社長室

DAHON / tern 価格改定でプライスカード製作(その2)【橋輪Blog】

DAHON / tern 価格改定でプライスカード製作(その2)

IMG_4676

プライスカードここまで出来ましたよ。「え〜それ作るのに3日かよ」いえいえ第一でしたので火水連休でしたから。今日は何とひょうが降りましたね。比べ昨日は最高のお天気でした。勿論ラジコン行ったんですがまたしてもトラブル発生!

IMG_4674
飛行場は、タンポポが咲き乱れとても綺麗でした。ファーストフライトは地上でエンジン7800回転。上空ではギンギンに回って絞り過ぎでエンスト。無事グライドで着陸しましたが、セカンドフライトの後半エンジンフルハイでフリーズ。パニックの中キルスイッチでエンジンカットして降ろしました。これ前回と全く同じトラブルです。


IMG_4677
ま飛行機は無事でしたが。



IMG_4679
前回はキルスイッチもすぐに作動しなかったのでレシーバーを疑いました。



IMG_4680
でもってレシーバーとキルスイッチを新品にして臨んだのですが全く同じトラブルに見舞われました。



IMG_4678
キルスイッチはともかくスロットルコントロールのサーボ自体がフリーズしたようです。とりあえずサーボを修理に出そうと思います。

そうそうタンポポって夕方になると花びらがつぼんで行くのですね。

知らなかった





マイホーム超リアルフライトシュミレーター【橋輪Blog】

マイホーム超リアルフライトシュミレーター

本日は、スタッフ1名キャンプ休暇に年度末の棚卸とバタバタだったので社長室よりお届けする。

IMG_4194
オールドタイマー機風に改造した新造機。1か月前のファーストフライトの写真です。



IMG_4224
タイヤを見るとタキシング数回と2フライトだけだったのにタイヤ表面がボロボロです。やはり電動機用超軽量バルーンタイヤでは耐久性に難が在りそうです。


IMG_4226
手持ちの DU-BRO タイヤに交換します。



IMG_4259
少しノーズヘビーになるくらい重量は重いです。外径は若干小さくなってしまいましたが、よりワイドに。


IMG_4260
ホイールキャップを付けてみました。



IMG_4261
この方がいいですね。



IMG_4262
機体のピンクに合わせて塗装っしてみます。



IMG_4264
刷毛塗りですが奇麗に塗れました。



IMG_4622
可愛くなったんじゃないでしょうか。



IMG_4185
昨日の火曜日に2度目のフライトに臨みましたが、あいにくのクロスウインドウ(滑走路に対して真横風)となってしまい飛行を断念しました。

そこである方に電話「今から遊びに行ってもいいですか?」先日、自転車のメンテナンスに来られたお客さんに話を聞くと双発までのアマチュアパイロットライセンスをお持ちで、何と自宅にシュミレーターが有ると言う。「どうぞ、どうぞ、お待ちしています」


IMG_4618
セスナ172 のシュミレーターフルセット。巨大な PC 本体の載るデスクの下には輪行バックに入った BD-1。


IMG_4619
デジタル表示ではあるが計器類も完全装備で ATC やスイッチ類も全て稼働。

1時間30分ぶっ通しで木更津⇒羽田間を14フライトさせて頂いたが左腕がパンパンになった。システムも徐々にアップグレードしているみたいで世界中の空港のデータが入ってるんだって。そうそうサウンドも凄くて本物のライカミングのエンジン音が腹に響き渡ります。そのうちコントロールに合わせてアクチュエーターで部屋が傾いたりして?

また素晴らしい友達ができちゃった!



形見のボクサー SAITO FA60T(Maiden Flight 編)【橋輪Blog】

形見のボクサー SAITO FA60T(Maiden Flight 編)

本日は、DAHON インターナショナルモデルで福生市から70km 走行して来たって方が来店されました。オリジナルパーツは、ハンドルポストぐらいでフルカスタムされたそれは、100万円を超えてるそうです。明るかったら写真撮らせてもらいたかったです。次は、ぼくのKIMORI COROSSUS HR に試乗に来てくださいね!

IMG_4182

さて15回にも及んだ「形見のボクサー」も1年がかりで完成し、やっとフライトフィールドに持ち込む時がやってきました。本来ならば初飛行は、穏やかな日に臨みたいところですが、エンジンをとにかく掛けてみたくて昨日の風吹く水曜日飛行場へと出かけてみました。

IMG_4185
飛行場は、北の風5〜6m / s で滑走路に対して真横風です。初飛行はやめておいた方が無難です。我慢するのも飛行機模型のうちですから。


IMG_4184
組み立ての際、主翼が飛ばされそうになるなか車を風よけにしてエンジン始動に臨みます。



IMG_4183
最後に回してサイドボードにどれくらいの間飾ってあったかは推測できませんが、形見となってから約20年回してないエンジンです。チョークバルブでキャブを塞ぎ、その乾ききった喉にオイル分たっぷりの燃料を吸わせます。


IMG_4187
先ずは、左シリンダーにプラグヒートしスターターで回すと「ポロポロポロ」とあっさり掛かるではないですか。次にプラグヒートを右シリンダーに移すと「ピーーー」と甲高い音に変化して両シリンダーが点火しました。メインニードルは、1回転半戻しでピークを迎えタコメーターは、11500 rpm を表示しています。20年の眠りから覚めた古のエンジンとは思えません。スローニードルは、規定値より5分絞った位置で安定したアイドリングが得られました。 


