2016年03月

SUZUKI EVERY 改造計画 3 【橋輪Blog】

ホイールうんちく申す!

DSC_2451

轍攻略法には、軽自動車である欠点がもう一つある。日曜日組のクラブ員が普通車で作った轍を火曜日にぼくが軽自動車で通る。するとトレッド(車輪と車輪の距離)の違いから片輪だけ轍に嵌ってしまう。これを避けるには、普通車と同じくらいのトレッドが欲しい。

_SL1500_[1]

ワイドトレッドスペーサーなるものが昔から販売されているが、出せても片側15mm。



DSC_2439
さて、届いたホイールだが、ホンダ純正のバモス用純正スチールホイール。巌いる「鉄っちん」ってやつだ。



DSC_2442
刻印には、12×3.50B とある。


一般的に見る刻印 例)15×5.5 J  4 100 50 で説明しよう


DSC_2440 - コピー
15は、タイヤが乗っかる部分のリム径が15インチで、5.5は、タイヤが嵌る内々のリム幅が5.5インチ。



DSC_2440 - コピー (2)
その後のJ は、フランジ形状の呼び名で、アルミホイールの場合フランジ幅が13mm のJ。ぼくの鉄は、B で10mm だ。「オレのホイールは8J あんだよ」てな言い回しになっていますが、5.5とJ は本来別の意味だ。


DSC_2439
次に来る4は、クリップボルトが4本で、100は、そのボルト円周の直径が100mm。チェーンリングのPCD と同じだ。ここで気を付けなければいけないのが、真中のハブ径。純正ホイールでは、ハブにぴったりの穴が開いている。スズキは、54mm でホンダは、56mm 。ホンダのホイールはスズキに付くが、その逆はムリ。社外品のアルミホイールは、何でも付く大穴があいているので気にしなくてもいい。


DSC_2440
最後の50はボルト穴のある取付面が中心からどれだけオフセット(今はインセットと言うようだが)しているかの数値で、この場合赤矢印がホイールの外側として、黄色いラインの+50mm を表す。表から見て堀の浅いホイールとなる。大概のホイールは、このプラスオフセットで、フロントで言うとキングピンアングル(今はトラックしかキングピンは付いていないが、ハンドルを切る中心のこと)がホイール中心に取れて有利になる。センターの赤ラインがゼロオフセット。青ラインがマイナスオフセットで、キングピンアングルが大きく内側に移り、ハンドルを切ると弧を描くように動いてしまうので、大きなタイヤハウスを必要とするやんちゃなホイールとなる。最も見た目も深堀のやんちゃだが。

何でこんなに詳しいのかって?当時は今のように、ミニバン用とかの吊るしのホイールがあまり売っていなかったので、自分の車をよーく観察して、「例)15×5.5 J  4 100 50」の数字を叩きだし、カーショップにオーダーしたもんだ。てか昔、カーショップでバイトしてたし。(バイクの免許しか持っていない年のころ)


DSC_2449

明日は、憧れの聖地、鎌ヶ谷ワイドホイールに潜入する

SUZUKI EVERY 改造計画 2 【橋輪Blog】

KIMORI COROSSUS HR 同様インチダウンしてやる!

IMG_8326

今のタイヤは、165/55-14。タイヤ幅が165mm でその幅の55%の厚みを持つ内径14インチのタイヤってことだ。タイヤ外径を大きくしたければ、幅を広げるか55%の偏平率を80とかに下げれば良い。しかし14インチの適正サイズのオフロードタイヤが見つからない。


IMG_8315
最悪スタットレスタイヤしかないかと見に行ってみた。



IMG_8317
スーパーオートバックス恐るべし。1セット39.900円かと思ったら4本でこの値段だって。でもスタットレスってアイスバーンには喰っても泥はね?



