2018年03月

最近はやりのスマートライト:Garmin Varia UT800+【橋輪blog】

みなさま、こんにちは。Yuboです。


今回は最近はやりのスマートライトを取り上げてみたいと思います。

mercedes_smart


自転車のスマートライトといってもイメージがわかないかも知れませんが、私の知っている限りでその特徴をあげるとすれば、周辺から得られる情報に応じて、光量や点滅速度が切り替えられること、何らかのネットワークにつながっていること、機能の一部がソフトウェアされていてアップグレードされること、などでしょうか。

おまけとして本記事の末尾に掲載しているライトでは、もはや単なるライトとしての機能を超える付加価値が付いていたりもするので、その意味では最近のスマートライトは、前方/後方から得られる情報をどう処理してこれを付加価値に変えていくか、という汎用的なデバイスとして生まれ変わりつつあります。

私自身は、Garmin のリリースニュースを見て、(いつものことですが)ほぼ衝動買いに近い形で、UT800 を注文してしまいました。ですが、実際にモノが届いて橋輪さんに引き取りにいったときのファーストインプレッションは、「あー、またやってしまった。。。」でした。なにしろ箱を持ったときの印象が、うぅ、やたら重いでしたから。

DSC_2453
DSC_2454
DSC_2455
DSC_2456
考えてみれば注文したのが去年の暮れで、そして届いたのが2月のことでしたので、およそ一ヶ月を経る間に何に魅力を感じて発注したのかすら忘れかけてしまっていたわけです。名前に「スマート」とついていれば何でも良かったような気がします。

とはいえ、やはり物理的な側面についても無関心なわけではありませんでした。同じモノならもちろん軽い方がいいに決まっています。それまで使っていたのがキャットアイVOLT300だったのですが、とくに不満を感じていたわけではありません。一つのポイントとなったのは、Garmin のサイコンと一体型になっているマウントでした。
DSC_2458
DSC_2460
DSC_2462
想像していたとおり、メーカー純正品を含めて一般に販売されているマウントより若干大きく、マウント部の底面は別の造りになっています。これぐらいの大きさであれば、重さの差はほとんど感じません。
DSC_2471
ここに特殊な形状をしたアダプターをはめ込んで、
DSC_2469
ライトにとりつけ
DSC_2472
(マウントの固定に大きめのネジが使われていることが気になります。。)
DSC_2476
これをさらにマウントに取り付ける形になります。
DSC_2480
この冗長な組み付け方により、ハンドルバーに取り付けられたマウントを固定したまま、ライトの角度を変更できる他、取り外しも自由に行えるわけですが、取り付け方が独特でライトを回転させて取り付けるのではなく、上下にとがった突起部分を掴んで気持ち20〜30度くらい回して固定します。これは Garmin の標準的なマウントが 90度回転させて取り付ける仕様となっているのとは異なります。

しっかり固定されているようには思えますが、今後長く使っていく過程で、荒れた路面を走ったりしてもはずれないかどうかは試してみないと分かりません。製品紹介ビデオなどを見る限り、オフロードでの利用が想定されているようで、その点は心配ないかも知れません。

ただ、土の上に落としてもこのライトは壊れないでしょうが、堅いコンクリートやアスファルトの路面で走行中に落下させたら、すぐにお釈迦になってしまいそうな気がします。これも従来のライトであればあまり気にならなかったことですが、「スマート」になった分、外見は多少傷付いただけでも中味だけ壊れるという形で耐衝撃性が失われてしまうとか、余計な心配事が増えたことは間違いありません。

そこで、とりあえずメーカー公称値としての重量を改めて確認してみたのですが、箱に書いてあるとおり130gとなっています。ここでもう一つの購入動機が、現在使っているVOLTの最新版VOLT800の重量140gよりも10g軽いことにあったことを思い出しました。そこで、さっそく計量してみます。

DSC_2522
VOLT300のメーカー公称値は120gなので妥当でしょう
DSC_2523
主に取り外す部分として比較した場合、40g近くUT800の方が重いですね。もしかするとVOLT300の方は、マウントを含めた重量なのかも知れません。これはかなり残念なポイントでしたが、軽さだけを重視するならVOLT300の方に当然軍配が上がるでしょう。

