2017年02月

2017年 KIMORI COLOSSUS に革命が起る!かも? その5【橋輪Blog】

最初の渋さに戻ると思ったぼくの予測は外れた!

IMG_0763
フロントホイールは送らなかったので木森さんとこにあった17インチホイールを借りる。



IMG_0762
オイル漏れしていた最初の状態と全く変わらないスムースさだ。これはもうSEV効果意外にない。



16682022_1918033805082857_52668763143433593_n[1]
ぼくも木森さんも理屈は全く分からないが、受け要らづ負えない。取りあえず二人でキモリのバッチグー。



16939519_1918033801749524_4239690187023344085_n[1]
木森さんこれおでこに貼ったら頭良くなるかな?



16864642_1918033835082854_6803590448235578625_n[1]
なるなる。



IMG_0770
講習会&検証終了で呑みへ。隣は木森さんの相棒で何時もペイントでお世話になってる井本さん。いや〜しこたま呑んだな!でもってどんな話題で呑んでるかってーと。


「井本さん今日来る時草津で機関車見たよ」「あっそうだレールの断面ってどんなか書ける」「お兄さん、紙と鉛筆貸して」

IMG_0842
「こんなんかな?」(何故か画像が横になってしまっているが右が上だと思って下さい)

IMG_0843
じゃ車輪は、「こんなんだったような?」 惜しい、走れなくないがこんなにべったり触ってたら抵抗大ですよ。

IMG_0844
正解はこう。先端の出っ張りはフランジって言うんだけどこんなの無くても脱線しないんだよ。

IMG_0845
丸箸に玉を乗せたら外れずに転がるでしょ。

IMG_0846
例え曲がってても。

IMG_0847
接触してんのは2点だけ。

IMG_0848
でもってこんなにデッカイ玉はもったいないからこの内側いらないでしょ。

IMG_0849
外側も。

IMG_0850
でも左右が離れちゃうからシャフトで繋ぐ。

IMG_0851
するとこの形になるんだ。

IMG_0852
一応脱線防止でフランジを付ける。カーブのきついホームでキーンって鳴ってるのはこれが触ってるから。

IMG_0853
すると木森さん「これ曲がるとき役に立ってんかも?」「デフないんやから内側の車輪より外のほうが早く回らんとな」木森さんそれあるね。

IMG_0858
架線あるよね。

IMG_0855
あのパンタグラフで押し付けてるやつ。

IMG_0854
「最近片持ちもあるやんけ」木森さん。

IMG_0856
あの架線真っ直ぐ張ってないの知ってる?

IMG_0859
支柱の間にロープが渡してあって架線はジグザグに張られてんの。

IMG_0860
パンタグラフの幅いっぱい舐めるように擦ってんだよね。真っ直ぐだったらそこだけ削れてパンタグラフが切れちゃうから。

でもって次ヘリコプターの話題になったらもう閉店時間。こんなたわいない話からアイディアは浮かんでくるのです。井本さんご馳走様でした。


IMG_0786
翌朝ビックな二日酔いでスマホ見たら一人でもう一軒行ってたみたい。しかも隣町の草津までタクシーで。



IMG_0788
そういや綺麗なネーチャンいたな。



IMG_0791
LA PRINCESSE って店だったんだ。



IMG_0796
二日酔いでたどり着いた京都駅。キモリの構造も凄いけどこれも凄いや。



IMG_0803
翌日キモリワークスから送り返されてきた先生のHR。



IMG_0806




IMG_0804
IMG_0805
カーボンリムにチェンジ。



IMG_0807
24ホールのリムに合わせて新たに取り寄せたGOKISO ハブ。



IMG_0808
フルカーボンリムにチタンスポーク。



DSC_8603
DSC_8601
先生、後はリムに貼るKIMORI ステッカーが出来てくれば完成です。



そしてまた一人キモリに魅せられてしまった方

DSC_8646
”オッサン”のガレージセールをゲットしたのは・・・・・



DSC_8578
tern SURGE ltd に 9100 DURA をブチ込んだ住職こと I さんで〜す!



