2017年06月

DAHON を積んで出かけよう HONDA FREED Spike 【橋輪Blog】

HONDA FREED Spike + DAHON Curve D7 & Visc P20

DSC_0133

DSC_0113




DSC_0112
今回の「DAHON を積んで出かけよう」は、初登場のHONDA FREED であります。1BOX カーなので余裕がありそうですね。


DSC_0118
おっと!リヤゲートを開けると既にカーブD7 が2台綺麗に収まってるではないですか。



DSC_0119
しかもクーラーボックスやらのアウトドア用品満載で。



DSC_0115

DAHON 2台づつ所有となったT夫妻。実は、自転車好きの奥様が今年の2月に Curve D7 のクラウドホワイトを購入。その翌日にご主人も付き合いで同じく Curve D7 のレガッタブルーを購入。休日に、二人してポタリング始めると今度は、ご主人が深みに嵌り、自転車に乗ることが楽しくてしかたがなくなったそうです。そんなご主人の目に留まったのが、ホイールサイズ451フロントダブル仕様のVisc EVO でした。


DSC_0120
先ずは車内の片づけから、



DSC_0121
これをあっちへ持って行き・・・・・




DSC_0122
カーブ1台を左後部座席の位置に移動。



DSC_0123
ご主人が、スモーキーグレーで、奥様がマンゴーオレンジをチョイス。



DSC_0124
はいそれでは畳んでみてください。



DSC_0125
DSC_0126
DSC_0127
はい2台とも折り畳み完了。



DSC_0128
1台積み込み完了。



DSC_0129
もう1台乗るのか?



DSC_0131
ピッタリ詰めましたね。乗車店員3名にフォールディングバイク4台搭載可能であります。



DSC_0134

シチュエーションにより、カーブとビスクを乗り換えて楽しむんだって、贅沢DAHON 使いであります。うらやましい!

ありがとうございました!


試乗車放出!2016 DAHON Visc P20 【橋輪Blog】

試乗車放出!2016 DAHON Visc P20

DSC_0011
2016 DAHON Visc P20  132.840円(税込)

2016 DAHON Visc P20 の詳細は、⇒ こちら

ビスクは、P18 からP20 へと進化し、2017年モデルからは、ホイールサイズを406から451へサイズアップ。フレームを新設計しEVO と名を変えた。人気だった2016モデルも最後のオプシディアンブラックが無くなり完売となりました。よって2016モデルの試乗車を放出します!

DSC_0012
DSC_0013
DSC_0017
DSC_0018
DSC_0019
DSC_0021
DSC_0020
DSC_0017
DSC_0005
DSC_0006




キズ申告します! 画像拡大してチェックして下さいね!

DSC_0014
リムブレーキ部に若干に傷あり。



DSC_0015
タイヤは、殆ど摩耗がありません。



DSC_0016
右フォークに引っかき傷あり。




DSC_0007
センタースタンドにクランクと干渉した傷あり。



DSC_0010
左クランクアームに小傷あり。




DSC_0003
左グリップエンドキャップに傷あり。



DSC_0022

2016 DAHON Visc P20 マンゴーオレンジ試乗車。走行少なく美車です。

現金特価 79.800円(税込)でお願いします!


試乗車放出!2016 DAHON Curve D7 【橋輪Blog】

試乗車放出!2016 DAHON Curve D7

DSC_0043
2017 DAHON Curve D7     73.440円(税込)

Curve D7 2016年モデルの詳細は ⇒ こちら

2016年モデルのカーブが全色完売となりました。よって試乗車を放出します。

DSC_0044
DSC_0045
DSC_0046
DSC_0047
DSC_0053
DSC_0048
DSC_0054
DSC_0057
DSC_0058
DSC_0061



キズ申告します! 画像拡大してチェックして下さいね!

