社長室

最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修2!【橋輪Blog】

最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修2!

IMG_9849
IMG_9848

またまた雨っすね! Presto カスタムの2台ですが、ゴールドバージョンはRIDEA のVブレーキアームが入荷、レッドバージョンも9速のバーコン入荷で、形になってるのに撮影は愚か試運転も出来ていない。明日は、やっと雨上がりそうなので、朝の内にちゃちゃっと試運転と最終調整&撮影を済ませますので、皆さん午前中はちょっと余裕を持ってご来店下さいね。

仕方ないので? 今夜も社長室からの投稿か。
嬉しいね〜! それでは失礼して・・・・・


DSC_5600
複雑なリンケージに、困難を極めそうな機器の搭載。ここで、”めんどくさい”となってしまうとまたお蔵入りになってしまうので、そんな時には楽しいことを考えましょう!物欲、物欲!


DSC_5601
素晴らしい手作りのカウリング。倒立の単機筒エンジンだから下の口だけ空いていれば良く冷える。



IMG_9813
エンジンは、ZENOAH の26cc が搭載されていた。



DSC_5602
だが、これではパワー不足とみた。第一次大戦機と言えども戦闘機だから宙返りぐらい出来ないとね。



DSC_5605
ストックのエンジンではどれもオーバーパワーで、空中分解しそう。それに2ストロークエンジンでは、消音機を収納するスペースが取れないのでノーマルマフラーではうるさ過ぎ。



SAITO FG-33R3  113.750円(税別)

FG-33R3
憧れの斉藤製作所3気筒ラジアルエンジン。排気量は、32.98cc で重量1.82kg。何時かこいつをいじくってみたかった。本当にいい音するんだよね! 買っちゃおうかな〜! 俄然、意欲が湧いてきた。(意欲じゃなくって、物欲だろそれ)


IMG_9812
図面をプリントアウトして寸法を見てみる。



DSC_5603
3っのシリンダーの直径が、198mm。うんうん行ける。



DSC_5604
エンジンマウントからプロペラまでが、150mm。行ける行ける。何か楽しくなって来たね!



DSC_5601
ところでこのカウリング。二つの目みたいな小さな穴が開いていて、口の部分が大きく開口してますよね。



DSC_5606
実機も星形9気筒のラジアルエンジンを搭載しています。口の部分から3気筒分のシリンダーが顔を出してますよね。これではカウルに隠れた6シリンダーが冷えないと思いません?

これ、ビックリなんですよ! 普通のエンジンであれば、エンジンが防火壁に固定されてクランクシャフトに付いたプロペラが回りますよね。これ、たまげた機構を持っており、ルローンエンジンと言って、クランクシャフトを防火壁に固定して、エンジンもろともプロペラが回るんですよ。だから顔を出したシリンダーが代わる代わる冷えるって訳。エンジンが回っちゃうんですよ信じられないでしょう。次の動画でカウリングの口元に注目下さい。始動したエンジンは、何発かのシリンダーが失火した状態です。この辺りの音を映画では使いますね。ポンコツ感がいいのかな。本調子であれば、もっと気持ち良く回りますよ。

 


最新鋭戦闘機 FOKKER D.次〇呂泙襦【橋輪Blog】

最新鋭戦闘機 FOKKER D.次〇呂泙襦

いや〜、雨続きますね〜。てな訳で今夜は社長室よりお届けする。

IMG_9841

長い間眠っていたフォッカーを目覚めさせる。暗黒の秘密基地の帰りに中古ラジコンショップで衝動買いしたやつだ。モデルは、第一次大戦後期のドイツ最新鋭戦闘機。複葉機が当たり前の時代に先駆けた単葉機である。キットのメーカーはなく、スクラッチビルド(図面からお越し全て手作り)された機体で未飛行。スケールは、大体1/4。勿論だれが作ったかも分からない。ま〜、一目惚れしましたからね。良く作ってありますよ。


IMG_9837
特殊な市松模様のローゼンジパターン迷彩塗装。



IMG_9838
ウイングスパンは2070mm。



IMG_9824
ぼくの持ってる資料。



IMG_9825
表紙のイラストも全く同じカラーリングだ。三面図も載ってるので、多分これ見て作ったんだろうな。首を傾げたパイロットがカッコいいぜ!