DSC_8644
やっちゃいましたね住職。



DSC_8639
そこで住職にテストを買って出て頂くことに。



DSC_8638

え〜!私は仏教しか信用してませんから

2017年 KIMORI COLOSSUS に革命が起る!かも? その4【橋輪Blog】

FLIG サスペンションユニットの分解

さて、サスペンションユニットがスムースに動くのは走行距離による馴染みの問題なのか、オイル漏れを起こしたオイルシールに摺動抵抗が無くなったからなのか。それともやはり SEV 効果なのか。これより検証に入る。かなりの枚数に及ぶ写真の量だが、今後ぼくがサスペンションユニットの分解が出来るよう講習会も兼ねていますので、My サービスマニュアルのつもりで撮影しました。ですので興味の無い方は、パーっと飛ばして頂いて結構毛だらけ猫灰だらけ、くりちゃんバスって感じです。どうもこの人絡むと言葉が変になる。

IMG_0707
それではお願いします。初めにインナー中央部にある

IMG_0708
サークリップを外します。

IMG_0709
これがキモリお手製のSST(スペシャルツール)。これもう1セット製作して頂けることになっています。

IMG_0710
こちらでインナーチューブをロック。

IMG_0711
もう一つは、トップキャップを掴めるようになってます。おっと、エアー抜くの忘れてたの図。

IMG_0712
これでトップキャップが緩みました。

IMG_0713
インナー上からオイルを臨む。

IMG_0714
分解する前に油面を測ってみると140mm。後に出てくるフリーピストンの長さを考慮しても見た目ほどオイルは減っていない模様。

IMG_0715
中にあるフリーピストンからイモネジを外す。

IMG_0716
これもSSTで先端でオイルまみれになっているのがイモネジ。

IMG_0717
更に太いネジの付いたSSTでフリーピストンを引き出す。

IMG_0718
逆さにしてストロークさせてオイルを排出。

IMG_0719
注)このときサークリップが嵌っていた溝をダストシールまでストロークしないように。

IMG_0720
オイルはドロドロに汚れていました。

IMG_0721
アウターチューブからボトム部分を外します。

IMG_0722
この時も溝がシールまで行かないように。

IMG_0723
そしてインナーをSSTでくわえ、

IMG_0724
また別のSSTを使いインナーのボトムにねじ込んであるピストンを緩めます。

IMG_0725
出てきたのがダンパーユニット。ピストンがスライドしてラビリンスの穴を塞いで行くとオイルの流量が変わる。

IMG_0726
これでインナーが抜けます。

IMG_0722
次にアウター上部のダストシール組み付け部を外します。

IMG_0727
こちらもSST。

IMG_0728
ダストシール部が外れました。

IMG_0729
その奥にあるのがオイルシール。

IMG_0730
先ほどのSSTを使い万力に固定。

IMG_0731
アウターを手で回せば緩みます。

IMG_0732
黒いのがオイルシール。

IMG_0733
オイルシールはカラーと共に出て来ます。

IMG_0734
その下にもう一つOリング。

IMG_0735
茶色に見える部分がインナーを支持するスライドブッシュ。砲金製かと思いきや樹脂製だという。

IMG_0736
内部を洗浄。SEVが作用したとすればこのスライドブッシュかな?

IMG_0737
こちらが新型オイルシールキット。ドイツ製で早いピストンスピードに対応するらしい。

IMG_0738
ブルーのリングがオイルシールで黒のOリングはエキスパンダの役目。これに合わせてアルミ製のカラーも新たに製作。

IMG_0739
これがセットした図。

IMG_0740
反対側(組み付け状態で下側)から見た図。オイルシールの向きに注意!