IMG_4190
あまりにも短時間でエンジン調整が決まったのでタキシング(走行試験)だけでもと滑走路を走らせました。オールドタイマースタイルの脚に改造したためプロペラがタイヤを引っ張るのではなく脚を押す形となるためグランドループ(スピン的な)に入りやすい傾向にありますが、嬉しそうに走り回っています。その姿はローライダー。実にカッコいいです。


IMG_4192
今日は、ここまででも十分楽しめました。その時・・・・



IMG_4193
あれ、風向きは変わりませんが、さっきよりは幾らか風が弱くなったような。亡くなった元このボクサーエンジンオーナーが昔、良く言っていた言葉を思い出しました「橋本さん風が強くて飛行機飛ばなかったら戦争負けちゃう」ってね。



IMG_4194

そして15:20 無事初飛行に成功! 一人だったのでフライトシーンの撮影はありませんが、本日2フライトで帰路に付きました。今夜の晩酌は旨そうです。

山野辺さ〜ん! 飛んだよ〜!

晩酌しながこの写真を見て今日の初飛行を振り返ると、ぼくの目からもオイル分たっぷりの燃料が一滴こぼれた。








形見のボクサー SAITO FA60T(完成編 誕生日スペシャル)【橋輪Blog】

形見のボクサー SAITO FA60T(完成編 誕生日スペシャル)

15回にも及んだ「形見のボクサー SAITO FA60T」もいよいよ完成編であります。

IMG_3945
組み立て説明書によれば重心位置は、前縁から110〜115mm。



IMG_3862
ここね。ここで前後バランスする位置にバッテリーを積む。



IMG_3899
バッテリーは、エネループ・プロからの自作 Ni-MH 2450mAh。



IMG_3897
バッテリーベースをこさえた。



IMG_3898
発泡材で作ったバッテリーケース。



IMG_3900
搭載完了。



IMG_3895
IMG_3896
IMG_3901
IMG_3902
バッテリー位置が決まったので充電口付スイッチを付けた。



IMG_3919
リードハーネスも完了。



IMG_3903
各舵の動きをチェック。



IMG_3910
プロペラのスピンナーナットを本締めしておこう。



IMG_3911
あれ穴にレンチが刺さらないぞ?



IMG_3912
あらプロペラシャフトが長いんだ。5mm 厚のスペーサーが必要だな。



IMG_3914
バイク用品店で外径26mm 厚さ5mm のアルミカラーを発見!偶然にも外径厚みはピッタッしだ。



IMG_3913
ただ7mm のプロペラシャフトに内径が合わない。



IMG_3915
アルミカラーは、内径10mm。8mm 変換用段付きワッシャも同時購入。



IMG_3916
丁度ピッタリだったアルミ製のホイールストッパーを叩き込み内径7mm に仕上げた。



IMG_3917
IMG_3918
これでバッチグー!



IMG_3959
最後のウインドシールドの取り付けは、カーエンブレム用両面テープと、



IMG_3960
飾りビスで装着。「あれパイロットは?」



IMG_3963
IMG_3964
IMG_3965
IMG_3966
IMG_3962
IMG_3968
IMG_3967
IMG_3969
たいがいぼくは、パイロットフィギアを乗せる質だが、



IMG_3961
今回だけは、オールドタイマー機に倣って乗せないこととする。これにて完成!



IMG_4013




IMG_4014




IMG_4016




IMG_4015




IMG_4022




IMG_4018




IMG_4019

殆ど出来上がってるARF(オールモスト・レディー・ツーフライ)機なのに完成まで1年かかってしまった。そして今日は、ぼくの58才の誕生日。この機体買ったのが、昨年の2月26日で「形見のボクサー SAITO FA60T(その2。同く2月の12日が、一回目の「形見のボクサー SAITO FA60T」だから丁度1年になる。この機体製作も随分楽しませてもらったな。

本当にこの非力なエンジンで飛ぶだろうか?





形見のボクサー SAITO FA60T(その14)【橋輪Blog】

形見のボクサー SAITO FA60T(その14)

95%完成に迫ったオールドタイマー風に改造したレインボー2000。今日は、スロットルのリンケージと燃料タンクの搭載であります。

IMG_3828
エンジンコントロールサーボの搭載とリンケージ。



IMG_3832
燃料タンクは、260cc を選んだ。



b6d709c5
プロペラ付けてみっかね。



IMG_3848
エンジンを製作した斉藤製作所に聞くと11×6が適合らしい。



IMG_3847
ん、カッコいい!



IMG_3850
後ろから眺めるパイロットも乗りたそう。



IMG_3863
これで受信機用バッテリー以外搭載するものは全て積んだ。最終的に重心位置を見るために主翼を取り付けてみる。



IMG_3869




IMG_3870




IMG_3862

やはり狭い部屋の中ではスパン2m はでかいな。そして明日の天気予報は、12:00 時点で西北西5.7m / s の気温6°c。明日は、ラジコン行けないな(涙)

次回につづく、



記事検索
Archives
  • ライブドアブログ