2023年11月

DAHON Horize Disc をハイドロリックで【橋輪Blog】

DAHON Horize Disc をハイドロリックで

IMG_0877
2023 DAHON 
Horize Disc      116.600円(税込)
8 SPEED    12.0kg

ホリゾンタルフレームに極太タイヤ、ディスクブレーキ仕様で人気のホライズ。こちらのディスクブレーキですが、メカニカル(ワイヤー引き)TEKTRO MD-M280 が採用されています。これを Shimano ハイドロリック(油圧)ディスクブレーキにアップグレードし、提供する企画です。価格は、通常ですと税込定価から10% OFF が橋輪プライスですが、定価販売にて油圧ディスクにアップグレードできます。カーキ5台、スティールグレー5台の限定10台です。(シフター、リヤディレーラー Shimano バージョン)

Horize Disc 

IMG_2461
IMG_2462
ブレーキキャリパー:Shimano BR-MT200



IMG_2463
ブレーキレバー:Shimano BL--MT200



IMG_0883

試験的に試乗車をハイドロリック化してみました。非常に強いストッピングパワーでありながらコントローラブルなブレーキに仕上がっています。試乗してみると車格が一回り、いや、二回りぐらい高級になった感覚です。

DAHON Horize Hydaulic Disc 限定10台!




PIPER SUPER CUB PA-18 進まぬ修復(その4)【橋輪Blog】

PIPER SUPER CUB PA-18 進まぬ修復(その4)

今夜は、社長室から進行状況をお伝えします。(その2)を過ぎてからは、作業がサクサク進んでおります。

IMG_2059
IMG_2060
IMG_2061
補強も兼ねて上面プランクのきっかけを作っておく。



IMG_2092
ここまで来たら下側を。



IMG_2094
IMG_2095
IMG_2096
下面も同じく補強を入れます。



IMG_2097
IMG_2098
この部分無くなってますので型紙から起こします。



IMG_2118
IMG_2119
IMG_2120
IMG_2121
IMG_2123
IMG_2124
IMG_2244
IMG_2245
IMG_2246
中央の滑り台みたいなパーツは、接着でしたがメンテナスハッチに改造します。



IMG_2247
一旦、エンジンとカウリングを付けてマフラーの取り回しを考える。



IMG_2248
ここに入れると目立たなくて良いが、メンテナンスハッチの役割が無くなるのとプラグコードに接触するのが心配。


IMG_2249
やはりこうだな。



IMG_2250
台座と補強。



IMG_2251
元々プラグコードは、この穴を通していたが、キャンセルしてピックアップの配線だけ通すことに。



IMG_2252
メンテナンスハッチは、タッピング3本止とした。中央赤+に穴を開けプラグコードを取り出す作戦。



IMG_2253
第一防火壁と第二防火壁は、バルサの樽木だったが、強度メンバーとするために檜を使う。



IMG_2254
IMG_2287
IMG_2288
マフラーの干渉もなし。



IMG_2320
IMG_2321
プランク材の型紙を作る。



IMG_2322
2mm 厚のバルサでプランクしたいが、



IMG_2323
アールがきつすぎて濡らしても割れてしまう。



IMG_2324
1.5mm に変更。端を瞬間接着剤で固定して。



IMG_2325
全体は、木工ボンド。



IMG_2326
IMG_2328
IMG_2329

これで下面の修復プランク終了!もうちょとだ。

次回につづく、



2023 FUJI FEATHER CX+ 入荷!【橋輪Blog】

2023 FUJI FEATHER CX+

IMG_9184
IMG_0821
FEATHER CX +(フェザー CX プラス)

2023 FUJI 
FEATHER CX +   132.000円
(税込)
橋輪プライス     118.800円(税込)
フレームサイズ:43 / 49 / 52 /54 / 56 / 58cm  
2×8  Speed  11.4kg

クロモリグラベルロード、フェザー CX+ の2023年モデルが入荷です。2021年モデルでマイナーチェンジを受けたフレームは、リヤブレーキディスクキャリパーのマウントを変更しトップチューブを走っていたリヤブレーキワイヤーがダウンチューブ下に配されスッキリとしたルックスへと生まれ変わりました。カラーバリエーションは、2022から継続のスレートに新色クレイ、マットカーキ、カッパーの4色展開となっています。

