DAHON

船長の休暇&DAHON Mu SLX メンテナンス 2 【橋輪Blog】

船長の休暇&DAHON Mu SLX メンテナンス 2

IMG_1416
Shimano DURA-ACE Di2 RD-R9150   62.041円(税別)

リヤディレーラーを9070シリーズから最新の9150に変更する。重量は、9070の217g から9150の204g と13g 軽くなっているが問題が一つある。前者は、最大スプロケットが、23〜28T まで選択できたが、新型DURA-ACE では25T からとなっている。シマノが言うところのガイドプーリーと各ギヤの距離が均等になるようにスライドするためってのが本当だったら、カセットスプロケCS-R9100 の11-25、12-25、11-28、12-28、11-30T の勾配が同じであるはずがないと思うのだが。

DSC_9627
船長お気に入りの”しまなみレシオ”は、11-23T。果たしてちゃんと変速するのか?



DSC_9628
ワイヤレスユニットからリヤディレーラーへと繋がるエレクトリックワイヤーがぱんぱんに見えるがモーター部が変速しても動かないから大丈夫。


DSC_9629
DSC_9630
これが新しい方式でダイレクトマウント部にはテンションスプリングが入っていません。



DSC_9631
DSC_9632
ご覧のようにテンションを掛けているのはケージ取付部のみ。



あっさり動いてくれちゃいました!

DSC_9634
しかもここまで何の調整もせずに同期してます。この後はディーラーマニュアル通りの後処理。



DSC_9652
A:エンドアジャストボルト(旧 Bテンションボルト)
B:Hi 側ストッパーバルト
C:Lo 側ストッパーバルト


DSC_9635
先ずは、エンドアジャストボルトから、



DSC_9659
DSC_9660
上がボルトゆるゆる状態で、下がアジャストボルトを締めこんでテンションを掛けて行った状態。テンションを掛けて行くとガイドプーリがスプロケットからどんどん離れて行き、変速性能は著しく低下する。


DSC_9635
23T の場合目一杯緩めた(出荷時の状態)状態がベスト。



DSC_9637
次に最大ギヤにシフトし、Lo 側ストッパーボルトを締めて行き、



DSC_9638
パンタグラフの突起に当たったところでストップ。



DSC_9639
今度は最少ギヤにシフトし、Hi 側ストッパーボルトを締めこんで行く、



DSC_9640
Hi 側はLo 側と違い当たったところから1回転戻しリヤディレーラーのオーバーストローク分を確保する。



DSC_9641




DSC_9642

船長、出来ましたよ! F1 並みのピットインでしょ。

明日送り返します!

船長の休暇&DAHON Mu SLX メンテナンス 【橋輪Blog】

船長の休暇&DAHON Mu SLX メンテナンス

長い航海を終えようやく休暇となった船長。長い時は半年も海の上にいるわけだから体なまらないのかな? もしかしてキャビンにローラー台持ち込んでたりして。そして早速、2台の Mu SLX のメンテナンス依頼です。

