2021年12月

2022 DAHON のノンフォールディング Calm【橋輪Blog】

2022 DAHON のノンフォールディング Calm

IMG_8838
IMG_8844
Calm(カーム) 

2021 DAHON
Calm         69.300円(税込)
橋輪プライス 62.300円(税込)
フレームサイズ:M 460 / L 500
M 156〜165cm  L 165〜175cm

遂に DAHON からもノンフォールディングが登場。クロモリフレームの20インチモデル、カームです。フレームサイズは、M 460 / L 500 の2種類から選択できカラーバリエーションも3色で、正にシティーライドで「ばえる」ミニベロとなっています。

IMG_8842
IMG_8843
ドライオレンジ(フレームサイズ M 460で撮影)



IMG_8845
IMG_8846
スティールブルー(フレームサイズ M 460で撮影)




IMG_8840
IMG_8841
ギャラクシーストーン(フレームサイズ L 500で撮影)



IMG_8847
細身のクロモリながら直線と曲線を融合させた優しいデザインフレームとなっています。



IMG_8852
ホイールサイズは、20インチの406。



IMG_8853
タイヤサイズは、20×1.75。



IMG_8858
IMG_8859
クロームのマッドガードを標準装備します。



IMG_8854
チェーンリングは、52T。



IMG_8855
wellgo ペダルが付属。



IMG_8856
リヤディレーラーは、Shimano Tourney の7 Speed 。



IMG_8857
カセットスプロケ12-28T です。




IMG_8850
シフターは、簡単操作の Shimano Tourney SL-TX50。



IMG_8848
DAHON オリジナルのクラシカルなクイルステムを採用。



IMG_8849
アップライトなポジションが取れるライザーバー。



IMG_8839
ハンドルバー(M)580mm (L)600mm
ステム(M)80mm (L)100mm


IMG_8861
シティーライドに適したコンフォートサドル。



IMG_8851
ヘッドバッジを取り外せばラゲッジトラスが装着出来ます。



IMG_6707
キックスタンドが標準装備。



IMG_8862




IMG_8864

Calm とは、a calm day(穏やかな日)ってことみたい。こんな日に乗りたい1台ですね。これが今年最後の【橋輪Blog】となります。一年間ご覧いただきありがとうございました。

皆様よいお年をお迎えください。




【お正月休みのお知らせ】
12月31日〜1月6日までお休みします







2022 tern SURGE 入荷!【橋輪Blog】

2022 tern SURGE 入荷!

IMG_8816
IMG_8825
(サージュ)

2022 tern
SURGE          107.580円(税込)
橋輪プライス        96.800円(税込)
470 / 160 to 170cm
520 / 170 to 180cm

16 Speed 10.0kg

2022 tern SURGE のフレームサイズ520 ガーネットが1台のみ先行入荷しました。ガーネットは、2022の NEW カラーで1月の入荷予定から早まりました。他のカラーラインナップは、2021継続カラーのマットブラック、グリーンガンメタルで3色展開となります。

IMG_8816
IMG_6706
NEW カラー!  ガーネット 470 入荷予定2022年6月
                            ガーネット 520 1台のみ先行入荷


IMG_6829
IMG_6830
グリーンガンメタル 470 入荷予定2022年2月
グリーンガンメタル 520 入荷予定2022年2月


DSC_7968
DSC_7969
マットブラック 470 入荷予定2022年6月
マットブラック 470 入荷予定2022年6月


IMG_8817
エッジの効いたエアロデザインフレーム。



IMG_8818
アナダイズド仕上げのヘッドバッチ。



IMG_8819
ストレートブレードアルミフォーク採用。



IMG_8821
ホイールは、Kitt Custom Crow 3.0 Plus 20(451)。



IMG_6843
タイヤサイズは、 20×1 1/8(28-451)。




IMG_8823
IMG_8824
前後キャリパーブレーキは、ショートリーチに対応。



IMG_8828
クランクセット:Kitt Custom 53/39T



IMG_8834
wellgo のペダルが付属。



IMG_8830
フロントディレーラー:Shimano FD-2000 Claris



IMG_8831
リヤディレーラー:Shimano RD-R2000 Claris



IMG_8832
カセットスプロケ:Shimano 11-28T 8 Speed



IMG_8827
デュアルコントロールレバー:Shimano Claris 2 x 8 Speed



IMG_8826
Kitt Custom のドロップバー及びステムは、フレームサイズ470が、380 / 80mm。520が、400 / 90mm。クランプ径は、Φ31.8mm。


IMG_8835
このロゴを含むすべてのデカールがリフレクトになっていて光を反射します。



IMG_8837

2022は、5モデルで展開する SURGEシリーズ。よりスポーツ志向に振った SURGE PRO ではなく、ベーシックな SURGE をカスタムベースとされる方も少なくありません。

