2022年02月

DAHON D-ZERO をカスタムする(その7)【橋輪Blog】

DAHON D-ZERO をカスタムする(その7)

IMG_7265

「D-ZERO をカスタムする」だろ?Mu SL は、部品取りじゃなかったのか。むしろメインになりつつある。RIDEA CLV ブレーキアームには、Mu SL オリジナルのブレーキシューを取り付ける予定でいたが、SCHWALBE BIG APPLE との相性が悪いことが発覚。

IMG_7268
このカートリッジパット固定用のピン。



IMG_7269
これパットが減ればタイヤサイドウォールを引き裂くことに。



IMG_7280
RIDEA BSFW20 V-Brake Shoes  3.400円(税別)



IMG_7284
IMG_7285
こちらも RIDEA のシルバーで揃えた。



IMG_7256
POWER TOOLS MINI VELO CHANRING 56T   9.000円(税別)



IMG_7279
RIDEA TQXG-R5 Chainring Screw for Single       1.600円(税別)



IMG_7281
10 Speed のチェーンも色々あれどここまでピカピカなら KMC X10 SL でしょ。



IMG_7282
KMC X10SL   8.800円(税別)




IMG_7286
オリジナルの 53T から 3T アップの 56T。やっぱパワーツールズカッコいいね。



IMG_7287 - コピー
チェーンの長さは、こんなもんでカット。



IMG_7291
ミッシングリンクでジョイント。



IMG_7292
ハンドチェンジでシフトダウン。



IMG_7293
チェーンラインは、こんなとこか。



IMG_7294
7速目か。意外と引っ込めてないな。



IMG_7297
トップからの、



IMG_7298
ロー。



IMG_7300
IMG_7299

あら!おーちーたー!

明日につづく、









DAHON D-ZERO をカスタムする(その6)【橋輪Blog】

DAHON D-ZERO をカスタムする(その6)

IMG_8965

もうひと方の DAHON D-ZERO カスタムです。フレームカラーのクロームとリクセンバスケットの柄がとてもマッチしています。

IMG_8966
SCHWALBE BIG APPLE 16×2.00 3.500円(税別)



IMG_8967
マットガードは、超ギリなんでちょっと触ってきたらグニッと直してね!



IMG_8969
ライザーバーは、beam XOB SL ライズ75mm    2.600円(税別)



IMG_8970
フロントアタッチメント:RIXEN KAUL キャディー 3.400円(税別)



IMG_8968
バイクバスケット:RIXEN KAUL ライゼンタール 11.000円(税別)



IMG_8972




IMG_8974

おっと!D-ZERO ブーム来るのか?

次回につづく、




DAHON D-ZERO をカスタムする(その5)【橋輪Blog】

DAHON D-ZERO をカスタムする(その5)

昨日の RIDEA ヘッドパーツに続き V ブレーキアームを組んでいきます。

IMG_7240
RIDEA CLV は、シールドベアリング仕様なので潤滑剤はいりませんが、スタットには、錆防止でグリスを塗布しておきます。


IMG_7243
リターンスプリングのアンカーは、力の弱い一番下の穴にセット。



IMG_7247
取付ボルトは締めすぎ注意!



IMG_7248
7075アルミのボルトは、ちょっとのオーバートルクで頭がポロっともげますよ。



IMG_7250
右は、ロック材が残ってるのかタップでお掃除。



IMG_7251
IMG_7252
フロントリヤ取り付け完了。



IMG_7253
RIDEA ステムも取付。あこのボルト出荷の際、仮締めなので増し締めしてね。



IMG_7254
SCHWALBE BIG APPLE 20×2.00 3.800円(税別)
SCHWALBE 7SV 仏バルブ  1.000円(税別)


IMG_7258
タイヤも行っときますか。



IMG_7259




IMG_7260
SRAM 9速カセットを取り外しました。相変わらずいい音だアメクラフリー。



IMG_7261
Shimano CS-6700 ULTEGRA 10 s  11-28T。



IMG_7262
RIDEA のスキュアーは、カム部分にグリスを塗布。



IMG_7263




IMG_7264




IMG_7265

いいペースで来てるよね!

今夜は、ここまで



DAHON D-ZERO をカスタムする(その4)【橋輪Blog】

DAHON D-ZERO をカスタムする(その4)

IMG_7160

今回調達したパーツです。ポリッシュフレームなのでシルバーパーツをチョイス。先ずは、RIDEA から。

IMG_7225
RIDEA  CLV V-Brake CNC 8.400円(税別)



IMG_7224
RIDEA  ES2D-74/130mm Ti Quick Release   5.600円(税別)



IMG_7223
RIDEA  ESF2  Extendable Stem クランプ径Φ31.8  6.400円(税別)



IMG_7221

RIDEA  DAHON プレシジョンヘッドベアリング  3.400円(税別)



IMG_7222

RIDEA  橋輪オリジナル DAHON アルミフレーム用クランプ Φ41 5.250円(税別)



IMG_7226
先ずは、ヘッドセットの交換から。フォークから圧入されているオリジナルのクラウンレースを抜き取ります。レースの下にカッターの刃を叩き込み少しずつ浮かせていきます。


IMG_7227
全周に渡り刃が食い込んだら次に厚刃(スクレッパーを使ってます)に変え更に叩き込みます。



IMG_7228
IMG_7229
IMG_7230
ある程度の隙間が出来たら市販のリムーバーで。



IMG_7231
IMG_7232
IMG_7233
圧入されている上下のワンを叩き出します。



IMG_7234
RIDEA のいクラウンレースは、割が入っているので手で挿入できます。



IMG_7235
IMG_7236
IMG_7237
RIDEA ヘッドパーツの装着完了!



IMG_7238

本日の作業は、ここまで。

明日につづく、








DAHON D-ZERO をカスタムする(その3)【橋輪Blog】

DAHON D-ZERO をカスタムする(その3)

IMG_7189

Mu オリジナルのチェーンリング、ガードは、D-ZERO へ移植します。ガード無しのチェーンリングを調達予定なので取り付けは、クランクアーム内側から外側へと移動します。

IMG_7239
Mu D-ZERO 2台同時進行なので打ち合わせしたメモに従って作業を進めます。



IMG_7203
BB からの距離を測っておきます。



IMG_7204
クランクアームの内側から外側に移動するとチェーンリングの刃先は、約5.5mm 外側に移動することになります。


IMG_7205
ISIS BB の右側には、都合よく2枚のスぺーサーが入ってます。これを左に持っていけばつじつまが合いそうです。


IMG_7206
クランクアームを外していきます。相変わらず ISIS BB の勘合はきついです。こんな時プーラーのネジ山に給油してあげると力が倍増しますよ。


IMG_7207
最早、シートピラーは、バイクスタンドが掴むだけの物となっておりほぼフレームのみとなりました。



IMG_7208
BB 外していきます。




IMG_7210
IMG_7211
スペーサーが出てきました。BB はアメリカンクラシック。



IMG_7212
測ってみると1枚2.51mm。



IMG_7213
5mm の移動になります。



IMG_7214
これを左に移動し、



IMG_7215
組付けます。アメクラノのBB は、組付けると必ず回転が重くなります。ベアリングアウターレースとのクリアランスが狭く締め付けの際にボールがインナーレースに押し付けられてしまうのです。締め付け後に軸両端をプラハンで叩いて馴染ませると回転が戻ります。


IMG_7216
スプラインにグリスを塗布してクランクを取り付けます。



IMG_7217
ん〜いい感じ!



IMG_7218

これでフレームの下準備が完了!

明日につづく、



営業日カレンダー
2023年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2023年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