DSC_9595
先ず1台め到着。



DSC_9596
衝撃急取材がてんこ盛りかと思いきや、



DSC_9597
あらあら、ごちそう様であります。



DSC_9598
最初に来たのは、62T のビックシングルの方。



DSC_9599
相変わらず綺麗に乗ってますね。

【今回のメニュー】
・リヤディレーラーを9070 Di2 から最新の9150 Di2 に交換
・ブレーキシュー交換
・チェーン交換

DSC_9606
DURA-ACE 9070 Di2 でも十分にゴージャスですが、やはり最新を求めるのが船長。



DSC_9607
チェーンは、チェーンチェッカーで測定したところ全く伸びていませんでしたので、カセット分解とクリーニングで対応。


DSC_9625
ブレーキシューも減っていませんでしたが、フルカーボンリムなのでやっときましょう。



DSC_9621
フリーもクリーニングして、



DSC_9619
そうそうGOKISO ハブの要はこれ。



DSC_9620
球面ワッシャーもクリーニング&グリスアップ。



DSC_9623
フロントもやっておきましょう。



DSC_9618


パーツを全て洗浄したところで今夜はこれまで、

明日につづく、

”オッサン”のHORIZE ぼく買います!2 【橋輪Blog】

”オッサン”のHORIZE ぼく買います!2

DSC_9559

やっぱ”太いがカッコいい”ですね!”オッサン”何故タイヤ細くしたのかって、これ駐輪場に止められなかったんです。そうそう、以前にも書きましたが、同じ空気圧で使うならタイヤが太い方が転がり抵抗は少なくなります。接地面の変形が少ないってことです。ロードバイクも今や25C がトレンドですね。それなら何故もっと太くしないのかって、700の大きなタイヤですと重量増しと空気抵抗が多くなるからです。そこいくと小径車は有利ですね!

DSC_9511
DSC_9560
上が1.75で、下が2.15です。相当の迫力が出ましたね。



DSC_9501
DSC_9561
タイヤ外径は、451を遥かに上回っています。



DSC_9513
DSC_9562




DSC_9514
DSC_9563




DSC_9515
DSC_9564
クリアランスも大分詰まりましたね。


望遠レンズで撮影してみた

DSC_9568




DSC_9570




DSC_9571

やっぱ HORIZE カッコいいや!最初から太いタイヤの付いた2017年モデルも全色揃ってますよ!

2017 DAHON HORIZE



でもって”オッサン”のHORIZE かったのってだれ?




DSC_9565

あらまた住職、突っ走ってんな〜!

PS:忘れてました。住職それハンドル位置も低いでしょ。Mu Elite 用280mm ハンドルポストに変えてますから。


”オッサン”のHORIZE ぼく買います!【橋輪Blog】

”オッサン”のHORIZE ぼく買います!

DSC_9490

「”オッサン”のHORIZE ぼく買います」 「それからBlog に出ていた最初の更にぶっといタイヤに変えといて下さい」とのリクエスト。やった!”オッサン”のホライズは委託品だからタイヤの分だけ利益が出るぞ!

DSC_9506
SCHWALBE BIG APPLE PLUS   3.600円(税別)



DSC_9507
タイヤサイズは、20×2.15(55-406)の極太。



DSC_9516
それでは早速入れ替えておきましょうか。



DSC_9517
バルブの位置がロゴのどのあたりに来ていたか覚えておきましょう。

DSC_9518
エアーを抜いて下ねじは外しておきましょう。

DSC_9519
シュワルベタイヤレバー 2本セット 600円(税別)
色々な機能を持っているようだが普通に使うのが一番良い。先ずはバルブをタイヤの中に押し込んでおきましょう。