IMG_9826
実際に存在したようだ。



IMG_9811
エンジンは、古いZENOAH の26cc が搭載済。パワー不足とみて交装を考えている。



IMG_9818
この頃はまだ尾輪がなくソリだ。


IMG_9814
IMG_9819
尾翼にある方向陀と昇降陀の操作は、全てワイヤーリンケージで操作。



IMG_9815
ワイヤーは、胴体内部を通って操縦席へ。多分、操縦桿とリンクさせようと思っていたみたい。かなり複雑なことになってる。



IMG_9816
胴体の下には、メンテナンスハッチが設けてある。



IMG_9817
ハッチから前方の防火壁を覗く。これ出来上がっちゃてから燃料タンクどうやって積めってんだよ。



IMG_9560
大変そうな工作に制作意欲を無くす。現実逃避してそこらにあった全身パイロットを乗せてみる。



IMG_9820
うん、いい感じだ。機銃は、ウィリアムブラザーズ製。



IMG_9821
ちょっと当時のドイツ空軍パイロットには見えないな。



IMG_9822
髭は書くとして、クラシカルなゴーグルと白いスカーフが必要だな。ネットで「フィギア・ミリタリー」と調べたら、出るは、出るはで、ゴーグルから皮ジャン、将校のバッチまであるある。でも1/6とある。フィギアのレギュラーサイズは、1/6らしい。危ない危ない、纏めてポチるところだった。くそ〜喉から手が出るほどに欲しい!



IMG_9834
身長を測ってみると、



IMG_9835
37cm で、1/4サイズだ。やはり作るしかないか。



IMG_9827
「このスポンジで何とかなんね〜」とパイロット。



IMG_9828
行けるかもね、



IMG_9829
でも外は、ハサミで切れても中をレンズの形に綺麗にくり抜くのは無理じゃね?



IMG_9830
細く切ったらどうよ?



IMG_9832
こんな感じで、



IMG_9831
あら、行けるかも?



IMG_8375
こりゃ〜、ボインねーちゃんパイロットのサングラスより手こずりそう。



IMG_9842

カッコいい、WWR 2 パイロットに仕上げてやっからよ!

毎度のことだが、何時飛ぶんだこの飛行機?


船長のKIMORI COLOSSUS HR 8 【橋輪Blog】

進化の速度が速すぎるDi2

DSC_5371

船長からの指令で、コクピットに置くジャンクションは、XTR インフォメーションディスプレイをセットすることとなった。

DSC_5373
左:SC-M9050 XTR インフォメーションディスプレイ
右:SM-EWW01 ワイヤレスユニット


DSC_5370
IMG_9602
IMG_9603
先生のモールトンも全く同じ部品構成でDURA Di2 化を進めている。



だが、ここで Yubo より気になるメールが1通?



社長殿

頸椎の症状がよろしくないとの話を伺いましたが、お大事にしてください。

本日、内蔵バッテリー用充電ケーブルとEdge 1000Jを受け取りました。
その関連で e-tubeについて調べていたところ、少し勘違いしていたことが判明しましたので、それについて共有させて頂きたいと思います。

Di2は最近触り始めたばかりなので、昔のことは知らないのですが、おそらくANT+のみで相互のセンサーが通信していたのではないかと思われます。

そして、新たに登場したBluetooth通信に関してですが、これまでコンポーネントの一環として取り付けていたワイヤレスユニット、もしくはインフォメーションディスプレイのいずれか(両方はダメみたいです、下記PDFの*7参照のこと)を新型に付け替えることで、Bluetooth通信ができるようになります。