これだけでは物言いがつきそうなので、もっとイーブンな条件で改めて比較してみることにしましょう。本来比較すべきは同じ明るさのVOLT800の方なので、比較対象の重さを116+20=136gと仮定した場合、ここでポイントとなるのは差分の17gの付加価値がUT800に見いだせるかどうかです。

気を取り直して本体の方を確認してみましょう。

DSC_2463
上下どちらに付けてもGARMINのロゴが逆さまにならないのはデザインとして評価できます。
DSC_2464
DSC_2465
背面はまあ想像通りでしょう。
VOLT シリーズのバッテリーが脱着式なのに対して、UT800は内蔵式です。そのため SONY のアクションカムのように、給電しながら使用できると嬉しいのですが、それはまた別途要検証です。
DSC_2467
DSC_2468
この部分は従来のVariaシリーズと互換性があるようなので、付けっぱなしにしてもよいのであれば、これまでのVaria互換マウントがそのまま使えるようです。その場合の難点は、ワンタッチで付け外しができないことですが、少しでも軽量化したい場合や、盗難が心配な場合は、直付けの方がいいかも知れません。
DSC_2494
充電中はグリーンライトが点滅します。ステータスは点灯方式(常時点灯、点滅など)と色(レッド、グリーン、パープル、ブルー)の組合せで表示されますが、詳細については下記のページをご確認ください。
Bike Light Status LEDs

DSC_2483
DSC_2489
DSC_2491
とりあえずハンドルバーに取り付けてみました。私のロードのステムは幅広タイプで、しかもハンドルがエアロ形状、おまけに固定の仕方が独自ネジなのでフロントにネジもありません。ですがこれだけマウントの取り付けスペースが少ない場所でも運良くしっかり固定することができました。

サイコンとのペアリングすませて使い勝手を確認してみました。すると、LEDがなにやらピカピカ光っている様子です。

サイコンの電源を入れてみたところ、おおっ!

連動してライトがONになるではないですか!まるで車のエンジンをかけたときのようです。これは所有感が増します。次に、気になったのは電源オフ時どうなるかでしたが、
 
以前から使っているVaria Rear Radarと同様に、同時に電源が落ちました。これはGarmin純正ならではの機能ですね。
DSC_2540
走行中もサイコンにバッテリー残量が表示されるので、管理上はまったく問題なさそうです。

実際に走ってみると、設定次第では昼間でもトンネル進入時にライトが点滅から点灯に切り替わったりもするので、昼間ですとわざわざこれがしたくてトンネルを好んで走りたくなるくらいです(切り替わるタイミングは車ほどタイムリーではないですが)。

余談ですが、私が昼間トンネルに入って怖いと思うもう一つの理由は、とりわけサングラスをしているときですが、一瞬で視界が暗闇になってしまうことです。これについては、調光グラスを利用するなどの対策が有効であると思っていますが、こちらは物理的にスマートになっているともいえるでしょう。

いずれにしても、周辺の状況(英語ではambientとかcontextとか言いますが、ピンと来ませんね)に併せてスマートに光量や点灯方法を調整してくれることが分かりました。これは外部からの情報に対しリアクティブに機能を変化させる例と言えるでしょう。

別の例としては、記憶はおぼろげですが、確かリオ・オリンピックでSpecializedかどこかのチームが、温度差に応じてロードバイクのフレームの色を変化させる塗装が施されているものがありましたね。こちらも目に見えない情報を視覚化する例ですが、このように自転車を取り巻く情報に対する「スマート」な機能も多様化しつつあると言えます。

お話しをUT800に戻すと、一つ気になったことは、先ほど動画で示したような形で、ブルーに点滅して待ち受け状態になっているときと、ライトの電源を完全に落としたときとで、バッテリーの減り具合が
どれくらい変わってくるのかだったのですが、私が調べた限りでは、これに関する情報は見つかりませんでした。

Headlight Light Intensity Modes and Battery Life

以上、掻い摘まんでUT800の機能をレビューさせて頂きましたが、正直な感想としてこのライトの特徴はGarminのサイコンと設置場所が統合され、これと連動することに尽きるので、それを期待されている方にはお勧めできます。私的には重さなど忘れてしまうくらい、むしろ昼間でも夜間でも常時付けたままにしておきたい必須アイテムとなりつつあります。

