2017年08月

改めて小径カスタムを考える 【橋輪Blog】

改めて小径カスタムを考える

DSC_1024

なぜ、小径車乗りに改造マニアが多いのか? 小径車に何十万円もの改造費を掛けるならその金額に見合ったフルサイズのロードバイクを買った方が走りも良いし煩わしさもないはずだ。

ではなぜ? 一つ言えることがある。みんなと違うバイクに乗りたいのだ。例えばサイクルモードなどで見るメーカーが組み上げた展示車両。物凄いTTバイクでも皆、見慣れてしまっている。ところが小径車にあっては、殆どが完成車であり、まあ大体無難なスタイルに纏めてある。それを突拍子もない格好に変化させるのが楽しいのだ。

これはモーターサイクルの世界でも言えることで、HONDA の50cc モンキー、ゴリラに30万円も掛けるのはザラであり、250cc のスポーツバイクに30万円を掛ける人はまずいないのと同じなのだ。あの可愛いモンキー、ゴリラが凄くなるのは大変楽しいことなのです。やはり小径車も可愛いイメージがありますから DAHON の Mu に30万円掛けたら凄くなるんですよ。そしてモディファイはどんどんエスカレートし、最後のボルト1本まで取り替えたくなる。それを眺めるのも良し、乗るも良し、そして人に見せびらかしたいのです。

最近ぼくが常々思っているのは、競技志向ではなく”見せびらかし志向”の小径車イベントをやりたいなと考えています。メーカーは、協賛者であり、主役はカスタムバイクオーナー。みなで集まって「え!この部品これに付けられるんだ?」とか「これ凄くカッコいいですね!」とか、わいわいやるだけのイベント。楽しそうでしょ!


DSC_1025
DSC_1026
DSC_1027
船長の DAHON Mu SLX Di2。



DSC_1028
DSC_1029
船長からフレームを頂いた S さんの DAHON 30th アニバーサリー。



DSC_1030
DSC_1031
同じく S さんの DAHON Mu SLX。今回は赤のブラケットカバーが取付けたくてカンパのブレーキレバーに交換。シフターは、バーコンなので使用せず。


明日からお盆休みに入らせて頂きます。ちょっと長いですけど基本橋輪は、火曜の定休日しか休みがありませんのでご勘弁を。といっても例年ぼくは、お寺の手伝いで大変忙しのであります。(泣)

【夏季休暇のお知らせ】
8月12日(土)から18日(金)までお休みします。

2017 MOULTON DOUBLE PYLON 【橋輪Blog】

2017 MOULTON DOUBLE PYLON

DSC_0893
2017 MOULTON DOUBLE PYLON(フレームセット)1.800.000円(税別)


【付属品】

DSC_1019
ウィッシュボーンステムは、単品で購入すると10万円(税別)もする高価なパーツです。100mm or 150mm からお選び頂けます。(画像は、100mm)


DSC_1020
NEW SERIES 専用のオーバーロックナット寸法70mm のモールトンフロントハブ 28H。



DSC_1018
VELOCITY FUSION リム前後セット。フロントは、ハブに合わせた28ホールで、リヤは28H、32H から選択可能。



DSC_1021
左がフロントディレーラーハンガー。右のパーツは、ブレーキワイヤーの分断用。



DSC_1022
ワイヤーコネクターは、予備も含めて6ヶ付属。



1997年にモールトン博士が世に送り出したNEW SERIES。最大の特徴は、フロントサスペンションで、今までのコイルスプリングの付いたリーディングリンク式サスペンションではなく、アッパー、ロアーアームに4本装着されるトーションダンパー(ゴムの捩じり)を用いた Flexitor(フレクシター)と呼ばれる方式です。またこのフレクシターは、機械的な摩擦が完全に排除され、今までにないスムースな動きを実現しています。

2000年には、シートチューブをパイロン(やぐら)状ににした SINGLE PYLON が登場します。そして今夜ご紹介するのが、ヘッドチューブをもパイロン化し、2004年にデビューしたモールトンラインナップの最高峰 DOUBLE PYLON です。

2017年モデルではフロントサスペンションにマイナーチェンジが加えられました。フォーク(黄色の部分)は、上半分バッテットチューブだったものが上下共のダブルバテットフォークとなり軽量化されています。またエンドのオフセットも変更されフロントセンターが約20mm 延長されジオメトリー変更を受けています。クラウンシャフトとフレクシターを繋ぐアーム(ロワー側のバンプラバーにはアジャスト機能が付いた)がステンレスとなり形状が見直されたことから高級感が増しています。

それでは「THE HALL」(モールトン城)で作られた芸術品をご覧あれ。(橋輪特設スタジオで撮影)

DSC_0892

DSC_0896

DSC_0897

DSC_0898

DSC_0899

DSC_0900

DSC_0901

DSC_0902

DSC_0903

DSC_0904

DSC_0905

DSC_0906

DSC_0907

DSC_0908

DSC_0909

DSC_0910

DSC_0911

DSC_0912

DSC_0913

DSC_0914

DSC_0915

DSC_0916

DSC_0895




DSC_0983

少しはモールトンショップらしくなってきたかな!


