社長室

形見のボクサー SAITO FA60T【橋輪Blog】

形見のボクサー SAITO FA60T

IMG_0339

今夜の【橋輪Blog】は、社長室よりお届けします。30年以上も前の古いラジコン飛行機用エンジン SAITO FA60T です。斎藤製作所(今でも名機を製造し世界中にデリバリーしている)の4ストローク水平対向2気筒エンジンで排気量は、30(ラジコン用語でサンマルと読む)×2の60(60キュービックインチだから約10cc)です。おそらくパワー的には、単気筒の40クラスほどしかありませんが、雰囲気とサウンドを楽しむエンジンです。実はこのエンジンある方から(直接ではないが)頂いたものです。我が柏ラジコンクラブ創設期より関わっていた方で当時よく「あれ橋本さん今日は飛ばさないの?」なんて言われ「ちょっと今日は風が強いので」と答えると「風吹いて飛行機飛ばなきゃ戦争負けちゃう!」ってよく言っておられましたのを思い出します。もう亡くなられて20年位になりましょうか、お葬式があったのも知らず1ケ月後ご自宅にお線香をあげさせてもらいに行った時のことです。「よく来てくださいましたどうぞお上がり下さい」お邪魔するとリビングのサイドボードにエンジンコレクションがずら〜りと飾られておました。ここで意外な奥さんのお言葉!「私お返し物しないからどれか好きなの持っていって下さいな」「え!いいんですか?」「それではその端っこにある一番小さいのを頂きます」てなわけで一番価値のありそうな FA60T をもらっちゃったんであります。その晩は故人を偲びつつ、このエンジンを眺めながらの晩酌となりました。それほど造形美の美しいエンジンなのです。

IMG_0507
BMW モーターサイクルのボクサーツインを連想する水平対向シリンダー。現在のセスナなどもこのシリンダー配列が今でも主流で4気筒または6気筒のフラット4 / フラット6 になっています。


IMG_0695
60クラスではかなり重量級の806g。単気筒よりパワーがないのは、部品点数が多くなりフリクションロスが多く発生するため。でもメリットもあるわけでお互いのピストンが相殺しあい無駄なクランクカウンターウエイトを必要としないため振動が極少なくスムースな回転上昇を見せること。


IMG_0696
エンジンを回した形跡もあったが、右側のロッカアームカバーに傷を発見。墜落を経験したに違いない。結構楽しんだんだろうな。


IMG_0505
特にカッコいいのがこの中央に寄せられた直管(サイレンサーなし)のストレートマフラーで、古のオートレーサー(ギャンブルレーサー)のようだ。


IMG_0506
ぼくが知っているこの手のマフラーは、洗濯機の排水パイプのようなダサい蛇腹型しかないが、斎藤製作所に聞いてみたところ最も初期の FA60T だそうだ。



IMG_0338

久々に引っ張り出した SAITO FA60T。タペット調整と給油を施し各部ビカビカに磨き上げた。下手な香典返し(失礼)より思い出の沢山詰ったこのエンジン。そろそろぼくも楽しませてもらおうかな。

搭載する機体選びもまた楽し!




みなさん明けましておめでとうございます!【橋輪Blog】

みなさん明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。2020年の橋輪仕事始めは本日6日からですが、ぼくは午前中に恒例の柏市長との顔合わせ。お昼前に出社するとスタッフ二人はマスク顔。午前中に診察を受けたタケシはインフルエンザとの診断を受け直ちにお昼でフェードアウト。シュンは、午後の診察でインフルエンザの治りかけとの診断。休み明けの本日月曜日は、パンク修理祭となりました。よって今夜は社長室よりお届けします。

IMG_0291
飛行場閉鎖から3ヶ月近く。暇なもんだから持ってる飛行機全部完全整備完了。右から60、70、50、35、隣の部屋の32cc のガソリンエンジン機が5機。


IMG_0290
グローエンジン機が4機に電動パワーソースが4機。これら全て何時でも飛べるよう整備した。今回注目は壁にかかった一番左の黄色い蚊トンボみたいなやつ。


