DAHON

「オーナーズレポート」第9回 DAHON K3【橋輪Blog】

「オーナーズレポート」第9回 DAHON K3

久々のオーナーズレポートは、M さんによる DAHON K3 です。ロケーションは、ビワイチ(琵琶湖北湖一周ルート)で素敵な写真も添付して頂きました。内容は、K3 と SCHWALBE BIG APPLE のマッチングに特化していますが、面白い提案も出ています。それではどうぞ!


こんにちは、DAHON K3に先日送って頂いたビッグアップルに履き替え、早速ビワイチしてきました。ビッグアップルを使用し長距離を走ってみての感想として

DSC_0125 - コピー

^堕蟯供乗り心地抜群
手持ちの20インチ406カーボンミニベロより乗り心地良いくらいでした(笑)流石のタイヤ幅とエアボリュームです。ロングライドになるほど、このメリットが生きてきます。



DSC_0122 - コピー

K3は漕ぎ出し時、多少不安定感がありますが、交換した事で安定感が増しました。その分、出足は心持ち重いかな?と言う程度は感じましたが、14インチと小径で軽量な事を考えれば気にならないレベルです。



DSC_0112 - コピー

タイヤ幅が広がった分ダンシングしやすい
シッティングでは若干重さは感じますが、その分ダンシングは安定して振る事ができますね。K3自体もビッアップルに変更した事で周長も増え安定感も増した事で巡航しやすくなりました。区間のうち20km程はAve28km/h以上で走れ28〜32km巡航も可能でした。元々、太くて重いタイヤには興味が無かったのですが、今回で考えが変わりました(笑)ブログ、楽しみにしています。また何かと利用したいと思います。カプレオ11速の決戦用ホイールで鈴鹿でもう一度優勝出来るよう頑張ります\(^o^)/



IMG_20180624_164058

因みに、20インチミニベロでビワイチした場合、Aveは30km/hを超えるので、20インチはいらないまではちょっと言い過ぎかもです(笑)



突然の駄文で申し訳無かったです。小径車ユーザーの一人として多少なりとも皆さんの参考になればと思いメールさせて貰いました。レースイベント等に出ている中で、小径車で走りを追求した時、如何に微振動を抑え走る事そのものに集中する事ができるかどうかが重要だと感じていました。オーダーメイドのフレームやカーボンパーツ、SPECIALIZEDのゼルツ内蔵シートポストやERGONのシートポスト等、色々と試してきましたが、今回のビッグアップルは1つ大きなヒントになりそうです。


追記

K3のギア(9-13-17)、特に9-13の繋がりの悪さを解消し、高速仕様になるかもな提案、と言うよりも、一度試し頂きたいのですが、K3のリアホイールとしてEEZZのホイールを使えないかと考えています。K3ビッグアップル周長1100mm、EEZZホイール周長1170mm ですので、クリアランス的には何とかいけないかと考えています。
EEZZのギア(9-11-13 )を使用する事が出来ればK3の高速仕様カスタムとして面白いかと思います。一度ご検討お願いします。それでは、また宜しくお願いします。

ありがとうございました。EEZZ の16インチホイールですか。この発想はなかったですね。EEZZ と K3 同じリヤハブに見えますが微妙にフリーなんか違うんですよ。


今度試してみようかな!


BIG APPLE 14 売れ行き絶好調で完売【橋輪Blog】

BIG APPLE 14 売れ行き絶好調で完売

DSC_3994

DAHON Dove Plus にBIG APPLE 14装着のため遠方よりお車で来店されたお客さん「リヤホイールの回転が重いんですよね」「チェーン張り過ぎじゃないですか?」「あれそうでもないな」「何これ、漕ぐの止めるとエンジンブレーキが掛るみたい」手で回しても1回転ぐらいしか回りません。「タイヤ交換の際に見てみますよ」

IMG_0216
確かにフリーが重い。


IMG_0217
シャフトの出代を測って置いた。7.55mm。


IMG_0215
左側のロックナットを17mm スパナ2本で緩めます。



IMG_0218
するとアルミシャフトごとフリーが出てきました。何かオイルシールが波打ってるような?



IMG_0219
オイルシールを外してみましょう。



IMG_0220
全然良く回ります。



IMG_0221
もうちょっとばらしてみましょうか。5mm アレーンキーと17mm スパナです。


IMG_0222
後は、フリーの爪とスプリングだけです。

シールドベアリングですのでシャフトを抜く必要はありませんでした。それと出代の測定も関係なし。原因は、オイルシールの組み付け不良でした。溝にきちんと嵌めてグリスアップするだけでかなり良くなりますよ。元々そんなに回転の良いハブではありませんが、手で回して1回転ほどで止まってしまう場合は、是非点検を!

