2023年02月

DAHON Deftae 105 シルバーバージョン【橋輪Blog】

DAHON Deftae 105 シルバーバージョン

IMG_0073

DAHON Deftae

制動力がちょっとプアーな DAHON Deftae。みなさんShimano 105 ブレーキキャリパーに交換しての納車が多くなっています。 カラーが2色選べる 105 ですが圧倒的にブラック人気の中、シルバーバージョンでの納車であります。

IMG_0077
IMG_0074




IMG_0078
IMG_0075




IMG_0076




IMG_0079

ブラックは、定番ですが意外とシルバーも高級感がアップしていいですね。

K さん、納車整備完了しましたよん!





Verge D9 にグラベルコンポ GRX(その11)【橋輪Blog】

Verge D9 にグラベルコンポ GRX(その11)

不安を取り除いた後は、気持ちよく作業に望めます。それではいよいよブレーキラインを組んでいきましょう。

IMG_9975
IMG_9976
前後ブレーキキャリパーを仮付け。大分高級感が上がりましたね。



IMG_9984
しっかりロックタイトが付いたシマノ純正のボルトは最後にしてオリジナルの黒キャップボルトで合わせて行きます。


IMG_0037
STI レバーは、仮締めと言ったのは、外側に開いてあげないとコネクティングボルトが取り付け出来ないからです。


IMG_0038
コネクターインサートをセット。



IMG_0039
ホース端面を溝に合わせます。



IMG_0040
IMG_0041
IMG_0042
IMG_0043
IMG_0044
IMG_0045
IMG_0047
きっちりインサート出来ました。



IMG_0048
オリーブを入れる前に、



IMG_0049
ホース先端に入ったインサートをドン付きさせマーキングをしておきます。



IMG_0050
ドロップバー内のループへホースを通します。



IMG_0051
コネクティングボルトとオリーブに少量のグリスを塗布します。



IMG_0052
全然ネジの掛かるとこまで行きません。



IMG_0053
更にブラケットを下げ開放してやります。



IMG_0054
これでやっと入るかな。



IMG_0055
マーキングは、奥まで入ってるかの目安になります。



IMG_0056
8mm のスパナでカシメて行きます。



IMG_0057
これで本締めです。フランジの隙間は気にしなくてよいです。逆にこれくっついちゃったらオリーブがつぶれませんから。


IMG_0058
これで右 STI 側完了。意外と簡単です。



IMG_0059
右のブラケットは、決めちゃいましょう。



IMG_0060
続いて左。



IMG_0061
リヤは、1700mm じゃ足りないかと心配しました。



IMG_0062
IMG_0063
一度畳んで余裕を見ます。



IMG_0064
向かって右に見えるシフトケーブルと合わせるとちょっと長いですかね。



IMG_0065
左 STI のカップリング終了。



IMG_0066
ちょっと学習したんで一度外してからバーのループを通します。カーボンバーのループ穴は、鋭いところがありますからこの方がホースを傷つけずに済みそうです。


IMG_0067
定規を使って、



IMG_0068
ブラケットの平行を出します。



IMG_0069
左右のカーブを同じに。



IMG_0070
IMG_0071
ハンドル裏側は、こんな感じ。



IMG_0072
ここ1か所タイラップで決めちゃって、



IMG_0073
ホースの長さを見ます。



IMG_0075
やはり少しだけ長いです。



IMG_0076
カットラインをマーキング。



IMG_0077
ホースをクランプして、



IMG_0078
カット。



IMG_0079
90°直角に切れました。



IMG_0080
ホースを差し込んでみます。リヤキャリパーのように作業しずらい場合、外した方が良いです。



IMG_0081
先ほどと同じようにオリーブを入れる前にマーキング。



IMG_0082
丁度良い長さになりました。



IMG_0083
ムリのないアールです。



IMG_0084
IMG_0085
インサート挿入します。



IMG_0086
IMG_0087
おっと、最後にホースが逃げました。



IMG_0088
これはここで、



IMG_0089
マイナスドライバーで偏芯シャフトを回して締め付け力を調整。



IMG_0090
IMG_0091
これで OK!