IMG_9187
IMG_9188
カッパー



IMG_9185
IMG_9186
マットカーキ



IMG_0818
IMG_2442
クレイ



04dbc4e5
7eb45d48
スレート



IMG_0819
クロモリストレートフォーク。



IMG_9191
シクロタイヤは700×35Cでラフな扱いにも耐える。



IMG_0825
クランク:Sugino DX2000D 48/36T



IMG_9204
wellgo のペダルが付属。



IMG_0826
フロントディレーラー:Shimano CLARIS



IMG_9195
リヤディレーラー:Shimano CLARIS



IMG_0828
カセットスプロケは11-32T のワイドレシオ 8 Speed。



IMG_0824
シフター:Shimano  CLARIS STI



IMG_0823
アヘッドステム仕様。



IMG_0830
IMG_0831
Tektroのメカニカルディスクブレーキを前後に装備で、雨天でも安定した制動力を発揮する。



IMG_0829

何処へでも行けるグラベルロード FUJI FEATHER CX+





2024 tern RIP 【橋輪Blog】

2024 tern RIP 

IMG_0814
IMG_2421
rip(リップ)

2024 tern
RIP              95.700円(税込)
橋輪プライス      86.100円(税込)
46 /  50 /  54 cm     8 Speed   10.2kg
適用身長:(46)650c 150〜160cm 
                  (50)650c 160〜170cm
                  (54)700c 170〜180cm

アルミエアロフレーム搭載のリップ。2024年モデルが入荷しました。46、50サイズが650c設計で、54サイズのみ700c設計。カラーは、今日ご紹介するノイジーシルバー(新色)にホワイト(新色)、マットブラック(継続)の3色展開です。コンポーネントが、シマノからマイクロシフトにチェンジしています。

IMG_0796
多彩な形状パイプが織りなすエアロフォルムフレーム。



IMG_2422
正にノイジーなシルバー。



IMG_0797
特徴的な大面積幅広ダウンチューブ。リフレクトデカールを採用。



IMG_0804
シートチューブは、大きく抉り込まれる。



IMG_0800
ストレートエアロブレードアルミフォークを採用。



IMG_0802
0mm のリムハイト。タイヤサイズは、54サイズのみ700×25c で、46、50サイズは、650×25c。



IMG_2444
IMG_2445
クロスでありながらスタイリッシュなキャリパーブレーキを装着。



IMG_0805
フロントシングルのチェーンリングは、44T。



IMG_2447
チェーンウォッチャーを廃してナローワイドチェーンリングを装備。



IMG_0817
アルミフラットペダルが付属する。



IMG_0806
リヤディレーラー:microshift 



IMG_0807
カセット:microshift 11-28T 8 speed



IMG_0809
シフター:microshift 



IMG_0810
ハンドルは、クランプ径25.4mm のライザーバーで、46が640mm、50 / 54が690mm。




IMG_2449
IMG_2450
エアロフォルムを強調させるためブレーキ、シフトケーブルは、全てインナールーティングされる。



IMG_2448
アルミプレートから切り出されたヘッドバッチ。



IMG_2446
2本のボルトでクランプするフレーム1体シートクランプは、デザイン、機能でもgood。




IMG_0808
54サイズ700c モデルで撮影。



IMG_0816





IMG_0813

ストリートシーンに生えるエアロフォルム、リップ。如何でしょう。

オールカラーは、⇒ こちら

tern Verge D11?にカーボンホイールを【橋輪Blog】

tern Verge D11?にカーボンホイールを

IMG_0080

Shimano のグラベルコンポーネント GRX で11速化&ドロップ化した tern Verge D9。やはり前後ホイールを統一したいってことで、入荷待ちだったキットデザインのスポークタイプカーボンホイールを装着します。

IMG_2393

Kitt Custom Wheel 20" ETRTO 451 spoke / disc
フロント 54.000円(税別)586.5g

リヤ 58.000円(税別)706.0g


IMG_2426
IMG_2427
Verge D9 オリジナルのフロントホイールは、750.5g とカーボンホイールに交換で、164.0g の軽量化。




IMG_2428
11s カセット対応のため SURGE X(改)から移植したリヤも測ってみると。



IMG_2429
おっと1000g リミットのこのスケールでは、測れません。



IMG_2430
IMG_2431
どうりで重いわけだ 1kg 超えてる。やっぱアルミのディープリムは重い。ってことでリヤは、334.0g の軽量化。


IMG_0863




IMG_0864




IMG_0865




IMG_0867




IMG_0868




IMG_0869




IMG_0870




IMG_0871




IMG_0872




IMG_0873




IMG_0874

カーボンホイールでトータル498.0g と約500g の軽量化に成功した。更なる軽量化を求めるなら D9 のスチールフォークをアルミブレードエアロフォークに変えるぐらいしかもう残ってない。

オーナー M さん、前後ホイール揃ってないと気が済まぬ質でして!


IMG_6576
IMG_9905




営業日カレンダー
2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