2019年04月

「オーナーズレポート」第9回 A さんの DAHON K3 カスタム(ポタリング編)【橋輪Blog】

「オーナーズレポート」第9回 A さんの DAHON K3 カスタム(ポタリング編)

前回の(到着編)に続き翌日の(ポタリング編)です。1日 OFF の予定が午前中仕事に追われたようですが楽しげなランであったようです。


橋本社長

今日は日曜で休みの予定でしたが午前中呼び出しがあり現場へ入っておりました。
 

image1 - コピー
日本海を見渡せる宿のロビーです。



am8:00
宿を出て現場までの道のり。少し山道を登りますが昨日の20kmが効いたのか四十路貧脚はパンパンで登りに苦戦しましたがそれでも何とか踏めました。やっぱ14インチに思えない見事な自転車です!



image4-1 - コピー
現場で打ち合わせを終わらせその場で同梱いただいてたサイクルコンピュータを隅っこでコチョコチョと。
 

13:00〜
隣町へ行ってみようと国道9号線に出てみましたが、初めて向かう道は思いのほか山道でして道も狭くしかも車が恐ろしいくらいビュンビュン来るので颯爽と引き返してしまいました・汗 大型トラックがK3を追い越すと風圧で揺れます。

そして向かった先は、昨日と同じ日本海沿いを攻めてみました。
 

image3-1 - コピー
結構離れてるのにサルベージの頭がここからも眺めることができました。奴は相当デカイです。



平坦な道路は、先程言った通り14インチとは思えぬ軽快な走りでしたよ。グングン伸びるような走り。
気持ち良いとしか表現できません!踏み込みが楽しすぎます。



下りではスピードを40kmまで出してみましたがビッグアップルの効果による安定感は抜群でした。
(ノーマルK3のタイヤではこの領域は私は怖いです)

 

image5-1 - コピー
特に意味はないですが橋の前に停めて水分補給しました。



image6 - コピー
帰り道、気になるサルベージをもう一度見に立寄ったらちょうど2000tの機体を吊っておりました!
海風が気持ち良くて、サルベージを眺めながら2時間くらいこの場所でK3とサルベージを観察しちゃいました。
 

あ! うっかり言い忘れておりましたがK3を折畳んだ状態から展開する際チューブでワイヤー達を束ねていただいてるおかげで全く引っかかりません。本当に有難いです。(以前乗ってたK3は必ず引っかかってたのでいつも煩わしい思いをしてました。)メーカーさん! 橋本社長を見習ってください。


昨日に続き同じような画像で申し訳ありません。
また報告させてください。

失礼します A 。

ありがとうございました。またのレポートお待ちしております。

【橋輪 DAHON K3 在庫状況】
DAHON K3 ブルー / ブラック 5台
DAHON K3 イエロー  / ブラック 2台
DAHON K3 ホワイト / ブラック 1台
DAHON K3 レッド / ブラック 4台

「オーナーズレポート」第9回 A さんの DAHON K3 カスタム【橋輪Blog】

「オーナーズレポート」第9回 A さんの DAHON K3 カスタム(到着編)

DSC_7028

A さん、DAHON K3 RIDEA SPECIAL を受け取ったようです。今夜は久々オーナーズレポートをお送りします。実は A さん訳あってK3 2台目なんですよ!

橋本社長

本日、宿泊先へK3到着しました!今日は午後から仕事がありませんでしたので早速開封の儀を執り行い、部屋でじっくり細部を眺めた後辛抱たまらず、K3との時間を共有しに外へ出ました。


image4 - コピー
まずはどうしても一緒に撮りたかったのがこちら深田サルベージ「武蔵」です。私が今入っている島根県の現場にサルベージが来てます。この武蔵、約4000t吊れるそうですよ。あまりのデカさに驚きを隠せません。バケモノです。サルベージとK3どうしても撮りたかったのです・笑
 
失礼しました。肝心なK3の方ですが、まず最初の踏み込みで「お!おおおお!」と思わず声が出そうになりました。ノーマルK3を乗った経験者にしか分からないこの感覚。感動でした!軽い!踏める!