IMG_0741
先ずはOリングを入れて、

IMG_0742
オイルシールセットを入れます。

IMG_0743
リングナットを掛けて、

IMG_0744
最初に入れたOリングが潰れるくらいに手締めします。

IMG_0745
この締め付けが弱いとオイル漏れの原因に。

IMG_0746
ダストシール部をセット。

IMG_0747
こんどはインナー中心から外しておいたサークリップを先に嵌めてしまします。

IMG_0748
理由は、インナーボトム側(写真だと上側)先端がテーパーになっていますので、こちら側から入れる方がサークリップの合口でインナーに施してあるカシマコートを痛め憎いから。

IMG_0749
そしてアウターに挿入。

IMG_0750
次に洗浄したダンパーユニットを組み付けます。

IMG_0751
ピストンの緩み止めにロックタイト222。

IMG_0752
くだんのSSTを使い組み付け後、最低1時間、出来れば一晩硬化を待ちます。

IMG_0755
料理番組のようにサスペンションオイルを注入する絵になってますが、木森さんのエロい話を1時間聞いた後ですから。

047
サスペンションオイルは♯10 です。

IMG_0756
オイル注入後、ゆっくりと数回ストロークさせ、ピストン下部にオイルを満たします。気泡が出なくなったらOK。

048
オイルレベルはインナーを引き上げた状態で上面から160mm(+-5mm)。残念ながら細いスケールなので150mm までしか目盛がない。

IMG_0757
多すぎた場合は逆さにせず注射器で抜き取る。

036
油面が決まったらフリーピストンを挿入しますが、この時に使うSSTがミソでネジ部中央と棒側面に開いたトンネルからエアーを抜きながら組み込めますのでサス内のエアーを完全に追い出せます。

050
フリーピストンの上部にオイルが浸る程度まで押し込みます。その後フリーピストンの穴を塞ぐイモネジをセット。

IMG_0756
ストロークしてみてフリーピストンが動きに同調していればエアーの噛みこみが無いことを確認出来ます。

IMG_0758
最後にトップキャップを取り付けて、

IMG_0759
エアーを入れれば完成。

IMG_0760
これでキモリのバッチグー! あー長かった。でも記憶の新しい内に書いておかないと最近体で覚えたことも忘れますからね。木森さん、解説これで合ってますか?ご指摘ありましたらメッセージ下さい。

IMG_0761
それでは車体に組み付けます。

新品オイルシール組み込みで絶対に摺動抵抗は多くなってるはず。ぼくの予想では最初の渋さに戻ると予測。果して、動きはどうだ?

明日につづく、


IMG_0764
アウターチューブにはSEV を貼ったままだ。

IMG_0765
あれ?扉の向こうから誰かが、




IMG_0766
木森さんとこって、こんなベッピンな事務員さん居たっけ?
 「あの〜」



「は〜〜い!」




IMG_0767

何だ!木森さん ポスターだったのね


2017年 KIMORI COLOSSUS に革命が起る!かも? その3【橋輪Blog】

キモリワークス訪問記

IMG_0654

実は、出発前日に親戚の葬儀があり、最悪なのがその前日にぎっくり腰を発症。10分も着座姿勢でいると固まって立ち上がるのに3分ほど掛かる重傷。すぐに生き付けの整骨院に行くも改善されず。立っている分には平気だが長いお経を聞かされた直後の焼香に立ち上がる自信が無い。一か八かで、張るホカロンにSEV を張り付けて葬儀に臨んだ。結果難なくお通夜と告別式を乗り切れた。何時もだと回復に2〜3週間を要するはずだが効いたのか。しかもサスペンション用SEVなのに? 「ある意味腰もサスペンションである」は、松の弁。

IMG_0655
久々の新幹線。しかも初の長距離。東京から京都まで2時間15分をこの燃料で走り切れるのか?



IMG_0657
新横過ぎて加速が始まった時点でケロシンスタートからの角ハイ切り替え。



IMG_0658
この景色は名古屋だったか? この時点でガス欠!



IMG_0659
幸いに空中給油機とランデブーできた。



IMG_0660
セーフ!



IMG_0663
京都からは東海道本線で折り返し栗東駅へ向かう。



IMG_0662
この列車は、運転手が全てコントロールしているようだ。



IMG_0661
栗東駅一つ手前の草津駅。



IMG_0665
すると撮り鉄発見!



