2020年10月

KIMORI 磨きに最適なポリッシャー【橋輪Blog】

KIMORI 磨きに最適なポリッシャー

KIMORI COLOSSUS HR の前後足はメッキ仕様。これが最近ちょっとザラ付いてきたので磨いてあげることに。そしてまた楽器店で見つけてきたのがこれ。

IMG_3184
YAMAHA METAL POLISH SP2  840円(税別)
ニッケル仕上げに特化したポリッシャーです。

 
IMG_1864
YAMAHA SILVER POLISH SP2  770円(税別)
前回モールトンを磨いたのがこれで、銀製、銀メッキの黒ずみを取るのに最適です。


IMG_3168
IMG_3169
IMG_3170
IMG_3171
あっと言う間ビッカビカであります。



IMG_6818




IMG_6940




IMG_6942




IMG_6948




IMG_6949




IMG_6950




IMG_6947

小さな巨人 KIMORI COLOSUS HR

KIMORI COLOSUS HR





試乗車放出! 5 LINKS 169【橋輪Blog】

試乗車放出! 5 LINKS 169

IMG_6918
5 LINKS 169   145.200円(税込)
9 Speed   9.8kg

ファイブリンクスの169(16インチの9速)の生産が終了しました。生産終了の原因は、Shimano CAPREO コンポの在庫が尽きたことによるものです。また補修用でストックしていたカプレオで少量再販するそうで新車をご希望の方は、⇒ こちら  なわけで試乗車を放出します。

IMG_6923
IMG_6924
このカプレオハブ、カセット、ディレイラーの在庫が尽きたのが原因。



IMG_6919
IMG_6920
IMG_6921
IMG_6922
IMG_6932
IMG_6933
IMG_6934



キズ申告します!

IMG_6925
IMG_6926
前後リムブレーキ面の状態です。タイヤ摩耗殆どありません。



IMG_6930
右バックフレームに小キズあり。



IMG_6927
IMG_6929




IMG_6935

走行少なく非常に綺麗です。5 LINKS 169 試乗車!

79.800円(税込)でお願いします!



2021 tern Verge P10 の RD について【橋輪Blog】

2021 tern Verge P10 の RD について

昨日ご紹介した Verge P10 ですが、「リヤディレーラーが2020の Shimano RD-M610 DEORE からチェーンスタビライザー搭載の RD-M6000 DEORE にアップグレード」と記載しました。今夜は、これについて少し。

先ず DEORE ですが、マウンテンコンポのグレードで、上から XTR / DEORE XT / SLX / DEORE / etc となります。これにトレッキングコンポの DEORE XT / DEORE が加わります。2021では、マウンテンコンポの DEORE が細分化され DEORE 12s / DEORE 11s / DEORE 10s となり最新10速リヤディレーラーは、RD-M5120 となります。

次にチェーンスタビライザーとは何ぞや?ですが、マウンテンコンポでは今に始まったものではなく DEORE では、2018年に RD-M610 から RD-M6000 に変わる際、追加されたシステムです。「Shimano SHADOE RD+ 」の+が付くのがチェーンスタビライザー搭載モデルとなっています。悪路走行時のチェーンのバタつきやチェーン落ちを防止するためにチェーンテンションを強くできる装置です。

グラベルロードが盛んな昨今、ロードコンポーネントにも採用されました。2019年だけ発売した ULTEGRA RX(RD-RX800)がそれです。そして翌年の2020年グラベルアドベンチャーコンポの GRX がこれに変わります。


IMG_3187
Shimano DEORE RD-M6000



IMG_3188
このボックスの中身がスタビライザー(クラッチとも呼ぶ)でグレーのレバーがスイッチです。



IMG_3189
ここに「ON」の刻印。



IMG_3190
レバーをこちらに倒すと ON でスタビライザーが作動する。



IMG_3191
そしてレバーを右に倒すと、



IMG_3192
OFF でスタビライザー解除となります。



IMG_3193
スタビライザー OFF だと、



IMG_3194
ディレイラーは普通にスイングします。



IMG_3195
ケージも、



IMG_3196
この通り。



IMG_3197
これが ON だと、



IMG_3198
相当な力を入れないとスイングしません。



IMG_3199
ケージは、ビクともしないくらい。



IMG_3200
大きなギヤへの変速に伴い次第にシフターの操作力の多くを必要としますし回転抵抗大となります。これだけチェーンテンションが掛かっていればチェーン落ちもないでしょう。