(参考)
http://e-tubeproject.shimano.com/pdf/HM-CC.3.0.0-01-JA.pdf

これにより、iPad版のe-tubeがBluetooth接続で利用できるようになります。

ワイヤレスユニット:(旧型)SM-EWW01 ANT+のみ
(新型)EW-WU101 ANT+及びBluetooth

インフォメーション:(旧型)SC-M9050 ANT+のみ
ディスプレイ  (新型)SC-MT800 ANT+及びBluetooth

先日、船長さんのバイクを組み立てている際に、インフォメーションディスプレイがサイコンと機能が重複していらないかどうかという話とは別の観点で、 Bluetooth接続でe-tubeを利用したい場合、EW-WU101またはSC-MT800が必須になると思われます。

Bluetooth付きは旧型より値段も高いようですし、これまで通り有線でe-tubeを使う場合には、もちろんいずれも旧型で十分ですね。

以上、ご参考まで。



ゲゲゲゲゲ・・・・、もう新型が出るのか。本日、シマノが休みなので詳しい事は聞けないが、インターネット発注システムで、これらの部品を覗いてみた。(金額は税別)

ワイヤレスユニット
SM-EWW01 ANT+ 在庫なし(在庫限り) 7.304円
EW-WU101 ANT+ Bluetooth 在庫なし 7.958円

インフォメーションディスプレイ
SC-M9050 ANT+    在庫あり(在庫限り)11.804円
SC-M9051 ANT+ Bluetooth  在庫なし 15.650円
SC-MT800 ANT+ Bluetooth  在庫なし 14.254円

 
赤で示した部品に関しては、まだ未発表未発売であるが、リストにはこう出ていた(画像はなし)。現行モデルには、両方とも(在庫限り)とあるので、シマノは新型にシフトする意向だ。インフォメーションディスプレイにおいては、M9050からM9051と仕様変更の1が付きブルートゥース対応となり、MT800では、フルモデルチェンジとなりそうだ。しかも全て値段は値上げである。これらは、次に発売される新型 DURA-ACE R9100 の準備なのか?

その前に、ANT+ / Bluetooth 通信って、そもそも何?



DSC_5375
最近新調したぼくのプロポケース。



DSC_5376
中には送信機が2台収まるようになっている。



DSC_5377
左:Futaba 12ZA  当時価格190.000円(税別)
右:JR XG11MV  37.700円(税別)
左のFutaba製は、当時最上位から2番目のモデルで、(最上位モデルは、windows 搭載)「良いプロポを持つと上手に飛ばせるようになるよ!」 などとと言われて奮発したが、一向に腕は上がっていない。一方、右のJR製(最上位モデルは、Android 搭載)が最近購入した最新送信機で、価格は1/5 ながら機能は進化し12ZA を上回る。この辺は、シマノさんも見習って頂きたいところだ。


DSC_5378
最新プロポでは、短いアンテナの2.4GHz 帯の電波を使っており、受信機とペアリングを行えば混信は皆無だ。これに比べ、旧型はスルスルとアンテナを伸ばす40 / 72MHz 帯で、同じ周波数を使っている人が電波を出せば必ず混信し墜落となった。だが現在この辺の周波数を使っている人は殆どいなくなったので独占だが。



DSC_5380
当時は、この様なバンド管理用の看板を立て、必ず送信機のスイッチを入れる前に大きな声で 「54番お借りします!」 と周囲に知らせ、自分が使いたいバンドの番号札を貰い、フライトを終えスイッチを切った後 「54番お返しします」 と札を返すルールがあった。現在は、日曜日など混信が無いのを良い事に、4〜5機が同時飛行している時がある位だ。40 / 72MHz 帯でやってた頃の方がラジコンにも礼儀と情緒があったような気がする。

Yubo !、 ANT+ / Bluetooth 通信って何? 教えて。本当こうゆうの苦手なんだから。DVD とブルーレイの違いも分からないんだぜ? ブルーレイって青いの? 

