DAHON

指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!その9【橋輪Blog】

指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!その9

IMG_2996

前回の”その8”で紹介したEW-WU111 ワイヤレスユニットに付属するクリップ。「船長〜、50個ほど注文入れましょか?」と書いたら

その、ケーブルへ抱かせるタイプの物、部品で注文できるのですね!チョット高い気がしますが、50個程注文して下さい。

との返事が来た。マジすか?ただのクリップとはいえ50個注文したら16.000円ぐらい行きますからね!ですが発注した際にはシマノに在庫0で、4月18日入荷の到着は19日とのこと。

DSC_3918
でもって本日届いたシマノからの荷物。


DSC_3919

早速開けてみると中に又は箱が。




DSC_3920

こんな箱に50個も入ってるのか?いや入るか小さいから。




DSC_3921

あら?




DSC_3922

Y71L98010 (EW-WU111 クリップ)2ヶ入り295円(税別)。なんだ袋一つかよ。




DSC_3923

5セット(10個)のみの入荷であと45セットは、バックオーダーだって。なんだシマノの在庫全部でこれかよ。



DSC_3924

DSC_3925

これでスパイラルチューブともおさらばだ。取りあえず10ヶあれば1台分は楽に使えるだろう。




IMG_3085

フロントディレーラーの分岐に1個。




IMG_3086

バッテリーへの分岐に2個目と3個目。




IMG_3087

EW-JC200 2ポートジャンクションの両脇に4個目と5個目。




IMG_3088

ここに6個目。




IMG_3089

7個目8個目。




IMG_3090

9個目。




IMG_3091

最後10個目。


素晴らしく綺麗に収まったが、あっという間に10個を使い切ってしまった。4台あって50セットって決して大げさじゃなかったみたい。でも1台分で3.186円ってちと高い。




IMG_3068

IMG_3067


IMG_3069


IMG_3071


IMG_3072


スマホでの Bluetooth 通信も確認致しました。お次は追加で出た指令のROTOR チェーンキャッチーの入荷待ちです。おっと船長、最新のサイクルコンピューターお使いですね!



IMG_3028
GARMIN Edgh 2030  18.900円(税別)


2030年には、本当にこうゆう時代になってるかもね?



橋輪オリジナル DAHON / tern 専用 RIDEA シートクランプ【橋輪Blog】

橋輪オリジナル DAHON / tern 専用 RIDEA シートクランプ

DSC_4089

RIDEA 別注で、DAHON / tern 専用シートクランプを製作しました。マテリアルは AL7075 の CNC 加工で非常に軽量ですが、クランプ力が高まるよう工夫しました。特に tern 用は、今までありませんでしたので臨んでいた方も多いと思います。

DSC_4097
DAHON アルミフレーム用クランプ Φ41 5.250円(税別)
(DAHON のスチールフレーム / ロックジョーフレームには装着出来ません)

tern Verge フレーム用クランプ Φ38 5.250円(税別)
(tern Link フレームには、Φ41をお使いください)

カラー:レッド、ブラック、チタン、シルバー、ゴールド、ブルー


DSC_4096
DAHON アルミフレーム用クランプ Φ41



DSC_4095
tern Verge フレーム用クランプ Φ38



DSC_4100
今までのタイプとの最大の違いは、クイックレバーを大きくし、力の弱い女性でも確実にクランプ出来るようにしました。


DSC_4093
手の腹でクランプ出来ますので非常に有効です。



DSC_4092
レバーは大きいですがガッツリ抜きました。



DSC_4101
クランプバンドの厚みも変えています。



DSC_4094
カム部分も非常に凝った作りとなっております。



DSC_4102
Φ41 が、32.5g。



DSC_4088
Φ38 が、33.5g です。



それでは実際に取り付けてみましょう

DSC_4060
tern Verge N8

DSC_4064
DSC_4058
DSC_4065
DSC_4066

DSC_4086
N8 のオリジナルクランプは、45.5g ですから12.0g の軽量化となります。


DSC_4067
DAHON Presto SL

DSC_4068
DSC_4069

DSC_4084
プレストのオリジナルクランプは、67.0g ですから34.5g の軽量化となります。



DSC_4076
tern Verge X11

DSC_4075
DSC_4074

DSC_4085
X11のオリジナルクランプは、57.5g ですから24.0g の軽量化となります。



こちらのΦ41 DAHON アルミフレーム用クランプも橋輪オリジナルです

DSC_4098
RIDEA Seat Post Clamp Q / R Φ41.0mm  5.220円(税別)
スキュアーと同じタイプのクランプレバーで、3点セットで合わせたい方にお勧め。
詳細は⇒こちら


DSC_4099
更に軽量の30.0g となっています。



DSC_4083

本日、たまたま DAHON Visc ltd のタイヤ交換&メンテに来店されたお客さんに「ちょっとお客さ〜ん、いいパーツ入荷してまっせー!」と見せたところ 「おっとやられましたね、ゴールドでお願いします」嵌めてやったぜ!(失礼、ありがとうございました第一号)


DSC_4078
DSC_4079

1 ポイントが効いてます!

