社長室

SAITO FG-60R3 にオイルキャッチタンクを【橋輪Blog】

SAITO FG-60R3 にオイルキャッチタンクを

本日は、「2020 DAHON DASH Altena 入荷」の予定でしたが組立が間に合わずで(アルテナは、バーテープ巻作業とかもあるので時間が掛る)社長室よりお届けする。

IMG_5676
先週末に飛行場へのアクセス道路の復旧工事を行った。全長800m を修復するには二日間を要した。後の月曜日は大雨が降ったし、せっかく綺麗にした道に轍を作りたくないので火曜日は我慢して工作室にこもった。最低1週間は乾かしたいかな。


IMG_5725
でもって昨日の工作。決してエンジンルームに洗面台を作ったわけではない。4サイクル3気筒60cc の SAITO エンジンは、燃費は良いのだが20:1という濃いガソリン、オイルの混合比により排気管からの真っ黒いオイルの飛散で機体が酷く汚れる。せめてクランクケース内から排出されるブローバイガスだけでもクリーンに出来ないかとオイルキャッチタンクをこさえてみた。

IMG_5724
100均で購入したミニパック。4ヶ入りで110円と格安。



IMG_5727
クランクケースニップルから導かれるブローバイガスは、黒いチューブから大気に解放される。いわいるトータルロスって事だがこれをオイルキャッチタンクでろ過しようと感がえた。


IMG_5729
通常は、集合排気管出口に添わせたパイプから排出し、排気圧で飛散させるってやり方。



IMG_5728
これを一端オイルキャッチタンクに戻す。


IMG_5730
中に仕込んだフィルターは、ティッシュペーパーで使い捨て。赤い半透明のブリーザーホースが真っ黒にならなければ大成功かな。



IMG_5731
カウリングを付ければ洗面台は見えません。



IMG_5733

さてオイルキャッチタンクの効果は如何に?

ラジコン暇人入ってるな!



【2020 DAHON 入荷情報】

DASH Altena(M)ブリティッシュグリーン
DASH Altena(L)ブリティッシュグリーン
DASH Altena(M)メタリックグレー
DASH Altena(L)メタリックグレー







FOKKER D. 火を噴く SPANDAU 機銃【橋輪Blog】

FOKKER D. 火を噴く SPANDAU 機銃

IMG_5612

本日は、「2020 DAHON Visc EVO 入荷!」と行きたいところでしたが、あいにくの天候にて撮影が出来ませんでした。よって社長室よりお送りする。台風19号の影響により我ラジコンクラブ飛行場も閉鎖されて1か月半ほどになろうとしている。飛ばしに行けなくなったことから現在所有する十数機の機体整備を始め、それも既に完了してしまった。さて次何やろうか。面白いもの見つけてしまった。

IMG_5446
これがそのシステム一式。



IMG_5447
2種類のスピーカーと、



IMG_5448
LED ランプが2個。



IMG_5457
配線をするため一度 SAITO 3気筒60cc エンジンを下ろした。



IMG_5458
イグニッションスイッチを仕込んだ。Spandau 機銃。スパンダンと勝手に読んでいたがシュパンダウが正しいという説もあり。正式な発音は不明。


IMG_5459
先ずは銃口を切断。



IMG_5460
これを分解して LED ランプを仕込む。


IMG_5471
白赤のリード線は、目立たぬようタミヤラバーブラックで塗装。



IMG_5443
IMG_5444
それぞれのアンプに接続。



IMG_5588
スピーカーは、機体の腹の部分に装着しスピーカーBOX効果を狙う。



IMG_5545
機体ハッチに蜂の巣状の穴を開けた。


IMG_5544
スピーカー、本体、リポバッテリーはこのように配置。



IMG_5567
ラダーサーボに悪さをしないよう配線は綺麗に纏めた。



IMG_5568
ヒンジを追加することでバッテリーの着脱も容易にする。



IMG_5579
システムの搭載が完了したところでエンジンを積む。


IMG_5589
せっかくなのでエンジンのメンテナンスをしておこう。



IMG_5590
やはり上のVバンク2気筒のタペットカバー内は、オイルがなく乾いていた。スペシャルルブリカントで給油。


IMG_5591
タペット調整もしとこう。



IMG_5611

さ〜準備完了です。皆さ〜ん危険なので少しお下がりくださ〜い!



くだらんことやってんな!


