社長室

最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修5!【橋輪Blog】

社長室より、あけましておめでとうございます

皆様、新年あけましておめでとうございます。お正月休みは如何お過ごされましたか。ぼくはラジコン三昧でした。お蔭でお酒に溺れない健康な正月を過ごせました。仕事始めの本日は、Blogネタが無いので社長室からお届けします。「え〜年明け早々、ラジコンネタかよ!」 ま〜そう言わずに自転車のお話もちょこっと出て来ますねで。

IMG_0229
さて新調したSAITO FG 60 R3(4ストローク3気筒60cc)の搭載は難儀であります。



IMG_0235
エンジンを防火壁より引っ込ませて取付なければなりませんので、市販のアルミアングルを使います。上側はこんな感じで。



IMG_0234
そして下側。ホームセンターで購入したものなので材質はA6063。薄物なのでグニャグニャですが、二組組み合わせるのと防火壁にピッタリ取り付けるので問題ないと予測します。


IMG_0238
寸法を撮って大きく穴を開けます。



IMG_0232
この便利な道具は、場所的に使用不可。



IMG_0239
鋸で大胆に行きましょう。でも一応緻密な計算はしてるつもりです。



IMG_0240
ドリルで穴を開けます。



IMG_0241
10mm で行きますかね。



IMG_0242
ひたすら鋸を引くわけです。



IMG_0243
四つ角にも穴開けて、



IMG_0244
そら頑張れ!



IMG_0246
じゃ〜ん!



IMG_0248
でか穴開きました。もう戻れませんよ!



IMG_0249
初めて見えました。しっぽまでの細かな細工。これやっぱ作った人大変だったろうな。



IMG_0252
穴に合わせてアルミアングルを切り出します。



IMG_0253
こんな感じで一対に。



IMG_0254
IMG_0256
これで一段下がったわけです。



IMG_0259
スタンドオフマウント(アルミカラー)を使ってこの様に取り付けますが、この位置合わせが大変です。カウリングのセンター位置にエンジンのクランクシャフトを持ってこなければなりません。2kg ほどあるエンジンを持ち上げながらの位置合わせは、腕が5本あっても無理でしょう。そこで考え出した技が、機体中吊り法であります。


IMG_0276
衣類ハンガーにぶら下げた図。



IMG_0274
アルミアングルは、外れないよう赤線で示した小さなタッピングビスで押さえておきます。



IMG_0277
そこにエンジンを乗せれば誰の手も借りず、ゆっくりと両腕を使って位置合わせが出来るってもの。頭良いでしょ!


IMG_0281
そしてカウリングを被せます。あら、ピックアップコイルが邪魔で奥まで被りませんね。



IMG_0292
それとニードル(右側に延びたピアノ線)の位置も合いません。ブルーのワッシャーで高さ調整しました。



IMG_0293
ギリぴったんこ。



IMG_0302
上から見たら一目瞭然であります。素晴らしい!



IMG_0304
短いノーズにギリ収まりました。この時点でアルミカラーの回りをマジックでぐるりとマーキング。



IMG_0333
マウント取付寸法を取ります。



IMG_0334
型紙の四つ角がマウントボルト位置です。



IMG_0336
これで搭載位置が決まりました。


IMG_0340
アルミアングルを取り付けます。



IMG_0345
防火壁の裏側に取付けるブラインドナットの位置を手鏡で確認。



IMG_0346
鉄片を当てがいネジ込めば取付完了。



IMG_0347
これで後ろ側から押さえなくとも締められるって訳。



IMG_0351
スロー調整用ドライバーが入るのがこの位置。



IMG_0352
上部に小さな穴を開けて置きます。



IMG_0338
これでエンジンの位置決めがようやく出来上がりました。

ナイスなアイデアだったでしょう

この情報は役に立ちましたか? はい! いいえ!




IMG_0252

今回使用したアルミアングルは、ホームセンターで簡単に入手出来る物です。材質は、A6063 でアルミサッシと同じですね。俗に言う「押し出し材」ってやつです。平板を曲げて作ったら強度と正確さは出ません。最近は、アングルやチェンネル、フラットバーなど色々な形が出回っています。ここでアルミのお話をちょこっと。

鉄の歴史をさかのぼると紀元前1500年前となりますが、アルミの歴史は、300年に満たない浅いものです。1782年にアントワーヌ・ローラン・ド・R が発見しALUMINE(アルミーヌ)と命名。そして1903年アルフレート・ヴィルムがアルミに4%の銅を添加したジュラルミンを発明します。ジュラルミンとは、このアルフレート・ヴィルムが研究をしていた町の名前、Duren(デュレン)に由来します。

詳しいでしょ? 昔少し習ったが、実はラジコン技術誌より抜粋。

昔の人は、Shimano DURA-ACE を「ジュラエース」と呼んでいたって話は有名ですが、これを見ると「デュレエース」となりますな。


本日、楽しい話題がありましたので明日は、DAHON から



去年の今日は、T シャツだった? 【橋輪Blog】

去年の今日は、T シャツだった?

