプーリーは、マニュアルがあるから何もチェックせずに取り外し。



IMG_0812
KMORI COLOSSUS HR / MOULTON SUPER SPEED からドライブトレーンが外れました。



IMG_0813
しかしこれ両車同じ FC9000 DURA-ACE のクランク使ってますから分からなくなりそうです。



IMG_0814
モールトンは、黄色のトレイに黄色のインシュロック、キモリは、緑としました。

先生、2台分まとめて洗浄しチタンコーティング出しときます。すると先生「クレストヨンドのホームページ見たら洗浄しなくていいって書いてありますよ」 本当ですか? 調べてみると確かに「3.お持ちの駆動系パーツを分解し「パーツ」のみを「元払い発送」にて弊社宛にお送り下さい(脱脂洗浄の必要はございません)」とある。電話してみた。その回答はこうだ「ある程度汚れを大まかに落としてくれれば、後はこちらで脱脂まで全てやりますから大丈夫です」と言う回答だった。理解に苦しむが「脱脂洗浄」はこちらでやるが「脱脂」と「洗浄」は違うよって意味だろうか。前回のダブルパイロンの時は常識的に洗浄し、新品のチェーンはそのまま出しても良いとの確認をとり依頼した。やはりプロショップなら最低限洗って出せよ!と解釈するのが常識か?

明日は、部品の洗浄について、





帰ってきた KIMORI COLOSSUS HR 2号機(完成編)【橋輪Blog】

帰ってきた KIMORI COLOSSUS HR 2号機(完成編)

DSC_8939

ここで大きな間違いを発見! HR 2号機はロールス先生ので、”オッサン”のは3号機でした。この世に5台 HR を送り出したので勘違いしていました。改めまして KIMORI COLOSSUS HR 3号機のフルオーバーホール完了です!

DSC_8940
DSC_8941
DSC_8943
DSC_8942
DSC_8945
DSC_8946




DSC_8935

KIMORI COLOSSUS HR 3

フレームサイズ:500mm(M)
ホイール:HED JET 17
タイヤ:SCHWALBE KOJAC 17×1 1/4(32-369)
シフター:Shimano ULTEGRA Di2 ST-6870
フロントディレーラー:Shimano  ULTEGRA Di2 FD-6870
リヤディレーラー:Shimano ULTEGRA Di2 RD-6870
カセット:Shimano ULTEGRA CS-6800 11-25T
チェーン:Shiano CN-HG701-11
クランク:Shimano  ULTEGRA FC-9800(53-39T)
ボトムブラケット:Shimano ULTEGRA SM-BBR60
ブレーキキャリパー:Shimano ULTEGRA BR-6800
ハンドルバー:NITTO M106 NAS 380mm
シートポスト:NITTO S65
サドル:TIOGA Spyder Twintall 2

新車販売当時の価格は、1.246.000円でした。KIMORI COLOSSUS HR 3号機フルオーバーホール済中古車。
販売価格 700.000円(税別)


帰ってきた KIMORI COLOSSUS HR 2号機(その4)【橋輪Blog】

帰ってきた KIMORI COLOSSUS HR 2号機(その4)

昨日に引き続きましてフロントセクションの組立です。

IMG_5639
フロントフォークトップ部に DU ブッシュを圧入します。



IMG_5640
フォークインナーチューブを支持する三つのパーツです。



IMG_5641
三つのパーツを一体化するためのイモネジは緩めておきます。



IMG_5632
ロアーアームにピロボールをセット。



IMG_5642
ロアアームにショックユニットを仮止め。



IMG_5643
IMG_5645
IMG_5646
メインフレームにショックユニットを取り付け。



DSC_8867
DSC_8868
これで三つのパーツが一体化。



IMG_5647
ショックユニット下のボールジョイント(大)部締め付け。



IMG_5648
IMG_5649
フロントフォークをショックユニット下部に取り付け。



IMG_5654
DSC_8863
DSC_8864
DSC_8865
アッパーアーム2本の取付。



DSC_8869
DSC_8870
ボールジョイント(大)(小)ロックナットの締め付け。



DSC_8871
フロントセクションのアッセンブリーが完了。



DSC_8872
最後に電動専用フロントディレーラーブラケットを取り付ければフレームアッセンブリーが完了。



DSC_8874

いや今回の2号機もフレーム組立楽しかったです。この後コンポその他今日中に組んじゃいますから。

明日は、完成お披露目&価格発表編です!


記事検索
Archives
  • ライブドアブログ