2021年04月

”オッサン”久々の登場!【橋輪Blog】

”オッサン”久々の登場!

IMG_4782

”オッサン”所有する自転車次から次へと売っちゃって大丈夫かな? 入院でもしてるのでは? はいはい大丈夫です。本日、DAHON Curbon Wheel K3 購入頂きました。この K3 で購入頂いた台数の合計が47台目となりました。凄いです!

IMG_4783
K3 売ってまた K3 買っちゃうんだもんね。

DAHON Curbon Wheel K3


そうそう DV-1 まだ売れてませんよ。何方かおりませんかね?

IMG_8002

また一台増やしちゃったってことは、何か1台出すかもね?

お楽しみに!



2021 tern 入荷情報!【橋輪Blog】

2021 tern 入荷情報!

IMG_4778

2021 tern の ROJI BIKE 一部入荷しています。

IMG_4777
今回の入荷は、AMP F1 と CREST ですが、今日の天候では撮影は無理でした。またご紹介します。



橋輪ゴールデンウィーク営業日のご案内

毎年ゴールデンウィーク後半は、お休みを頂いておりますが、今年は、5月3.4.5日が連休となります。毎週火曜と第一水曜が定休日ですから3日の月曜をくっつけて3連休です。本日はあいにくのお天気となりましたが、明日からは大体良いお天気となりそうですね。

IMG_4746


S さんの3台目 DE ROSA PROTOS Revo(その6)【橋輪Blog】

S さんの3台目 DE ROSA PROTOS Revo(その6)

IMG_4760

旧型 SRAM RED 22 e-Tap リヤディレーラー(リヤディレーラーだけしかアップデートしてないのに旧型ってのも変だが?)入手できました。これでやっと最終仕上げであります。
 
IMG_4761
これで CDJ ビックプーリー取り付けられます。



IMG_4762
ケージ交換はお手のもの。



IMG_4768
ディレラーハンガーも塗装されているようですからちょっと見ときましょう。



IMG_4769
マスキングはしてありますが、



IMG_4770
分厚い塗料がバキっと剥がれました。



IMG_4771
ハンガー修正もしておきましょう。



IMG_4767
リヤディレーラーを取り付けます。



IMG_4772
チェーンの長さを決めて、



IMG_4773
これでドライブトレーン完成です。



IMG_4774
IMG_4775
IMG_4776

最後の仕事バーテープ巻きでオールコンプリートです。が、本日風が強くて完成写真は撮影不可でした。

明日は、雨模様!






昨日の続き【橋輪Blog】

きのうの続き

零による「里帰り飛行」は1978年と1995年の2度実現された

DSC_3251
これは95年のゴールデンウィークに茨城県竜ケ崎市にある半田飛行場(セスナなどが飛ぶ小さな飛行場)で行われた時のスナップ。

この飛行場は橋輪から30km位の距離にあって、小学校のころ自転車で行って、整備士の人にセスナの古タイヤを貰って荷台に括り付け、喜んで帰ったっけ


DSC_3249
機体マークの違いは78年来日の際、木更津でで塗り替えられている為



なんと上野健久氏ひきいるRED BARONエアショーは、P51Dムスタングも持ってきた

DSC_3250
ギヤダウン・フラップダウンでランウェイ08にアプローチするP51D。
脚が出た後すぐに閉まってしまう、ビカビカに磨き上げられた脚カバーの内側を捉えたショット。
飛行機足フェチにとってはたまらないアングルだ。
このムスタングもプレーンズオブフェーム所有。



   一生忘れる事のできないイベントとなった

DSC_3255
これらは、ぼくの資料だがVector.Yが見たゼロ戦を操縦したパイロットは左のスティーブ・ヒントン氏だろう。
プレーンズオブフェーム航空博物館の館長だ。
そして右がムスタングをオペレートした同博物館に勤務するケビン・エルドリッチ氏。
この二人、強運の持ち主でそれぞれが墜落事故に遭遇しながらも生還している。


         (画像クリックで拡大)
DSC_3253
この記事は、リノエアレース(こちらはチノではなくネバダ州リノ)において、数々のレコードを打ち立てたスティーブ・ヒントン駆るP51Dムスタング改造レーサーRB51 RED BARON(レースNo.5)が79年にクラッシュした時の記事。