DSC_9520
バルブの左側に1本差し込みます。

DSC_9520
レバーの向きはこう。タイヤビードに先端のところだけを引っ掛けます。

DSC_9521
バルブの左右に2本。あまり間隔を欲張ってはいけませんよ。

DSC_9522
左右同時に捲ってしまいましょう。

DSC_9523
右のレバーを外して、

DSC_9524
左の隣へ、

DSC_9525
この繰り返し。

DSC_9526
この辺まで来たら、

DSC_9527
そのままスライドで、

DSC_9528
ぐるっと。

DSC_9529
片側が外れました。

DSC_9531
今度はバルブを下にして、

DSC_9530
DSC_9532
DSC_9533
その上側を捲ります。

DSC_9534
DSC_9535
これで外せました。

DSC_9537
組付けは、バルブ穴に通したら下ねじをバルブ先端にちょっと掛けておきます。

DSC_9538
次にバルブを下ねじが当たるまで引き出します。

DSC_9539
ここにスペースを作ったわけです。

DSC_9540
このスペースにタイヤ片側のビードを突っ込みます。この時点でロゴの位置が決まりますね。

DSC_9541
突っ込んだビードは、片手で押さえたままです。

DSC_9542
チューブはスポークの上へ、

DSC_9543
片側のビードをリムの中へ落としていきます。

DSC_9544
チューブの捻じれに注意しながらタイヤ内へ入れます。

DSC_9545
ポイント1)ここで少しだけ空気を入れておくこと。

DSC_9546
裏返してタイヤにチューブが噛みこんでないかチェック!色付きのリムテープだと分かりやすいですね。

DSC_9547
表側のビードを入れて行きますが、バルブの少し左側から始めて、進んで行きます。

DSC_9548
この辺になるときつくなって来ると思います。

DSC_9549
ポイント2)リム外径よりタイヤ内径の方が小さいので当たり前です。

DSC_9550
今入れようとしているビードの反対側を手でつまむとビードがリムの谷間に入って行きます。

DSC_9551
すると余裕が生まれ手だけでもここまで来ました。ここからタイヤレバーの出番です。

DSC_9552
向きは外すときの反対です。先端の部分だけをリムに引っ掛けます。

DSC_9553
ここでも欲張っては行けません。レバーは中央から突っ込み左端までスライドして起こします。

DSC_9554
今度は右側から、

DSC_9555
ポイント3)バルブの部分を最後に残すように攻めて行きましょう。

DSC_9556
ポイント4)最後の最後は、親指で押せば落ちますが、その際バルブを下ねじが当たるまでタイヤ内に押し込んでおくこと。せっかくここまで来て最後にチューブが噛みこむ原因になります。

DSC_9557
こちら側も1周ぐるっとチェック。

DSC_9558
最後に規定圧までエアーを充填すれば組換え完了!


そうそう一気に充填してはいけません。最初に半分ぐらい入れたら両面綺麗にビードが出ているか確認しましょう。もしチューブが挟まっていたらこの時点で綺麗にビードが出ませんよ。そのまま最高気圧まで入れたら確実にバーストです。タイヤ交換講座になってしまいましたが参考になりましたか? これ橋輪でやってもらうと1本1.080円取られますよ!週末に沢山のお客さんがスペアーチューブを買いに来てくれるのを祈ります。


IMG_1387
回転させながら点検するのも良い確認方法です。



IMG_1384
見るのはリフレクトライン(これは当てにならない)ではありませんよ。



IMG_1384 - コピー
ここ、ここ!

あれ、また違うビックアップルが出てきちゃった。これは置いといて、

明日は組付け編を


”オッサン”のガレージセール DAHON HORIZE 【橋輪Blog】

”オッサン”のガレージセール DAHON HORIZE

DSC_9490

今回の”オッサン”のガレージセールは、2016 DAHON HORIZE です。ディスクブレーキとフロントダブル化で大幅にアップグレードしてあります。オリジナルとして残るのは、フレーム、フォーク、ヘッドパーツ、クランク、BB、シートクランプぐらいですかね。ま〜お金掛ってまっせー!

DSC_9502




DSC_9503




DSC_9501




DSC_9504




DSC_9505

製作したのは、2016年の4月ですから約1年前。最少は、ドロップバーだった ⇒ 余ったパーツで HORIZE を組む

この時からの変更点

DSC_9492
ドロップバーからフラットバーへ変更。それに合わせてSTI レバーから10 Speed トリガーシフターへ。アウターケーブルも全てホワイトに。



DSC_9493
カーボンフラットバーは、TIOGA ロングホーンカーボンフラットバーΦ31.8 12.800円(税別)。



DSC_9494
グリップは、ERGON GS3 6.900円(税別)。ブレーキレバーは、RIDEA。



DSC_9495
ペダルは、wellgo の着脱式から TIOGA アルミフラットペダルに変更。



DSC_9496
DSC_9497
タイヤは、SCHWALBE BIG APPLE PLUS 20 × 2.15だったものをちょっと細くしてMARATHON PLUS 20×1.75。



キズ申告致します

DSC_9498
ボトルケージの下に隠れた小キズあり。



DSC_9499
左ブレーキレバーにキズあり。



DSC_9489

2016 DAHON HORIZE 走行は、480km!

現金特価98.000円でお願いします!
※”オッサン”の個人売買なので消費税は掛かりません


記事検索
  • ライブドアブログ