DSC_0049
リムブレーキ面に傷あり。



DSC_0050
タイヤは殆ど摩耗してません。



DSC_0055
右バックフレームに引っかき傷あり。



DSC_0062
左バックフレームにゴミ傷あり。



DSC_0056
右クランクアームに小傷あり。



DSC_0059
センタースタンドに傷補修痕あり。



DSC_0060
前後マットガードに小傷あり。



DSC_0063

2016 DAHON Cirve D7 クラウドホワイト試乗車。走行少なく美車です。

現金特価 44.800円(税込)でお願いします!



試乗車放出!2016 tern Verge N8 【橋輪Blog】

試乗車放出!2016 tern Verge N8

DSC_0024
2016 tern Verge N8      99.360円(税込)

Verge N8 2016年モデルの詳細は ⇒ こちら

2017 tern Verge N8 が完売となりました。2016からの変更点は、フォークがストレートなったのとカラーリング変更だけだったために、こちらを試乗車として使っていましたが、2017モデルも早くも完売です。よって試乗車を放出します。

DSC_0025
DSC_0029
DSC_0030
DSC_0031
DSC_0035
DSC_0036
DSC_0034
DSC_0039
DSC_0038
DSC_0041



キズ申告します! 画像拡大してチェックして下さいね!

DSC_0027
フロントリムブレーキ部は一周アルマイトが剥げています。



DSC_0028
タイヤは殆ど摩耗してません。




DSC_0032
リヤのリムブレーキ部。



DSC_0042
右シートステーに小傷あり。



DSC_0033
右クランクアームに小傷あり。



DSC_0040
左クランクアームに小傷あり。




DSC_0023

2016 tern Verge N8  ブラック / グリーン試乗車。走行少なく美車です。

現金特価 59.800円(税込)でお願いします!


tern verge P10 日記 〜 初折畳み&搬送編(その3)【橋輪Blog】

皆様こんにちは、Yuboです。

私事で恐縮ではございますが、6/19(月)からインドに渡航することになりまして、その前に本編(初折畳み&搬送編)を可能な限り仕上げさせて頂きたく、割り込みで投稿させて頂きたいと思います。

前回掲載させて頂いた課題をリストしてみますと、tern verge P10 を AirPorter に収納するにあたっては、(まとめ方の悪さはさておき)少なくとも、以下のような4つの課題がありました。

  1. 折り畳んだだけでは入らない
  2. 部品を取り外した際の受け口の保護(ハンドルとシートポスト)
  3. ハンドルの取り外し作業は、一般の自転車ユーザにとっては難関
  4. ディスクブレーキのローターは破損しやすい

それでは、とりあえず、ひとつ一つ解決していくことにしましょう。


【課題 枩泙蠑んだだけでは入らない

これは総論のお話しです。モットーは最小限の手間で、折り畳み&組み立てができるようにすることです。また、折り畳んだ状態で、多少手荒く荷物が扱われても、容易には壊れないようにすることも考慮しなければなりません。その意味では、単に入っただけでも不十分で、搬送時の保護対策を施す必要があります。

【課題◆柯品を取り外した際の受け口の保護(ハンドルとシートポスト)


AirPorter にホールディグ・バイクを収納する方法は、おそらく機種ごとに異なる収納方法が考えられると思われますが、今回は tern verge P10 を例に、またタイヤを取り外さない形で収納を試みました。この事情は、むろん私がそういう方針を立てたわけではなく、橋輪さんが試行錯誤して、「こうしないと入らないね」という結果に至った、ある意味消極的な理由によります。

もう一つの方針として、ハンドルとシートポストを取り外すことにしました。これも上述の方針とセットですが、寸法を測った結果、これで何とか AirPorter に収めることができそう、という青写真を描くことができたため、ようやく具体的な作業に着手することができたという経緯が背景にありました。

そうなると、一方では、取り外した部分の受け口が元々衝撃に耐えうる設計となっていないため、この部分を何らかの方法で保護する必要性ができています。

では、以下具体的な作業に進みましょう。

DSC_0703

作業前は、組み立て完了時の状態とします。



DSC_0722

ハンドルの真下に、輪行袋が付いてますが、このまま AirPorterに収納を試みます。



DSC_0720

これからご説明する、収納作業の大きなポイントの一つは、ハンドルを取り外すことにあります。まずは、組み上がった状態で、どのような手順を踏む必要があるのかを確認してみます。


