社長室

Tiger moth 買いました!【橋輪Blog】

Tiger moth 買いました!

DSC_4240

先生の MOULTON APB その17 の予定でしたがブレーキシューを注文するのを忘れてました。よって社長室よりお届けします。

DSC_4235
壁に掛っているのが以前飛ばしていたタイガーモスです。でもって下の青いマグロみたいのが今回購入した1/4タイガーモスです。


DSC_4236
これがスパン(翼長)1m ちょっとで、



DSC_4237
こちら2.235m ですからおおよそ倍の大きさになります。楽しみです。

しかしどんだけモスが好きなのか。あっいけね、本日、ペイデー前日&これから柏市商店連合会総会出席のため今夜は再放送でお届けする。

2013/7/15の記事より

タイガー・モス搭乗記 in イングランド

IMG_1559

 K.B.ハウスの片付け物の中から古い写真が出てきた。全てを整理するには、ちと時間が掛かるが、取りあえずは探していた懐かしいアルバムが見つかった。


IMG_1539
                        THE TIGER CLUB

今年1月に大雪が降った日のBlog「スノーストライダー」の記事で触れた、イギリスはケント州にあるヘッドコーン・エアフィールドというとても小さなローカル飛行場へ、タイガー・モスという古典機に乗りに行った時の写真

IMG_1540
ナンバリングされた羊がエプロン内に沢山いる喉かな空港



IMG_1541
 第一次大戦頃の複葉機タイガー・モスがこれです



IMG_1542
前後に分かれた複座の練習機で、オープンコックピットのため飛行服と皮ジャン、ゴーグルとフル装備で行ったのだが

この日は、天気は良いものの強風が吹いていて「この手の機体は風に弱いので、止むまで待ってね」とのこと


IMG_1543
クラブハウスで待っていたら何やら物騒な機体を引っ張り出してきた。こんな飛行場にAT-6があるのか?


IMG_1544
と思ったら普通のカッコした夫婦が乗り込み(後部座席が奥様)離陸した。するといきなりアクロバット飛行を始め、しかも我々の頭上、飛行場の真上でだ!なんちゅうー国だと思ったね。


IMG_1545
こんなのもいたな。ロシアのYak だ。カッコ悪(特に足が)



IMG_1546
こちらはホームビルド機。フォルクスワーゲンの空冷4気筒エンジン(自動車の)を積んだ自作機で一人乗り。
ぼくは英語がからっきしダメだが、彼とは1時間程話した。(飛行機の話ならなんとかなる)
寒風吹く中、一人離陸して行った。「よくまーこんなんで飛ぶよ」


待つこと2時間

IMG_1547
するとパイパーカブが降りてきた。日本ではもう乗れない古の機体だ。

「カブでもいいよ」と言ったら「料金は同じだけど」と。もちろんOKした。それなりの出で立ちで来てたので「パイロットライセンスは持っているのか」との問いかけにジョークで「ラジオコントロールパイロット」と言ってやった。


IMG_1548
「窓をきれいにするならこのクリーナーが一番さ」とパイロット。黄色いボディーは骨組みに布を張っただけの物。



IMG_1549
    質素なインストルメントパネルに心躍る



IMG_1550
後部座席に収まるぼく。前後席共に同じ操縦系統が備わる。カブのくせにシートベルトは4点式でヘットセットも付いて会話ができる。この時ぼくは、体が小刻みに震えていたのを覚えてる。頼りなく古い機体への恐怖心ではなく、嬉しさでいっぱいだった。


いよいよ離陸!