IMG_0275
お正月にこれ飛ばしました。ぼくがラジコン習った一番最初のモスキートモス号という機体であります。バルサキットから作った思入れの機体です。多分初めて習った機体を今でも飛べる状態で保存しているラジコンパイロットは少ないとと思います。エルロンのない3チャンネル操縦で主翼と胴体の接合は、白いパンツのゴムです。当時の設計では、クラッシュした際ゴムが外れて多少は被害が大きくならないと言う考えです。パンツのゴムから卒業したくて毎日一生懸命朝練に通い詰めたころを思い出します。


IMG_0281
2020年1月3日飛行場の帰りに iPhone 11 PRO にて撮影。

何か初心に戻った気分でした。今年も橋輪を宜しくお願いします。

みなさんインフルには、お気を付けて!



脚フェチなもんで!【橋輪Blog】

脚フェチなもんで!

IMG_0075

明日一日では大掃除が終わらない気がして本日から始めちゃったもんで今夜は社長室よりお送りします。完成したタイガーモスの脚なんですが、いくらセミスケールモデルだと自分に言い聞かせてもこの小型機のような針金脚ではちょと納得いきませんので、ストラットカバーを作ってみます。

IMG_0251
見て見てインストラクションマニュアルには、ちゃんと絵が載ってるのにそんな部品キットに入ってないんだから。酷いキットだが最後まで楽しませてくれます。


IMG_0104
先ずは6ッのブロックのバルサ板を接着。



IMG_0111
こんな感じ。



IMG_0110
ピッタリ合いますね。



IMG_0112
これに流線型のガイドラインを書き込みます。



IMG_0113
カンナで大まかに削って行きます。



IMG_0140
仕上げはサンドペーパで。



IMG_0142
これ実に楽しい作業であります。



IMG_0143
こんな感じで生地完成。



IMG_0163
ちょっと合わせてみましょう。



IMG_0164
ん〜いい感じです。



IMG_0166
翼に合わせたシルバーのフィルムを張って行きます。



IMG_0220
溝を塞ぐ角棒にも張りました。



IMG_0223
取付は、エポキシ接着剤。



IMG_0226
どうよスケール感チョイ増し!

飛行場閉鎖から2か月半以上が経過。あい変わらずラジコン暇人入ってます。お正月休みは行かれるだろうか?

明日、今年最後の【橋輪Blog】は、CIPOLLINI TT バイク完成編を!


【お正月休みのお知らせ】
12月30日より1月5日までお休みします。





”暗黒のドローン” 初ソロフライト【橋輪Blog】

”暗黒のドローン” 初ソロフライト!

IMG_0153

突然に暗黒さんがやってきた。「ドローンあげます」ハイスペックの DJI Mavic PRO とコンパクトな Mavic Mini を買ったので中間に位置するこの Mavic Air が要らなくなったそうです。誰にでも飛ばせるんですが、操作を間違えると危険なものになるのでラジコンの知識があるぼくにって事みたいです。今まで暗黒さんとは色々なものをやり取り(僕の場合ワンオフで何か製作してもらう方が多いが)していて、今回は物置をあげたお返しにドローンが来たみたいなもんですかね。ともあれ高価なオモチャ頂きましてありがとうございます。

DSC_9159
DJI Mavic Air このセットで130.000円ぐらいするそうです。



DSC_9161
アームを広げるとこんな具合。



DSC_9164
コントローラーには、アプリを入手したスマホをセット。



DSC_9165
これで飛行開始状態に。



DSC_9163
取扱い(今時は取扱説明書が付属しない)と操作の仕方は暗黒さんに教わったが、例えばスマホで電話が出来てインターネットが見れることは理解しがたいが、このドローンどのようにコントロールしているぐらいは、空物好的には知っておきたい。


DSC_9162
しばし眺めるとこうだと推測する。クワド(4)コプターなので4つのプロペラを持つが全て同じではない。大きな一つのメインローターを持つヘリコプターは、浮上してスキット(ソリ)と地面の摩擦が無くなるとローター回転の反トルクで機体が回り出してしまう。これを押さえるために尻尾の後ろに付いた小さなテールロータで反トルクを打ち消している。


