2021年10月

DAHON SPEED RB フラットマウントフォーク(完成編)【橋輪Blog】

DAHON SPEED RB フラットマウントフォーク(完成編)

いや〜ここまで来るまで長かった〜!さーここからは、ほぼ通常のフェイシングです。

IMG_6052
ボルト穴との直角が出た所で、



IMG_6053
ボディーを固定。



IMG_6056
これでボディーに固定されたシャフトがボルト穴との垂直を保つからアームを何処へ持っていっても元に戻れる。


IMG_6057
治具を外します。



IMG_6058
先ずは、スペーサーを挟む右の台座を整えます。



IMG_6060
どちらの台座もマッキーで塗りつぶしておきます。



IMG_6061
カット開始。



IMG_6062
相当斜めから当たってるな。長丁場になりそう。



IMG_6068
効率よく T ハンドルを付けて掘り進む。こりゃもーフェイシングではなくミーリングだ。



IMG_6063
IMG_6064
IMG_6065
IMG_6066
IMG_6070
こんなもんじゃろ〜!



IMG_6071
ここがちょっと違うとこで、2mm のスタンドオフマウントを今削った台座に載せます。



IMG_6072
カッターをセット。刃の高さを記憶させるために、



IMG_6073
IMG_6074
ストップカラーを移動させロックします。



IMG_6076
そして左側にカッターをセット。



IMG_6077
この隙間が右との高さの差なのでそれ以上は削れないってわけ。



IMG_6078
隙間を測ると0.20mm。左の平行度が出ていれば一さらいで OK な高さ。



IMG_6079
ん、、、もう少し。こちらの平行度は良いみたい。



IMG_6080
ストップカラーまで進んだ。



IMG_6081
全周に亘りアルミ地が見えたのでこれでも十分だが、バエのため奇麗に仕上げる。



IMG_6075
再び右に戻り、



IMG_6069
少々削る。



IMG_6076
先ほどと同じ工程を繰り返し左を再度削る。



IMG_6085
奇麗に仕上がった。



IMG_6087
IMG_6088
IMG_6089
IMG_6091
DAHON SPEED RB フラットマウントフォーク修正完了。



IMG_6092





IMG_6093

DAHON SPEED RB に Shimano 製キャリパーマウントブラケット、アナダイズドレッドスペーサーが見えたら橋輪の仕業だ!(全ての RB がこうではありませんのであしからず)

やれば出来るじゃ〜ん!

2021 DAHON SPEED RB






DAHON SPEED RB フラットマウントフォーク(その5)【橋輪Blog】

DAHON SPEED RB フラットマウントフォーク(その5)

IMG_6028

Park Tool DT-5.2 ディスクマウントフェイシングツールで、フェイシングしていきますが、2.1mm もの段差があると通常の使用方法とはいきません。フェイシングツールと言うくらいですからほぼ平行は出ていて面の皮一枚剥くってなニュアンスです。それでは、使用説明書通りに作業するとどうなるかやってみましょう。

IMG_6029
先ずフラットマウント用ネジ付スタットをフォークにねじ込みます。



IMG_6030
ここにアームサッセンブリーを乗せてセットします。スライダーで連結されてますのでアクスル方向の平行は出ていますが、


IMG_6040
スタットの左側に隙間が出来てますよね。



IMG_6040 - コピー
当然段差に置いてるわけですからアームサッセンブリーも傾いています。このまま進むとカッターが台座を斜めにカットしてしまいます。今見えていませんが、フォークに加工されているネジ穴との角度が直角ではないってことです。