2022 SURGE ガーネット 520 1台のみですぞ!




【2021 tern SURGE】

IMG_6829
IMG_6830
グリーンガンメタル、フレームサイズ520 ラスト1台在庫有



【お正月休みのお知らせ】
12月31日〜1月6日までお休みします







MOULTON TSR-9 SP バーガンディー(その7)【橋輪Blog】

MOULTON TSR-9 SP バーガンディー(その7)

リヤセクションは、モールトンの欠点リヤスイングアームピポットが気になります。前回納車した(それでも随分前だけど)TSR フォレストグリーンがとても精度よく組まれていたのが印象的だっただけに。

IMG_6666
クランクを外します。



IMG_6667
IMG_6668
BB が外れました。



IMG_6669
ラバーコーンの取付タッピングビスは、T15 のトルクスに変わってます。(SST と同じ)



IMG_6670
グリースニップルは、先に外しておかないと痛い目にあいますよ。



IMG_6674
ここんところも養生ね。



IMG_6672
IMG_6673
リヤアームの動きは、良いように思えるが。いや〜そうではない。ピポットボルトを思い切り締め込んであれば悪い物も良く感じるんです。


IMG_6671
緩めてみましょう。



IMG_6675
ほれ!スルリとおっこったぞ!



IMG_6676
スピンドルは、ビクともしない。ダメだこりゃ!



IMG_6677

やはり前回のフォレストグリーンは、パシュレーの幻だったのか?

今夜は、ここまで




【お正月休みのお知らせ】

12月31日〜1月6日お休みします





MOULTON TSR-9 SP バーガンディー(その6)【橋輪Blog】

MOULTON TSR-9 SP バーガンディー(その6)

さて足回りメッキ案に OK が出たので進めていきたいと思います。前回のディキャリアですが、物が入ってくる前に画像検索してたら TSR のメッキ仕様の画像を発見!調べてみると「ダイナベクターモールトン輸入25周年記念モデル MOULTON TSR DV」ってのがあったらしい。このときは、フロントサブフォークとリヤスイングアームがメッキでステムもスレッドになってたみたい。今回の足回りメッキだが、後にやろうとするとそれなりの工賃が発生するが、納車整備時にどうせ一度は分解するので、そこに関わる工賃は軽減できるってこと。

IMG_6645
IMG_6646
ここは、パシュレー凄いね。ブレーキレバーの引き代をこんなに詰めなくともいいだろうぐらい詰めてるのに、


IMG_6647
IMG_6648
ブレーキシュー全く擦ってない。ホイール組みの精度が高いってこと。



IMG_6649
さて分解に取り掛かります。



IMG_6650
IMG_6651
IMG_6652
IMG_6684
これでサスペンションフォークアッセンブイリーが外れました。



IMG_6653
続きましてリヤセクション。



IMG_6654
相変わらず Wippermann のチェーン装着してますね。



IMG_6655
ConneX リンクの外し方お客さんに教わったっけ。



IMG_6656
チェーンは袋詰めにしておきましょう。ConneX リンクは、⇒ こちら



IMG_6657
リヤディレーラーを外します。



IMG_6658
ワッシャーは、失くさないように。



IMG_6659
ディレイラーハンガーの修正もやっておきましょう。



IMG_6662
SRAM のロックリングの締め付けがあまいです。しかし前回同様リヤホイールをエンドから外すのきついっす。


IMG_6660
リヤエンド幅を測ってみると、



IMG_6661
ほぼほぼ130mm ですね。



IMG_6664
IMG_6665
ハブは、相変わらず135mm。

TSR のエンド幅は、133mm になっていて130 / 135mm どちらのハブにも対応するって聞いてたけどもう130mm ハブで良いのでは。

次回につづく、




2022 FUJI BALLAD Ω 1台のみ先行入荷!【橋輪Blog】

2022 FUJI BALLAD Ω 1台のみ先行入荷!


DSC_6894
DSC_6896
BALLAD Ω(オメガ)

2022 FUJI     
BALLAD Ω
    132.000円(税別)
橋輪プライス    118.800円(税別)
フレームサイズ:43 / 49 / 52 / 54 / 56 / 58cm 
18 Speed   9.8kg

2022年モデルの FUJI バラッド・オメガのマットブラック、フレームサイズ52が、1台のみ先行入荷しました。他のサイズカラーは、2022年7月以降の入荷予定となっています。

BALLAD Ω の詳細は、⇒ こちら
(情報は、2019年モデルですがスペック変更ありません)


2022 FUJI BALLAD Ω 52 マットブラック1台のみ!



営業日カレンダー
2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