IMG_1551
エンジンはライカミングの空冷4気筒で、セルモーターは付いていない。昔の戦争映画よろしく、”手がけ”だ。メカニックが操縦席に座り、ペラを回すパイロットが「スイッチOFF!」 するとメカニックが復唱「スイッチOFF!」 圧縮が掛かる位置にまでペラを回し「コンタクト!」メカも「コンタクト!」
全身の力を込め野球のピッチャーのようなフォームでペラを振り下ろすと一発でエンジンが始動した。やらせて貰いたかったが、”手がけ”より”命がけ”なので止めといた。


IMG_1553
離陸し高度を取るとすぐ、ヘットセットからパイロットの声が聞こえてきた。
「ユーハブ・コントロール!」遊覧飛行をリクエストしたのに何やらサービスがいいなと思いながらも「アイハブ・コントロール!」と返しスティック(操縦桿)を握った。

すると「あそこに城が見えるだろう」「カメラは持ってきたよな」「写真を撮れ」ぼくはポケットから使い捨てカメラを出した。城には興味がなかったが言うとおりにカメラを向けた。
「もっとバンクを取れ」機体を傾けろと言われ、カメラのファインダーを覗きつつスティックを左に傾けた。
「もっとだ」すると20°バンク位からどんどん傾きだした。
ワイヤーリインケージの遊びが多く、30°で止めるには逆陀を打ち続ける必要があった。
そんな操作、素人に解んね〜だろうに、よく任せんなこのパイロットと思った。

タイガー・モスと同じ料金じゃ悪いと思ったのか「海まで行こう」とサービスしてくれた。
相変わらず、機はぼくの操縦のもと、海岸で旋回、帰路に付く。

やがて飛行場に近づいたころ「ランウェイが見えるか」と聞かれ「ノー」と答えた。
「エンジンの回転を下げろ」と指示され、サイドウインドにあるスロットルレバー(こんなところにあるヘッポこレバーがスロットルだなんて知ってるやつはそーいないと思ったが、ぼくは知っていた)を手前に少し戻した。

「フラップを下すぞ」「ランウェイはすぐそこだ」とのパイロットの声。

「ちょっと待てよ」小型機の操縦は上空で何度も体験させて貰ったことがあるが、着陸はおろか離陸だってしたことない。

これはヤバイと、とっさに「ユーハブ・コントロール!」と叫んだ。

スティックは彼の手となりカブは無事ランウェイに滑り込んだ。

このパイロットは、ぼくがジョークで言った「ラジオコントロールパイロットだ」を「パイロットライセンスを持っている」と勘違いしたのか?あわや二人で心中するとこだった。

「ありがとう」と言いクラブハウスを出ようとしたら、さっきのパイロットがタイガークラブの色紙みたいのに何やら書いて渡してくれた。

そこには「あなたも今日からパイロットです」と書いてあった。

恐るべしイギリス人

タイガー・モスには乗れなかったが貴重な体験だった


最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修19!【橋輪Blog】

最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修19!

皆さん、大型連休は如何お過ごしだったでしょうか。橋輪も後半4.5.6日と連休を頂きましたが、この3日間風が強かったですよね。唯一風が無かった6日の午前中に一年半がかりで飛ぶようになった最新鋭戦闘機 FOKKER D. の初飛行に臨みました。

IMG_3210
この時期つがいのキジが多く見られます。



IMG_3211
飛行場へと向かう道ですが、横に逃げればいいのにちょっと進んでは立ち止まり「飛行場はこっちですよ」と誘導してくれてるみたい。大丈夫ですよ通いなれた道ですから。


IMG_3203
久々の休日の飛行場。クラブメイトが沢山来ています。



IMG_3212
本日の最大の目玉は、間違いなくぼくですね。行き付けのラジコンショップ RC DEPOT メカニックのMさんから強烈な頭上げになると予想されるよとのアドバイスを受けております。パラソル翼に対してエンジンの推力線が下方にあるのでそうなるのだそうです。

それと尾ソリのためタキシング(地上走行)時の方向転換が難しい、メインギヤ(前車輪)のトレッドが異常に狭く転びやすい、などの問題もあります。

スクラッチビルドの機体なのでどうなるかは誰にもわかりませんが、プラモデルではないので勇気を出して離陸してみます。

同じエンジンを搭載するコルセア(以前に動画をアップ)所有のクラブメイトT氏にサポートをお願いし、動画は、Y氏にお願いしました。

機は、4スト3気筒の実機のようなサウンドをあげながら滑走路を離陸。クラブメイトの拍手喝采が起きた直後、予想通りの激しい頭上げと左ロールが発生!