IMG_0092
マウントは、フェーシング済。



IMG_0093
キャリパーを仮止め。



IMG_0094
スパナで締めたら、



IMG_0095
リヤ完成。



IMG_0096
フロントは、



IMG_0097
シフトケーブルに添わせましょう。



IMG_0098
ん、いい感じ。



IMG_0100
長さを見ます。



IMG_0101
IMG_0102
スパイラルチューブで纏めます。



IMG_0103
カットラインをマーキングして、



IMG_0104
カット。



IMG_0105
よし丁度いい。



IMG_0106
IMG_0108
IMG_0109
IMG_0110
フロントも完了。



IMG_0111

スムースに作業が進んだ。配管だけならワイヤー組むのと変わらないくらい。むしろカットしたアウターの末端処理が無い分楽な印象だった。意外と簡単だったな。まてまて、ブリーディングが終わってオイルリークのチェックが済むまで気が抜けない。

次回につづく、






Verge D9 にグラベルコンポ GRX(その10)【橋輪Blog】

Verge D9 にグラベルコンポ GRX(その10)

昨日の問題を解決するのに結構な時間を費やした。油圧系のディーラーマニュアルは、DURA-ACE まで見たが、答えはなかった。そしてようやくたどり着いたのが以下だ。

スクリーンショット (4)
先ずこれ。我々が使うシマノウェブ発注システムの SIPS にある「技術サポート」。




スクリーンショット (5)

これだけの項目の中から油圧系を見ていく。




スクリーンショット (6)
左上の「油圧ディスク各種調整」をクリックすると、




スクリーンショット (7)
その下にインデックスが現れた。



スクリーンショット (10)
上からずっと見ていき6番目の「初めてでもわかる。ロード油圧ディスクブリーディングのポイント」を開くと、


スクリーンショット (11)
「テクニカル情報」てのが現れた。




スクリーンショット (12)

すると2ページ目にこの絵が出てきた。これだ!銀のコネクティングボルトは、TT レバーに使うんだ。キャリパー側は、全て黒でいいみたい。なんだよ〜紛らわしいな!TT レバーにしか使わないなら銀は、TT レバーに付けとけよ!ホースセットは、フランジと黒だけでいいじゃん!


スクリーンショット (13)
するとホースの情報も出てきた。極端に描かれたイラストでようやく解明できた。ホースは、BH90 と BH59 の2種類が存在する。太さは、どちらも同じだが BH90 の方が内径が細い。よってコネクターインサートの太さも異なる。では、現物で確認してみよう。


IMG_0014
これが、SM-BH59 の30m 巻。



IMG_0015
30m で税別21.808円もする。



IMG_0029
カッターでサンプルを採取。



IMG_0036
こちら BH59 用のオリーブインサートユニット。



IMG_0030
90 / 59 と同じに見えるが、



IMG_0032
よく見ると内径が異なる。



IMG_0033
ホース コネクターインサート長さ   色
BH59           13.2mm                        ゴールド
BH90              11.2mm                        シルバー

※オリーブは、共通


IMG_0034

IMG_0035
90のインサートは、59に簡単に入ってしまうほど細い。




スクリーンショット (14)
ここで GRX STI のディーラーマニュアルを見る。



スクリーンショット (1)
ブレーキホースは、SM-BH90-JK-SSR だ。



スクリーンショット (16)
そしてもう一度「油圧システム互換性ロード、グラベル」




スクリーンショット (16) - コピー
先ず左側の STI で GRX の ST-RX600。右のキャリパーで BR-RS785。するとブレーキホースは、SM-BH90-JK-SSR となる。



スクリーンショット (16) - コピー - コピー

でもちょっと待って!そのキャリパーの一マス下にも BR-RS785 が出てくるじゃん。でもホースは、BH90 ではなく BH59 になってるし。どうなってんのこれ?


これは流石にシマノに聞いてみた。キャリパー BR-RS785 は、BH90 / 59 どちらのホースも使えるんだって。基本ロード系の場合、互換表はシフターをメインに見ていくんだって。なのでこの組み合わせの場合上の BH90 になるんだって。MTB コンポの場合4ポットキャリパーとかあるので更に複雑。STI の材質がアルミか樹脂かにより剛性感から使い分けてるそうだ。故に上位モデルは、全て BH90 なんだって。何となく理解できたところで安心して作業に掛かれます。

明日につづく、




Verge D9 にグラベルコンポ GRX(その9)【橋輪Blog】

Verge D9 にグラベルコンポ GRX(その9)

ブレーキラインを作るにあたり相当シマノディーラーマニュアルを読み込んだつもりだが、分からないことが出てきた。

IMG_9989
先ずこのブレーキホースセット SM-BH90-JK-SSR に付属する三つのコネクティングボルト。



IMG_0021
左のみフランジ付きだが、どれもホースが通る内径は同じ。だがどれを何処に使うかだ。



IMG_0022
パイプネジなので規格は分からないが、フランジ付きは、太さたぶん9mm のピッチ1.25。



IMG_0023
フランジ無しの銀と黒は、長さが異なる 8mm ×0.75。



IMG_0024
フランジ付きは、キャリパーには付かないので、



IMG_0020
STI 側で決まり。



IMG_0025
IMG_0026
銀と黒は、どちらもフィットする。



IMG_0027
どちらもオリーブをカシメられる形状だ。どっちを使えばいいんだ?