DSC_0719

ハンドルしたのレバーを開くと、写真のような支柱が現れます。通常、単に折り畳むだけであれば、この支柱を意識することはありませんが(触る必要がないというよりは、むしろ触ってはいけないもの)、作業を効率的に行うために、この支柱に取り付けられているナット部分を回して、ハンドル支柱とレバーの間隔を広げることができます。

このナットは、レバーがカチっとはまるように調整するためのものですので、今回は作業上の理由により間隔を広げますが、言うまでもなく緩めたままですと、レバーを閉じてもしっかりとハンドルが固定されず、逆にナットを締めすぎると、ハンドルを立てた状態でレバーが完全に閉じなくなってしまい、この場合もやはりハンドルが固定されなくなってしまいます。

その意味で、この支柱にあるナットの調整を行う場合には、事前に適切に調整された状態位置やレバーの閉まり具合(力の入れる程度)をしっかりと把握した上で、調整作業に進むことをおすすめします。


DSC_0718

さて、本題に戻りましょう。このレバーの内部には、フロントフォークを固定するためのネジとフタが取り付けられています。ハンドルを取り外すにはこのフロントフォークを固定するネジを緩めて取り外す必要がありますので、5mm のL型レンチを用意します。これを利用して、ボルトを緩めていきます。


DSC_0716

この作業を上から覗くとこんな感じに見えています。



DSC_0714

これでまずはフロントフォークの固定するボルトを取り外すことができました。

この段階で、一旦フロントフォークのボルトを元に戻し、組み立て完了時の状態に戻して、一般的な折畳み手順+αの取り外し作業という流れで、順番に説明していきます。


DSC_0713

最初に右のペダルを取り外します。これは、通常の折畳み手順の一環として必要な作業です。



DSC_0712

2つの黄色いボタンを内側に押し込むとペダルが簡単に取り外せます。



DSC_0709

取り外したペダルは、ハンドル下部にある専用の収納口を利用して、差し込みます。



DSC_0708

収納口は右と左に一つずつ設けられています。



DSC_0707

とりあえず、シートポストを下げてみます。



DSC_0706

通常の折畳み作業の一環です。



DSC_0705

シートポストの底面が地面に接するぐらいまで、これを引き下げます。



DSC_0704
ボトルケージ下部にある、フレームを折り畳むためのレバーを開きます。



DSC_0702

本体をN字に折り畳みます。



DSC_0701
この辺りはまだ通常の折畳み手順です。



DSC_0697
前後のタイヤを合わせて、磁石で引きつけます。



DSC_0696

先だって解説したように、ここからが AirPorter 収納のための特別な作業になります。



DSC_0694

L型レンチを利用して、ハンドル支柱にあるボルトを緩めます。この段階で、上側にあるレバーとハンドルポストをつなぐ支柱のナットについては、先ほど解説したように、作業をしやすくするために、必要に応じて調整します。



DSC_0692

写真のように、ボルトが浮き上がるまで緩めます。



DSC_0690
ボルトが緩んで外れたことを確認して、フタごとネジを取り外します。



DSC_0688

このように取り外せます。



DSC_1759

この段階で、取り外した部品は、フタとボルトだけに見えますが、正確にはボルトとフタの間には写真のようなワッシャーが挟んであり、またボルトの上にはゴム製のキャップ(この段階で写真を撮り忘れました)が取り付けられていますので、順番としては、まずゴム製のキャップを取り外すことにより見えるボルトをL型レンチで取り外す形になります。


DSC_0687

フタとボルトを抜いた状態で一旦ハンドルポストを立てます。



DSC_0686

すると、写真のような向きの場合、上方向に引き抜くことができます。



DSC_0685

ハンドルには、ブレーキとリア・ギア用のシフトケーブルが取り付けてあるため、完全に本体と分離できるわけではありませんが、写真のように引き抜くことができます。



DSC_0684

このように引き抜くことができました。



DSC_0683

この状態ですと、フロントフォークがまったく固定されていませんので、重力に引かれて抜けてしまいます。



DSC_0681

本来、フロントの2穴の開いた平らな部分には、tern のエンブレムが取り付けてあるのですが、購入して早々に柄の部分が割れて外れてしまいましたが、ここでは無視してください(汗)

