2019年01月

船長のチタンフレーム PASSONI(9)【橋輪Blog】

エレクトリックワイヤーの選択

フロント、リヤディレーラーの位置が決まったところでエレクトリックワイヤーの長さの選択です。船長からの指令は、分岐ジャンクションを使いなるたけ1本でしかも1mm でも短くです。

P-EW-JC130_14032_1_750_750
EW-JC130 分岐タイプジャンクション
SS:250 / 350 / 50mm
SM:450 / 350 / 50mm
MM:550 / 550 / 50mm


IMG_2157
こいつの出番です。ダミー分岐ジャンクション。



IMG_2158
SS / SM / MM が揃っています。



IMG_2159
先ずはチェーンステー内を通るリヤディレーラー、BB ラインに SS を這わしてみます。



IMG_2160
SS は、250mm でも 350mm でもチェーンステー内で分岐してしまうので意味がないですね。



IMG_2161
次に SM の 450mm を這わせてみますが、



IMG_2162
分岐が BB シェルに来てしまい却下です。



IMG_2163
MM の 550mm ですと通過しますね。



IMG_2164
そのままシートチューブへ上げてみます。分岐はフロントディレーラー用。



IMG_2165
バッテリーまでには無駄に長いですね。



IMG_2167
せいぜいこの位がベストかと。



IMG_2168
今度はダウンチューブのラインにMM を試してみましょう。フレーム穴からは、この位出しておきジャンクションB 2ポートでハンドルバーのインフォメーションディスプレーへと繋ぐ予定。(メンテの際ここから外れる方が良いかなと。メンテでBB外すのも大変ですし。)

B2
EW-JC200 ジャンクションB(2ポート)



IMG_2169
そのままダウンチューブに這わせてみると、



IMG_2170
こちらも分岐が来てしまいました。



IMG_2173
色々と試してみましたが、分岐ジャンクションを使うのはシートチューブだけかな。SM の 450mm をシートチューブへ。


IMG_2174
こちらに内装バッテリーを接続。



IMG_2175
50mm 分岐にジャンクションB 4ポートを繋げて、



B

SM-JC41 ジャンクションB(4ポート)



IMG_2176
350mm 分岐は、直でフロントディレーラー。



IMG_2177

ダウンチューブとチェーンステーは、それぞれ 600 / 700mm のエレクトリックワイヤーで接続。これがベストだと思います船長!

シマノに注文だ!


船長のチタンフレーム PASSONI(8)【橋輪Blog】

DURA-ACE Di2 コンポーネント

コンポーネントは、当然ながら Shimano R9150 シリーズ DURA-ACE Di2 であります。先ずは、フロント、リヤディレーラーの仮付けです。これらが無いとエレクトリックワイヤーの長さが把握できませんからね。


IMG_2091
ST-R9150 デュアルコントロールレバー  67.522円
FD-R9150 フロントディレーラー  40.362円
RD-R9150 リヤディレーラー  65.235円
SW-R610  リモートスプリンタースイッチ  12.633円
BT-DN110 ビルトインバッテリー  15.172円
SC-M9051 システムインフォメーションディスプレー  16.503円
BR-R9100 ブレーキキャリパー前後セット  37.677円
CS-R9100 カセットスプロケ 11-25T  25.259円
CN-HG901-11 チェーン 114L  5.223円
----------------------------------------------------------------------------------
ここまでのコンポ合計が税別で、285.586円であります。



IMG_2134
トップレボリューションフレームセットには、バンドタイプのフロントディレーラーアダプターが付属して来ます。



IMG_2093
でも何かしっくり来ませんね?




IMG_2094
あらら隙間が空いています。どうやら電動ユニットには、対応していないフロントディレーラーアダプターのようですね。どこかのアフターパーツを付けてきたんでしょう。Di2 対応フレームでオーダーしたのに PASSONI も何だかね?



IMG_2096
SM-AD91-L 34.9mm バンドアダプター 1.056円(税別)



IMG_2095
やっぱ純正ですね。



IMG_2107
カーボンボトルケージも上手くかわしてます。



IMG_2114
フロントディレーラーの取付け高さを見ておきましょう。



IMG_2115
この位の位置かな。



IMG_2116
リヤディレーラーも取り付けます。



IMG_2117
BB シェルからチェーンステー内を通ったエレクトリックワイヤーは、当然この穴から出てきて直接リヤディレーラーに繋がるはずですが・・・・・


IMG_2118
リヤディレーラーハンガーの形が歪ですね?



IMG_2119
4mm の皿ビス3本で留まっているようなので外してみます。使っている工具は、TRUSCO の2番ドライバーです。トルクが掛かっているところは、スタッピドライバーより使い勝手が良いですよ。



IMG_2120
何か意図して歪なのか?



IMG_2121
これもしかして?



IMG_2122
こうゆう事だったのか!



IMG_2124
エレクトリックワイヤーを潰すのではなく軽くホールドしてくれるよな絶妙なクリアランス。



IMG_2128
IMG_2129
ここって何時もスキュアーのクイックレバーが引っかってやだなと思ってたんだよね。



IMG_2139
IMG_2140

左のエンドは、角なのに、右のエンドはエレクトリックワイヤーの太さに合わせてアールが付けてありますね。
正にこれは丁寧な手仕事であります。

PASSONI やるな!


