DAHON

DAHON Mu Elite をカーボンパーツでカスタムする【橋輪Blog】

DAHON Mu Elite をカーボンパーツでカスタムする

DSC_9986

カーボンパーツを多用したカスタム依頼のためツートーンの境目にブラックストライプの入る2016 DAHON Mu Elite レーシーレッドを購入頂きました。オリジナルの軽快な感じから、カーボンブラックを多用した重圧な印象が何ともカッコいいです。


エリートも残りわずか

DSC_3164
2016 DAHON        SALE !

Mu Elitte   313.200円(税込)
20%OFF   255.700円(税込)
22 Speed    10.0kg  (ペダルは付属しません)

 レーシーレッド ラスト1台



DSC_6364
2017 DAHON
Mu Elitte     313.200円
(税込)
橋輪プライス   281.800円(税込)
22 Speed    10.0kg  (ペダルは付属しません)

リキッドブラック ⇒ ラスト1台


DSC_9935
オーナーのAさん、以前のガレージセールにSMart 1.0 ホイールセットを出した方で、カーボンホイールに交換のため不要になったものでした。


DSC_9994
クランク:FSA SL-K カーボン


DSC_0002
BBは、TOKEN 386 ブラック。



DSC_9995
フロントディレーラー:Shimano FD-6800 ULTEGRA



DSC_9996
リヤディレーラー:Shimano RD-6800 ULTEGRA 11 Speed



DSC_9998
カセットスプロケ:Shimano CS-6800 ULTEGRA 11/28T



DSC_9987
ブルホーンバーは、コントロールテック。



DSC_9988
クランプ径31.8のカーボンバーで、アメリカのオークションから購入したそうです。



DSC_9989
DURA のバーコンにTRP のブレーキレバー。



DSC_9990
JOSEPH KUOSAC(ジョゼフ・クゼ)451フルカーボンホイールセット。



DSC_9993
持ち込みカーボンストレートフォークですがエンド幅が100mm。



DSC_9991
なのでスポークを作成しDURA-ACE のハブに組替ました。



DSC_9992
スポークニップルもレッドに。タイヤはシュワルベデュラノ。



DSC_9997




DSC_0001




DSC_9904
何故かブルホーンばかりが集まる。手前から船長のMu SLX DURA-ACE Di2、KさんのMu SLX ULTEGRA Di2、AさんのMu Elite、Sさんのアニバーサリー。


A さん他にもダホンを所有で写真を送って頂きました。アニバーサリーのリヤホイールは、SRAM DD3 をキャンセルしてShimano へのコンバートをさせて頂いたものです。

image3
昨日のポタリングの写真を送ります。地元ではないのですが、近隣の丹波篠山をポタリングしてダムの前で撮りました。こちらは連日の青空でポタリングにはもってこいの季節です。梅雨はどこにいったんでしょうね?

image1-1
猿まねの2台です。アニバーサリーはほとんどがSさんのカスタマイズの真似、

image2
ホライズもパーツはターンで奥様にサプライズプレゼントしはった方の真似と、まさにサル真似1号、2号と呼ぶのにふさわしい2台です(汗)カスタマイズのモチベーションを上げてくれる橋輪ブログに感謝の気持ちでいっぱいです。

image1
先ほど無事に受け取りました。思い切って橋輪様で買ってホンマによかったと思います。取り急ぎ連絡にて。私の汚い六畳和室の風景です。床の間も自転車用品で埋まってます(汗)

image1
DAHONの三台を一度に持ち出すのはなかなか大変なので、自宅のガレージで撮りました。
後ろに写っている日産マーチニスモは30周年記念車で、3年前に全国に26台しかないのを衝動買いしてしまいました。その次の年にカラーリングがそっくりのDAHON ホライズのホワイトモデルに一目惚れして購入したのが、小径車にハマったきっかけです。2種類も30周年記念車に乗れるなんて、かなり贅沢ですね(笑)


ここまでくれば十分 DAHON マニアですね。でも分かちゃいました。Aさんは限定って言葉に弱い!

