2017年11月

”オッサン”のガレージセール 2015 DAHON Mu SLX【橋輪Blog】

”オッサン”のガレージセール 2015 DAHON Mu SLX

DSC_3073

”オッサン”のガレージセール 2015 DAHON Mu SLX。オリジナルのキネプロホイールは、ガレージセールで売ってますから451ホイールを新たに組んで装着しています。パーツはシルバーに拘り結構お金掛かってまっせ〜!

DSC_3078
406サイズから451へサイズアップしています。スポークはブレードを使用。



DSC_3079
ハブはRIDEAで組みました。クイックも別途装着してあります。



DSC_3080
タイヤは、SCHWALBE 1。



DSC_3081
DSC_3082
451に合わせたVブレーキは、RIDEA CLV。




DSC_3083
Sugino クランクセット(53-39)&BBに、MKS TOURING-LITE Ezy Superior。



DSC_3084
フロントディレーラー:mIcroSHIFT CENTOS 11



DSC_3085
リヤディレーラー:mIcroSHIFT CENTOS 11



DSC_3074
2015で標準装備だったコントロールテックカーボンフラットバー。



DSC_3076
グリップは、ERGON GS2。



DSC_3077
シフター:Shimano SL-BSR1 11 Speed 2×11 Speed



DSC_3101
ステムは、tern の Syntace ステムのブルーを装着。



DSC_3088
ダブルレックスタンド付いてます。



DSC_3093
DSC_3094
DSC_3092
DSC_3091




キズ申告します。画像拡大でよく見てくださいね!

DSC_3086
DSC_3087
DSC_3089
DSC_3090
リヤキャリアを取り付けていたことからダボ穴4ヶ所にキズあり。とエンドにも。



DSC_3095
ステム取付け部に塗装の剥がれあり。各部はタッチアップを行いますので多少分かりづらくなると思います。




DSC_3096

走行500km 弱の2015 DAHON Mu SLX 451

現金特価129.800円でお願いします!

※オッサンのガレージセールなので消費税は掛かりません


RIDEA から DAHON 用 NEW アイテム【橋輪Blog】

RIDEA から DAHON 用 NEW アイテム

DSC_3043
RIDEA DHHCQ1 Frame Hinge Clamp GR Lever 5.140円(税別)

先日テストを行ったRIDEAのDAHON用フレームヒンジレバーが全色入荷しました。 現行のDAHON では、Vice Grip を採用するVisc / Presto / Helios / Duve などに装着可能です。

DSC_3044
アナダイズドカラーの4色展開。



DSC_3048
シルバー



DSC_3047
ゴールド



DSC_3046
レッド



DSC_3045
ブラック

取付方法は ⇒ こちら

DSC_2756

さて、どの色選ぼうか?

「オーナーズレポート」第8回 KIMORI COLOSSU HR 5号機 【橋輪Blog】

NEW カテゴリーズ「オーナーズレポート」第8回

KIMORI COLOSSUS HR 5号機

Mr.koba 以来、久々の「オーナーズリポート」は、【橋輪Blog】26回に及んだ長い連載を経て完成した I さんの KIMORI COLOSSUS HR 5号機のリポートです。それではどうぞ!

「オーナーズレポート」



お世話になっております。
Colossus HR5号機の受領連絡が遅くなり申し訳ありません。モールトンの箱に入ってくるとはサプライズでした。丁寧に仕上げて下さいましてありがとうございます。


DSC08478-1
仕事の関係で先日までライドはおあずけとなっておりましたが、なんとか走行可能状態にしてまずは撮影(笑)



DSC08505-1
それから、コロッサスWRのムービーなどで登場されている三和英樹さんがオーナーのお店「Roti」まで走ってみました。
https://www.facebook.com/Roti.PRIME.BEEF/



DSC08568-1
京都から大津にぬけてびわ湖沿いを走り、キモリさんの工房前を通り過ぎて、近江富士と呼ばれる三上山のふもとまで往復80キロ足らずのサイクリングでした。



DSC08577-1
三上山を前に。「Roti」はこの反対側を少し登ったところにあります。




roti01-1
プレミアム近江牛料理専門店だけあって旨みたっぷりの近江牛ハンバーグを堪能しました。
三和さんもバイクを見るなりとても驚いて下さり、ここで出会えるとは思わなかったと喜んで下さいました。

乗ってみてのインプレッションですが、踏めばそのまま前に出るという感じが面白くどんどん漕いでしまってバテてしまうことがあり、セーブすることを憶えなければと思いました。
とくに北山の峠にアタックしたときには、これまでのバイクよりも疲れてしまうと感じてタイムを見たら新記録!なんてことがありました。

これから、少しずつ自分のものにしてゆきたいと思っています。
素晴らしいバイクに出会わせていただいて感謝しています。


IMG_5836b-1
あと、FSAのクランクが通らなかった無印セラミックBBですが、うちのGAAPに付けてみました。



IMG_5845b-1
確かにベアリング大丈夫かという固さでしたが、硬いのは最初の20ミリほどであとはスッと入っていく感じで、回転もスムーズだったので壊さずにすみました。