そして、とにかくグングン走ってくれます。ビッグアップルのおかげで安定感抜群なのと走ってると本当に14インチか?と疑いたくなる感覚でした。

想像以上にスピードが出ますね。重量もノーマルとほぼ同じと伺っておりましたがこのK3の方が軽い気がします。

 
image5 - コピー
実のところK3を本当は海風に当てたくなかったのですが海がとても綺麗だったので我慢できませんでした。


image2 - コピー
トータル約20kmくらい軽く流してみました。軽い坂道も難なくこなし最高の走りを味わってきましたよ。私自身、K3は2台目ですが最初に乗ってたノーマルの感触を今でも覚えてますのではっきり言いますがこのK3(橋輪スペシャル号)は確実に別格です!鳥肌モンです。



image3 - コピー
K3オーナーになられる方々には特に太いタイヤ、ビッグアップルは絶対にお勧めしたい逸品ですね。

今夜は部屋でRIDEAのパーツを眺めながら一杯ひっかけるつもりです。

明日は完全OFFなので隣町までポタリングしてみます。

この出張が終わりましたらSLXの方もまたお世話になるかと思います。その際はよろしくお願いいたします。良い物をありがとうございました。

A



猛烈に気にって頂けたようで何よりです。ありがとうございました。隣町までのポタリング第2弾もお待ちしております。

カスタムギャラリーとオーナーズレポートに乗せましょう!




2019 DAHON Clinch D10 入荷!【橋輪Blog】

2019 DAHON Clinch D10 入荷!

DSC_7076
DSC_7077
Clinch D10(クリンチ)

2019 DAHON             
clinch                180.360円(税込)
橋輪プライス      162.300円(税込)
10 Speed     11.3kg

一度幻と消えたクリンチが2019年モデルとして新登場。今までの DAHON にはなかった特異なデザインフレームを持っています。

DSC_7078
カラーは、ロイヤルパープルオンリー。



DSC_7079
今までにない NEW デザインフレーム。



DSC_7080
ホイールサイズは、20”(451)。



DSC_7081
DAHON Comp 451 ホイールは、リムハイト30mm。



DSC_7082
剛性感の高いアルミブレードフォーク採用。



DSC_7083
タイヤ:KENDA K1029 20×1 3/8(37-451)



DSC_7084
ガード付きチェーンリングは、53T。



DSC_7095
フォールディングペダルが付属。



DSC_7085
リヤディレーラー:Shimano RD-4700 Tiagra。



DSC_7086
ワイドレシオカセットは、SRAM PG1030 11-32T。



DSC_7087
キャリパーブレーキは、Tektro R357。



DSC_7088
リヤは、デザイン上バックフレームの下側に配置。



DSC_7089
VRO ステム採用。



DSC_7090
シフター:Shimano SL-4700 Tiagra。
ブレーキレバー:Promax KL92。



DSC_7091
ハンドルポストも根本が四角形のNEW デザインを採用。



DSC_7092
グリップエンドには、こんなギミックが。



IMG_3830
DAHON オリジナルのヘキサゴンレンチです。



IMG_3831
先端のチップを差し替えることで5mm と 6mm に対応。



IMG_3832
IMG_3833
関節は2ヶ所。



DSC_7093
VRO ステムのポジション調整や、



DSC_7094
ロックジョーの開閉に便利です。



DSC_7098
DSC_7099
DSC_7100
アレンキーで180°回すことでロックとリリースが出来るロックジョーシステム。



DSC_7101
凸凹の断面構造で接触面積を稼ぎ確実にロックされる。



DSC_7102
Foiding Size W79 × H66 × D42cm
ロックジョーフレームでここまでコンパクトに畳めます。


DSC_7096




DSC_7097

極太パイプ採用のロックジョーフレームは、今までにない高い剛性感を生みます。

新な DAHON の世界へようこそ!

船長のチタンフレーム PASSONI(26)【橋輪Blog】

最後の最後で大きなトラブル発生!

BB 交換でクランクトラブルを回避。チェーンを組付けディレーラー調整後試運転に漕ぎつけるかってところで「パーン!」って爆音と共に大トラブル発生!