DSC_4038
ここでラジコン機の操縦法をレクチャー。



DSC_4039
左右でこのようにコントロールします。



DSC_4041
先ずは、どんどん左に傾いてくる機体をエルロンで右に抑えます。



DSC_4040
同時に、やりたくないのに勝手に宙返りを始める機体をエレベーターダウンで抑え込みますが、右手も左手も舵を打ちっぱなしですからトリムスイッチを操作する余裕がありません。すかさずT氏がトリムスイッチを操作してくれました。「こんなもん、T氏」「まだまだ、ぼく」機体が安定するまでかなりの時間を要しました。1人だったら100%墜落だったでしょう。


IMG_3217
着陸後の水平尾翼を見てまた驚きました。



IMG_3218
普通は、赤と青の線がほぼ一直線ですがこれだけ狂ってたわけです。



DSC_4043
トリムモニターを見ると青のエルロントリムが右に80、エレベーターダウンが100%です。こんな飛行機初めてです。これは主翼の取付角を変更して迎角を減らさないといけません。


IMG_3219
それでは「レッツ・ゴー!」



滑走テストズッコケ編





恐怖の5分25秒



最後にローパス(滑走路上を低空でパス)もう一回とのアドバイスを貰っていながら早く地上に下ろしたくって強行着陸。進入スピードが速すぎるのと着地寸前のエレベーターアップが引けてない酷いランディングでしたが滑走路末端ギリギリで無事停止。何とかファーストフライトを成し遂げました。この場をお借りしてT氏、Y氏に御礼申し上げます。

なんかラジ技の記事みたい

最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修18!【橋輪Blog】

こんな本を買ってみた

DSC_3959

今日、こんな本を買ってみた。「落ちない飛行機への挑戦」久々に楽しそうな本に遭遇した。これから読むのが楽しみ。

1903年にライト兄弟が人類初の有人飛行に成功してから今年で115年になる。というかこれだけの航空技術の進歩に115年しか掛っていないとも言える。ライト兄弟が「ライトサイクル」という自転車屋を営んでいたのは有名な話で、ぼくから言えば自転車だけでも大変なのに飛行機を作ってしまうってのは凄いバイタリティーだ。多大な苦難を乗り越えたんだと思われる。時の人となった兄弟だが、兄ウィルバー・ライトが亡くなった後、弟オーヴィル・ライトは、自分たちが発明した飛行機が進化し原子爆弾を積んだB-29 が広島長崎に爆撃するのを目の当たりにするのである。



IMG_2675
さて実機は1918年に初飛行したドイツ最新鋭戦闘機 FOKKAER D.次この機体を買ったのは何年だったか忘れてしまったが、作業開始から1年半がたった。この機体には苦労した。


IMG_0616
出来てしまっている機内に燃料タンクなどを搭載するのが難しかったために考えたユニットエンジンマウント。


DSC_3024
DSC_3717
重心を合わせるために暗黒さんにお願いして製作して頂いたヘビーウエイトのスピンナーナット。



P4100214
これは先週の火曜日の写真だが、500回以上ハンドフィリップしたがエンジンが掛らなかった。原因は元々スターターを使って掛けるのが前提の設計でありキャブレターにチョーク機構(始動時に濃い燃料を供給する)が無いためであった。


IMG_3096
キャブレターを直接手で塞いでしまえばチョークとなるが奥まった位置にあるためアクセス出来ない。そこで無い頭振り絞って考えたのがこの注射器加圧作戦。普段は解放状態のエアー抜きパイプより注射器で圧縮空気を送り込みガスを強制的にキャブレターに送り込むって方法。これなら機体内部に手を加えることなくチョークできる。沢山の難関にぶつかったが何とか乗り切ることが出来た。



DSC_3536

そして本日思い付いたこと。変てこリヤディレーラーハンガーの為に作業が中断していた先生のAPB。良い案が浮かんだ。明日は久々”先生の MOULTON APB その9を。