「機が墜落して行く中、スティーブが恋人に向けた、永遠の別れのメッセージが、パイロンジャッジの持つレシーバーから流れてきた。そしてややあってから大きな黒煙が上がった・・・・・。」と伝えている。

しかし奇跡は起こった。地上に激突しバラバラになった機体の、コックピットのあった胴体中央セクションがちぎれ、飛ばされた為に重症は負ったものの奇跡の生還をとげた。



DSC_3254
こちらは、F4U コルセア 改造レーサーSUPER CORSAIR  (レースNo.1)。
翼端を短く切り詰めた機体に強力なP&H  R-4360 ワスプメジャーエンジンを搭載し1985年にみごと初出場初優勝を飾る。

そして悲劇が起こったのは、1994年のフェニックス500エアレース。
ケビン・エルドリッチの操縦するスーパーコルセアは、エンジントラブルから大火災が発生、ケビンは何度も消火を試みるが、やむなくペイルアウト。パラーシュートが開くと同時に黒煙が上がり機は失われた。

この墜落したコルセアに、ケビン・エルドリッチが搭乗していたという情報は、何故か雑誌Lightningで得た。(当時インターネットなる物は一般には(ぼくだけか?)普及していなかった)

去年の8月にVector.Yとホルモンパーティーした際に、「今度一緒にリノ行きましょう」と約束した矢先の9月16日、アンリミテッドクラスでギャロッピングゴーストがメインスタンド前のビップ席に突っ込み観客を巻き込んでの大惨事となった。今後レースは再開されるのだろうか?



DSC_3252
95年RED BARONエアショーの表紙を飾った航空ファン

7月号は竜ケ崎で、10月号は、その後北海道にフェリーしてショーを行った記事。
たしかこの前にもう一冊あったはずだが見つからない。
4月18日にプレスオンリーの記者公開にダイナベクター(アレックスモールトン総輸入元)の富成次郎さんと行った時の記事だ。(次郎さんは、筋金入りの戦闘機マニア)
パイロットジャンプスーツを着て行ったら、スティーブ・ヒントンに「おまえもパイロットか」と言われ握手を受けた。


でもぼくは、ゼロ戦は好きではない。坂井三郎は尊敬するが。



しかしこの二日間のブログで自転車って文字が3回しか出てきてない。

       飛行機屋か? 自転車屋じゃないのか?

          だいじょうぶか?橋輪

FUJI FEATHER 120 入荷!のはずが【橋輪Blog】

FUJI FEATHER 120 入荷!のはずが

今週末は、FUJI 120周年記念限定モデルの FEATHER 120 が入荷の予定でしたが配送業者のトラックが全く来ません。なので懐かしい Vector.Y 氏の LA 便り2012年3月の記事より再放送でお送りする。

最近 Vector.Y 連絡ないけど生きてんのかな?
     てな訳でメールしてみました


Vector.Y 様

ご無沙汰しております。

お元気ですか。

日本はまだ寒く、自転車業界もまだ今一エンジンかからずといったところです。

起爆剤としてLA便りが欲しいところです。

お便りお待ちしております。


橋 輪 (はしりん)

             返信メール

橋輪さん、


こちらこそ、連絡しなくて申し訳ありません。
実は去年の秋から椎間板ヘルニアをやってしまい、ずっと自転車は控えていたのでした。
今年に入ってからまたプールトレーニングからリハビリを始めていますので、またしばらくしたら乗り始めますからその時にはまたブログ書きます。


関係ないですが添付は去年の年末にチノの航空博物館でデモフライトをした零戦です。
エンジンまで完全オリジナルで飛行可能なのは世界でこれ一機だそうです。


Vector.Y


01

02

03

04

05

06

おっとこれは、ゼロ戦52型A6M5(61-120号機)ではないですか。

「いーなVector.Yは、こんな近くに素敵な場所があって」

LA郊外のチノエアポートにあるプレーンズオブフェーム航空博物館所有の零ですよ。同博物館は、他にもフライアブルなウォーバードを多数所有していて、叶うならばぼくも一度は行ってみたいと思っている場所ですよ。

実はこの零(61-120)過去に2度、日本での「里帰り飛行」を実現してるんです。


             明日に、続く

記事検索
Archives
  • ライブドアブログ