IMG_3798
IMG_3799
IMG_3800
楕円リングの一番高い山を見つけてフロントディレーラーの位置を決定。



IMG_3801
チェーン:DURA-ACE CN-HG901-11  5.223円(税別)



IMG_3806
IMG_3808
フロントディレーラー、リヤディレーラーの調整を終えて DURA-ACE Di2 は、完璧に動いてくれています。ようやく試運転に漕ぎつけられるとパナレーサー・グラベルキングにエアーを充填。控え目に600 kPs までチャージしてから20分ほど経っただろうか。


IMG_3807
「パーン!」って爆音と共にタイヤがバースト。Panaracer R AIR のバルブ付近に大きな穴が開いた。



IMG_3809
バーストした箇所をマーキング。



IMG_3810
組み付け時のチューブが噛みこんだ気配はない。ぼくは未だにタイヤの組み付けは慎重な方。



IMG_3815
タイヤビードに問題があるのか?



IMG_3811
ビードの厚みは、3.05mm と通常と変わらない。



IMG_3816
リムのフックにも何の問題も見受けられない。R AIR チューブ極薄なので単なるチューブ不良かと思い通常のシュワルベ15SV チューブと交換。暫くするとまたもやあの爆音が・・・・・


IMG_3805
どうやらチューブ不良ではなさそうだ。シュワルベ 15SV は大きく裂けていた。



IMG_3820
パンクしたのは、ほぼ同じ位置。



IMG_3821
張り裂けたことを物語る破裂痕が見える。



IMG_3819
カーボンのささくれや変形は、一切ない。



IMG_3822
IMG_3823
IMG_3824
IMG_3825
画像をGOKISO に送った。



IMG_3826
タイヤとのマッチングだろうか?



IMG_3828




IMG_3829

検証してもらうため GOKISO に送ることに



2019 DAHON 入荷情報

IMG_6962
cd10

Tiger moth 買いました!(その19)【橋輪Blog】

前重のための更なる努力

IMG_3278

本日、昼は商店連合会の2019年度事業計画・収支予算会議で夜は当商店街の役員会。結構ハードな一日となります。なので今夜は社長室よりお届けする。サーボの大引越しが終わったが、これでも追いつかないと考えバッテリーの搭載位置も変えてみる。バッテリーは比較的重い部品なので少しの移動でも効いてくるはずだ。しかしあまりに前方に搭載するとエンジンイグニッションノイズの影響をうけるのでほどほどに。

IMG_3279
当初バッテリーは、前の座席に搭載して U.S.AIR MAIL と書き込んだズタ袋に入れる予定であった。



IMG_3280
これを更に前方に移動しようと思う。



IMG_3282
この裏側だ。ところがここにバッテリートレイを製作してしまうと、



IMG_3283
メーターパネルの工作が出来なくなってしまう。メーターなんか作ってる場合ではないのは重々承知であるが仕方がない。ってか楽しみの一つであります。


IMG_3284
画像検索から拝借したメーター画像。古典機故モノクロがいい。



IMG_3285
これはちょっとハイテク過ぎ。



IMG_3286
メーターのガラスは、何時ものパッケージコレクションより。


IMG_3287
この位の大きさで十分。



IMG_3298
サンプルを作ってみる。


IMG_3299
3M のスプレー糊で張り付け。



IMG_3300
サイズもピッタリ。



IMG_3301
4個のメーター穴の位置関係を割り出すのが面倒なため鉛筆で擦って痕を付けた。



IMG_3302
ここにメーターを置いて行く。



IMG_3303
パッケージに張り付け切り出せばメーターパネルの完成。



IMG_3304
ちょっと裏からマスキングテープで貼ってみた。



IMG_3306
おおおカッコいいではないですか。左から燃料計、次が不明で、高度計、電流計と並ぶ。



IMG_3307
IMG_3308
ん〜リアリズム。続けて後部座席にも貼り付け。



IMG_3315
おっと!後部座席の方が両端のメーター穴が小さいじゃんか?



IMG_3316
糊が乾く前に慌てて小さいのを貼り付け。



IMG_3317
IMG_3318
IMG_3320
IMG_3321
IMG_3322
ここで一端剥がして、



IMG_3323
パネルをウッドブラウンにペイント。



IMG_3481
メーターが完成したところでバッテリートレイを製作。



IMG_3480
バッテリーを前方に移動します。



IMG_3482
ベルクロテープとバンドでしっかり固定。



IMG_3364

「イエ〜す! 良く出来ましたネ〜」

次回につづく、


記事検索
Archives
  • ライブドアブログ