FUJI

富士号の整備(その4)【橋輪Blog】

富士号の整備(その4)

今日は、フレーム全体のクリーニングとハンドル周りを。

IMG_4342
富士山形のテールは錆びてリフレクターも割れています。



IMG_4343
テール下の郵政マーク(〒)は、今回のクリーニングで完全に消えるかも。


IMG_4345
フレームを気合い入れて磨きます。ウエスは赤く染まり磨くというか一皮剝けた感じ。


IMG_4346
リヤキャリアも外してバックフレームを磨く。



IMG_4347
FUJI のプレスマークが入るリヤフェンダー。三角形なのが魅力。



IMG_4348
取付ボルト等は、殆どねじ切れんばかりに錆びていたんで新品に。



IMG_4349
チェーンケースに昔カシューで書いた文字。電話は今でも繋がりますよ!ベスパ屋にかかっちゃうけど。


IMG_4350
車体磨きは、ほぼ終了。結構時間掛ったな。



IMG_4351
これ何ーんだ?ブレーキワイヤーの代わりのブレーキロッドです。上側の細い部分が短棒(当時これが切れることが多かった)で太い方が、らっきょ棒。こんなん新品持ってたかんね。


IMG_4352
フロントブレーキ用も入手困難であります。



IMG_4355
サドルスプリングも持ってるもんね!



IMG_4356
こちらは今でも入手可能な MKS 3000S。
(業務連絡 T さん MKS ナイロンストラップ入荷です)



IMG_4354
ハンドルバーもビカビカに磨きました。



IMG_4314
これからの・・・・



IMG_4353

これですからね〜! んン、実に気持ちがいい!

今夜はここまで



富士号の整備(その3)【橋輪Blog】

富士号の整備(その3)

IMG_4327

ハンドルポストは抜けましたが、コラム内はさびっ錆び。ヘットパーツは捨てですね。フレームの郵政RED塗装にあっては光沢が全く失われています。

IMG_4328
フロントフェンダーの取り外し。先端に施したイタリアーノカラーも剥げぎみ。



IMG_4329
完全に錆びたフェンダーステーは、しっかり錆を落とし自転車油で磨く。レストアではないので酸化被膜が形成されたあたりに止めておく。


IMG_4330
ヘッドワンも錆びついて固着しているのか?


IMG_4331
以外に挿入された部分は錆びてない。



IMG_4332
新品の鉄製ヘッドパーツ。



IMG_4333
クラウンレースを抜くか迷う。



IMG_4334
FUJI のロゴが入った飾りカバーが壊れそうなので止めておく。この頃の自転車は、やたらとマークが入る。


IMG_4335
磨いてみたらピッカピカ。新品のクラウンレースよりよっぽどメッキ、質ともに良い。



IMG_4336
錆取の大変さと楽しさを汚れた軍手が物語っている。



IMG_4337
新品のワンを圧入する。



IMG_4341

んン、実に気持ちがいい!

今夜はここまで


富士号の整備(その2)【橋輪Blog】

富士号の整備(その2)

その2では、難関乗り切るパワーツールをお見せしましょう!

IMG_4244
ハンガー分解は、一度やったのでグリスが残っているか確認して玉押し調整だけで終了。



IMG_4246
クランクアームの固定は、コッターピン式。これ確実な方法なのであります。



IMG_4247
FUJI のクランクキャップは貴重品。片側失くしてますが。



IMG_4314
ヘッドが異常に重いです。お客さんの自転車触ると「これヘッドにガタが出てますよ」とか「ヘッド詰まり過ぎ」とか言ってるくせに自分のもダメじゃん。毎日乗っててだんだん悪くなるのって意外と気づかないもんですね。


IMG_4316
IMG_4317
アッパーもロアーも錆び錆びです。



IMG_4318
FUJI の F から始まるフレームナンバー久々に見た。



IMG_4319
さーてハンドル抜きますよ!クイルステムのピンチボルト緩めて叩いて臼落として・・・・ってこれが潤滑剤染み込ませてもビクともしません。完全に錆びて固着しています。


IMG_4320
ここでパワーツール登場!



IMG_4321
正式名称わかりませんが、こんな大げさな工具なんです。



IMG_4322
ほれほれ、ギリギリいいながら抜けて来ます。これ人間の力では絶対ムリ!



IMG_4323
抜けた〜!

こんな工具 TREK ストアーには、まずないよ。

流石に80年以上やってる自転車屋であります。


富士号の整備【橋輪Blog】

富士号の整備

IMG_4313

日米富士だった頃の富士号。何年もほったらかしのまま毎日乗って来ました。久々にメンテナンスしてあげましょう。良く見ると大分きてましたね。

IMG_4237
先ずは後輪から。



IMG_4238
grunge のアルミコグは大分減ってますね。あ、固定ギヤにしてますから。



IMG_4239
反対側のブレーキも酷いもんです。



IMG_4241
バンドブレーキ(外部収縮式)のバンドも紙一枚ですね。今時こんな部品あるのかな?



IMG_4249
タイヤは、軽量化のためケブラービード? に交換します。



IMG_4250
嘘です。BEタイヤです。



IMG_4315
grunge スチールコグ19T。



IMG_4252
ロックリングは別物です。



IMG_4302
これがバンドカバーブレーキアッセンブリーが新品でまだ買えるのよ。



IMG_4310
スタンドも新品に交換してビカビカになって来ましたね。



IMG_4313
チェーンもKMC Z410 に交換です。

こんだけきてるとやりがいがありますな!

明日は、パワーツールを




2019 FIJI Helion R & Kitt design TRI-SPOKE【橋輪Blog】

2019 FIJI Helion R & Kitt design TRI-SPOKE

昨日ご紹介した2019年モデル FUJI のミニベロ Helion R に、Kitt カーボンバトンホイールを組み合わせてみました。極細のクロモリフレームに対照的な面積を持つカーボンバトンが一際迫力を増しますね。ミントとのカラーマッチも抜群です!

DSC_6543




DSC_6544




DSC_6545




DSC_6546




DSC_6550




DSC_6547




DSC_6548




DSC_6549

やっぱカッコいいや!


記事検索
Archives
  • ライブドアブログ