既にご存じの方もいらっしゃると思いますが、ambientに連動して光量や点灯方法を切り替えられるライトは、UT800独自の機能ではなく、他にもいくつか商品化されています。むしろ時勢としてはGarminが満を持してこのような商品をリリースしたという感があり、単なるスマートライトと呼ばれるだけには止まらないような気がしています。

たとえば、UT800というかGarminに期待していることがありまして、それは前方のスマート化だけでなく、後方もスマート化してもらうことです。動画でとりあげたリアビューレーダーはライバル商品がほぼないに等しく、現状のものでも洗練されたデバイスではあります。

しかし、Garminがデバイスのスマート化に踏み込むのであれば、将来のファームウェアアップデートないしは次のバージョンで、UT800同様に速度の連動してライトを変化させるようにしてほしいと思っています。

先ほど動画でとりあげた、Garmin Rear Radarの最大の特徴は、後方から接近してくる物体の距離を乗り手にビジュアルに表示してくれることにあるにあります。今のところ後方から接近している物体(車等)に対して、より接近した際に点滅速度を上げる、という反応はしてくれるものの、自転車の速度に応じてライトの表示方法を切り替える機能は備えていません。つまり、後方から接近する側には、距離が近づいていることは認識できるのですが、自転車が減速しているという情報が伝達できないのです。

望むらくは、車のブレーキランプのように、自転車の減速時にテールライトの表示が点滅から点灯に切り替わることですが、技術的には加速度センサーさえ付いていれば難しいことではないと思います。また
集団走行時に後方に片手でハンドサインを送るという原始的な信号は、ある意味とても危険な手段ですので、まだまだテクロノジーで改善できる余地があると思っています。

個人的にはUT800がサイコンに接続された際に、「接続を確立」するという表現ではなく「ライトネットワークに接続」するという表現になっていることがとても気になっています。これはGarmin Edgeを中心にフロントライトだけでなく、他のライトもネットワークに参加できるなるようになることの予兆なのか、その真相については近い将来のアップデートに期待したいところです。

〔その他のいけてるスマートライト〕
加速度センサーと連動して、(急?)減速時にブレーキランプのように点灯したライトが変化する機能を備えているようです。
盗難アラートなど、スマホと連動して様々な機能を備えたクールなライト。機能については、こちらのページが参考になります。

See.Sense Icon rear light

ライトそのものに、警報を発する機能はないようですが、将来こういう商品が普及して「See.Sence」=> 「Be.Secure」として認知されると、SECOMのシールみたいに貼るだけで盗難予防効果が得られそうです。その意味では、シールのデザインも従来の堅牢なイメージのものよりも、直感的に「スマート」さを感じさせるものである必要もあるでしょう。このあたりになってくると、人と物とが直接対話して「スマート」さを競うレベルになってきますね。

スマートライトは、デバイス自体が知性を持っているかのように、ユーザに対して自律的に振る舞うものだと考えていますが、これまで単なるライトに過ぎなかったモノが、様々な形で魅力的なデバイスに成長してきている姿を目にするのは、一人のガジェット好きとしてはとても楽しみなことです。

指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!その2【橋輪Blog】

指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!その2

DSC_3738

DURA-ACE 9070 Di2 のコンポーネントを最新の R9150 に変更するにあたり、シンプルで軽量なエレクトリックワイヤーの取り回しの指令が出ております。シマノDi2 関連の新しいパーツで分岐タイプジャンクションが発売になりました。言うならば三俣配線のようなものです。今回はボックスタイプのジャンクションは使用せずに分岐タイプジャンクションコードを駆使して配線してみようと思います。

P-EW-JC130_14032_1_310_310[1]
EW-JC130 SS / SM / MM 分岐タイプジャンクション。

99f6031e
          (A)    (B)   (C)
SS 250mm  350mm  50mm
SM 450mm  350mm  50mm
MM 550mm  550mm  50mm

とまあ3種類の異なる長さのケーブルなんですが、全部取り寄せて現物合わせで、と思っていたら何と1本6.000円もする代物でして、こらちと高いなってのと今すぐ合わせたいってのもあって取りあえずダミーワイヤーを作ることに。


