RALEIGH

Raleugh ARAYA 新家工業展示会【橋輪Blog】

Raleugh ARAYA 新家工業展示会

IMG_0717

本日は、北の丸公園科学技術館で行われた Raleugh ARAYA 新家工業展示会に行ってきました。

IMG_0697
IMG_0698
クロモリクロス RFT に新色ダークグレーが登場。2019年モデルでは、このRFT とミニベロのRSS だけに使われるNEWカラーです。


IMG_0699
IMG_0700
NEW モデルのCRT は、Shimano Claris フルスペックで税込でも10万円を切る価格設定。



IMG_0701
IMG_0702
クロモリロードの王道 CRF は、105コンポをR7000 シリーズにアップグレード。



IMG_0703
IMG_0704
IMG_0705
ミニベロながらカールトンスチールロードのコンセプトを持った RSC も105をR7000 にアップグレード。2018のスチールグレーに加えキャニオンレッドが登場。



IMG_0706
IMG_0707
IMG_0708
ミキストフレームを採用するミニベロ RSM は、ブルー系のアイスホワイトが加わり1色増えて6色展開でのラインアップ。


IMG_0696
マディーフォックスシリーズ。



IMG_0695
マディーフォックスミニは、シュワルベタイヤの製造遅延のためビックアップルが採用されなくなるそうだ。何とも残念。


IMG_0710
IMG_0709
ちょっと欲しいかも。リンプロジェクトとコラボしたマディーフォックスワークシャツ。



IMG_0711
IMG_0712
IMG_0713
IMG_0714
純国産のためお値段12.000円税別とちとお高め。



IMG_0715
IMG_0716
武道館2020オリンピック、パラリンピックのために改装中でした。障害者からすると武道館ってとってもバリアフル(バリアフリーの反対語)だもんね。


IMG_0718
帰りに渋谷スペイン坂で質素なランチ。

店ではそろそろ SRAM が届いているころかな。

帰ってダブルパイロンの続きをやろう

Raleigh の特価車 2016 CRA Carlton-A 【橋輪Blog】

Raleigh の特価車 2016 CRA Carlton-A

DSC_1074
DSC_1079
2016 Raleigh CRA Carlton-A  103.680円(税込)
16 Speed  10.9kg

DSC_1073

2016年モデルのCRA です。ベーシックコンポーネント Shimano CLARIS をフルスペックした入門にも優しい軽量クロモリロードとなっています。
 

DSC_1080
フロントチェーンリングは、50-34T。



DSC_1081
カセット、11-32T。



DSC_1084
2×8のCLARIS デュアルコントロールレバー。



DSC_1082




DSC_1083
トップマウントブレーキレバーも付属し、ドロップバー入門者にも安心です。



DSC_1089




DSC_1087




DSC_1085




DSC_1088




DSC_1092




DSC_1090




DSC_1091

2016年モデルの CRA。フレームサイズ500、カラーパールホワイトの1台のみ!

30%OFF の税込 72.500円でお願いします


RALEIGH RFC Radford Classic 【橋輪Blog】

RALEIGH RFC Radford Classic

DSC_0290

DSC_0282
2016 RALEIGH RFC Radford Classic 89.640円(税込)
橋輪プライス                    80.600円(税込)
フレームサイス:440 / 480 / 520mm   16 Speed  11.5kg
カラー:クラブグリーン(他:パールホワイト / グロスブラック)

クラシカルデザインのラレークロスバイクです。低く構えたステムやキャリパーブレーキからしてもフラットバーロードに近い味付けとなっています。

DSC_0284
クロームメッキされたクロモリフォーク。



DSC_0285
アメサイドのパナ・ツアラーは、700×25C。



DSC_0286
クランク:Shimano CLARIS 50-34T
フロントディレーラー:Shimano CLARIS


DSC_0287
リヤディレーラー:Shimano CLARIS
カセットは、11-32T 8 Speed のワイドレシオ。


DSC_0283
シフター / ブレーキレバー:Shimano CLARIS



DSC_0288




DSC_0289

Raleigh の凄いところ

イギリス老舗自転車メーカーであるラレーの創業者フランク・ボーデンは、ブレーキワイヤーをはじめとするフレキシブルワイヤー(ボーデンワイヤー)を開発したとされています。自由に曲がるインナーとアウターケーブルが出来るまでは、幾つもの関節を持つロッド棒を反して伝達されていたのです。

DSC_0324
DSC_0325
DSC_0326
直線的でなければ物を引き上げることが出来ないロット棒は、その力の向きを変える度に関節を持たせ、そこを支持するための支点を設けなければならなかった。ボーデンワイヤーは、例えばブレーキレバーとブレーキ本体を自由な角度で、しかも支点を持たずして直接繋げる画期的なシステムだ。現在では、これが無ければ何も考えられない。ネジを作った人の次に素晴らしい。

img_2[1]
当時モーターサイクルのスロットルグリップまでもがロッドリンケージされていた。(インディアンは左スロットル)写真のボードトラックレーサーには無いが、スピードメーターケーブルなどは、酷いもんで、40Φはあろうと思う蛇腹のフレキシブルパイプの中を鎖が回っていた。

本当は、アイルランド人の「EM・ボーデン」って人が発明したって説だが、実用化に漕ぎ付けたのが、ラーレーである。電球のフィラメントを実用できるレベルまで引き上げたエジソンのようなもんかな。

しかし、今ある便利なものを、最初に作った人は大したもんだ!