DAHON マニア A さんからのお便り”その2”【橋輪Blog】

DAHON マニア A さんからのお便り”その2”

A さんのアニバーサリーDi2 計画も着々と進んでいるようです。ただちょっと勘違いがあるようですが? それでは畳の上のファクトリーを覗いてみましょうか。

橋輪様

ブログ拝見しました。貴重な情報をありがとうございました。しかし、アホな私は致命的なミスをいくつかしている事に気づきました。

SC–M9051を充電しないといけない事を知らなかった。単にバッ直で動くと思い込んでいた。
△修里燭瓩僚偲鉄SM–BCR2をあわてて注文
そもそも家にMacとiPadしかない。今回のBluetooth対応で、iPadからアップデートできるものと思い込んでいたが、いきなりつながる保証はない。家にある古いWindowsを復活させないとダメかも

そうは言っても、もう後には引けません。明日(今日)の午前中に、連れと近くの河川敷で最後ののアナログポタリングをした後に、RDを外してRD-R8050-SSを装着します。

1
こんな感じで作業を進めています。サル真似をしてEW–JC130を3種類、荷造りロープで作りました。ジョイントは黒のビニールテープです(汗)サイズはMMを選択しました。


2
ジョイント部分から伸びる50mmのケーブルは、TREKのツールボックスの底に向かいます。ジョイントにJW–EC200をつないでケース内は一番短い200mmのケーブルでバッテリーにつなぎます。


3
残りの550mmは自転車の顔となる右側を避けて、左側のリアブレーキケーブルに沿わせて前に向かいます。


4
JW–EC200をつないで600mmのケーブルでインフォメーションディスプレーに接続します。



5
STIのST–R8060 Di2(唯一、まだ届いていません)から伸びる2本のケーブルは400mmと500mmで行けそうです。

それにしてもシマノの金儲け主義にはびっくりします。充電が必要なら、せめてケーブルくらい入れといてほしいです。お陰で充電器を2つも買う羽目になりました。シマノ博物館に3回も行き、「堺はシマノの街や」と自慢している私に、もう少し寛容であってほしいです(涙)

また報告します。

この後、メールのやり取りが笑える(これだけ一生懸命に研究し、やっているのに笑ってはいけないがマジに笑えました)


image1-1 - コピー
インフォメーションディスプレーSC–M9051とバッテリーチャージャーSM–BCR2を別々に購入したところ、充電ができません。SM–BCR2はAmazonでしたが、即日新品交換してくれました。ところがまだ充電ができないので、SC–m9051の故障かと思われます。エレクトリックワイヤーも三又の分を買い忘れるなど、前途多難です。また報告します。


それ故障じゃありませんよ。外装バッテリーは、外装専用充電器(SM-BCR1 + SM-BCC1)でないと充電できません。

良く見てないですね(笑)↓

http://hashirin.com/archives/1724309.html


ご指摘ありがとうございます。外装バッテリーは充電できてるんです。困っているのはインフォメーションディスプレーに充電が必要な事を橋輪様のブログを見て気づいて、慌ててSM–BCR2をAmazonで買ったのですが、充電ランプがつかないんです。Amazonはすぐに新品交換してくれましたが症状は変わらないので、インフォメーションディスプレーの故障と思われます。書き方が悪かったですね(笑)ちゃんと充電できてもWindows環境がないので、動くかどうかとても不安です(汗)


えええええ、それ何時の記事ですか?
インフォメーションディスプレーには、電池はありませんよ!インフォメーションディスプレーの充電ジャックから内装バテリーを充電していただけです。インフォメーションディスプレーの電源は、バッテリーから供給されています。

 

自分を百叩きしたいくらい参りました。ご指摘いただいた4月6日の記事を読んで、「充電口」という言葉にうっかり(そうか、こいつも充電せんとあかんのか)と思い込んでおりました(大汗)インフォメーションディスプレーが単体で電源が入らない(バッテリーにつないでないから当たり前)のを見て、てっきり充電せなあかんのかと勘違いしました。

返品交換してくれたAmazonやインフォメーションディスプレーのショップも変に思ったでしょうね(汗)「何や?このおっさん、インフォメーションディスプレーに充電しようとしてるんか?」とバカにされてそうですね。さっそく今日、バッテリーにつないで確認してみます。

インフォメーションディスプレーの充電口はアウトプット専用なんですね!