船長のチタンフレーム PASSONI(7)【橋輪Blog】

ROTOR ALDHU クランク用5アームスパイダー初公開!


Spider_DM_110x5-1
ROAD SPIDER DM 110×5 SET 予定価格9.200円(税別)

前回の記事で、ROTOR 5アーム用 QRINGS が取付けできる ALDHU クランクの製造が始まったと書いたが、正確には ALDHU クランクに取り付けられる 5アームスパイダーが発売されると言う事。スパイダーアームの形状は、3D クランクと酷似していて違和感がない。入荷時期は2月で、9.200円(税別)での販売を予定(変動あり)している。これと ALDHU クランクを購入すれば、5アーム110 PCD の Q-RING が使えるようになる。このスパイダーの画像は、おそらく日本初公開です。

rotordm1105spider
海外のサイトで、よりリアルな画像を見つけたので添付しておきます。



aldhu_30-l3
ROTOR ALDHU 24 CRANKS  39.600円(税別)
左右クランクアームとアクスルのセット。
(アルミアクスル30mm / スチールアクスル24mm)


sabb-l1
ROTOR BSA S.A.B.B(サーブ)24mm セラミック 26.250円(税別)



QARBON

船長!アクスルは、Di2 エレクトリックワイヤーのため30mm から24mm に変更します。これでお気に入りの QARBON が使えますよ!

明日につづく、

船長のチタンフレーム PASSONI(6)【橋輪Blog】

チタンフレームは、削れるのか?(その2)

IMG_2036

BB ネジ切りのチェックに続きましてフェイシングがきっちり出されているか確認します。塗装もないし見た目では判断が付きませんので表面をペイントしてカッターを当てて行こうと思います。チタンは相当硬いと聞いてますが果たして切れるのか?


IMG_2042
表面をブルーにペイントしました。



IMG_2043
さあ、右側からフェイシング開始です。



IMG_2044
テンションスプリングが線接触するほどプリロードナットを締め込まなければ歯が喰って行きませんが、



IMG_2045
少しづつですが何とか削れるようです。さてどうか?




IMG_2049
やはりフェイスカットしなければダメのようですね。時計の針で20時から23時が全く当たってません。




IMG_2050
更に削り込みました。21時付近があと少しですね。




IMG_2053
完全に一周回りましたな。これで右側はOKです。




IMG_2054
次に PASSONI の刻印がある左側。



IMG_2055
2時付近がもう少し。




IMG_2058
これでフェイスカットは終了。やっておいてよかった。



チョイ待った!船長30mm アクスルだった?

IMG_2060
BB386 30mm アクスル用のパイプがあったので入れてみます。



IMG_2059
ゲゲゲゲ! これ無理!



IMG_2061

ROTOR の BSA 30 BB には、中間パイプが付属しません。パイプが無ければエレクトリックワイヤーが通ると思われますが、グルグル回転するアクスルと触ったままとなります。

これは大ピンチ!


船長のチタンフレーム PASSONI(5)【橋輪Blog】

チタンフレームは、削れるのか?

IMG_2022

ROTOR ALDHU 5アームクランクの情報を待つ間に BB シェル回りの下準備をしておきましょう。やはり PASSONI と言えどもネジ山修正やフェイスカットが必要なのであろうか。そもそもチタンってハンドツールで削れるものだろうか?

IMG_2037
PASSONI の BB 規格は、BSA68。



IMG_2023
BB タップを通す前に先ずそこいらにあった FSA BB を入れてみる。



IMG_2038
普通に BB が入れば、BB タップで更にいじめることはない。逆にタップがチタンにいじめられるかもしれないし。



IMG_2039
左右とも手でスルスルと滑るように最後まで入った。ネジ切りは問題無い。



IMG_2024
BB を出してきたところで中間に入るパイプを拝借。



IMG_2025
Di2 仕様でオーダーしたパッソーニ・トップレボリューションですから。



IMG_2026
エレクトリックワイヤーを入れてみます。



IMG_2028
シェルから出てきたエレクトリックワイヤーは、



IMG_2029
ダウンチューブへ戻る。



IMG_2031
斜めに入れたパイプをギリギリ交わすエレクトリックワイヤー。



IMG_2035
これでリヤディレーラー向けチェーンステー行きのエレクトリックワイヤーがもう一本通りますからね。本当にギリであります。


IMG_2036
拡大して見てくださいね。BB シェルに繋がる各パイプの断面がスムースに仕上げられています。これが手が切れるほど鋭かったらエレクトリックワイヤーなんか一発で断線するでしょう。



船長本当は、BB も GOKISO BB を装着したかった。

IMG_2819
これが普段見れない GOKISO BB の全容。この両側からネジ切りカップが入りますが、カップはBB をシェルに固定するだけの物で、ベアリングを仕込んだBB 自体は殆どずん胴なためエレクトリックワイヤーが通過する余地が全くない。



写真 2018-02-05 16 08 44-1
そういえば木森さんこんなの作ってたな。バレル(樽)ボトムブラケットシェル。



写真 2018-02-05 16 09 28 - コピー

任意の方向に穴を開ければエレクトリックワイヤーが余裕で通過できる。

次回は、フェイスカットを


記事検索
  • ライブドアブログ