IMG_0284

いや〜、雪降りましたね。11月に振るのは1962年以来の54年ぶりだそうです。1963年生まれのぼくですから初めての経験です。な訳で本日撮影出来ずじまいで、コツコツ船長のKIMORI COLOSSUS HR Di2 組んでます。

最近 Facebook で、「過去の投稿を振り返るってみる」てのが出て来ますよね。そしたら去年の今日は、凄く良いお天気だったようです。


以下、2015 / 11 / 24 のFacebook 投稿

12249787_570287469786052_4066359674140224771_n[1]
11月も終わろうというのに、2週連続してTシャツ、無風の幸せ男なのだ!

12301749_570282043119928_5814015622858675206_n[1]
新作プロフィール機にステッカー貼ってます。

11220150_570282699786529_8837440116285421329_n[1]
でけた!

12274701_570282706453195_368153109188672779_n[1]
こんなに蛇が切れんだぜ!

12278988_570304073117725_781373315975515551_n[1]
楽しい!んだ。

12279178_570338133114319_7673351508821096476_n[1]
今日もたくさん遊んだで!ひとりで。




で、その後に出てきた 2013 / 11 / 24 の投稿は、3年前の【橋輪Blog】。今夜は再放送で!


今夜も、動画1枚張り付けただけBlog その2


発砲スチロール製の小型ラジコン飛行機にカメラを搭載し、一人の操縦士(特に赤いジャンパーを着ている)が移動しながら空撮したものを繋ぎ合わせた作品で、ヨーロッパの美しい風景が堪能できます。コントローラーを持った操縦士が何処にいるのか探すのも楽しみです。スクリーンに入り込んだ彼方は、自分が飛んでいる気分になるでしょう。



No Risk No Fun- crazy horst

7分49秒と長い作品ながら、きっと最後まで見入ってしまうだろう。今日、何か嫌なことがあった彼方、見終わった後には笑顔が戻ってるはず。

           
フルスクリーンモードでご覧あれ    最後が笑える


最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修4!【橋輪Blog】

  何十年ぶりに集合管買った!

DSC_6311

先日、撮影用に取付けて頂いた巨大ロールスクリーンには最大の欠点があった。風速3m 程で大きくたなびいてしまうのだ。じゃなきゃヨット走らないよね!


DSC_6394
必死に考えた策がこれ。キャップボルトを突っ込んで重りを載せる。あんまスマートじゃないが、ま、これでいっか。


DSC_6391




DSC_6392

そんなことをしていたもんですから辺りはすっかり暗くなり、今日の撮影は断念。なわけで今夜は社長室からお届けする。

IMG_0088
飛行機が大きくなってくると工作室がどんどん狭くなる。



IMG_0086
増してエンジンが重くなってくると重力を無くして欲しくなるのです。



IMG_0213
エンジンの搭載位置を決めるのに飛行機をこうやって上に向けて合わせたいのです。ですが出来上がった飛行機を立たせるのは無理。



IMG_0210
防火壁を一旦壊して作り直すわけですが、これが難儀であります。



IMG_0211
キャブレターは調整できる位置にしなければならないし。



IMG_0214
IMG_0215
色々計算していると頭が痛くなる。



IMG_0228
しかもこの純正マフラーの取回しも考えねばいけないし。第一このマフラーは、洗濯機を思い出させる。


難関現実逃避して集合マフラー買う!

IMG_0222
来たー!



IMG_0223
軽すぎて中身入ってないかと思った。3気筒の集合管買ったのは、37年ぶりですかね。Kawasaki KH 400 SUGAYA ショート管。



IMG_0224
SAITO FG-60R3 専用チタンリングマフラー 20.000円。



IMG_0225
チタンの溶接ですね。



IMG_0227
ノーマルマフラーが、110.5g



IMG_0226
チタンマフラー87.5g




IMG_0229
IMG_0230
ん、すっきりしてカッコいい。


久々、日曜日の飛行場です。みんなと会えました。


IMG_0103
ぼくのボヨヨ〜ン CUB も初飛行。



IMG_0102
おっさんパイロットも緊張ぎみです。



IMG_0107
フライト前に空気ぱんぱんに入れまひょ!



IMG_0101
初飛行は大成功!