こちらは、17日火曜日の撮影で、2フィリップで始動に成功しています。




最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修17!【橋輪Blog】

頸椎ヘルニアのお次は右腕の筋肉痛

IMG_3050

本日は、10m を超える強風が吹きましたね。撮影も出来なかったことから今夜は、社長室よりお届けする。
10日の火曜日は、とても穏やかな気象条件でした。暗黒さんに製作して頂いたヘービーウエイトスピンナーナットを装着して処女飛行に臨んだが。

IMG_3052
IMG_3054
果たして、4ストローク・ラジアル3気筒の60ccは、ハンドフリップで掛るだろうか?



IMG_3047
こちら黄色い機体は、先生の新作で、BREITLING MXS-R。ぼくのフォッカーは、ブレークインのため右奥のエプロンに駐機。



IMG_3046
飛行場には黄色い花が咲き誇っておりとても綺麗。と、ここからが汗だく!


チョーク機構が無いこのエンジンでは、キャブレターに燃料を呼び込むのに一苦労だ。キャブを指で塞いでしまえばチョークできるが、奥まったところに位置するのであともう一関節いる。考えた結果、燃料タンクの空気抜きパイプより注射器で圧力を掛け強引にキャブにガスを送り込む方法を取った。

パシャパシャとガスが来た。イグニッションスイッチをONにし、しっかりとペラを掴みながらクランキングすると圧縮上死点でガクンと微弱爆発の手ごたえ。これは掛りそうだとプロペラフィリップを開始。

ところがプルンとはいうがその跡が続かない。ぼくが300回、先生が200回ほどフィリップしたか。これが3気筒だと圧縮が高まるところを探すのが難しい。渾身の力を込めてフィリップするが、これがスカっと抜けた時のかなぶり感が二の腕に大きなダメージを与える。

本日は、処女飛行どころかエンジンも掛らずじまいで終了!明日は、箸も持てないだろう。



思い返してみると2015年1月7日の新年【橋輪Blog】でラジアルエンジンを買うと断言してたんですね!


以下、201/1/7の【橋輪Blog】より

この様なレイアウトのエンジンを星形エンジン(ラジアルエンジン)と呼ぶが、現存する星形エンジンの全てが奇数の気筒数を持っており偶数は存在しない。(この9気筒エンジンを複列にすると偶数になる)

何故、奇数なのかは点火順序がキーポイントになります。航空機エンジンは4サイクルエンジンで、正確には4ストローク1サイクルエンジンと呼びます。

ピストンの吸入・圧縮・爆発・排気の4ストロークの工程をこなすにはクランクシャフトは2回転しなければなりません。1番シリンダーが1回の爆発を終了するには、360°×2=720°必要な訳です。

IMG_5827
現在では模型用星形エンジンしか存在しませんが、構造が簡単な3気筒で説明します。.轡螢鵐澄爾亮,廊▲轡螢鵐澄爾爆発しそうですが、そうは行きません。先ほどの720°を気筒数の3で割ると240°となり、240°はなれたが次の爆発です。次が△如↓,北瓩蠅泙后---,任后8世なを変えれば奇数でないと初めの,傍△辰突茲譴覆い里任后



IMG_5828
5気筒は144°でご覧の通り。



IMG_5830
ライトサイクロンの9気筒は、80°になります。



IMG_5829
問題なのは、5気筒。720°は7で割ると102.857・・・と割切れないのだ。


模型用7気筒星形エンジンを製作しているOS(小川精機)に電話してみた。

「すいません今、お宅の星形エンジンの購入を考えているんですが、(本当は買う気も、お金も無いが)気になってしょうがない事があるんですけど教えて頂けますか」と聞いたら、「後日連絡します」との回答。

「買う気もねーのに、オタクめが、」ってなもんかと諦めていたら翌日、設計担当者から電話が来た。「そうなんですよ7気筒は割り切れないんですよ。良く気付きましたね」 「うちでは正面から見て、目立ちにくい4番5番シリンダーの鋏角を微妙に変えてます」


