社長室

Tiger moth 買いました!(その19)【橋輪Blog】

前重のための更なる努力

IMG_3278

本日、昼は商店連合会の2019年度事業計画・収支予算会議で夜は当商店街の役員会。結構ハードな一日となります。なので今夜は社長室よりお届けする。サーボの大引越しが終わったが、これでも追いつかないと考えバッテリーの搭載位置も変えてみる。バッテリーは比較的重い部品なので少しの移動でも効いてくるはずだ。しかしあまりに前方に搭載するとエンジンイグニッションノイズの影響をうけるのでほどほどに。

IMG_3279
当初バッテリーは、前の座席に搭載して U.S.AIR MAIL と書き込んだズタ袋に入れる予定であった。



IMG_3280
これを更に前方に移動しようと思う。



IMG_3282
この裏側だ。ところがここにバッテリートレイを製作してしまうと、



IMG_3283
メーターパネルの工作が出来なくなってしまう。メーターなんか作ってる場合ではないのは重々承知であるが仕方がない。ってか楽しみの一つであります。


IMG_3284
画像検索から拝借したメーター画像。古典機故モノクロがいい。



IMG_3285
これはちょっとハイテク過ぎ。



IMG_3286
メーターのガラスは、何時ものパッケージコレクションより。


IMG_3287
この位の大きさで十分。



IMG_3298
サンプルを作ってみる。


IMG_3299
3M のスプレー糊で張り付け。



IMG_3300
サイズもピッタリ。



IMG_3301
4個のメーター穴の位置関係を割り出すのが面倒なため鉛筆で擦って痕を付けた。



IMG_3302
ここにメーターを置いて行く。



IMG_3303
パッケージに張り付け切り出せばメーターパネルの完成。



IMG_3304
ちょっと裏からマスキングテープで貼ってみた。



IMG_3306
おおおカッコいいではないですか。左から燃料計、次が不明で、高度計、電流計と並ぶ。



IMG_3307
IMG_3308
ん〜リアリズム。続けて後部座席にも貼り付け。



IMG_3315
おっと!後部座席の方が両端のメーター穴が小さいじゃんか?



IMG_3316
糊が乾く前に慌てて小さいのを貼り付け。



IMG_3317
IMG_3318
IMG_3320
IMG_3321
IMG_3322
ここで一端剥がして、



IMG_3323
パネルをウッドブラウンにペイント。



IMG_3481
メーターが完成したところでバッテリートレイを製作。



IMG_3480
バッテリーを前方に移動します。



IMG_3482
ベルクロテープとバンドでしっかり固定。



IMG_3364

「イエ〜す! 良く出来ましたネ〜」

次回につづく、


Tiger moth 買いました!(その18)【橋輪Blog】

サーボ大移動編

本日は、冷たい雨が降り真冬に戻ったようでしたね。本日売り上げは、リトルトーキョーバイクの取り寄せ依頼が来ただけでなんと0円。しかも10日の支払日だったので”−3.480.000円”であります。なので(何でかわからん)社長室よりお届けします。

IMG_2929
超が付くテールヘビーとなったタイガーモス。せっかく全てのリンケージが完了していながら少しでもデットウエイトを少なくするべく後方に配置されたサーボトレーに搭載したサーボたちの引っ越しをしてみます。