今年の8月末にDAHON 35周年記念限定モデルが発表されます



DAHON を積んで出かけよう HONDA FREED Spike 【橋輪Blog】

HONDA FREED Spike + DAHON Curve D7 & Visc P20

DSC_0133

DSC_0113




DSC_0112
今回の「DAHON を積んで出かけよう」は、初登場のHONDA FREED であります。1BOX カーなので余裕がありそうですね。


DSC_0118
おっと!リヤゲートを開けると既にカーブD7 が2台綺麗に収まってるではないですか。



DSC_0119
しかもクーラーボックスやらのアウトドア用品満載で。



DSC_0115

DAHON 2台づつ所有となったT夫妻。実は、自転車好きの奥様が今年の2月に Curve D7 のクラウドホワイトを購入。その翌日にご主人も付き合いで同じく Curve D7 のレガッタブルーを購入。休日に、二人してポタリング始めると今度は、ご主人が深みに嵌り、自転車に乗ることが楽しくてしかたがなくなったそうです。そんなご主人の目に留まったのが、ホイールサイズ451フロントダブル仕様のVisc EVO でした。


DSC_0120
先ずは車内の片づけから、



DSC_0121
これをあっちへ持って行き・・・・・




DSC_0122
カーブ1台を左後部座席の位置に移動。



DSC_0123
ご主人が、スモーキーグレーで、奥様がマンゴーオレンジをチョイス。



DSC_0124
はいそれでは畳んでみてください。



DSC_0125
DSC_0126
DSC_0127
はい2台とも折り畳み完了。



DSC_0128
1台積み込み完了。



DSC_0129
もう1台乗るのか?



DSC_0131
ピッタリ詰めましたね。乗車店員3名にフォールディングバイク4台搭載可能であります。



DSC_0134

シチュエーションにより、カーブとビスクを乗り換えて楽しむんだって、贅沢DAHON 使いであります。うらやましい!

ありがとうございました!


試乗車放出!2016 DAHON Visc P20 【橋輪Blog】

試乗車放出!2016 DAHON Visc P20

DSC_0011
2016 DAHON Visc P20  132.840円(税込)

2016 DAHON Visc P20 の詳細は、⇒ こちら

ビスクは、P18 からP20 へと進化し、2017年モデルからは、ホイールサイズを406から451へサイズアップ。フレームを新設計しEVO と名を変えた。人気だった2016モデルも最後のオプシディアンブラックが無くなり完売となりました。よって2016モデルの試乗車を放出します!

DSC_0012
DSC_0013
DSC_0017
DSC_0018
DSC_0019
DSC_0021
DSC_0020
DSC_0017
DSC_0005
DSC_0006




キズ申告します! 画像拡大してチェックして下さいね!

DSC_0014
リムブレーキ部に若干に傷あり。



DSC_0015
タイヤは、殆ど摩耗がありません。



DSC_0016
右フォークに引っかき傷あり。




DSC_0007
センタースタンドにクランクと干渉した傷あり。



DSC_0010
左クランクアームに小傷あり。




DSC_0003
左グリップエンドキャップに傷あり。



DSC_0022

2016 DAHON Visc P20 マンゴーオレンジ試乗車。走行少なく美車です。

現金特価 79.800円(税込)でお願いします!


試乗車放出!2016 DAHON Curve D7 【橋輪Blog】

試乗車放出!2016 DAHON Curve D7

DSC_0043
2017 DAHON Curve D7     73.440円(税込)

Curve D7 2016年モデルの詳細は ⇒ こちら

2016年モデルのカーブが全色完売となりました。よって試乗車を放出します。

DSC_0044
DSC_0045
DSC_0046
DSC_0047
DSC_0053
DSC_0048
DSC_0054
DSC_0057
DSC_0058
DSC_0061



キズ申告します! 画像拡大してチェックして下さいね!