(画像クリックで拡大)
IMG_0104
クラブメイトのT氏です。何時も色々な話題と情報頂いております。



IMG_0105
お!このパイロット、日本軍機を6機撃墜したようですな。


IMG_0090

T氏の機体は、F4U コルセア。年期の入った機体に見えますが実は新造機です。ウエザリングと言って、わざと使い古したように汚す塗装を施しています。凄いでしょ! このコルセアにぼくが買ったのと同じ60cc 三気筒のエンジンが載ってるんです。

初めて YouTube にアップしてみました。迫力のサウンドをお楽しみ下さい。そうそう「ピューーーー」って言ってるのはエンジンではなく、デスホイッスル(死の口笛)って笛だそうです。おちゃめですな。





今夜は、GO GO スカイヤーで再放送!【橋輪Blog】

今夜は、GO GO スカイヤーで再放送!

いや〜、本当に今夜のBlogネタなしです。今夜予定していた内容がある理由からキャンセル。【橋輪Blog】は、書き溜めなしの生Blog なのです。な訳でして今夜は、2012年7月の記事から再放送でお届けする。元橋輪サポートライダーの藤井君と茨城県にある大利根飛行場に遊びに行った時の記事です。そう言えば藤井君どうしてんのかな? 暫く会ってないや。ちなみに下の画像で翼の下で一眼を構えているのが藤井君。「GO GO スカイヤー」で画像検索すると、これが出てきた。



藤井氏ぼくは飛行機オタクではない。でも、これだけは言わせて!

IMG_0247
セスナ 150 エアロバット


IMG_0246
これ非常に珍しいんです。多分日本に1機しか無いんじゃないかな、普通のいわいるセスナ機(セスナ172)っていうのは4人に乗りで、こいつは二人乗り、機体も一回り小さい。(柴犬みたいで凄く可愛い) しかも唯一アクロ(曲技飛行)が許されているセスナ機なのです。

IMG_0245
JA3612

しかもこの飛行機小学校の頃にテレビでみてたんです。1973(昭和48年)フジテレビ、金曜の夜7:00から「GO!GO スカイヤー」って番組やってて、主役は自殺した俳優「沖 雅也」がパイロット役を演じました。沖雅也がいつも管制塔とコンタクトする際に「こちらJ・A・ スリー・シックス・ワン・ツー」と交信してたので機体番号は覚えてた。


IMG_0248
ロケ地は調布空港。当時はエンジンカウル(車でいうボンネット)脇に東邦航空の文字が



IMG_0249
最高にたまらないショット

5〜6年位前に、ぼくらのラジコンクラブの飛行場(茨城県取手市)上空を横切って「あっ150だ!しかもJA3612」
「まだ飛んでたんだ〜」と思い。その後ここ大利根飛行場で偶然にも遭遇。涙が出るほど嬉しかったな!

ちなみにぼくの回りで 「GO!GO スカイヤー」 知ってるの2人しかいません



最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修3!【橋輪Blog】

SAITO の3気筒エンジン買っちった!

今夜は、Blog ネタの写真撮りはぐったので社長室よりお伝えする。

IMG_0064
エンジン買ってきました。
「あれ、でも欲しかったのってFG-33R3(33cc)じゃなかったっけ?」



IMG_3773
一昨日の火曜日にラジコン屋さんに飛行機持込で相談にいったんですよ。すると「この飛行機相当なテールヘビー(本物と同じ縮尺で作るとお尻が重たくなる)だから33じゃなくて60積んじゃえば」 「大分オーバーパワーになるけど無駄なデットウエイト積むよりはいいと思うよ」 「33cc で全開で飛ぶより60cc でタラタラ回して飛んだ方が音もいいしね」


IMG_0065
SAITO FG-33R3  145.000円(税別)
はい即決です。でもって排気量倍の60R3です。


IMG_0066
うわ〜、憧れの3気筒です!



IMG_0067
IMG_0068
IMG_0069
小さいながら構造は本物の4サイクルエンジンと変わりません。22×10ぐらいの大きなプロペラゆっくり回したらいい音しそう!


IMG_0077
SAITO は、スパークプラグも本物のミニチュアなのね。



IMG_0079
早速 ZENOAH の26cc は、下しましょう。



IMG_0080
第一防火壁の改造が大変そう。これかなり難工事になりそうです。



IMG_0081
んん、カッコいい!



IMG_0082
60cc でもカウリングには余裕で収まる。それとクーリングの問題ね。



IMG_0078

やる気湧いてきたぞ! おっとラジアルエンジンの点火順序を詳しく知りたい方は・・・
こちらから⇒ 皆さん、あけましておめでとうございます! 2015年初【橋輪Blog】

そんなの見てねーよ! って感じですよね。失礼!



【お知らせ】
誠に勝手ながら10月16日の日曜日は休業とさせて頂きます

記事検索
  • ライブドアブログ