IMG_2930
エンジンコントロールサーボを外します。



IMG_2931
これだけ樹脂ギヤサーボで48.5g。他は金属ギヤなのでもっと重いはず。



IMG_2932
この辺に移動しようかな。



IMG_2934
そしてラダーサーボもボールリンクロッドの長さと等しい前方へ。



IMG_2933
一端受信機にはどいてもらいます。



IMG_2937
この辺かな。




IMG_3050
一階の天井部分を、



IMG_3051
バリバリ壊します。



IMG_3143
新たにサーボベットをベニヤでこしらえます。



IMG_3144
IMG_3145
バルサ製の4本足を切り出したら、



IMG_3146
サーボこたつの完成です。



IMG_3147
設置するのは一番底。



IMG_3148
四つ角に足を接着。最近こういうところは昔ながらの木工ボンドが好み。



IMG_3168
天板を貼り付け、



IMG_3169
こたつの配線は、後方へ。



IMG_3170
ラダーサーボは、一気に前方へ。



IMG_2938
お次は、エレベーターサーボ。



IMG_2959
せっかく張ったワイヤーもカットします。



IMG_2991
こちらもトレーを作り、



IMG_3201
サーボを再設置後にワイヤーリンケージのやり直し。


IMG_3202
1個飛びでこの位置へ。進み将棋みたいになってきた。



IMG_3250
エンジンコントロールは、ここにベットを製作。



IMG_3277
こちらも前方に移動。



IMG_3278
天板を作り受信機を元に戻す。


IMG_3281
配線も完了。



IMG_2960
後方の集合住宅はもぬけの殻となりました。

ポンポン移動しましたが簡単ではありませんからね。これでも安心できませんからバッテリーも移動させなきゃ!

あ〜あ、楽しい飛行機製作であります


Tiger moth 買いました!(その17)【橋輪Blog】

ここまでとは予想していなかった後重心

本日は、柏市自転車組合(会計1期2年)の決算やってたもんで全く仕事してません。なので社長室よりお届けする。さてと役者も揃ったことだし CG(重心位置)を測ってみようか。なるたけテールヘビーにならぬよう努力したつもりだがやっぱり頭が軽いんだろうな。頭が重い分には十分にコントロール出来るが、テールヘビーは、絶対だめ。地を蹴った瞬間から頭上げが始まり全然機速が付かないまま操縦不能となるのだ。

IMG_0583
アルミむき出しの支柱はちょっとね。本当は木製ですから。



IMG_2853
ちょっと白を混ぜれば、



IMG_2854
ピッタリです。



IMG_2855
どこの支柱かわかるようマーキングしてます。



IMG_2896
上翼中心部分(実機では燃料タンク)を組んだまま飛行場へ運べるよう改造した。


IMG_2897
IMG_2898
IMG_2899
4枚の主翼を結合。


IMG_2904
プロペラ及びスピンナーも取付。


IMG_2905
上翼中心部にCGをマーキング。根気がいる重心位置調整になると予想し指で触れただけで分かるよう小さなタッピングビスを打った。ここで持ち上げて前後のバランスが合わなければいけない。

IMG_2900
パイロットの座席はまだこさえていないが乗って頂こう。


IMG_2895
一般的にはこのバストまでのパイロット人形を乗せる方が多い。



IMG_2914
それではどうぞ!


IMG_2915
エリートパイロットが下翼に足を掛ける。


IMG_2916
そのために貼ったサンドペーパーでした。本物もこうなってるんよ。それ以外は NON STEP!



IMG_2917
IMG_2918
IMG_2920
「おっといかんこっちではなかった」



IMG_2922
「一人で乗るときは後部座席ね」


IMG_2924
「まー取りあえず横乗りで」


IMG_2902
バッテリーは、前の座席に。これ U.S.AIR MAIL と書き込んだズタ袋に入れようかと思う。


IMG_2907
ウイングスパン2m234の複葉機は流石に大きいな。部屋の端から端まで到達しており工具を取りに反対側へ行けないや。



IMG_2908
CG の位置で持ち上げてみると予想通り超テールヘビーだ。カウリングの上にバッテリー2個貼り付けたが及ばず。更にバッテリーを追加し4個とするも以前テールは浮いてこない。


IMG_2911
更に2個をのせ6個で何とか浮くが、まだお尻が下がる。


IMG_2912
バッテリー6個の重量は、765.0g であった。

しかもカウリングの前の方に積んだからな。デットウエイトが搭載できる場所は、防火壁付近となるから800g でも足りないだろうな。「じゃー、176.5g のパイロットを解雇してバストのパイロットを前に乗せればいいじゃん」ってそうはいかないのがスケールモデルなんだなこれが。

1kg のデットウエイトか、つ辛い!