DSC_0049
リムブレーキ面に傷あり。



DSC_0050
タイヤは殆ど摩耗してません。



DSC_0055
右バックフレームに引っかき傷あり。



DSC_0062
左バックフレームにゴミ傷あり。



DSC_0056
右クランクアームに小傷あり。



DSC_0059
センタースタンドに傷補修痕あり。



DSC_0060
前後マットガードに小傷あり。



DSC_0063

2016 DAHON Cirve D7 クラウドホワイト試乗車。走行少なく美車です。

現金特価 44.800円(税込)でお願いします!



船長のDAHON Mu SLX Di2 ブルホーンメンテナンス 完成編【橋輪Blog】

エレクトリックワイヤーは予定通り入荷したが、時既に遅し

DSC_9926
EW-SD50 600mm  2.275円(税別)
EW-SD50 750mm  2.300円(税別)

ジャンクションを交換したため必要となったエレクトリックワイヤーが入荷した。それでは船長の指示通りソーセージ方式でバッテリーと接続してみよう。

DSC_9927
船長が送ってきた2種類の太さの収縮チューブ。



DSC_9929
船長がやった処理はコネクター部だけだったが、



DSC_0002
ソーセージ方式とは、バッテリーも包めという事か?



DSC_9930
こちらジャンクションBまで行く750mm を接続。



DSC_9931
16mm あるバッテリーから3mm のワイヤーまでを1本のシュリンクチューブで包むのはムリであるので3段階で行く。


DSC_9932
先ずはごく細でカプラー部分だけを



DSC_9933
次に中間で、



DSC_9934
最後にバッテリーまで。



IMG_1557
船長、こんな感じで如何でしょう?



IMG_1559
ジャンクションBからのエレクトリックワイヤーも綺麗に纏めました。



DSC_9975




DSC_9976




DSC_9981




DSC_9982




DSC_9977




DSC_9983




DSC_9978




DSC_9979




DSC_9980

「船長、お待たせしました。完成しましたので送りまーす」とメールすると「私の休暇が短すぎましたね」と船長。時既に遅し。そしてヤマト運輸のコンパクトパックが届いた。中にはSDカードが入っており「6月16日夕暮れ、しまなみ海道Gopro車載画像動画ファイル、KIMORI COLOSSUS HR で走行。収録時間約2時間」とある。ここでぼくのパソコン音痴度をまたも披露する。

IMG_1588
これが船長から送られてきたSDカード。小さいマイクロSDは、Gopro 用だな。


IMG_1589
流石船長、マイクロSDなんかぼくに再生できないだろうと思い普通のSDカードに焼いてきてくれたんだな。親切だ。


IMG_1590
パソコンに取り込むが時間がかかる。やっぱり2時間の動画は重いのか?飯でも食べてくる間に終わるだろう。



IMG_1593
昼ごはんから帰っても全く取り込めてない。あ、ここにスイッチがあるの知ってるぞ!などと思ったが全く関係なかった。


IMG_1594
これアダプターなのね。どうりで、

こんな始まりなもんですからアップまで3時間以上を費やした。全編2時間から一部を編集するもGopro アプリをダウンロードし、編集してみたが75%しかアップロードできず画像を落とし再度編集。何とかYouTubeにアップ出来ました。



船長の存在が分かるのは、パンク修理している人に「こんにちは、大丈夫ですか」と掛ける声とHRにまたがる影、それとカーボンリムのブレーキ音のみ。橋は、初めてだとちと怖いぐらいに高いです。


船長しまなみ1



やはり橋に到達するには上り坂があり、そして渡った後のダウンヒル。キモリのサスペンションが物申すハイスピードコーナリングが見ものです。


船長しまなみ2



都ずら折の後の長いストレート。これぞGOKISO の加速なり!


船長しまなみ3

記事検索
  • ライブドアブログ