IMG_1392
これも元々中古のセットだけど29.900円と安かったのが分かった。Kカー用って当たり障りのない、何にでも付いちゃう量販品だったのだ。


DSC_2561
SUZUKI EVERY なる雑誌もある。しかもVol.6。



DSC_2562
こぞってインチアップの165/40-16なんて、紙みたいに薄っぺらのタイヤがザラだ。



DSC_2748
KIMORI COLOSSUS HR

14インチオフロードタイヤが無いのであれば、HR 同様、トレンドに反してインチダウンしてやれ! しかも誰もが振り返る凄げーカッコエーのに仕上げてやる! 30年振りに車改造熱が強烈に湧いて来た。はっきり言っておきます、50過ぎたオッサンの発想ではないです。


DSC_2427
DUNLOP GRANTREK TG4 4WD を購入。



DSC_2428
タイヤサイズは155R12。R はラジアルで、6PR は、6層プライレーティングの強化型。偏平率表記はない。



DSC_2429
かなり喰いそうなブロックパターン。



DSC_2430
メチャ分厚い。昔のタイヤは、155であればこの厚みと選べることは出来なかった。タイヤ外径は、カタログ表記から562mm。推奨ホイールリム幅は4インチだ。




DSC_2437
どれだけタイヤを大きく出来るかは、ストラットのバネを受けているお皿に当たるかどうかだ。

DSC_2436
エブリーの場合外径570mm までならOK!



DSC_2431
それでは実際に外径を測ってみよう。



DSC_2432
165/55-14 は、約520mm。



DSC_2433
横に置いた一回り細い155R12 は、



DSC_2434
カタログ通りの562mm と2インチダウンするも42mm 大きくなった。



DSC_2435
どよ!この迫力。


でもって12インチのホイールはどうすんの?


DSC_2438
ヤフオクでゲット! 中身は?



DSC_2439

ゲゲゲ・・・・・・・・・・・・・・・鉄? ショボ!激ショボ!

明日につづく、



ラジコンカー SUZUKI EVERY も451化か?【橋輪Blog】

ラジコンカー SUZUKI EVERY も451化か?

IMG_8704

我らがラジコンクラブ飛行場へと向かう道。昨日もこの通りのぐちゃぐちゃでありました。これはまだ良い方で、霜が降りた翌日や、梅雨の時期など最悪な条件となります。勿論四駆でなければ入って行く気にはなりません。てか、四駆でもはまりそうになる時があります。

IMG_8326
これは、出発前のラジコンカー。



IMG_8692
飛行場へ到着すると大体このような姿となります。トレッドパターンは完全に泥で埋まりスリック状態。



IMG_8696
何か乾いたら、これはこれでカッコいいと思ってしまう。



IMG_8611
天気は、最高!



IMG_8694
滑走路にも緑が戻って来ました。



IMG_8697
IMG_8698
IMG_8699
IMG_8700
IMG_8701
だが強風!Yahoo で4m って言ってたけど8m ぐらい吹いてんじゃん。



IMG_8695
風待ちに3時間。止むどころか更に強まるばかり。気象条件で飛ばせないのは仕方がないが、道がぬかるんでいて、ここまで来れないのは何とかしたい。



IMG_8312
近くの四駆屋さんに相談に行ったこともあった。雑誌に出ていたエブリー4インチアップキットが10万円だそうだ。カッコいい。でもぼくのラジコンカーに本当に必要だろうか?


DSC_2453
サスペンションとボディーの間に嵩上げするアップキットは、このようなクロスカントリー的な地形を走破するには、適しているが、ここの道にはそんな山はない。


DSC_2450
ここの最大の天敵は轍であり、どんなにボディーをリフトアップしてもデフ(赤矢印)が乗り上げてしまっては、いくら四駆だろうが亀の子だ。これに有効なのはただ一つ、タイヤの外径を上げることだ。

(画像クリックで拡大)
IMG_8702
1フライトも出来ず暇だったので、飛行場入口に車止めのゲートを作ってみた。

夜中に進入し滑走路内をグルグルかき荒らす四駆野郎が入れないように。轍の痕からするとジムニーなんだよな。せっかくローラー掛けと草刈をして綺麗にしている滑走路が、ドリフトの痕だらけになってるのを見ると涙が出てくる。ぼくらは、ループ状に草が剥げたところを耕し、種を蒔いて直るのを待っている。


IMG_8703

スツーカと思われる残骸を発見したので、飛行場入口にオブジェの如く立ててきた。

四駆野郎!ここは飛行機の墓場だ!入ったら呪われるぞ!

