FUJI

2018 FUJI BALLAD R を SALE!【橋輪Blog】

2018 FUJI BALLAD R を SALE!

DSC_2360
DSC_2361
ブリティシュグリーン(画像はフレームサイズ49)

2018 FUJI 
BALLAD R         99.360円
(税込)

フレームサイズ:43 / 49 / 52 /54 / 56 / 58cm
16  SPEED   10.8kg

2018年モデルの FUJI BALLAD R を SALE します。カラーは、ブリティシュグリーンでフレームサイズ49と56です。2018年のカラーラインナップは、ブリティシュグリーン、ダークナイト、シャンパンゴールド。(ダークナイト、シャンパンゴールドは完売しました)そして2019年モデルのカラーラインナップは、ブリティシュグリーン、ダークシルバーです。ブリティシュグリーンは、2018年からの継続モデルとなりスペック等の変更もありませんので、現行モデルがセールでお買い求めできるチャンスです。

2018 FUJI BALLAD R の詳細は、⇒ こちら

DSC_2374

2018 FUJI BALLAD R ブリティシュグリーン

フレームサイズ:49 ラスト1台
フレームサイズ:56 ラスト1台


20% OFF の 79.400円(税込)でお願いします!



富士号の整備(完成編)【橋輪Blog】

富士号の整備(完成編)

IMG_4371

最後は、フロントキャリアです。イタリアンスクーターのベスパ用を赤く塗って使用していましたが、あまりにも痛みがひどいので新調?しました。

IMG_4372
塗装が剥がれ変形したフロントキャリア。車体が綺麗になったのにこれじゃね。



IMG_4358
IMG_4357
そこでK.B.SCOOTERS へ。「え、フロントキャリア在庫ないの」・・・・・



IMG_4361
で、貰った中古キャリア。



IMG_4360
でも、ちと錆びてますね。



IMG_4362
おおお、いいのがあるじゃん。



IMG_4363
サンドブラストじゃなくソーダブラストだって。要するに重曹です。汚れ錆が取れ、しかも錆びにくくなるんだって。


IMG_4367
やらせてもらうと面白いように錆が取れる。



IMG_4359
見て見てピッカピカです。



IMG_4394
フロントキャリアを取り付ける前に泥除け先端も補修しておきましょうか。



IMG_4396
IMG_4410
IMG_4411
IMG_4412
IMG_4424
IMG_4425
IMG_4426
IMG_4427
IMG_4434
IMG_4435
リペイント完了!それ何のマークのつもり?



CNi4ByGU8AEe8cp
これですよこれ。1920年代シュナイダーカップで活躍したイタリヤの水上機レーサー、マッキM39 であります。


IMG_4436
フロントキャリアの塗装が面倒になったのでメッキのまま装着。



IMG_4437
何となく三角フェンダーと合ってる気がする。



IMG_4438
IMG_4439
一回り多くくなったフォールディングキャリアは、積載能力も大。



IMG_4440
最後は、新品の鉄ベルを付けて完成!



DSC_7272

綺麗になったと思ったら入梅とはね。


そしてタケシも!

IMG_3840
スタッフタケシの高校生の時から今でも通勤に乗っているママチャリが16年目を迎えた。



IMG_3841
IMG_3842
フレームの錆もかなり進行している。



IMG_4077
SUZUKI スイフトのチャンピオンイエローでございます!



DSC_7273
DSC_7274
DSC_7275
ママチャリオールペンしたら新車が2台いや3台買えるわ!



IMG_3846
”おまけ” タケシが拾ってきた子猫。



次回は、これを「DAHON Dove Plus オールペイント」

IMG_4441



富士号の整備(その5)【橋輪Blog】

富士号の整備(その5)

IMG_4389

今日の作業は、富士山テールの修復です。錆びは良いとしても反射板が割れているのは、道路交通法違反となりますからね。

IMG_4373
同じような大きさの反射板を発見。



IMG_4374
それは、CAT EYE の製品で、全く同じ物だった。型番も RR-210-6 の最後が6ではなくR となっているだけ。おそらく裏側がプラになって型番を変えたのだろう。こんな昔から変わらないのかCAT EYE。