IMG_0666
微速前進中のクラシカルな客車を追い越す。



IMG_0667
おっと!蒸気機関車だ!煙の流れからするとバックしてんのか?動輪の数からCから始まる名前の機関車かと思われる。写真には写っていないが、この右にディーゼル機関車が連結されていて、これが押しているようだった。街中では煙出せないからかな? ぼくは鉄道マニアではないので解りませんが、客車を蒸気とディーゼルのハイブリッドで押して来るシチュエーションは撮り鉄には、たまんないんだろうな。「ディーゼル機関車は、ディーゼルエンジンで走っているのではなく、ディーゼルエンジンで発電した電気でモーターを回す電車だって知ってた?」(東急リバブル風)モーターは 0回転で最大トルクを発生するからトランスミッションが要らないんだ。


IMG_0672
キモリワークスのある栗東駅に到着。読み方が分から ”くりっとう” と覚えた。


IMG_0668
これが京都から乗って来た電車。所要時間は8駅26分。



IMG_0669
このサイドに付いたスポイラーみたいのって何の役目するんだろう。そういえば蒸気機関車もこうなってるよね。誰か知ってる人教えて!



IMG_0675
栗東駅東口ロータリーに出ると、



IMG_0676
向えは、大宝小学校。木森さんと同じイントネーションではしゃぐ子供たちの元気な声が聞こえるが今のところエッチな口調で話す男の子はいない。



IMG_0678

IMG_0683
小川が流れていて綺麗な街並み。市内には民営バスの他に栗東市コミニュティーバスの「くりちゃんバス」ってのが走っているそうだが、この「くりちゃんバス」ってのが木森さんに説明させると非常にいやらしい!



IMG_0685
霊仙寺の交差点を右折し程なく歩くと、



IMG_0687
キモリワークス到着。



IMG_0695
IMG_0696
IMG_0697
IMG_0699
IMG_0700
IMG_0701
IMG_0702
IMG_0703
IMG_0704
IMG_0705
ずらっと並ぶ工作機械。



IMG_0698
IMG_0693
こちらは木森さんのオモチャでトライアルバイクのスコティシュとレーシングカート。



IMG_0694
写真撮影は禁止だが、カートのワルブロキャブのエアーファンネルを自作したんだって。装着がばれるとレギュレーション違反だが200回転ほど高回転が伸びるんだって。


IMG_0690
これこそ撮影禁止だが撮ってしまった。重ねた2枚のアルミ板を溶接したテストチップだが、



IMG_0691
裏側にも溶接ビードが出ている。これって絶対手では出来ないんだって。



IMG_0753
おっと試作品のロンスイ懐かしい。



IMG_0754
これはフォークエンド。スリットを入れておくと衝撃を受けた時に折れないそうだ。



IMG_0706
フロントサスの部品が並ぶ。工場を見せて頂くと意外に整理整頓が行き届いていて木森さんって綺麗好き? スナックの綺麗なおばちゃん好きじゃなかったっけ?


IMG_0689
こちらがプロフェサー木森。



IMG_0707

前置きが長くなった。

明日は、サスペンションユニットを分解しSEV の真実に迫る!




2017年 KIMORI COLOSSUS に革命が起る!かも? その2【橋輪Blog】

先生が KIMORI COLOSSUS に施したチューニングとは!

DSC_8497

先生が施したチューニングとは、道具も使わず装着出来る簡単なものでした。しかもその効果は絶大!

アレックス・モールトンのメンテナンス AM-GT Mk-2 の記事より

DSC_7691
分離されたフロントセクション。

「ここで興味深いモールトンのフロントサスペンションを分解してみたいところですが、大変スムースな動きで全く問題ないことから次回に持ち越します。構造的なことはコイルバネによる衝撃吸収とボトムリンクのフリクションによるダンパー効果だと思われます。見た所30mm 弱のストロークしかありませんが、アスファルトの粒粒や1mm ほどのタイルの段差までも良く吸収してくれます。KIMORI のエアサス&オイルダンパーは、20cm ほどある歩道から飛び降りても全く衝撃無く着地できますが、アスファルトの表面までは読み取ることが出来ません。オフロードではなくオンロードと考えた場合、シリンダーまでも削り出しで製作される複雑な機構を持つKIMORI のフロントサスは、ばねと摩擦だけの単純構造なモールトンのリーディングリンクサスペンションに及ばないことは事実です。ああ、KIMORI にもこのフェザーベットな乗り心地が欲しい。」

と言う内容でしたが、このフェザーベットな乗り心地が6.000円で手に入る?