IMG_5826
い鉢イ隆愀犬102°でそれ以外は103°ってことか。

OS さん、冷やかし電話に真剣に回答下さって、ありがとうございました。これでOSさんとの信頼関係が完全となった。将来絶対買いますから。


てな内容でした。でも点火タイミングに関しては完全解決ではありませんでしたが後日分かりました。7気筒は割切れないのならプラグ点火のピックアップタイミングがずれるってこと。だがこの7気筒模型エンジンは、OSさんのグローエンジンでしかなく、グローならディーゼルエンジンと同じ自然爆発なのでエンジン側がピックアップのタイミングを与えなくとも適切に爆発するってこと。なので実機には、7気筒が存在しない。


飛行場の帰りに行き付けのRCDEPOT へ。メカのMさんがあっさりエンジン掛けてくれました。そしてこのエンジンの始動要領を伝授して頂きました。能書きはあっても始動テクは無かったってことです。

あ、いっけね〜、OSさんに義理があったのにSAITOさんのエンジン買っちゃってた!



ボロボロとはいえ、一度魂宿ってますからね【橋輪Blog】

ボロボロとはいえ、一度魂宿ってますからね

IMG_3033

解体したシングルベットの廃棄。これだけの大きさですと普段のゴミには出せませんから軽トラックに積んで柏市南部クリーンセンターへ向かいます。ついでと言っては何ですが、ごみ処理センターでしか扱てくれない物も一緒に。友達のラジコン飛行機3機です。25年ほど前になりますか、ラジコン飛行機趣味を再開したころ一緒に始めた友達が作った機体です。あれから、あちらの倉庫こちらの倉庫と預かりっぱなしで今は、埃にまみれてボロボロです。良くこれまで取って置いたと思いますが、遂に廃棄の時がやってきました。

IMG_3036
当時の定番入門機「ムサシノ模型研究所プレーリー号」。これは彼が初めて作ったキットです。胴体と羽は、パンツのゴムでばってんに縛ります。衝撃を受けた際、ゴムが外れて大破を免れるという当時のセオリーです。早くパンツのゴムから卒業したくて一生懸命練習したもんでした。


IMG_3037
初の低翼機に挑戦した今は亡き吉田ラジコンのオヤジが作ったオリジナル機。4サイクルエンジンを搭載したのも彼が先でしたね。


IMG_3034
こちら彼が初めて手掛けたスケール機。おそらくシグ社のパイパーカブです。どの機体も仕事をやらずしても完成までに3か月は有するキットでした。


IMG_3038
エンジンは、中身が完全に錆びついて回りもしません。ボロボロとはいえ、一度魂宿ってますから飼い犬を捨てに行くような心境であります。



IMG_2992 - コピー
4月5日(木)PM4:40 橋輪から5km 離れた南部クリーンセンター到着。グリーンのランプは確認できますが?


IMG_2992
何故か測りの前にパイロンが。おっと受付が4:30まででした。



IMG_3007
気を取り直して翌日AM10:30 今度は受け付けてくれました。



IMG_3011
いざ建屋の内部へ、



IMG_3012
厳重な二重扉を経て、



IMG_3013
すると中にいた係員が解体したベットを見て「木材ですがこれ金具が付いているからここでは扱えません」と。無論木製の模型飛行機にもエンジンが付いていた。


IMG_3014
北部クリーンセンターを進められ退場することに。



IMG_3015
どうやら捨てられたくないようだ。



IMG_3041
4月7日(本日)午前中に10km ほど離れた北部クリーンセンターへ向かった。



IMG_3039
こっちはあっさりしたもんで、No3 の係員がこっちこっちと手招きしている。


何を考えたか少しグズられることを期待して「金具とか付いちゃってるんですけど〜?」 機体を両手に鷲掴みした係員「ああ、これくらい大丈夫、大丈夫!」・・・・・



IMG_3040

3機の最後の飛行は、深い奈落の底へのフリーフォールだった

記事検索
  • ライブドアブログ