IMG_4378
ただ後ろ側のプラの部分は外れない一体構造。



IMG_4376
ここが富士山。



IMG_4377
裏側には鉄板が。




IMG_4383
IMG_4384
四つ角でカシメてあるようです。




IMG_4385
IMG_4386
マイナスドライバーでこずいてやれば、



IMG_4388
分離出来ました。



IMG_4381
耳の部分は、ニッパーでチョキチョキ。




IMG_4382
おおまかにカットしたら、



IMG_4380
リューターで整えます。



IMG_4391
最後パチンと嵌り込むまで微調整。



IMG_4392
ぴったり合いました。



IMG_4393
錆を落として、



IMG_4395
塗装は刷毛塗で。



IMG_4428
乾燥を待ちます。



IMG_4429
この取付ネジ後で気が付いたんですけど三角フェンダーなんで干渉しちゃって最後にカットしました。



IMG_4430
接着は、バスコーク。



IMG_4431
綺麗になったでしょ!



IMG_4342
これからの・・・・



IMG_4433

これですからね〜! んン、実に気持ちがいい!

明日は、完成編を



富士号の整備(その4)【橋輪Blog】

富士号の整備(その4)

今日は、フレーム全体のクリーニングとハンドル周りを。

IMG_4342
富士山形のテールは錆びてリフレクターも割れています。



IMG_4343
テール下の郵政マーク(〒)は、今回のクリーニングで完全に消えるかも。


IMG_4345
フレームを気合い入れて磨きます。ウエスは赤く染まり磨くというか一皮剝けた感じ。


IMG_4346
リヤキャリアも外してバックフレームを磨く。



IMG_4347
FUJI のプレスマークが入るリヤフェンダー。三角形なのが魅力。



IMG_4348
取付ボルト等は、殆どねじ切れんばかりに錆びていたんで新品に。



IMG_4349
チェーンケースに昔カシューで書いた文字。電話は今でも繋がりますよ!ベスパ屋にかかっちゃうけど。


IMG_4350
車体磨きは、ほぼ終了。結構時間掛ったな。



IMG_4351
これ何ーんだ?ブレーキワイヤーの代わりのブレーキロッドです。上側の細い部分が短棒(当時これが切れることが多かった)で太い方が、らっきょ棒。こんなん新品持ってたかんね。


IMG_4352
フロントブレーキ用も入手困難であります。



IMG_4355
サドルスプリングも持ってるもんね!



IMG_4356
こちらは今でも入手可能な MKS 3000S。
(業務連絡 T さん MKS ナイロンストラップ入荷です)



IMG_4354
ハンドルバーもビカビカに磨きました。



IMG_4314
これからの・・・・



IMG_4353

これですからね〜! んン、実に気持ちがいい!

今夜はここまで



富士号の整備(その3)【橋輪Blog】

富士号の整備(その3)

IMG_4327

ハンドルポストは抜けましたが、コラム内はさびっ錆び。ヘットパーツは捨てですね。フレームの郵政RED塗装にあっては光沢が全く失われています。

IMG_4328
フロントフェンダーの取り外し。先端に施したイタリアーノカラーも剥げぎみ。



IMG_4329
完全に錆びたフェンダーステーは、しっかり錆を落とし自転車油で磨く。レストアではないので酸化被膜が形成されたあたりに止めておく。


IMG_4330
ヘッドワンも錆びついて固着しているのか?


IMG_4331
以外に挿入された部分は錆びてない。



IMG_4332
新品の鉄製ヘッドパーツ。



IMG_4333
クラウンレースを抜くか迷う。



IMG_4334
FUJI のロゴが入った飾りカバーが壊れそうなので止めておく。この頃の自転車は、やたらとマークが入る。


IMG_4335
磨いてみたらピッカピカ。新品のクラウンレースよりよっぽどメッキ、質ともに良い。



IMG_4336
錆取の大変さと楽しさを汚れた軍手が物語っている。



IMG_4337
新品のワンを圧入する。



IMG_4341

んン、実に気持ちがいい!

今夜はここまで


記事検索
Archives
  • ライブドアブログ