DSC_8498
フロントサスペンションをご覧ください。



DSC_8499
オイル漏れでロワーボールジョント付近の油汚れがひどい。



DSC_8500
ダストシール部にもオイルが溜まっているのが解る。オイル漏れ以外の外見上の違いは、SEから始まるロゴが入ったアルミテープのようなステッカー。


IMG_0798
これがSEV(セブ)だ。1枚6.000円もするそうだが先日、先生が来店した際、「沢山買ったんで1枚どうぞ」ってガムみたいにくれた。


DSC_7548
先生の愛車1960年メルセデスベンツ 190 SLにも装着したところ燃費が向上したという。



DSC_7484
こちらの1925 ロールスロイスにも、



IMG_0591
ボンネットを開けてエンジンルームを見せて頂くと、



IMG_0594
シリンダーヘットカバーに2ヶ装着されていた。しかも両面テープで張り付けるだけ。



IMG_0592
SEV ヘッドバランサー 16.000円(税別)



IMG_0593
シリンダーヘッドの過酷なストレスを取り去り燃焼効率を上げ、燃費とパワーをアップする働きがあるそうだ。



DSC_8544
早速、ぼくのキモリにも貼ってみた。



DSC_8545
何の変化もない。



IMG_0799
これがキモリ特有のサスペンションの動き。沈ませた後ゆっくり力を抜いて行くと「グッ、グッ、グッ、」みたいな感触で引っかかりながら戻って来る。乗車して1Gが掛かった所から衝撃を受けて戻り切る前に次ぎの衝撃が来るとショックが伝わるんだと思われる。SEV を貼った先生のキモリは、この引っかかり感がまるでない。先生の場合は貼ってすぐ違いが出て、50km ほど走行後スムーズな動きとなったようだ。50〜70km キモリに乗るとブラケットポジションに載せた親指付近に豆が出来たが、SEV を貼ってからは出来ていないそうだ?


DSC_8541
オイル漏れによる油面の変化か、走行距離によるオイルシールの馴染み、色々な条件が重なってスムーズな動きとなっているのか? SEV の効果は半信半疑(今のところ一切信用していない。寧ろ宗教がらみではないか)だが手つかずの状態でキモリワークスに送る事に。


DSC_8543
モールトンの箱で送るのは木森さんへのあて付けか?

そしてぼくは、この得体のしれない物体(うさんくさい)を調査するため新幹線へと乗り込む。滋賀のキモリワークスまでは片道4時間半。

おっとこれだけは言っておこう。競輪では、数年前にNJS が SEV の使用を禁止しているそうだ!


                                  SEV


ガンプラチックな Visc EVO 【橋輪Blog】

ガンプラチックな Visc EVO

DSC_8553
2017 DAHON Visc EVO

何でも缶スプレーで塗装しちゃうのが好きで「これ持込で取り付けてくれますか」と Visc EVO マットブラック購入のお客様。「あとこれもあるんですが・・・・・」

DSC_8546
それでは作品を見てみよう。



DSC_8547
ウエルゴのペダルにリヤのクイックレバー。ダホンのマークはマスキング。



DSC_8548
ボトルケージのアジャスターにチェーンリングボルト。



DSC_8549
筆で描いた ROTOR がガンプラチック。



DSC_8550
これは力作。HOLDING BOTTLE とあるが蓋がホールディングってことか?



DSC_8551
赤のグラデェーションに浮き上がるのはドロップバージョンのVisc EVO。スポークまでマスキングで表現したんだって。


DSC_8555
DSC_8556
ブレーキキャリパーは、DIA-COMPE BRS101 前後セット 8.600円(税別)



「あとこれもあるんですが・・・・・」が何とこれ。

DSC_8557
DSC_8572
DSC_8560




それでは作品たちを装着してみましょう

DSC_8559
DSC_8558
DSC_8562
DSC_8561




DSC_8571

理想のイメージになりましたと E さん。ありがとうございました。
ってか、QXL はムチャぶりだろう!



DSC_8563
DSC_8564
DSC_8565

何とか動いたけど!

記事検索
  • ライブドアブログ