ぼくの大好物 RALEIGH RSC RSW Carlton 【橋輪Blog】

RALEIGH RSC RSW Carlton

DSC_0263

DSC_0262
2016 RALEIGH RSC RSW Carlton  164.160円(税込)
橋輪プライス                 147.700円(税込)
フレームサイス:460 / 520mm   22 Speed   9.1kg
カラー:スチールグレー (ペダルは付属しません)

1950年代のイギリス。自転車の小径化による可能性を見出したアレックスモールトンとラレー。モールトンは、その元祖であるオースチン・ミニのラバーコーンサスペンションを採用し衝撃に耐えた。一方、ラレーは、オリジナルの小径バルーンタイヤを開発し、ローコストでの乗り心地を確保。これは、70年代の日本で、軽快車の一世を風靡したミニサイクルへと繋がる。道路状況が改善された現在、ミニサイクルは、ロードゴーイングレーサーのミニベロと呼ばれる乗り物へと進化した。

DSC_0268
サスペンションを持たなくとも衝撃振動を吸収してくれるカーボンフォーク。内側には、オプションのマットガードの取り付けボルト。


DSC_0269
タイヤサイズは、23-451で、ロードバイクと同じ細さ。
ここは、SHCWALBE DURANO 28-451が、お勧め。圧倒的に乗り心地が良くなる。


DSC_0264
大径チェーンホイールは、Sugino RD-5000 56-42T。



DSC_0265
フロントディレーラー:Shimano 105。コンポーネントは全て、11速へのアップグレード。



DSC_0266
リヤディレーラー:Shimano 105



DSC_0271
カセット:Shimano 105 11-28T  11 Speed
チェーンステー内側には輪行時のチェーンフックが付く。


DSC_0270
フルスペックで、ハブまで105を採用するのがラレー流。



DSC_0275
400mm 幅のドロップバーは、クランプ径31.8mm。



DSC_0276
STI レバー:Shimano 105



DSC_0267
ブレーキキャリパーも105 。ヘッドチューブ上下には、ラグ風の補強リングが入る。



DSC_0272
シトステー上部左右には、リヤバックサポーターキャリア取付ダボ。



DSC_0274
ステム反転と40mm スペーサーで70mm幅までのセッティングが可能。



DSC_0273
VELO Racing のサドルは、ラレーオリジナル。



DSC_0280
ケーブルルーティングが変更になっています。シートチューブから降りてきたケーブルは、ローラーを反してFDへと繋がる。 フロントディレーラーの取り付け角を適正にするサブシートチューブには、更なるチェーンリングの大径化に対応すべく余裕が持たれている。

DSC_0281
リヤディレーラーコントロールは、シートステーより。



DSC_0277
トップチューブのアウター受けは、ダブルレバー装着によるクラシカルモディッファイが可能。



DSC_0278




DSC_0279

ぼくが、ラレーを扱う切っ掛けとなったRSC RSW Carlton

大好物だ!

RALEIGH CRF Carlton-F 【橋輪Blog】

RALEIGH CRF Carlton-F

DSC_0136
DSC_0137
クラブグリーン

DSC_0120
2016 RALEIGH CRF Carlton-F  183.600円(税込)
橋輪プライス                165.240円(税込)

英国伝統のラレーが打ち出すスチールフレームのカールトンF。レイノルズ631チューブを採用し、ウエイトは、8.9kg を誇る。11速化されたコンポーネントは、ハブも含めShimano 105 のフルスペックとなっている。カラーバリエーションは、クラブグリーン・サモアブルー・アッシュグレー・パールホワイト・マルーンレッドと5色展開で、フレームサイズも、420.480.520.560mm と幅広い。

DSC_0123
クランクセット:shimano 105 50-34T



DSC_0124
フロントディレーラー:Shimano 105



DSC_0125
リヤディレーラー:Shimano 105
カセット:Shimano 105 11-28T 11 Speed


DSC_0126
フルスペックで、ハブまで105を採用するのがラレー流。



DSC_0127
チェーンステー内側には輪行時のチェーンフックが付く。



DSC_0128
シトステー上部左右には、リヤバックサポーターキャリア取付ダボ。



DSC_0129
ブレーキキャリパーも105



DSC_0131
STI レバー:Shimano 105



DSC_0133
グラデーションでカーボンが見え隠れするフォークの内側には、オプションのFN-ROAD2 マットガードの取り付けボルト。


DSC_0132
Panaracer Closer Plus は、700×25c。FN-ROAD2 マットガードは、28c までのクリアランスを持たせています。


DSC_0130



DSC_0122



DSC_0135



DSC_0121




DSC_0138




DSC_0139




DSC_0140
DSC_0141

2016 RALEIGH カタログ届いてます
記事検索
  • ライブドアブログ