さて、長々と説明を続けてきてしまいましたが、この段階で一息入れることにしましょう。ハンドルを無事取り外せたということは、ここで新たな課題を検討しなくてはなりません。具体的には、ハンドルを取り外すことによりむき出しになってしまった受け口を、何らかの形で保護する必要があります。

そこで、秘密兵器の登場です♪ これは私にとって知るよしもなかったことですが、ハンドルを取り外した際に露出してしまう受け口の直径は、なんと、どこでも買える紙テープの芯の直径と一緒とのこと。


DSC_0680

早速こんな感じで、早速取り外したフタとボルトに取り付けてもらいました。



DSC_0679

なんとなくピッタリしてよさげな感じです。



DSC_0678
二つぐらい揃えると、ピッタリはまるそうです。



DSC_0676

これがあるとなしでは搬送時の安心感がまったく違ったものになります。



DSC_0675
ボルトを締めてもらえば、ハンドルの取り外し作業は完了です。



DSC_0673

ボルトを締めてもらっている様子。



DSC_0671

一旦取り外して、改めて局部を拡大して撮影しました。



DSC_0659

ここで先ほど撮影し忘れた、ボルトのキャップを取り付けます。



DSC_0656

これが取り外し完了後の状態です。



DSC_0655

先ほども解説したように、ハンドルを完全に取り外すことは簡単にはできませんので、AirPorter に収納する際には、このような状態でうまく本体とハンドルが収まる位置を模索します。



DSC_0654

先ほどシートポストを最低まで下げましたが、この形状では入らないことが判明しましたので、抜いてしまうことにしました。



DSC_0653

これが、シートポストを抜き、ハンドルを取り外した状態です。シートポストにはケーブルが取り付けられていないため、ハンドルとは異なり完全に取り外すことが可能です。



DSC_0651

シートポストとハンドルを取り外した P10 を改めて眺めてみます。



DSC_0650

アングルを変えてもう一枚。



DSC_0649

シートポストを抜いてしまったため、本体を支える足がありませんので、代わりに簡単なクッションを敷いて本体を立てています。



DSC_0648

遠目からのアングルでもう一枚。



DSC_0644
この状態で AirPorter に収納してみます。容量的にはかなり余裕があります。



DSC_0643

かなりスカスカな状態であることがご確認頂けると思います。また取り外した部位の保護という観点では、シートポストの受け口に何ら保護を施していませんが、上記のような形で収納する場合、おそらく当該箇所が衝撃にさらされる確率は極めて低いと思われましたので、今回はとくに保護を施さない形で収納することにしました。



DSC_0645

このような作業を終えて何とか AirPorter に本体を入れることができたわけですが、まだまだこの段階では両手を挙げて喜ぶわけにはいきませんでした。前回、予告させて頂いたように、ご覧のような形でディスクブレーキのローター部分がはみ出してしまっています。頑張れば、このままチャックを締めて自身で搬送することは可能ですが、第三者に預けて搬送を依頼するには部位の保護は十分ではないと言えます。

そのような訳で、まだ2つの課題が解決できておりませんが、次回は課題とい鮹羶瓦鵬鮴發鮃圓錣擦督困予定です。

  1. 折り畳んだだけでは入らない
  2. 部品を取り外した際の受け口の保護(ハンドルとシートポスト)
  3. ハンドルの取り外し作業は、一般の自転車ユーザにとっては難関
  4. ディスクブレーキのローターは破損しやすい

6/19(月)は午後のフライトでインドに渡航してしまいますので、夕方に近づくほど記事をアップするのは難しいと思いますが、可能であれば渡航先のインドから現地レポートも併せて解説を行いたいと思います。


記事検索
  • ライブドアブログ