お客さんの工作技術が半端ない件!【橋輪Blog】

お客さんの工作技術が半端ない件!

DSC_1333

S さんの DAHON Mu SLX。451用センタースタンドがブラックしかないので、シルバーを改造して持って来てくれました。こちらは四つの穴開けに3日も費やしたのに脱帽であります。


DSC_2532
こちらが改造スタンド。



DSC_2533
406用のオリジナルに段付きテーパー加工した部材で延長。更にゴムキャップは使わずアルミ削り出しでキャップを製作。


DSC_2534
裏側を見ると更なるギミックが。タイヤサイズを変更した際の微調整が出来るようになっていた。



DSC_1294
DSC_2537
今回、タイヤをSCHWALBE DURANO から ONE に交換。



DSC_2538
SCHWALBE  ONE 23-451  7.800円(税別)



DSC_2539
サイズは、28-451 から23-451へと細くなる。



DSC_0660

SLX 完成直後のシェイクダウンで、サイコンは51.9km/h を記録したそうだ。今度はシュワルベ・ワンで自己ベストに望むそうです。

凄げ〜や!

SLX ビックシングル更なるアップグレード 10 【橋輪Blog】

Mu SLX ビックシングル更なるアップグレード 10

DSC_2524

平面の出ていない作業テーブルを擦り続けて一時間以上、少し先が見えてきた。安物とはいえこれから数年は使うだろうから頑張らないと。

DSC_2526
1時間半程擦ったが、まだ四隅しか当たっていない。



DSC_2527
更に頑張ること1時間。研磨目は、残るがようやく使えるレベルになった。



DSC_2498
今回は、ケガキ針と新品のポンチまで導入し、



DSC_2499
正確にマーキング。



やっと、穴開け加工が出来るぞ!とスイッチを入れた瞬間!

DSC_2528
見て下さい!刃先がブレブレであります。

このボール、盤捨てます!

何で、安物なのに先に回転を見ておかなかったのだろう。この二日間を返してくれ! クッソ!普段「9.800円の折り畳み自転車なんか買ってはダメですよ」とか言ってるやつが、こんなん買ってるよ!


IMG_8681
諦めてK.B.SCOOTERSへ、



IMG_8682
そこには、長年使い慣れたボール盤があった。年期は入っていますが、バリバリの現役であります。「借りるよ」って元々オレのだけど。



IMG_8684
お〜、切粉の出方も気持ちいい。やっぱ本物だよな。



DSC_2530
4 / 5 mm 用の綺麗な下穴が並ぶ。



DSC_2531
先ずは、4mm から切って行くが、変わった形のタップでしょ?



DSC_2531 - コピー
先端は、ドリルのキリになっていて、3mm の下穴に通すと3.2mm になる。途中からタップに変わるため垂直度を気にせず進めるという優れものらしい。


IMG_8685
ここまで、ネジを切ったらきつくなって来た。戻した途端、タップが折れた。折れたタップは抜けないので、部材半分は、捨てた。


IMG_8688
再びK.B へ、やっぱおおちゃく道具は良くないな。



DSC_2540
4mm 5mm のネジ山がようやく出来た。



DSC_2542
こんなの作るのに3日も費やしてしまった。



DSC_2543
こちらバッテリーホルダー側の4mm。



DSC_2544
ボトルケージ側の5mm は、長さ12mm に変更。



DSC_2545
やっと合体出来る。



DSC_2546

「どこでもケージホルダー」 何だったんだこの3日間


船長通信

DSC_0105
今日も日本海側の空は、あいにく天気が悪く東北東の風、(風力5)海上は見た目に波は、なさそうに見えますが約3m程あり(島根県温泉津港沖約20海里)今日も天気に恵まれない様です。

PS,..私の方の休暇は、4月初め頃になりそうです。

記事検索
  • ライブドアブログ