結論を言いますと Verge P10 には、チェーンスタビライザーはオーバースペックです。だって P10 でダートジャンプやダウンヒルなどやる人いませんよね。元々マウンテンコンポなので OFF でもチェーンテンションは十分効いてますからはい。

本日は、P10 の納車ラッシュでした。P10 2021年モデルオーナーさんに参考になればとちょっと書いてみました。


P10 オーナーさんスタビライザーは、常に OFF ね!







2021 tern Verge P10 【橋輪Blog】

2021 tern Verge P10

IMG_6866
IMG_6891
VERGE(ヴァージ)[P10]

2021 tern 
Verge P10           152.900円(税込)
橋輪プライス       137.600円(税込)   

10 Speed  11.7kg


tern Verge P10 2021年モデルの入荷です。殆どスペック変更はありませんが、リヤディレーラーがスタビライザー搭載の新型 Shimano DEORE にアップグレードしています。2020では2色展開でしたがオールニューカラーの3カラーでのラインナップです。アクセントとなるラインの変更とマットブラックは、50パーセントマット半艶のサテンブラック、ダークブロンズも半艶、ガンメタルは、グロスカラーとなっています。

IMG_6877
IMG_6878
サテンブラック / グレー(ライム)



IMG_6867
IMG_6868
ダークブロンズ / スチール(シルバーブルー)



IMG_6872
IMG_6873
ガンメタル / スチール(ダークブロンズ)



IMG_6879
IMG_6880
IMG_6881
例えば、サテンブラック / グレー(ライム)であればライムに合わせてグリップ、サドル、ホイールリムにアクセント付けています。



IMG_6869
IMG_6870
IMG_6871




IMG_6874
IMG_6875
IMG_6876




IMG_6877
3次元ハイドロフォーミング製法で作られる高剛性ヴァージフレーム。



IMG_6912
451サイズホイール採用の P10 フレームは、406サイズの N8 より BB 下げが発生するためチェーンステーの形状が大きく異なる。 


IMG_6883
Kinetix Pro Disc の軽量451ホイール装備。



IMG_6884
タイヤは、SCHWALBE ONE 20×1 1/8(28-451)