ではまた乗り込んでからレポートします。



レポートに出てきた「Roti」のオーナーは、元競輪選手の三和英樹さんです。KIMORIのテストライダーでもある三輪さん初めてキモリに乗ったときスタートでホイールスピンするほどの脚力の持ち主だそうです。この動画は以前にも紹介しましたが、三和さんがKIMORI COLOSSUS VRを駆り現役の競輪選手と一緒にバンクを走る貴重なシーンが収録されています。バイク先導のシーンでは70km/h出ているそうですが、本人80km/hは行けると言っていたそうです。また三和さんは、キモリの走行性能やパワーの伝達効率を一番に理解されている方でもあります。




DAHON を積んで出かけよう TOYOTA VOXY【橋輪Blog】

DAHON を積んで出かけよう TOYOTA VOXY + SPEED Falco + Boardwalk D7 + Dove Plus×2

DSC_3034

DSC_3005



DSC_2855

久々の「DAHON を積んで出かけよう」は、初登場のトヨタボクシー。以前に購入頂いた SPEED Falco と Boardwalk D7 をメンテナンスを含めたチョイモディファイであります。

DSC_2851
DSC_2853
こちらご主人の SPEED Falco。大分走ったようでチョイくたびれ気味。



DSC_2847
DSC_2848
DSC_2849
DSC_2850
奥様の Boardwalk D7 は、ご主人の Falco に追い付けるようにとのリクエスト。




DSC_3001
メインメニューは、ブルホーンバーへの変更をリクエスト。



DSC_3002
ブルホーンは、NITTO RB-021(6.260円以下税込)。シフター:Shimano SL-BS64(6.486円)。ブレーキレバー:DIA-COMPE 287V(7.230円)。(他 etc)



DSC_3003
山に備えてSugino インナーリング(6.370円)を軍手シフターにて装着。今回のモディファイは、41.780円也。



DSC_2995
Boardwalk D7 は、走行性能を上げるべくホイールチェンジと9速化。



DSC_2997
DAHON Comp ホイールセット(25.920円)



DSC_2996
シフター:Shimano SLM-2000(1.779円)グリップ:ERGON GHP3(6.370円)



DSC_2999
クランク&ボトムブラケット交換でこちらも Sugino インナーギヤを軍手シフターで装着。



DSC_3000
リヤディレーラー:Shimano RD-M370 9 Speed(2.661円)カセット:Shimano CS-HG201(2.097円)チェーン:Shimano CN-HG53(1.613円)(他 etc)で総額63.320円也。


「完成しましたよ」で 引き取りに来て目に入っちゃたのがこれ

DSC_2592
2018 DAHON Dove Plus



DSC_3007
「これ可愛いね!」なんつって2台衝動買いであります。



DSC_3008
早速試走であります。



DSC_3009
「では、チョット行ってきます」



DSC_3010
「これ見た目よりしっかり走るんですね」「びっくりしました」



DSC_3004
さてボクシー、2台の予定が4台になりましたが大丈夫?



DSC_3011
ポジションチェンジした Falco と走りが1ランク上がった Boardwalk にご満悦の T 夫妻。



DSC_3029
ブルホーンに変わりましたが外折れポストですから問題ないですね。



DSC_3031
奥様の方も手慣れた手つきで折り畳みです。


DSC_3032
「今日は、Dove に乗るからこいつらを奥に積んで・・・」とか言いながら積み込みます。



DSC_3020
よっぽど嬉しかったのか、なかなか陽気ですなこのご夫妻!



DSC_3021
DSC_3022
DSC_3024
DSC_3025
こちらも2台正しく畳めました。



DSC_3026
思わず出ることば「ちっちゃ!」



DSC_3033
正にダホンのごろ寝ですな。



DSC_3035

ありがとうございました。お楽しみ下さ〜い!


DAHON 14インチにビックアップルを【橋輪Blog】

DAHON 14インチにビックアップルを

DSC_2904
SCHWALBE BIG APPLE 14×2.00(50-254)

どうしても取り付けてみたくなってこのタイヤを取り寄せた。
26インチMTB にピッタリサイズの2.00だが14インチ2.00となれば半端ではない。


DSC_2905
サイドのリフレクトラインが要。



DSC_2906
14インチの径にこの太さはたまらない。



DSC_2907
シュワルベでは、14インチチューブにアメリカンバルブのラインナップしかないのでパナサイクルチューブを使う。サイズは一番近い14×1.50〜1.75。


DSC_2908
装着するのはこれ!2018 DAHON Dove Plus



DSC_2910
オリジナルのタイヤは、KENDA KOAST 14×1.35(32-254)



DSC_2911
どうすかこの迫力!



DSC_2912
タイヤチューブで重量増しは、1本あたり200g。



DSC_2913
リムの狭さ故あまり膨らまずに済みましたが全然違いますね。



DSC_2915
これだけ外径も変わるとギヤ比も上がります。



DSC_2982
DSC_2983
フォーク、Vブレーキも楽々クリア。



DSC_2984
DSC_2987
リヤブレーキそしてチェーンも余裕でした。


それではご覧ください

DSC_2988




DSC_2989




DSC_2990




DSC_2993




DSC_2994




DSC_2991




DSC_2992

どうです、カッコいいでしょう! 
あらキックスタンドに下駄噛ましてるのがばれましたね。
スタンド立たないほど「太いがカッコいい」!


DSC_3042

DAHON Dove BIG APPLE Plus 試乗出来ます!
※試乗には身分証明書の提示を頂いております

記事検索
  • ライブドアブログ