Tiger moth 買いました!(その16)【橋輪Blog】

13.608円で雇ったエリートパイロット(その3)

インカムマイク接着に待つこと一昼夜。接着剤乾いたかな?

IMG_2839
よく我慢できたねその体勢。


IMG_2840
付いてる付いてる。


IMG_2841
あっ右手で突っ張ってたんだ。


IMG_2842
さーもう服着てもいいですよ。チャックも上げて。


IMG_2843
しかしいい革ジャン着てんな。


IMG_2845
どうです。


IMG_2852
カッコいいでしょう。


IMG_2846
「初飛行は、私がバッチリ決めますよ!」


IMG_2847
「キャブレターの調整は、しっかり頼むよ」


IMG_2848
「あら私の座席がないですね」「ちゃんとこさえておいて下さい」


IMG_2849
「操縦桿もね」


IMG_2850
「皆さん三日間も私の登場にお付き合い頂きましてありがとうございます」「実は、私も自転車には少し詳しいんですよ」「飛行のパイオニアであるライト兄弟が自転車店を営んでいたってお話しは、有名ですよね」「1903年動力付飛行機で人類初の飛行を成し遂げました」「その歴史を刻んだ場所がノースカロライナ州キルデビルヒルズ」「彼らはここにテストを繰り返すためのキャンプを設営します」「広大な砂漠のような砂丘地帯であったため近郊の街であるキティーホークまでは、徒歩で往復3時間もかかったそうです」「そこで彼らは、砂地を走れる自転車を製作」「往復時間は、1時間へと短縮できたそうです」「ライトフライヤーの生みの親であり又、ビーチクルーザーの生みの親でもあったのです」「社長は、現在 DAHON K3 のカスタム計画を進めております」「お楽しみに!」「私も初飛行が楽しみです!」


リアルなパイロットが乗ると見栄えが変わるのであります。

彼は、この後恐ろしい状況になるのをまだ知らない


Tiger moth 買いました!(その15)【橋輪Blog】

13.608円で雇ったエリートパイロット(その2)

IMG_2815

実は、ヘッドセットが付属していた。ウェブにはヘッドセットが装着された写真が出ていたので、まさかこれを組み立てるとは思わなかった。塗装済みとはいえ硬質プラスチックでモールドされたパーツを組み立て装着するには、接着という手段しかないのか。

IMG_2817
それでは、接着剤が、一ちょらの皮ジャンに付くといけないので脱いで頂こうか。


IMG_2818
「ラジャ!」と言ったような?


IMG_2819
Y シャツもお願い!


IMG_2820
ん、現代人だから肌着はヒートテックか?


IMG_2821
これは結構難しいと思うよ。


IMG_2822
接着面は、ヤスリで砥いでおきましょう。


IMG_2823
これ絶対難しいよ。一つずつ接着しても全部のパーツの帳尻が合うはずがない。


IMG_2824
これアールが合わん。ちょっと曲げてみたら”パキッ”っと折れた!


IMG_2825
折れたらいいや切ってしまえ。


IMG_2826
アルミ板とフッ素ゴムチューブで作ろう。


IMG_2827
はさみで切りだすと丁度良いアールが付いた。


IMG_2828
チューブを通せばそれ風。


IMG_2829
さっきのパーツは、ここに突っ込んでと。これでバンドになったから髪の毛に接着剤を付けられるのから免れたでしょ。ヘッドホンはどうする?

IMG_2833
ジャーん出ましたタッピングビス。


IMG_2856
この間は、写真には納められませんね。こめかみに1.5mm のドリルで「グィ〜ん」「おお怖わ」ガソリンエンジンの振動をなめたらいけません。

IMG_2815
最後にインカムマイクの接着です。これ接着一点しかありませんから。


IMG_2834

横になって頂きティッシュを顔との間に突っ込んで、接着剤をヘッドホンにピタリ。

このまま明日まで動かないで下さいませ!

記事検索
Archives
  • ライブドアブログ