アウトプット専用じゃありません

【内装バッテリー BT-DN110 の充電】

・充電器 SM-BCR2 ⇒ インフォメーションディスプレー SC-M9051 ⇒ 内装バッテリー BT-DN110


・充電器 SM-BCR2 ⇒ ジャンクションA SM-EW90A/B ⇒ 内装バッテリー BT-DN110


【外装バッテリー SM-BTR1 の充電】

・外装バッテリー SM-BTR1 取り外して 外装バッテリー充電器 SM-BCR1 + SM-BCC1


バッテリーの充電はこのどちらかです。


【Di2 システムのPCとの接続】

・インフォメーションディスプレー SC-M9051 ⇒ 充電器 SM-BCR2 ⇒ PC


記事でも書きましたが、PC接続にはSM-PCE1 よりSM-BCRS の方が重宝しますので、無駄な買い物ではありませんよ。今回のやり取りは【橋輪Blog】に持って来いの話題ですな!ひひひひ・・・



ご丁寧にありがとうございます。アホやから家に戻って実際に触りながら理解したいと思います。Sさんを出し抜こうとして完全にバチが当たりましたね(大汗)



image1 - コピー
当たり前ですが、あっさりつながりました。しかもいきなりiPadでソフトウェアの更新もできました。ありがとうございます。インフォメーションディスプレイを購入したショップには、お詫びのメールを出しました。どうぞ橋輪ブログで滅多切りして下さい(笑)他人のふりして大笑いします^^;


いやいや頑張っていますね。PC接続が出来るSM-BCR2 充電器は、余計な買い物だったと思われますが、タブレットには無い機能がPC版にはありますから何れ必要となってくるでしょう。

また報告願います!




DSC_4058

明日は、これを  tern 用も作ったで!


指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!その8【橋輪Blog】

指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!その8

IMG_3031
SM-BCR2 ビルトインバッテリー充電器 9.669円(税別)

ショップでありながら充電器を持っていないと言う落ちが付いた件。今回は、ジャンクションA 又は、インフォメーションディスプレーの充電口が使えるビルトインバッテリー充電器を取り寄せた。シマノでは内装バッテリー、外装バッテリーとそれぞれに充電器をラインナップしている。充電器と言えども決して安くないので外装バッテリーでもジャンクションA 又は、インフォメーションディスプレーを装備していれば、こちらの充電器でチャージできるのではないかと目論んだが結果、外装バッテリーはホルダーから取り外して外装専用充電器(SM-BCR1 + SM-BCC1)でないと充電できないらしい。(何という儲け主義)

だが今回、船長から大量発注が必ず入る便利グッズを発見した。(残念ながら価格安いですが?)

IMG_3018
新型XTR インフォメーションディスプレーの充電口はこの右側。



IMG_3017
ここに充電コードを繋ぐが、SM-BCR2 ビルトインバッテリー充電器では、チャージだけではなくそのまま PC に繋げて e-tube とアクセスする事が出来る。


IMG_3032
今までは、SM-PCE1 PC接続器を使っていたが色々と面倒もあった。



IMG_3019
STI レバーを装着していれば空きポートが沢山出るが、船長のようにギリギリのポートやエレクトリックワイヤーの配線では、その都度別のジャンクションを用意して空きポートを設ける必要があった。


IMG_2994
大した手間ではないが、エレクトリックワイヤーの抜き差しは頻繁にするものではない。上は、2芯になって初期のエレクトリックワイヤーだが、テストでの抜き差しを繰り返し変形している。この辺を考えるとSM-BCR2は、充電口に刺すだけなのでスマートにPC接続できますね。



IMG_2995
これは、船長が送り返してきた EW-WU111 ワイヤレスユニット。XTR インフォメーションディスプレーを最新の Bluetooth 対応にチェンジしたため必要なくなったものだ。


IMG_2996
ところが船長、このEW-WU111 ワイヤレスユニットに素敵な付属品(下の2ヶ)が付いてきているのに気付かなかったのだろうか? シマノに確認したところこのクランプだけの部品設定があるそうだ。品番は、Y71L98010 で2ヶ入り295円(税別)。さてどのように使うかというと・・・・



IMG_2997
このようにブレーキケーブルに添わすことが出来るのです! 画期的でしょ!



