2017年03月

日本では売っていませんが tern のテールライトのご紹介【橋輪Blog】

日本では売っていませんが tern のテールライトのご紹介

DSC_8958
tern Vizy Light   $40.00

日本では売っていませんが tern のテールライトのご紹介です。縦に並んだLEDライトが直視の視認性で、下方に放射するライトが地面を赤く映し出す間接的な効果をプラスしています。安全性は確実に上がると思われますが40ドルは、良いお値段ですな。

DSC_8959
取付ゴムバンドは、27.0〜35.0mm まで対応。



DSC_8960
高級感漂うアルミボディー。



DSC_8963
USB 充電タイプ。



DSC_8964
取付も簡単で、



DSC_8965
下から入れて、



DSC_8966
上まで来たら、



DSC_8967
180°回せばロック。



DSC_8961
DSC_8962




DSC_8995
たまたま登場するYoubo です。今日はロードバイクではなく、初のフォールディングバイクを購入。



DSC_8997
購入したのは、tern Verge P10。このためにテールランプを用意してたんです。  

tern Verge P10


DSC_8994
tern ロゴの下あたりがベストポジション。



DSC_8992
このまま畳むことが出来ます。



DSC_8993
点滅モードは、7通り。



DSC_8998

これが、ポーターサドルの正しい使い方?


The tern Vizy Light





お知らせ色々 【橋輪Blog】

お知らせ色々

KIMORI COLOSSUS HR ステッカー発売!

DSC_9010
KIMORI COLOSSUS HR ステッカーKit  32.000円(税別)

17インチディープリム専用ステッカーキットです。アプリケーションシート、センターマーク付ガイドラインが付いています。

DSC_8008
DSC_8005




折りたたみ自転車&スモールバイクカタログ発売

DSC_9025

辰巳出版より「折りたたみ自転車&スモールバイクカタログ」が明日の3月31日発売となります。

DSC_9026
SHOP ORIGINAL SMALL BIKE CUSTOM では、S さんのアニバーサリーが掲載されてます。



DSC_9027
SMALL BIKE CATALOG では、KIMORI のラインナップ。HRも載ってます。



DAHON / tern のプレミアムフライデー

DSC_9024

DAHON / tern のプレミアムフライデーキャンペーンです。明日の3月31日(金)に限りご成約のお客様に DAHON でしたらスリップバック、スリップカバーの何れか、tern でしたらターンツールをプレゼント!

DAHON スリップバック / カバー   tern ツール

こいつは、ラッキーであります



”お城で作っていないモールトンはダメなのか?” その8【橋輪Blog】

リーディングリンク式フロントサスペンション 3

スプリングを仕込む前にこちらも見ておきましょう。クロモリ塗装フォークの場合コラム内に塗装が入り込んでいて、サブフォークを一度抜いたら入らない又は、入るが動きが渋いとかあるようです。

DSC_8937
ボトムリンクを仮組し、サブフォークをストロークさせましたが全然スムースに動きますね。今のTSR は、OKみたいです。


DSC_8934
これがフルボトム状態。



DSC_8936
ブレーキキャリパー取付のブロックが際どい所まで接近すんのね。



DSC_8929
これがダイナベクターから送られてきたステンネジセット。



DSC_8931
オリジナルは、内側ボトムリンクに打ち込まれたピポットがナットになっている。



DSC_8930
オリジナルのボルトとプレーンワシャーの間にスプリングワッシャー(皿ばね座金って言うみたい)が入っています。規定トルクで締めれば効きますが任意のフリクションで止めたいときには心持たないですね。増してフロントフォークですもの緩みは禁物です。


DSC_8938
ステンネジセットは、6本のM5ボタンキャップスクリューと平ワッシャー、ナイロンナット。



DSC_8939
これをピポットナット側から入れ、ロックタイトで固定。



DSC_8940
セルフロックナットで微調整する。



DSC_8941
パイプの中は常に動いているところなのでグリスを塗布。



DSC_8942
そして例の締め上げの技。



DSC_8943
この方法ダサくてあまり人に見られたくないんだが・・・・



DSC_8944
DSC_8946
サブフォークを上下させることでピポットの距離を調整できるのが良い。



DSC_8947
フリクションプレートには、ステンレス製と同様にグリスを塗布せず組んでみる。



DSC_8229
先生や I さんのモールトンは、ナイロンナットが外に来るように組んであったが、(ボトムリンクプレートが元の位置)


DSC_8948
左右逆にしてボタンキャップの頭が外に来るように組んでみる。この方が自然に見えると思うのだが、ナットを外にするのは何か理由があるのだあろうか?


DSC_8949
DSC_8951
DSC_8950
DSC_8952
左右のボトムリンクの組み付け完了。



DSC_8953
締め付け具合は、レンチが止まったところから5分程の締め付け。



DSC_8954
ステンレス製の場合15分締めてもスムースな動きだったのに対し、5分でも渋くなった。



DSC_8889
やはりこの梨地の抵抗が大きいのだろうか?



IMG_1083
再度分解してみる。



IMG_1085
グリスを塗布してみよう。



IMG_1086
メイン、サブフォークの梨地部分にグリスを塗布して組み付けたがまだ渋い。



IMG_1087
今度は、摩擦が少ないであろうボトムリンク側にもグリスを塗布。ようやくスムースな動きとなった。



DSC_8956
ボタンキャップが表でオリジナルのようにスッキリしたボトムリンク部。



DSC_8955
そうそう最後にスプリングプリロードを調整後は、ロックナットを確実に締めることをお忘れなく。



DSC_8957

クロモリ塗装フォークの場合フリクションプレート両側グリス塗布と締め代5分でステンレス製と同じく良い動きとなった。TSR のリーディングリンク式フロントサスペンションは、”お城製”と全く同じ仕事を熟すことが解った。違うのはステンレス製と比べてちょっとだけ重いってこと。

次回は、下半身を攻めてみようかな


tern SURGE ltd に 105 ショートリーチブレーキキャリパーは装着できる?【橋輪Blog】

tern SURGE ltd に 105 ショートリーチブレーキキャリパーは装着できる?