IMG_6041
ここで90°は測れませんが、高い左のネジ穴を基準として進めます。右は、目視でも傾いてますね。



IMG_6032
左のネジ穴に製作したジグをセットします。



IMG_6028
この直角を基準としたいのですが、



IMG_6033
ナベネジのボルト頭が邪魔です。



IMG_6034
ボール盤で加工し、



IMG_6044
皿ビスが面より沈むようにしました。



IMG_6045
ジグのにセットすれば直角かと思いきや、



IMG_6046
左右に隙間があります。



IMG_6047
ハンドル軸の取付ボルトが僅かに出っ張っていたんですね。試行錯誤で考えながらやってるんでこういうことが起きます。元々真ん中は何も触らない設計ですもんね。


IMG_6051
中央を削り落とせば良いのですが、簡単な同じピースを並べる方法で。



IMG_6052

これでボルト穴に対する直角が出ました。色々と考えながらやってますので時間が掛かります。

明日につづく、











DAHON SPEED RB フラットマウントフォーク(その4)【橋輪Blog】

DAHON SPEED RB フラットマウントフォーク(その4)

IMG_5995

Shimano が到着!

IMG_6007
Shimano BRRS505F キャリパーマウントブラケット 1.910円(税込)



IMG_6008
上が TEKTRO で、下が Shimano。



IMG_6009
ほぼ完璧にトレースできてる。ただシマノの方がエッジがシャープで、叩くと甲高い音がするので材質堅いかも。



IMG_6010
内々のボルトピッチは、ドンピシャです。



IMG_6011
外々のピッチに若干の違い。皿の形状は一致。



IMG_6012
皿じゃない裏側からボルトを入れてみる。



IMG_6013
大丈夫だな。これで役者は揃った。



IMG_6017
それでは、Park Tool DT-5.2 ディスクマウントフェイシングツールの出番です。



IMG_6019
ツールのアクスルをフォークエンドに装着する際は、ホイールのセンターを出すのと同様エンドにきっちり押し付けながらアクスルボルトを締めなければいけません。


IMG_6018
ここでマニュアルと違った装着方法を。このアクスルクランプ邪魔なんですよ。



IMG_6038
マニュアルにも右に装着しろとある。



IMG_6020
これ邪魔なんでひっくり返して左に持っていきます。



IMG_6021
ボディーの動ける範囲が広がりますので、



IMG_6055
アームとスライダーが窮屈じゃなくなり作業しやすくなります。



IMG_6022
ただアームの調整に夢中になりボディーでフォークを傷つけそうです。



IMG_6035
そこで MKS のこいつを拝借。



IMG_6023
これね!



IMG_6026
二つも入れましょうか。



IMG_6027
これでフォークが傷つくことありませんね。良い考えでしょ!


本日ここまで。次は、常識破りのディスクマウントフェイシングを

明日につづく、




DAHON SPEED RB フラットマウントフォーク(その3)【橋輪Blog】

DAHON SPEED RB フラットマウントフォーク(その3)

IMG_5979

M5 のマシニングカラーは、調達できた。ラジコンが趣味でラッキーだったな。次に曲がってしまってるTRP(TEKTRO)フラットマウントキャリパーマウントブラケットフロントを発注しよう。

IMG_5996
TEKTRO パーツは、「マルイ」って問屋さんから取り寄せているが、何故か TEKTRO F-6 フラットマウントアダプターリヤしかカタログにない。電話で問い合わせてみると TEKTRO の総輸入元が「サイクルベースあさひ」に変わって在庫が無くなり次第終了とのこと。フロント用マウントアダプターも在庫していたようだが現在在庫なし。「あさひ」さんとは取引が無い。では Shimano で代用するか。フラットマウントは、元々シマノが考案した規格で、他社がパクったわけだから互換性があるだろう。


8a3f7f30
34bcaa0a
ただ一つ気になるのが、以前フラットマウントについて書いた記事でマウントをフォークに止めるボルトは、M5 でキャリパーにマウントを取り付けるボルトは、M4(TRP は、M5)と書いた。(上の写真は、M5 に訂正済み)どこですり込まれたのか記憶がないが、シマノは、M4 と思い込んでいた。シマノのパーツリストを見ても寸法の表記はない。シマノに聞くと両方ともM5 だそうだ。恥を承知で言うが、本家本元のシマノのフラットマウントを触ったことが無いのだ。