DSC_3734
用意したのは緑色の紐と、お得意ラジコン燃料チューブ、シュリンクチューブ。



DSC_3737
3種類製作しました。



DSC_3781
それぞれSS / SM / MM です。分岐コネクター部分は、白いシュリンクチューブで20mm あります。



DSC_3736
カプラー部分は、燃料チューブで再現。



DSC_3741
先ずはリヤディレーラーからフロントディレーラーの間。MM の550mm は長すぎて使い物になりませんでしたので SM を選択。


DSC_3776
R9150 のリヤディレーラーは、エレクトリックワイヤーの差し位置が9070に比べ後方にありますので、少し余裕を持たせます。


DSC_3742
SM の(A)450mm 部分を使ってリヤディレーラーから前方へ。



DSC_3743
分岐からの(C)50mm がフロントディレーラーにピッタリです。



DSC_3746
元々使っていたジャンクションB は、外してしまいます。



DSC_3765
分岐からの(B)350mm はフレーム前方へ。



DSC_3749
ヒンジの下まで来ました。



DSC_3750
ここにSS の(C)50mm 部分を結合します。



DSC_3751
ジョイントには。2ポートの EW-JC200。こちらも新製品でスマートに繋ぐことが出来ます。



DSC_3752
2ポートの EW-JC200での接続。



DSC_3771
その先の分岐からの(B)350mm は、折り返してバッテリーへ。



DSC_3754
ビルトインタイプのバッテリーをポンプホルダーで取り付ける寸法。



DSC_3755
残った(A)250mm を前方へ。



DSC_3756

ここに2ポートの EW-JC200をもう一つ追加し、ジャンクションBからリヤディレーラーを繋いでいた600mm のエレクトリックワイヤーを使いインフォメーションディスプレーに導けば完了。

大分シンプルになったでしょう!



船長通信

DSC_0009

DSC_0012

DSC_0013

DSC_0014

DSC_0015

DSC_0017
.春の、"しまなみ海道"及び、"ゆめしま海道"..。



DSC_0018
朝から、"ゆめしま海道"へ、久しぶりにサイクリングへ(木森さんHR)出かけてきました。...



最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修16!【橋輪Blog】

金色に輝く暗黒の砲弾届く!

DSC_3024

暗黒さんにお願いしていた”ぶつ”が出来上がって来ました。ヤボな物ですが作って頂けますかと相談しましたところ快く製作を引き受けて頂きました。今夜は、社長室より。

29243703_1633154973427880_2974396441688014848_n[1]
29214930_1633155060094538_2769679561418342400_n[1]
29197219_1633155213427856_4147079494550683648_n[1]
こちら製作過程。



DSC_3713
本日届きました。



DSC_3714
箱を開けてみると丁寧な養生をされていました。



DSC_3715
これは、オリジナルだな。



DSC_3716
こちらはずっしりと重いです。持つ指のしなりで重さが伝わるでしょう。



DSC_3722
黄金に輝く砲弾です。バフ仕上げで鏡面に仕上げて頂いたみたいです。



DSC_3717
左がオリジナルのアルミ製砲弾で、右が特注の真鍮製。比重は3倍以上ですから破壊力も3倍以上。



DSC_3718
オリジナルは肉抜きがされていますが、特注製はなるたけ抜かないでとリクエスト。



DSC_3719
砲弾の長さも10mm 延長で段差もなくしたストレート形状。



DSC_3720
火薬リテーナーも含めたオリジナルの重量106.0gに対して、



DSC_3721
659.0g と553.0g 増しのスーパーヘビー級。


それでは一発ぶちかましてみましょう!



DSC_3723
手前は、先に進まぬフォッカーに浮気して製作中のアクロ機。羽と尻尾を付ければ完成。



DSC_3724
パイロットもスタンばってます。



IMG_2685
さて前回の行で、デットウエイトをどれだけ積まないといけないかってとこ。タオルの中身は工具で、



IMG_2690
588.0g。これでも足りないとはプロの弁。



DSC_3727
これだけウエイトを60cc 3気筒エンジンの周りに搭載するスペースもなく、



DSC_3728
思いついたのは先端に行くほどウエイトは効くってこと。



DSC_3729
最先端とは、



DSC_3733
プロペラナットのこと。これはガッツリ効くはず。



DSC_3731
真鍮の鈍い輝きがクラシカルな雰囲気満点です。



DSC_3732

これで前後バランスが取れると思われる。エンジンは、7000 rpm 近く回るが暗黒さんが精密に削ってくれたので振動の発生はないだろう。むしろ重量物を置いたことでアイドリングが安定して下げられるフライホイール効果を望めるかも。これでやっと前に進める、いや飛べる気がしてきた。

暗黒さん、ありがとう!




