2021年05月

MOULTON TSR 9-SP オールペイント(その9)【橋輪Blog】

MOULTON TSR 9-SP オールペイント(その9)

IMG_4945

セラコートしたフレームのフロントセクションから組んで行きます。先ずは、取り寄せたKANE CREEK のリペアパーツから。
 
IMG_4946
KANE CREEK CRAWN RACE 110 / 40 NS(1インチ) 1.540円(税別)



IMG_4947
ダストシールが切れている古い物と比べると形は一緒見たい。



IMG_4948
1インチイタリアンだから内径は、26.4mm 。



IMG_4949
ベアリングとの相性も良いので代用できそうだ。



IMG_4960
クラウンレースカッティングツールで新たに作った嵌め合い代に圧入するのだが困ったことがひとつ。



IMG_4950
古い物と比べ平らな部分が全てラバーで覆われてる。(叩き込んだ際に捲れた可能性もあり)となるとテーパー部分で圧入しないと新品のオイルシールがやられる。



IMG_4958
このテーパーに一致するのはロアーベアリングのインナーレースしかない。



IMG_4959
1インチ用カラーを使ってこのセットなら行けそうだが、ベアリングは再使用するので叩き込むわけにはいかない。



IMG_4961
そこで油圧プレスを拝借。ところがプレスフレームよりフォークの方が長く、色々と試した結果アップサイドダウンのこの方法で何とか。



IMG_4962
やっぱ油圧プレスいいね。でも自転車じゃ殆ど使わないし置く場所ないし。ってかこのプレス元々うちのだけどね。



IMG_4966

はい綺麗に圧入できましたよ。今夜はここまで、

次回につづく、



FUJI Helion R を前後異形のカーボンホイールでカスタマイズ【橋輪Blog】

FUJI Helion R を前後異形のカーボンホイールでカスタマイズ

IMG_8164

FUJI Helion R を前後異形のカーボンホイールでカスタマイズしました。敢えてフロントのみバトンにすることで走行中のルックスが変化にとんだ楽しいものとなります。ベースモデルの Helion R ですがマットブラックは、すでに完売。クロームレッドの50サイズが1台のみ8月に入荷予定となっています。

2021 FUJI


Kitt Custom Carbon Tri-Spoke  Wheel

20" ETRTO 406 / 20" ETRTO 451

フロント 48.000円(税別)

リヤ 52.000円(税別)

 

この商品の詳細を見る↴

tern SURGE PRO にKitt カーボンホイール付けてみた【橋輪Blog】




NEW!

 Kitt Custom Wheel

20" ETRTO 406 / 20" ETRTO 451

フロント 48.000円(税別)

リヤ 52.000円(税別)

 

この商品の詳細を見る↴

Kitt design Carbon Wheel 【橋輪Blog】

  


IMG_8168




IMG_8166




IMG_8169




IMG_8167





IMG_8170




IMG_8171




IMG_8173

細身のクロモリフレームとディープなカーボンの織りなすコントラストが大迫力ですね。

念願のカーボンホイールに S さん大満足であります!



DAHON international Vitesse D22(451)【橋輪Blog】

DAHON international Vitesse D22(451)

IMG_8145

DAHON international Vitesse D8 をインチアップと shimano 105 で11速化しました。これでトップを重くローを軽くが実現されました。それではカスタマイズの詳細を。

IMG_8149
チェーンリングをダブルとしました。オリジナルシングル53T からダブルの56 / 42 T。



IMG_8150

Sugino EV130S チェーンリング 56T 14.600円(税別)

Sugino EV130S チェーンリング 42T 7.900円(税別)



IMG_8151
フロントディレイラー:Shimano 105 FD-R7000  3.942円(税別)



IMG_8152
リヤディレーラー:Shimano RD-R7000-GS 5.810円(税別)
チェーン:KMC X11 EPT 6.000円(税別)


IMG_8153
カセットスプロケ:Shimano CS-R7000  11-32T 11 Speed  5.456円(税別)



IMG_8162
アウターチェーンリングでチェーンラインが出なかったので BB をオリジナルの軸長118mm から107mm の物に変更。



IMG_8155
ハンドルバーは、片側15mm と30mm カット。



IMG_8154
持ち込みの Litepro ステムでd前方にオフセットしました。



IMG_4971
クイッククランプは操作できなくなるが T バー同様ヘキサゴンレンチでアジャスト。



IMG_4970
シフター:Shimano SL-RS700 左右セット 14.502円(税別)



IMG_8146
IMG_8148
DAHON Smart 1.0(451) ブラック 前後セット   56.250円(税別)




IMG_8147
タイヤ:SCHWALBE ONE 20×1 1/8(28-451)3.400円(税別)



IMG_8158
V ブレーキアーム:RIDEA  CLV V-Brake Long srm 100mm  8.400円(税別)



IMG_8159
451化に伴い100mm のロングアームを装着しました。ブレーキシューは、オリジナルのシマノを使用。



IMG_8160




IMG_8161




IMG_8123
IMG_8145

違うモデルぐらいに雰囲気変わりましたね。勿論走りもです。
今回のカスタム費用179.000円税込也

U さんお待たせしました DAHON Vitesse D22(451)完成で〜す!