スクリーンショット (2)


このブレーキキャリパー BR-RS785 のディーラーマニュアルをもう一度見る。



スクリーンショット (3)
図はあるが、コネクティングボルトの色、長さの記載はない。



スクリーンショット (3)
ちょっと待って!左上のモデルナンバーってのを見ると SM-BH59-JK-SS って、取り寄せたブレーキホース SM-BH90-JK-SSR と違うじゃん。え〜ホース合わないのけ〜?



かなり自信がなくなってきましたね。昔バイク(モーターサイクルの方)のブレーキラインを EARL'S で散々作った。今みたいに吊るしで何用なんて無かったから寸法出してステンレスメッシュホースカットして、一から組み上げた。これが結構大変でね。バイク1台分組む間に必ず1回は、ほつれたステンワイヤーが指に刺さるんだよね。でも 200km/h のもスピードで走るバイクのブレーキラインにオイルリークがあったら大変ですから真剣に組みましたよ。EARL'S に比べれば、Shimano のホースなんて超簡単に組めそうですが、そんな経験があったからより慎重にビビッてます。

5555(1)

明日につづく、



Verge D9 にグラベルコンポ GRX(その8)【橋輪Blog】

Verge D9 にグラベルコンポ GRX(その8)

IMG_9972

さていよいよブレーキラインに進みますが、シマノから DISC BRAKE HOSE CUT & SET TOOL なるスペシャルツールが発売されたので購入してみました。

IMG_9974
ブレーキキャリパー:Shimano BR-RS 785  7.554円(税別)
唯一、GRX の STI レバー ST-RX600 / BL-RX600 と互換のあるポストマウントブレーキキャリパーです。

IMG_9973
ブレーキホース:Shimano SM-BH90-JK-SSR 1000mm  2.740円(税別)
ブレーキホース:Shimano SM-BH90-JK-SSR 1700mm  3.376円(税別)


IMG_9986
ディスクブレーキホース、カット&セットツール:TL-BH62  8.700円(税別)



IMG_9988
ブレーキホース SM-BH90-JK-SSR のセット内容から見てみよう。これがまずブレーキホース。



IMG_9989
そして付属する9点は、左から LT-BH61、コネクティングボルト3種類、その下に行って金色のオリーブ、コネクターインサートがそれぞれ2個ずつ。


IMG_9990
先ずは、ホースをカッターナイフで適切な長さにカットします。LT-BH61 は工具で、こうして挟み込み万力で固定するためのもの。


IMG_9991
そしてハンマー等でコネクターインサートを叩込めってこと。



IMG_9992
左側のフランジ付きコネクティングボルトとキャリパー又は、マスターシリンダーの内々がすり鉢状になっていて締め込むと金色のオリーブがカシメられる構造。


IMG_9993
そのカットとインサートがこの工具一つ出来るってふれこみ。



IMG_9987
箱の底には、替え刃が一枚。



IMG_9994
ホースカッターを分離する。


IMG_9995
IMG_9996
IMG_9997
IMG_9998
IMG_9999
ホースが逃げない方向に歯が動く。間違いなく90°でカット出来るらしい。



IMG_0001
青いレバーを開くとホースをホールドする部分が見える。



IMG_0003
そしてレバーを閉じるとホースが固定される。マイナスネジは、



IMG_0013
これ何処にも説明書きがありませんが、マイナスドライバーで回すとレバーのカムを貫通するシャフトが偏芯していてホースの締め付け具合が調整出来ます。



IMG_0002
黄色矢印を書いた溝がカットラインとなる。



IMG_0004
でもってカッターを直角にセット。



IMG_0005
IMG_0006
ワンプッシュでカット出来る。ホースホールドレバーはそのままで、



IMG_0008
次にプレスブロックにコネクターインサートをセットするが、オーリングが仕込まれていて具合がいい。


IMG_0007
ギュッと押し込むと外れない。



IMG_0009
プレスブロックを挿入して、



IMG_0010
ハンドルをグイ〜っと握ると、



IMG_0011
インサートが完了!・・・するらしい?


なかなか便利そうな工具だ。今夜はここまで。

明日につづく、





営業日カレンダー
2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