DSC_4555
こんだけ回ればいいだろう!



DSC_4557



DSC_4558




DSC_4556

グランドネイビーの BIG APPLE もカッコいいですね!
あ、そうそう SCHWALBE BIG APPLE 14×2.00 ですが、お蔭様で売れ行き絶好調でファーストロット完売しました。次の入荷は、8月を予定しています。

明後日水曜日の【橋輪Blog】も BIG APPLE ネタで!


指令 SLX ブルホーンをダブル化せよ! 完成編【橋輪Blog】

指令 SLX ブルホーンをダブル化せよ! 完成編

DSC_4559
エレクトリックワイヤー EW-SD50 400mm  2.227円(税別)

400mm のエレクトリックワイヤーが入荷。これでやっと完成する。フロントダブル化なんて意外と早く出来ると思っていましたが、色々とありましたね。10回にも及んだ「指令 SLX ブルホーンをダブル化せよ!」も今夜は完成編です。


IMG_0223
件の方法で、エレクトリックワイヤーを引き出します。



IMG_0224
ようやくグロメットの出番。



IMG_0225
2本まとめて通して、



IMG_0226
これで断線の心配は皆無です。



IMG_0227
DURA のブレーキインナーケーブルを通していきます。輪ゴムは、便利。



IMG_0229
ペーパークリップの先をカギ形に曲げた特殊工具。



IMG_0230
これで捕まえます。



IMG_0231
そしてアウターケーブル。



IMG_0232
インナーケーブルに導かれながら迷いなくブレーキレバーまで。



IMG_0233
確実に太鼓に入ったのを確認し、




IMG_0234
ワイヤー引きで押し込めば確実。



IMG_0235
ここで、E-tube に接続。



DSC_4561
ST-R9160-L / ST-R9160-R のファームウエアーに最新版の用意があるようですね。



DSC_4562
ファームウエアーのアップデートを行います。



DSC_4563
ST-R9160-L 終了。



DSC_4565
ST-R9160-R 終了。



DSC_4567
前回製作した船長の56/42T 11-23T のシフトマップ。



DSC_4570
カスタマイズからシンクロシフトモードを構築します。




IMG_0238
IMG_0239
Bluetooth 接続も確認。パスコードは、何時もの・・・・・・。




DSC_4509
バーテープ:Lizaed Skins 2.5  3.880円(税別)



DSC_4572
最後の仕事です。



DSC_4573
背骨が入ってたのもエアロっぽくて良かったけど全て内装もスッキリしていて良いです。



DSC_4589
クイックリンク SM-CN900-11 2ヶ入 1.385円(税別)



IMG_0237
本チャンのクイックリンクに交換して完成!



DSC_4575




DSC_4576




DSC_4585




DSC_4580




DSC_4577




DSC_4578




DSC_4579




DSC_4581




DSC_4582




DSC_4583




DSC_4584




DSC_4586




DSC_4587




DSC_4588

指令 SLX ブルホーンをダブル化せよ!総額162.122円也


DAHON K3 T氏のライドインプレッション【橋輪Blog】

DAHON K3 T氏のライドインプレッション

R0031469

小径マニアの T氏が早速匂いを嗅ぎつけて昨日来店されました。(そういえば別のマニア機長、最近来てないな)今回は、DAHON K3 についてのインプレを自らのブログに書いて頂きました。他モデルとの比較や走行性能など内容盛りだくさんです。それではご覧ください。




そうだったか?タイヤをビックアップル2.00に変えたことからサイドスタンドが立つか立たないかだけを考えてた。折り畳めない折畳なんて折畳じゃない!半ば意地になってきた。

DSC_4534
長さのことだけを考えていた。ビックアップルにしてタイや外周が大きくなりDAHON 純正451用センタースタンドがピッタリサイズなんて言っちゃってた。


DSC_4533
そういえば、スタンド取り付けてから一度も折り畳んでなかった。ホンマ!ハンドルポストとスタンドが干渉して折り畳めないわ!


DSC_4537
リベンジ!