IMG_6885
フレームと同じハイドロフォーミング製法で作られる高剛性のアルミエアロブレードフォーク。エンド幅は、100mm。


IMG_6910
油圧ディスクキャリパーは、Shimano BR-M315。



IMG_6882
センターロックタイプのディスクローターは、Shimano SM-RT10 160mm。



IMG_6911
リヤにも同じパッケージを搭載。



DSC_7306
リヤエンド幅は、135mm。



IMG_6886
ガード付きシングルのクランクは、FSA でチェーンリング53T。



DSC_7315
右のみ着脱式のペダルがペアーで付属。



IMG_6887
tern オリジナルのチェーンデバイス。



IMG_6907
BB はテーパースクエアータイプ。



DSC_7296
2020年モデルのリヤディレーラーは、Shimano RD-M610 DEORE でしたが、



IMG_6889
2021では、チェーンの暴れを制御するチェーンスタビライザー搭載の Shimano RD-M6000 DEORE にアップグレードしています。


DSC_7297
フロントシングルギヤをカバーする超ウルトラワイドなカセットは、Sunrace 11-40T 10 Speed。



IMG_6894
シフターは、Shimano SL-M610 DEORE 。



IMG_6895
アップ側のシフトレバーは、引いても押しても操作できるダブルアクションとなっています。



IMG_6896
ハンドルポストは、短い290mm を装着。



IMG_6897
フラットバーは、VRO ステムでセット。



IMG_6893
ブレーキマスターシリンダー、Shimano BL-M315。



IMG_6892
グリップは、Biologic。



IMG_6898
ターンポーターサドルは、いくつかのギミックを持っています。



IMG_6899
サドル前部の下側にパットを設け、肩に担ぐことが出来る。



IMG_6903
これは、2020年に一旦無くなった装備で、



IMG_6904
外した右ペダルをレール部に収納出来ます。



IMG_6900
サドルレールには、自光式ランプ付きレフレクターが付属します。



IMG_6901
サドルバックを付ける際は簡単に外せるようになっています。



IMG_6913
リヤエンドに装着されたキックスタンド。



DSC_7426
DSC_7427
長さの調節がワンタッチで出来るアジャスタブルタイプです。



IMG_6916
フレームヒンジ、ハンドルポストには、OCR ジョイントを採用。



IMG_6915
Folding Size  D38 x W80 x H74 cm



IMG_6905




IMG_6906




DSC_7328

明日は、この2021 tern Verge P10 に搭載されたチェーンスタビライザー付き DEORE リヤディレーラーについて少し触れたいと思います。

2021 tern Verge P10 の RD について【橋輪Blog】

tern Verge P10 試乗できます!
※試乗には、身分証明書の提示を頂いております


X:Xtreme
S:Supreme
P:Premium
D:Deluxe
C:Complete
B:Basic





2021 tern SURGE 【橋輪Blog】

2021 tern SURGE

IMG_6828
IMG_6831
(サージュ)

2021 tern
SURGE          101.200円(税込)
橋輪プライス       91.000円(税込)
470 / 160 to 170cm
520 / 170 to 180cm

16 Speed 10.0kg

2021は、4モデルで展開する SURGEシリーズ。ディスクブレーキ搭載のハイエンド X、ライトウェイトロードゴーイングの PRO、シングルスピードモデルの UNO、そして今日ご紹介するスタンダードに位置する SURGE です。2020から継続カラーのマットブラック、ストーンシルバーに新色グリーンガンメタルが加わり3カラーラインナップ。

IMG_6829
IMG_6830
NEW グリーンガンメタル(写真は、フレームサイズ520)



DSC_7968
DSC_7969
マットブラック(写真は、フレームサイズ520)



DSC_8197
DSC_8198
ストーンシルバー(写真は、フレームサイズ520)



IMG_6834
エッジの効いたエアロデザインフレーム。



IMG_6847
アナダイズド仕上げのヘッドバッチ。



IMG_6850
IMG_6853
IMG_6854
ケーブルは、インナールーティングされる。



IMG_6865
ストレートブレードアルミフォーク採用。



IMG_6842
ホイールは、Kitt Custom Crow 3.0 Plus 20(451)。



IMG_6843
タイヤサイズは、 20×1 1/8(28-451)。



IMG_6840
IMG_6839
前後キャリパーブレーキは、ショートリーチに対応。



IMG_6835
クランクセット:Kitt Custom 53/39T



IMG_6836
フロントディレーラー:Shimano FD-2000 Claris



IMG_6837
リヤディレーラー:Shimano RD-R2000 Claris



IMG_6838
カセットスプロケ:Shimano 11-28T 8 Speed



IMG_6848
デュアルコントロールレバー:Shimano Claris 2 x 8 Speed



IMG_6849
Kitt Custom のドロップバー及びステムは、フレームサイズ470が、380 / 80mm。520が、400 / 90mm。クランプ径は、Φ31.8mm。


IMG_6832
IMG_6833
このロゴを含むすべてのデカールがリフレクトになっていて光を反射します。



IMG_6846




IMG_6851

2021は、4モデルで展開する SURGEシリーズ。よりスポーツ志向に振った SURGE PRO ではなく、ベーシックな SURGE をカスタムベースとされる方も少なくありません。

明日は、2021 Verge P10 が入荷!




記事検索
Archives
  • ライブドアブログ