IMG_3020
IMG_3021
例えば、EW-JC200 2ポートジャンクションの両脇とか、



IMG_3023
EW-JC130 分岐タイプジャンクションワイヤーを纏めたり、




IMG_3024
IMG_3022
いままで、仕方なくスパイラルチューブで留めていたところなど。



IMG_3025
IMG_3026
目方は、変わりませんが、



IMG_3027

スッキリさが全然違いますね。船長〜、50個ほど注文入れましょか?

大げさではない。Di2 搭載車4台所有ですからね!


DAHON マニア A さんからのお便り【橋輪Blog】

DAHON マニア A さんからのお便り

image3

DAHON マニア A さんから頸椎ヘルニアお見舞いメールを頂きました。どうやらアニバーサリーのDi2 化を進めているようですのでご紹介します。

橋輪様

ご無沙汰しております。頚椎ヘルニア大変ですね。首が痛いとホンマに動けないし、しんどいですよね。私も腰や肩が調子悪くて、カイロに通ったり整体に行ったりといろいろしてますが、どんぴしゃりの治療になかなかいきつきません。橋輪様の痛みが少しでも和らぎますようにお祈りしております。ロキソニンテープとかよく使ってますが、頚椎ヘルニアには効かないんですかね?

話は変わりますが、先月の船長さんの記事で、EDGE1080のエントリーを見て大興奮しました。ちょうどその次の日に大阪のエキスポシティでサイクルモードがありまして、欲しくてたまらんかったサージプロを見たりとウロウロしていたのですが、物欲が大爆発して、EDGEのナビとライトを衝動買いしてしまいました。そこで止まらずに、そのままアニバーサリーの電動化に向けて動いています。

image4-1 - コピー
 Sさんのカスタマイズ例を拝見していて、TREKのツールボックスを見た瞬間に、(これをバッテリーボックスに使えたら…)と思いつきました。



image1-2 - コピー
そこからなかなか前に進まなかったのですが、今回、バッテリーホルダーとバッテリーを買って、何とかツールボックスの中に仕込めないか、いろいろやってみました。



image2-2 - コピー
image3-2 - コピー
非常に狭いスペースなので、固定してしまうとバッテリーの抜き差しができなくなりますし、ボルトで固定する事もできません。とりあえずコーナンで買ってきたゴムの塊に台座をボルトで止めて、ケースに入れ、マジックテープで固定してみました。


あとはエレクトリックケーブルの長さを測って購入すれば、組み立てられそうです。Sさんや船長さんのカスタマイズのサル真似ばかりしている私ですが、少しでもオリジナル色を出したいともがいています。またご報告します。

Sさんがそれまでに同じ事を思いついて、橋輪様に指令を出しませんようにヽ(´o`;(笑)


アドバイス!

そのゴムブロック、ホームセンターで見かけますね。ベルクロ止めとは、ナイスアイディアです。ですがゴムブロックとバッテリーを足すとかなりの重量になりますね。ベルクロは、真横にスライドさせようとすると絶対に外れませんが、
斜めの力を加えるとベリベリっとすぐに剥がれてしまいます。

IMG_3001
この燃料タンクも底の面に強力両面テープ付きのベルクロテープを張って固定しています。ただベルクロの密着を保つために更に2本のベルクロバンドで締め付けています。



IMG_3002
今は、空っぽで軽いですが16オンスのガソリンが入れば相当の重さになります。この方式だと墜落しても剥がれませんでした。今これ大型ラジコン機の常識となっております。



IMG_3006
こちらはガソリンとスモークオイルのツインタンク仕様。



IMG_3003
受信機やサーボに電源を供給するバッテリーもこの方式で取り付けています。



IMG_3004
危険なリチウムポリマーバッテリーは、機体から取り外して充電するのが常ですからとても重宝しています。



IMG_3005
裏面には、強力両面テープ付きのベルクロ、オス、メス。

燃料タンクが外れたとしても、そう遠くには行きませんがバッテリーが外れると非常に危険です。比較的に小さく重いバッテリーは、コネクターで繋がれた配線の届く範囲で広い機内を転がりまわります。そのうち激しい起動を掛けた瞬間コネクターが耐えられず抜け落ちるでしょう。Di2 だったら変速できなくなるだけですが、これが水平飛行中だったらノーコントロールのまま燃料が無くなる遥か彼方まで飛び続けることとなります。

恐ろしや〜!

記事検索
  • ライブドアブログ