【夏季休暇のお知らせ】
8月12日(土)から18日(金)までお休みします。


モールトン DOUBLE PYLON のメンテナンス 完成編 【橋輪Blog】

モールトン DOUBLE PYLON のメンテナンス 完成編

DSC_0988
TERADA Drop Handle 380mm Φ26.0 9.800円(税別)

長かったダブルパイロンのメンテナンスも今回のハンドルバー交換でようやく完成です。このニットーのドロップバーは、テラダ商会さんがニットーにモールトン用として特注しているハンドルです。ニットーの品番は、M101NAS-BR。M はモールトンのM ですね。大変お待たせしました。I さんようやく完成です。

DSC_1008
どこが特注かと言いますとNITTO Mod 55 をで説明します。こちらも同じくクランプ径26.0でバー径24.0ですのでウィッシュボーンステムでの取付は可能です。


DSC_1009
ただ、センタークランプのギザギザが見えてしまいます。これを無くしたのがテラダオリジナルです。



DSC_0991
ドロップぶった切りブルホーンは外してしまいましょう。



DSC_0992
ウィッシュボーンステムは、オープンエンドではないので、要らなくなったバーであれバーテープを綺麗に剥がさねば外れてくれません。


DSC_0993
DSC_0997
DSC_0998
DSC_0999
こんな感じです。



DSC_1000
DSC_1001
DSC_1002
ケーブルを押さえたタイラップは、バーテープを巻く直前に外します。



DSC_1011
バーテープは、フレームカラーに合わせたオレンジステッチのDAHON Vector 用をチョイス。



DSC_1015




DSC_1013




DSC_1014




DSC_1016

橋輪の目と鼻の先の意外と近いところにイギリスがあった。

THE BEATLES IN CAVERN HOUSE

モールトン DOUBLE PYLON のメンテナンス 6 【橋輪Blog】

モールトン DOUBLE PYLON のメンテナンス 6

mono21007157-160113-02
やっと見つけたリニアシャフトだったが材質を見るとSUJ2 というとんでもない硬い素材で、ドリルの切どころか旋盤のバイトさえもが歯が立たない代物らしい。八方塞がりで頭を抱えたまま時間だけが経ったが、ようやく一から製作してくれるところが見つかった。

IMG_1806
その工房は、この砂利道を突き進んだ奥の林の中にある。



IMG_1803
シャッターが閉まった工房の前には、朽ちたSUZUKI GT380。



IMG_1804
ぼくが指定した寸法通りのスピンドルシャフトを製作して頂いた。



DSC_0972
これがスピンドルシャフト。左がお城で作ったダメシャフトで、右が内径外径長さを指定して製作してもらったワンオフ物であります。


DSC_0973
そしてブッシュ調整用で外側左右に入れる0.1mm シム。



DSC_0974
ここにシムを入れるのはちょっと難しいですぞ。



DSC_0975
スイングアームのフランジに押し出されぬようグリスで張り付けた。接触面積が半分に減るが元々ブッシュがフランジの角に当たってしまっていたので致し方ない。


DSC_0976
何とか上手いこと合体できた。



DSC_0977
ボルトにはロックタイトを塗布してクソ締めでOK!てかクソ締めでなければダメ。



DSC_0978
DSC_0979
スイングアームを支えている力を抜くと”ストン”ではなく”ジワリ”と下がってくる。ベストなロードが掛っている状態。


DSC_0990

ようやく下半身の治療が完了。リヤサスペンションの動きは、格段に良くなっているはず。

後は、ハンドルバー交換でやっと完成か

2018 DAHON 35周年記念モデル Curl i8 【橋輪Blog】

2018 DAHON 35周年記念モデル Curl i8

curl0801
Curl(カール)i8

2018 DAHON
Curl i8         216.000円(税込)
橋輪プライス 194.400円(税込)
8 Speed   13.6kg  限定40台

2018で、35周年を迎えるDAHON。35th Anniversary モデルとしてリリースされる Curl は、世界限定500台で生産され、日本には40台のみの入荷します。その40台にはシリアルナンバーが入り成約されたお客様のネームプレートが付く正にアニバーサリーなモデルとなります。

16インチホイールを採用するカールは、3ポイントフォールディングと言われるダホン史上今までにない折り畳み方式で58×54×27cm に収まるコンパクトな設計となっています。

【主要スペック】
フレーム:6061 Hydroformed Dalloy frame, 3-POINT Folding
フォーク:6061 DAHON Inverted fork
ステム:Adjustable handle post
シートポスト:Aluminum 33.9x450mm
ブレーキ:F/Tektro R-369, R/Tektro R-357
シフター:Shimano Nexus SL-C6000-8
内装ハブ:Shimano Nexus SG-C6001-8V
タイヤ:Schwalbe Marathon, 16x1.35

 

受注期間は、本日より9月25日まで、入荷時期は、2017年11月を予定しております。

限定40台! ご予約お待ちしております







記事検索
  • ライブドアブログ