Tiger moth 買いました!(完成編)【橋輪Blog】

Tiger moth 買いました!(完成編)

今日は、またちょっとカッコいい DAHON DASH P8 が出来たんですが、ご本人登場の写真が欲しかったのでまたの機会に延期します。なので今夜は社長室より Tiger moth 完成編をお届けします。

IMG_4423
デットウエイトをごっそり積んだエンジンは、点火カットアウト配線を作り完了。丸で囲ったスロットルバルブ。ワイヤー PULL のインチキリンケージがあだとなり後に後悔することに。


IMG_5178
上下翼の張線を張る作業が最後。



IMG_4812
翼の捻じれを錘で引っ張ってるところ。



IMG_5450
これが無い頭考えて作った上下翼の支柱。操り人形方式とでも呼びましょうか本来なら片側で支柱2本、手で持っているバッテンの張線含む4本のワイヤーとクレビス6ヶ、ボルトナット6ヶ所を飛行場で組み立てねばならないが、これ1体化させたのがみそ。クレビス2か所とナイロンナット4個で済む優れもの。


IMG_5453
こちらのバッテンは、ワイヤーではなくカーボンロッド。クロス部にはOリングを入れています。



IMG_5452
カーボンロッドの固定にはアジャストストッパーを使い微調整可能。



IMG_5451
2か所だけつなげるクレビスは、お互いを噛ましておけば運搬時に絡む心配がない。



IMG_5179
先ずは、黄色の水糸で調子を見る。



IMG_5180
これがポイントでクレビスと糸が一直線でないと飛行中に外れる。



IMG_5183
IMG_5184
この張線ディテールアップの偽装ではなく強度部品となるので気が抜けない。



IMG_5185
糸の行き来のルートを確認。



IMG_5186
張り具合はこんな感じか。



IMG_5212
アライメントと長さを確認したら本チャンのワイヤーを張る。



IMG_5213
IMG_5214
実際の支柱取付にはナイロンナットね。


IMG_5215
張線が完了してオールコンプリート。あ〜長かったが楽しめた。


IMG_5266
重心バランスを見てもらうため行き付けのラジコンショップ RCDEPOT に持ち込む。大量のデットウエイトの甲斐あってかバランステストは合格。


IMG_5222
ついでに体重測定して頂いた。


IMG_5220
8.62kg と古典機にしてはヘビーウエイトだがウイングスパン2.25m の複葉なので翼面荷重は軽いだろう。


IMG_5224
これでやっと初飛行の準備が整った。来週は飛行場へ。



IMG_5175
吹き流しがだらんと垂れ下がる絶好の初飛行日和。



IMG_5303
操り人形方式のお蔭で組立も意外と速い。



IMG_5328
おっと、一発おしゃかの可能性も当然あるので記念撮影はお忘れなく。どうよこの綺麗に整備された飛行場。滑走路は、ゴルフ場で言うとこのグリーンとフェアウエイの中間ぐらいを維持。


IMG_5345
滑走路へと向かいエプロンをタキシングするモス。ランウェイエンドに到着するやエンスト。再始動してアイドルをアップするがまたエンスト。これ何かおかしい?


IMG_5283
やはりインチキ PULL スロットルリンケージが悪さをしてるようだ。あ〜飛んでからのトラブルじゃなくて良かった。この日はこれで諦めたが後に工作室にてばっちり再整備を完了。


ここで台風19号が襲来!

1
あの綺麗だった飛行場が泥まみれ。



2
土手から飛行場までのアクセスルートが600m ほどあるんですが、ここが酷い。チームメイトが4駈でチャレンジしたようです。



3
やはりスタックしたようです。一人では脱出不可能だったでしょう。

こりゃ地固まるまで半年以上は掛りそうです。完全にアウトであります。ロードバイク沢山持っていてもCR走れないようなもんです。でも公道は走れるか。極め付けは、レーシングカー沢山持っていてサーキットが閉鎖状態か。

うううう段々ストレスが溜まってきた!





Tiger moth 買いました!(その28)【橋輪Blog】

箸休め的にチビ CUB 買いました!