記事訂正しました ⇒ ポストマウントとフラットマウントの違いについて

shi-o-rx81-y8n206000
パーツリストのボルトの絵を見て気になった。画像検索してみると頭の部分はとにかく皿の部分が特殊だ。


IMG_5997
部品棚をあさっていたら何故だかシマノのフラットマウントリヤが2個発見された。



IMG_5998
特殊なM5 皿ビス2本にアールピン1個、M5 アルミカラーが2個付属。



IMG_5999
抜け止めのアールピンを片側このように使うみたい。



IMG_6001
M5 アルミカラーは、SPEED RB 用か?



IMG_6014
測ってみると厚み2.62mm。



IMG_6002
外径も一回り小さい。これはチェーンステーを貫通するボルトに使うみたい。



IMG_6004
左がシマノで右が TEKTRO。頭の部分を除いては、良くコピーしてある。



IMG_6004
底のテーパー部から立ち上がるストレート部の長さが異なるが、



IMG_6005
IMG_6006
ストレート部は、穴をスルーしテーパー部しか皿に当たらないようなので使えそうです。

よし、Shimano に発注だ!

明日につづく、







DAHON SPEED RB フラットマウントフォーク(その2)【橋輪Blog】

DAHON SPEED RB フラットマウントフォーク(その2)

IMG_5961

内径5mm 厚さ2mm のマシニングカラー。インターネットで散々探すも見つからない。あれ〜、何かそんなのラジコン部屋にあったような気がする。

IMG_5980
あった!



IMG_5981
あったが、残念 M6 だった。




スクリーンショット (20)
早速、行きつけのラジコンショップ RC DEPOT に注文。SE CRAFT スタンドオフマウント M5 用 2mm(4個入り)691円(税込)。厚さと言うか長さ50mm から5mm 刻みで5 mm まで、それ以下3mm / 2mm となる。ちなみに50mm は、4.348円(税込)


IMG_5956
翌日到着!Amazon 並み。



IMG_5957
中央がそれ。送料負けすると思い余計なものを沢山買ってしまったではないか。



IMG_5959
最新のサーボ4個。



IMG_5958
JR S8911 BL 2K  18.900円(税込)
フルメタルケース仕様でトルクは、7.4V で58.0kg・cm を発揮する。大型機のラダーなどには20kg・cm のサーボを2連装して使っていたが、今ではこれ一つで十分だ。


IMG_5983
SE CRAFT スタンドオフマウント M5 用 2mm(4個入り)691円(税込)



IMG_5984
レッドアルマイト仕上げが、M5 でブルーが、M6。



IMG_5985
この部品本来どこに使うのかって。これイタリア製の FPE(ファーストプレイスエンジン)2.4ってエンジンで約39ccc。


IMG_5986
まあどのエンジンにも使うのですが、エンジンを防火壁に取り付けるための足です。たった4本のM5 だが4馬力のエンジンで機体を引っ張るんだからいい加減なものではない。


IMG_5987
30mm のスタンドオフマウントと組み合わせて使えば32mm となる。



IMG_5982
プロペラスピンナーとカウリングの隙間調整に必要。左右の隙間が違うのは、わざとでエンジンサイドスラスト角ってやつね。


IMG_5989
本題に戻ろう。ほらね!ピッタリ。



IMG_5988
厚みを測ってみると 2.02mm。



IMG_5990
隙間を計測した際、2.10mm だったから左側を0.08mm だけ削ればフラットになる。



IMG_5993
IMG_5994
横向けにしたらポロッと落ちれば、挟まっていない証拠!



SPEED RB のフォークにアナダイズドレッドが見えたら橋輪の仕業だな。

なんだか今日は、社長室みたいな話になった。



営業日カレンダー
2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