DAHON international Vitesse D8【橋輪Blog】

DAHON international Vitesse D8

IMG_8123
2019 DAHON Vitesse D8(ヴィテッセ) 93.000円(税別)
8 Speed   9.9kg

DAHON インターナショナルモデルの Vitesse D8 です。インターナショナルモデルなので販売実績はありませんが、当社が扱うアキボウブランドでも2010年ごろまで Vitesse P18(アキボウブランドではビテスと呼んでいた)を販売してました。インターナショナルモデル輸入元のタケダ産業との取引はありませんが勉強のために観察してみましょう。

IMG_4894
DAHON ロゴの下には、internasional の文字が。



IMG_4895
ミントグリーンというカラーなので2019年モデルのようです。



IMG_8131
ホイールサイズは、20インチの406。タイヤサイズは、20×1.35。



IMG_8130
ブレーキは、シマノなんですね。



IMG_8129
shimano BR-T 4610



IMG_8124
ブレーキレバー:Shimano Claris BL-R2000
シフター:Shimano Claris BL-R2000 8 Speed


IMG_8125
フロントシングルのチェーンリングは、53T。ペダルは、MKS プロムナード Exy が付属。



IMG_8126
フロントディレーラー台座の用意あり。



IMG_8127
リヤディレーラー:Shimano Claris RD-R2000-SS



IMG_8128
カセットスプロケは、11-30T 8 Speed。



IMG_8132
IMG_8133
グリップとサドルは、オリジナルから変えているようです。



IMG_8134
ラゲッジトラスも取り付け可能。あれちょっとヘッドがおかしですよ。



IMG_8138
センター握ってハンドル切ると、



IMG_8135
左はここまでしか切れません。



IMG_8136
右もここまで。これはヘッドベアリングが、正確に組まれてないようです。これは再圧入が必要ですね。今までこれで乗ってたのかな。


実はこのビテスお客さんの預かり品でして女性オーナーさんなんですが、今よりトップを重くしてローを軽くしたいとのカスタム依頼です。ビックチェーンリングにワイドレシオカセットの組み合わせも考えましたが、オリジナルのチェーンリング 53Tとカセット11-30T と比べロー側が差ほど変わりませんので大きめのチェーンリングでフロントダブルで行こうかと思います。

IMG_4890
パーツは、Shimano 105 R7000 で8速から11速へアップグレードです。



IMG_4888
更なるトップスピードを求めて SMART 1.0 ホイールで451化のリクエストが追加されました。

明日は、DAHON international Vitesse D22(451)を!



雨の一日、懐かしい方から一通の電子メールが【橋輪Blog】

雨の一日、懐かしい方から一通の電子メールが

本日は、一日雨の嫌な天気でしたね。でも良いこともあったんです。懐かしい方から一通の電子メールが届きました。30年ぶりぐらいですかね。

以下、届いたメール

橋本様、雑誌悪童のもとユニオンモデル、ミュージシャンの鈴木雅之です。大変ご無沙汰しております。偶然、私の出ている雑誌の橋輪さんのページを見つけ、ご連絡した次第です。お元気ですか。お父さんには大変お世話になりました。私は86歳になり・・・・・・

鈴木さん? あっ、あの鈴木さんか懐かしいな。お元気だったんだ。

IMG_4951
早速、橋輪3F の書斎へ。


IMG_4952
書斎と言っても小さな本棚一つだけど。大事な雑誌はいつでも見れるようここに出したあるんです。



IMG_4953
確かこの辺に。



IMG_4954
これこれ、



IMG_4955
この古いラジコンカー雑誌ですよ。


てなわけで今夜の【橋輪Blog】は、2013年2月27日の記事より再放送でお届けする。それではどうぞ!


      またもや1995年のラジコン雑誌

IMG_1851

                       1995  RC CAR  STYLE


IMG_1852

100%ラジコンカー雑誌だが、当時ある記事が目に留まって手にした一冊。ティーポ増刊とあってリアルなモデルを多く紹介していた。


IMG_1853
JPSロータスにタイレル6輪、フェラーリ312はニキ・ラウダを思い出す。70年代のF1 グランプリはカッコよかった。



IMG_1854
モンテカルロラリーを走ったクーパーレプリカも




           これがその記事

IMG_1855

ユニオンモデルでラジコン飛行機の設計をされていた、鈴木雅之さん(当時60歳)のコレクションを紹介した記事である



IMG_1858

IMG_1857

IMG_1861

IMG_1862

IMG_1863

IMG_1864
何とも微笑ましいプリティーなクラシックエンジンカーコレクション。これらは、1台1台丁寧にレストアされている。



IMG_1859
     ベロセットを乗り回す若きし頃の鈴木さん



IMG_1860
   富士スピードウェイにて。車はイスズ・ベレット。

実はこの鈴木さん、ぼくの死んだ親父の友達だった。
20年も前の話になるが、ある夜「知り合いが車を止めたいらしいから家の駐車場を案内してくれ」と親父。
行ってみると車の後部座席には、当時のユニオンモデルの精密ラジコン飛行機モデルがどっさり。
「好きなの?」 「じゃこれあげる」 「駐車料だよ!」とP51ムスタングをポンと1機くれた。
名刺には、ラジオフライヤー鈴木雅之とあった。

親父と鈴木さんは、音楽関係で知り合ったらしく昔一緒にセッションしていたそうだ。ちなみに鈴木さんのパートはスチールギター。ハワイアンには欠かせない楽器だ。

しばらくして、書店で雑誌を見ていたら「アレッ!ムスタングくれたおっさんだ」とびっくり。

「あ〜、こうゆう人だったんだ」と思った次第であります。


お元気してるかな〜  センス抜群の悪童ですから



以上の内容でしたが書いたことも忘れてました。

文中に「名刺には、ラジオフライヤー鈴木雅之とあった」とありますが、あの時もらった名刺があまりのも可愛くてKB.SCOOTERS(当時イタリアンクラシックスクーターのベスパの販売もやっていたころ)の棚にクリスマスカードと共に飾っていたのを思い出した。今ではあの名刺は見つからないのですが・・・・

IMG_4956

多分こんな名刺だったような?




記事検索
Archives
  • ライブドアブログ