本日の【橋輪Blog】は、”お城で作っていないモールトンはダメなのか?” その8 の予定でしたが、メールトラブルによりこちらの話題に変更させて頂きます。昨日26日にお問い合わせメールが来ていて、その内容は 「tern SURGE に、Shimano 105 のブレーキキャリパーは装着出来ますか?」 との内容でした。今朝早速テストし、結果を返信しようとしたらいきなりメールが消えたのです。(申し訳ございません)メール頂いた方、もし【橋輪Blog】をご覧頂けているならば、テスト結果は以下の通りでした。

DSC_8976

tern SURGE ltd

DSC_8968
テストに使用したのは、DURA-ACE BR-9000。DURA のアーチサイズは、49mm。105(BR-5800と仮定)が、51mm です。49mm のDURA が行ければ、105は楽勝ってことですね。


DSC_8971
キャリパーブレーキにおけるアーチサイズとは、キャリパー取付ボルトとシューを一番遠くにセットしたときの距離。(ブレーキを掛けてリムを掴んだ状態で測定。故にワイドリムとナローでは、若干異なる)


DSC_8977
オリジナルのロングアーチブレーキキャリパー。



DSC_8978
実はこれサージの場合、前後ともリヤ用が装着されてます。



DSC_8979
通常取付のようにフォーククラウンに付けるのではなく、フォーク間に設けたフリッジに装着されているからなんです。慌てて前後セットで買ってはいけませんよ。ぼくのKIMORI みたいになりますから。(KIMORI も前後リヤ用の設計)


DSC_8980
DURA のキャリパーが付いた SURGE ltd カッコいいですね。さてパットの当たりはどうか?



DSC_8983
行けてるように見えますがフルカーボンホイールの ltd では無理ですね。



DSC_8985
アルミリムのSURGE で、105でしたらプラス2mm でギリ行けるかもしれません。SURGE の現車が今ありませんので、月末再入荷した際にもう一度テストしてみます。


DSC_8969
救世主現る。



DSC_8970
BOMA オフセットブレーキシュー(amazon で購入可)



IMG_1070
IMG_1073
IMG_1071

これならフルカーボンホイールのベストポジションにセット出来ました。ただロングアーチ化したことでレバー比が変わりDURA 本来の制動力から劣っているのは確かです。でも流石にDURA のリヤ用キャリパーを2ヶ買ってテストするには、リスクが高いですね。この仕様での制動力が無名オリジナルのロングアーチキャリパーより勝っていることを祈るばかりです。



そんなリスクを背負ってまでやる人はいないでしょうね?



ねー、住職!



DSC_8578

tern SURGE ltd 9100 DURA-ACE



”お城で作っていないモールトンはダメなのか?” その7【橋輪Blog】

リーディングリンク式フロントサスペンション 2

前回やったフロントサスのオーバーホールは、ステンレス製であったが、クロモリフレームとは違いがあるのだろうか。

DSC_8898
フロントエンドの厚みは4mm。



DSC_8889
フリクションプレートの当たり面はマスキングされておりサフェーサーは入っているようだが梨地の状態でステンに比べてかなり摩擦が多そうだ。クロモリの場合グリスを塗って組み付けたほうが良いのかもしれない。


DSC_8891
昨日修正した部分の飛び出しは、均等でなければならない。



DSC_8894
フリクションプレートより凹んでいること。



DSC_8896
これを上下とサブフォーク側でも確認。



DSC_8895
DSC_8908
それとボトムリンクとフォークが干渉してるのがあるんだって。ボルトを締めこんで4ヶ所確認したがOKでした。



DSC_8911
さてこのボルトの締め具合だが、



DSC_8912
DSC_8913
フリクションが殆どなく手を離すと下がってしまう位ではガタが出ます。



DSC_8915
L 型ではなくヘキサゴンドライバーで締めた位でもフリクションが掛かる。スプリングを入れてからでは動きが確認出来ないので、締め加減を覚えておくか、トルクレンチでの管理が必要だろう。ぼくは使わないが。


DSC_8916
リンクの動きに問題がないので、左右をマーキング。



DSC_8899
DSC_8215
サブフォークエンド部分の形が下のステンレス製とは少し違う。


DSC_8900
小さな切欠きがボトムリンクプレートの逃げとなっている。



DSC_8903
DSC_8904
DSC_8905
赤いリバウンドブッシュが当たる部分にカムプロフィールがあるが、これは意味があるのだろうか?



DSC_8899 - コピー
これが計算されたカムプロフィールだとすると伸び切る寸前にダンパー効果を発生させるのか?これは”お城製”にはないシステムだ。もしかしてパシュレー凄いのか?


DSC_8920
DSC_8919
DSC_8927
DSC_8928

フォークが伸びて行く方向に動かして行くと、リバウンドブッシュがストッパーとなる手前である程度の抵抗が出るが、あまり関係がないみたい。I さんのSPEED S 分解したときもこの部品1ヶ所だけおもいっきり潰れてたもんね。 考え過ぎ!考え過ぎ!

明日につづく、


記事検索
  • ライブドアブログ