14インチ超ワイドホイール装着 OX PECO【橋輪Blog】

14インチ超ワイドホイール装着 OX PECO

DSC_3655

昨日ご紹介したエコラン用超ワイドリムに SCHWALBE BIG APPLE 14×2.00 を組み合わせたOX PECO です。あまりのド迫力に他の追従を許しません。フロントは、Shimano ALFINE DH-S501 ダイナモディスクハブ、リヤは、Shimano ALFINE SG-S7001-11 内装11速ディスクハブです。今回橋輪では、ホイール本体組み(なんと2回目)のみやらせて頂きましたが、その他にも凄い装備がなされています。ペコの改造では、おそらく日本一、いや世界一ではないでしょうか。それでは、超引っ張りビックアップル装着の大変態マシン(失礼!)をとくとご覧あれ!

DSC_3656




DSC_3659




DSC_3657




DSC_3660




DSC_3666




DSC_3665




DSC_3667




DSC_3668




DSC_3661




DSC_3664




DSC_3662




DSC_3663




DSC_3673




DSC_3671




DSC_3669




DSC_3670




DSC_3674




DSC_3679




DSC_3680




DSC_3686




DSC_3685




DSC_3683




DSC_3682




DSC_3687




番外編 PECO を積んで出かけよう!

DSC_3694
番外編 「PECO を積んで出かけよう!」は、トヨタクラウンでございます。



DSC_3695
クラウンって意外とトランク小さいのね。



DSC_3693
あら余裕で寝転んでおります。



DSC_3688

いつも無茶な依頼を押し付けて下さるオーナーのK さん。現在は、お仕事もリタイヤされて日々、変態自転車製作(またまた失礼!)に没頭しております。

さてお次は?


超ワイドな14インチリム【橋輪Blog】

超ワイドな14インチリム

DSC_3476

こんなリムを持ち込まれたお客さんがいまして、JP50 と言うエコカー用の14インチリムだそうです。中国製で価格は、5.832円と格安。この他 IRC から EC-R 14×2.10 超軽量スリックタイヤも出ているようです。エコカーレースにもワイドリム化の波が来ているようです。

DSC_3477
リム幅は、50mm で、外々で測ると56mm もある。



DSC_3478
ご覧の通りであります。



DSC_3479
目方は、377.5g。



DSC_3480
DSC_3481
このリムに昨日ご紹介した SCHWALBE BIG APPL を組みたいってリクエスト。タイヤ側面とリムがほぼ面一まで膨れています。これにアルフィーネのハブを組み込んだのですが、スポーク張りは相当な難儀でした。


最近に見るワイドリム、ワイドタイヤ化

IMG_2883
細いタイヤでの接地面は、縦長であるのに対して、



IMG_2885
ワイドリム、ワイドタイヤ化した接地面は、円に近くなります。常に述べているようにタイヤの転がり抵抗は、接地面の変形(凹んで戻ってまた次が凹むの繰り返し)によるものなので接地面積が広いほどタイヤの変形が少なくなるので、転がり抵抗が軽減される。これ最近のロードバイクにもこの傾向が出ていますね。


余談でモーターサイクル用スポーツタイヤの話

タイヤ
昨今は、ストリート用でもレーシングタイヤのような形状をしてますね。


タイヤ - コピー
これが18インチのタイヤだとしますと端っこは、16インチぐらいになってるんですよ。どうゆうことかと言いますと・・・・



タイヤ - コピー (2)
赤い部分が地面だとしますと、今フルバンクでコーナリング中で、16インチの旋回性のいい小径部分で走っています。コーナーの出口が見えてきて加速しながら車体を起こして行きます。すると17インチになり、

タイヤ - コピー - コピー
ストレートでは、18インチに戻るわけです。パワーの掛けたい立ち上がりは、高トルクの小径で、ストレートに向かいながらスピードに乗せる外径が大きくなる中央へとオートマチック変速しているんですね。これ自転車には関係ない話でしたね。


明日は、そんな格好になってしまったこいつをご紹介!

DSC_3682

凄いよ!

営業日カレンダー
2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