DSC_9162 - コピー
良く見ると赤と黄色では、プロペラピッチが逆になっている。黄色が左回転で赤が右回転。互いが反トルクを打ち消し合っている。


DSC_9162 - コピー - コピー
次は、ピッチコントロール機構もないのに何故前進するのか? プロペラ回転計は持っているが飛行移動中は計測できないので推測だが、ヘリコプターがホバリングから前進する際、頭を下げるのと同じで前後のプロペラに回転の差を付けることで前進。逆にすれば後退。


DSC_9162 - コピー - コピー (2)
左右への移行は、同じくこう。



DSC_9162 - コピー - コピー (3)
それでは、その場での回転は? 先ほどの反トルク打消しのバランスを崩すことで回転。


初めはクレーンゲームのように「行って止まって回って進む」で目的地に到達できるが、飛行機のように自然で綺麗な旋回をさせるなら前進、横方向、回転の3舵の同調が必要になる。車でカーブするように回転の舵を大きく入れすぎるとオーバーステアになり横方向が多いとアンダーステアとなる。だがこれ綺麗な旋回を楽しむための飛行物体ではなく、例えば木の回りを1週撮影するってのが目的だからドリフトカーのように常にカメラが被写体を向いたまま旋回できる練習をするべきかな。


DSC_9166
このバック1個で出かけられる。



早速、昨日飛ばしてみた

IMG_0238
IMG_0239
IMG_0241
IMG_0240
IMG_0243
これラジコン飛行機ヘリコプターでは絶対ムリだけど一端コントローラーをおいて一眼レフに持ち変える。


DSC_9156
DSC_9157
ホバリング中のドローンを一眼レフで撮影。

ドローンにはあまり興味がなかったが、ラジコン飛行機が遠方に墜落した際、頼もしい捜索隊になると確信!

ありがとう暗黒さん


FOKKER D. に風防を【橋輪Blog】

FOKKRE D. に風防を

IMG_0015

12月に入り一気に寒くなりましたね。本日、ちと忙しかったので社長室よりお届けします。フォッカーパイロットも上空ではさぞかし寒いだろうから風防を新調しようと思います。

IMG_0029
IMG_0030
資料によると申し訳程度のウインドシールドが装着されている。デティールがはっきりしないのでそれなり風に作ってみたい。


IMG_0016
ステー部分に使うのは0.2mm のアルミ板。ぺなぺなだが L 字に曲げれば強度は十分。



IMG_0017
丸い胴体に合わせて鈑金した。三つの穴は、取付のためのタッピングビス用。



IMG_0018
ガラス部分は、先日機種変した iPone 11 PRO に付いてきたカバーのパッケージを使う。



IMG_0019
上面はラウンド型のようなので、



IMG_0020
こんな感じか。



IMG_0021
さて、ステーとガラスを接合するリベットを作るためにはんだ小手を用意。



IMG_0022
はんだの先端をちょこっと溶かせば、



IMG_0023
リベットの出来上がり。



IMG_0025
接合面にも穴を開けた。



IMG_0026
この時代にアルミ合金はそぐわしくないのでペイントしてみる。



IMG_0027
TAMIYA X-33 ブロンズ。



IMG_0028
何となく真鍮製みたくなった。



IMG_0031
こさえたリベットを適当な長さにカット。



IMG_0032
ガラス部にも穴を開けセットする。



IMG_0033
後は、ハンマーで叩いてカシメれば、



IMG_0034
IMG_0035
この通りしっかり固定された。


IMG_0036
リベットの頭も塗っておきましょうか。



IMG_0037
良い感じじゃないすかね。



IMG_0038
飾りビス3本で取付。



IMG_0041

カッコいいだろう!  ♪ 少しも寒くないわ ♪  ラジコン暇人入ってる。

明日は、飛行場行けるだろうか?




記事検索
Archives
  • ライブドアブログ