モス製作もいよいよ大詰めですが、長い梅雨が続くと飛行場にも行けず欲求不満が募ります。こうなるともう購買意欲が高まって来ちゃうんですね〜。ってなわけで今夜は社長室からお届けする。

IMG_4655
右の上下翼だけ取り付けて張線のレイアウトを考える。今張っているのはゴム紐。



IMG_4656
こうしてワイヤーを繋ぐ金具の角度に型を取る。



IMG_E4657
アルミ材にクレビスと3mm ボルト用の穴を開ける。



IMG_4672
これを切り出し型に合わせて曲げておきます。こんなの普通キットに付属してくる部品だぞ!どうなってんのこのキット。


IMG_4674
3mm タップでネジを切ります。



IMG_4675
M3 キップボルト。



IMG_4676
両側の位置はピッタリにね。



IMG_4681
これが製作した取付金具。



IMG_4686
IMG_4687
クレビスを上下に付けてみましょう。通常モスですと張線を付けたクレビスを20ヶ所取り付けなければなりません。しかも飛行場で組立毎にですよ。そんなことしたら組み立てたらお昼で、おにぎりを食べたらすぐに分解を始めないと日が暮れてしまいます。これを4か所に減らす工作です。


IMG_E4678
アジャスターストッパーは、翼支柱にたすき掛けするワイヤーの代わりにカーボンロッドを掴ませます。


IMG_4688
これでほぼ下準備が完了。実際の張線作業は両翼を取り付けてバランスを見なければなりませんから先ずは工作室を片付けてスペースを作る必要があります。



IMG_4806
必死に片付けた工作室。



IMG_4808
工具や部品も整理整頓。



IMG_4809
これで作業が出来ますね。



IMG_4896
飛行機が小さく見えるようになりました。



IMG_4897
でも部屋いっぱいですが。



IMG_4862
これが購入した電動チビ CUB。



IMG_4898
キット内容はこれ。殆ど出来てると言って良い。



IMG_4899
モスには端に除けてもらい工作スペースを作る。



IMG_4900
この飛行機ならこれだけあれば十分だ。



IMG_4913
窓は、シールが貼ってあるだけだがパイロットらしき人が乗っている。月にウサギがいるかどうかぐらいだが。


IMG_4902
アラスカブッシュパイロット短距離離着陸仕様で大きなバルーンタイヤが付属するが・・・・



IMG_4895
別途で購入しちゃいましたよビックアップル。



IMG_4903
ちょっとデカ過ぎた感満載でありますがキャラってことで。



IMG_4904
ノーマルバルーンタイヤは、20.5g。



IMG_4905
ビックアップルは、3倍以上の65.0g であります。



IMG_4906

やっぱ太いがカッコいい!



DSC_4209
DSC_4216

本当は、こちらのデカ CUB でボよョ〜ん着陸やりたいんだけれど中々怖くて出来ません。なんでチビ CUB で練習します!そんでもって明日の火曜日も雨模様(涙)

この動画実機です!



 

Tiger moth 買いました!(その27)【橋輪Blog】

パイロットに搭乗願う(その2)

IMG_4588

いや〜雨続きますね。このお天気では屋外での撮影もままになりません。なわけで今夜は社長室よりお届けする。座席(本当は背もたれだけ)が完成したところでパイロットに搭乗願おう。

IMG_4589
背もたれしかないのでシートベルトは必須であります。



IMG_4590
シートベルトは、おばさんのホームセンター Sanki。ほんと色々なもん売ってます。



IMG_4591
購入したのはシルバーのリボンと小さなマイクロバックル。



IMG_4592
バックルはなんと130円。



IMG_4593
しかもお腹のアールに合わせた形状。



IMG_4594
本当に外れます。



IMG_4596
「おお、これは良いベルトですね」



IMG_4595
「でもぼくはアクロバットやらないので2点でOKです」



IMG_4602
それとこれ操縦桿ね。



IMG_4603
「ん、手にしっくり来るね」



IMG_4604
足は、ベルクロバンドで縛っちゃえ。



IMG_4606
シートベルトは裏で蝶々結びだ。



IMG_4607
ん、ばっちり締まってる。



IMG_4609
操縦桿もいい感じ。



IMG_4610
実際に機体に搭載するとお尻のすぐ下に昇降舵操作用のワイヤーが2本迫ってます。



IMG_4611

IMG_4612

IMG_4614

IMG_4615

お尻の割れ目をステンレスワイヤーが行き来してるのは分かるけどもう少し潜り込んで座ってくれないかな。


IMG_4679

そうそうそう、そんな感じ!



記事検索
Archives
  • ライブドアブログ