その辺から教えてちょうだい!




船長通信

DSC_0273
・8/11日、太平洋側南下中ですが、宮城県金華山沖約5海里、仙台港方面に沈む18;30頃の夕日です。



DSC_0274
・8/12日、太平洋側南下中ですが、茨城県犬吠埼沖約5海里、05:05頃の日の出です。



DSC_0278
・8/13日、お盆のお休み中ですね。..茨城県鹿島港沖12海里、太平洋側から昇る05:00頃の朝日ですが、積雲(綿雲)がピンク色で綺麗ですね。



DSC_0279

DSC_0283
・8/14日、朝方は青森県尻屋埼沖でしたが、台風6号の影響で曇り空で日の出は見れませんでしたが、津軽海峡を抜けて日本海側を南下中ですが、秋田県男鹿半島、入道埼沖約3海里、西側へ沈む夕日です。,,,明日は、雨模様の天気ですね。8/17日頃は、台風7号(チャンスー)の影響で太平洋側は時化になりそうですね。

..では、また良い画像が有ればmailします。


工作室からはみ出し、隣の八畳間をも占拠したEXTRA 【橋輪Blog】

工作室からはみ出し、隣の八畳間をも占拠したEXTRA

(画像クリックで拡大しなくても大きいけど・・・)
DSC_5283

こいつが工作室にいると別の工作が出来ないことが判明。結果、隣の八畳間をも占拠することとなったEXTRA。奇麗な畳みがオイルまみれになるのは間違いない。壁に掛かる3機は、発砲スチロール(正しくはEPP)製で、体育館でのスローアクロ練習用。このデカイのも発砲だったら墜落しても壊れなくていいんだが。




この動画は、P51 改造レーサーで、ギャロッピングゴーストを模した機体。良い音出して飛んでるんだけど着陸寸前でプロペラが外れて墜落って落ち。ま、本物もリノエアレースで観客席に派手に突っ込んだけどね!

EXTRA 完成編 【橋輪Blog】

EXTRA 完成編

例年の”柏まつり”が、この30(土)31(日)に迫ってまいりました。準備に追われて全然仕事してません。てな訳で今夜は、社長室よりお送り致します。エクストラがようやく完成の時を迎えました。最後にプロペラを付ければ完成です。

IMG_9352
木製ペラは、メンツのダイヤ24インチ × ピッチ10 です。DAエンジン専用の治具でボスに穴あけ。小型卓上旋盤は、あの苦労したやつです。結局ドリルチャックの不良でした。使えるようになって良かった。


IMG_9356
プロペラシャフト上に見える赤い部品は、点火タイミングを計るピックアップコイル。



IMG_9357
バックプレート。



IMG_9368
スピンナーには、ちょっと高級なアルミ製トゥルーターンを使用。



IMG_9363
センターボルトで取り付けますが、ここでワンポイントアドバイス!



IMG_9364
予めセルフロックナットを入れておきます。



IMG_9366
内側から見るとこんな感じ。



IMG_9365
締めこんで行くとプロペラシャフトの先端に当たるようにしておきます。



IMG_9367
極薄のスピンナーを締めすぎによる変形から守ってくれますよ。



IMG_9369
ナットが当たったらそれ以上に絞まりません。



IMG_9370
ん、カッコイイ鼻っ面。



IMG_9358
プロペラを差し込んで、コンプレッションが掛かる位置で出掛け出来るようにセット。



IMG_9359
治具で開けた穴もピッタリ。



IMG_9371
飛びそうな顔になって来た。



IMG_9372
ボインちゃんパイロットを載せれば完成です。



IMG_9373
工作室の中で、両側の翼を取り付けることは出来ません。



IMG_9374
本当の最終調整は、フィールドで。



白煙を吐きながら大きなループを描く姿が早く見たいのと同時に、墜落の恐怖も同時に迫ってくる。

やな趣味だね〜!





記事検索
  • ライブドアブログ