DSC_4539
tern アジャスタブルキックスタンド 3.500円(税別)



DSC_4538
アジャスタブルタイプなので、KENDA ノーマルタイヤ、極太デカリンゴどちらにも対応。



DSC_4540
DSC_4541
六角レンチ1本で、220〜290mm までアジャスト出来ます。



DSC_4542
格納状態。



DSC_4543
それでは畳み方の1ポイント。ペダルは、左が前からスタートです。



DSC_4544
先ずはシートポストを地面に付くまで下げます。



DSC_4545
ハンドルバークランプを開いてブレーキレバーを下に向けます。フラットバーのスイープは、真上に向いて反った状態。


DSC_4546
そして内折れのハンドルポストを畳みます。



DSC_4547
そしてフレームを畳むまでは、何時ものダホンと変わりません。ですがハンドルポストとスタンドが干渉しているためここでは完全に畳めていません。ここで1ポイント!



DSC_4548
ハンドルグリップを見て下さい。上に反ったスイープが今度は下に向いていますからグリップが地面に付いてしまってます。


DSC_4549
フレームを支持(ヒンジ部分を持ち上げる)しながらシートクランプを開きます。



DSC_4550
ちょっとフレームを持ち上げると更にシートポストが下がりますのでここでクランプ。



DSC_4551
どうですか、グリップと地面に余裕が出来ましたね。するとハンドルポストが前輪により近づくことが出来るのでスタンドとの間に余裕が生まれます。


DSC_4552
行きますよ!



DSC_4553
ピタッとマグネットが引っ付きました!



DSC_4554

うちのK3 スタンド付いてても畳めます!


指令 SLX ブルホーンをダブル化せよ! その9【橋輪Blog】

指令 SLX ブルホーンをダブル化せよ! その9

チェーン跳ねによる異音の検証などしているうちに船長の休暇も終わってしまって船上の人に。すいません間に合いませんでした。次の休暇までお預かりなので残りは慎重に組ませて頂きます。シマノに送った10速ギヤは、新品になって帰ってくるのを見越して予備の CS-9000 から頂いちゃいました。フロント変速が単独で操作できる今の状態で試運転後、ST-R9160 新型 TT レバーに交換です。

DSC_4501
まさかの短いメスのエレクトリックワイヤーだったため取り寄せた EW-SD50 200mm と400mm 延長ワイヤー。



DSC_4502
ST-9071 では、露出のエレクトリックワイヤーをブルホーンに這わせるための背骨を付けた。(フロントシングルだったので左には配線が無い)


DSC_4503
ところがどっこい ST-R9160 は、内装になってる!



DSC_4504
最初にブルホーンを取り付けた際に開けたブレーキワイヤーの穴からエレクトリックワイヤーを引き出したら後々切れるよな。



DSC_4507
エレクトリックワイヤー専用に別の穴を設けましょう。



DSC_4509
エレクトリックワイヤーを保護するのにグロメットを付けます。



DSC_4511
グロメットの谷寸法が14mm なので、



DSC_4512
中央に14mm の穴を開けました。ステムの中間なので強度的な問題はない。ですがセンターからの2本出しに変更したため右側200mm の延長EW-SD50は届かなくなります。



DSC_4514
これでエレクトリックワイヤーが2本出せます。



DSC_4515
さてこのエレクトリックワイヤーをどうやって導くかですが、



DSC_4516
今回思いついたのがスパイラルチューブ。



DSC_4517
引っ張ると絡み付くように締まるので、



DSC_4518
こいつは好都合です。良い考えでしょう。



DSC_4525
インナーケーブルは、KCNC チタンケーブル。1本7.000円もするこいつの扱いは何時も緊張します。



DSC_4519
先にブルホーン内にスパイラルチューブを通しておきエレクトリックワイヤーに巻きつけます。



DSC_4520
そして引っ張り出すと、



DSC_4521
上手い具合に出てきました。



DSC_4523
次にブレーキアウターケーブルをインナーに導いてもらいながら挿入します。



DSC_4526
ですが今回、KCNC の使用は見合わせます。1700mm の KCNC では、ブルホーン使用時に長さがギリなんです。ST-R9160 に付属してくる 2000mm の DURA-ACE に変更します。


IMG_0211

長さに余裕が出来たのでブレーキバナナにアジャスターを追加しました。アジャスターを縮めることでワイヤー取付ボルトを緩めなくともブレーキがリリース出来るようにしました。これでホイール着脱も楽になりましたよ。そうそう何でVブレーキなのにTTレバーで引けるのかって、406ベースのフレームを451化し、ブレーキシューが届かなくなった分ロングアームにするとレバー比が合っちゃうんですよ。

シマノに、EW-SD50 400mm 注文ですね


記事検索
  • ライブドアブログ