2016年03月

DAHON を積んで出かけよう BMW 320d 【橋輪Blog】

BMW 320d + DAHON Mu SLX & SPEED P8

DSC_2577


DSC_2579


DSC_2576

BMW 3シリーズの320d であります。d ってことはディーゼルユニットね。2ℓながら大トルクで、100km/h 時で1600rpm しか回ってなく、とても静かだそうだ。そうそう今時のディーゼルって一瞬でエンジン始動すんのね。昔は、グロープラグをヒートして30秒ぐらい掛かったのに。


DSC_2580
純正ホイール、タイヤが付くが、これはみ出してるんだって。



DSC_2581
日本仕様にだけ付く、オーバーフェンダー。



DSC_2582
リヤは、このちょこっとだけ。厳しいね日本は、ぼくのエブリーはどうなちゃうの?



DSC_2587
さーて今回 DAHON Mu SLX をお買い上げのS さん。早速、積んで頂きましょう! 



DSC_2583
あれ、既に SPEED P8 が乗っかってるではないですか。後部座席を倒さずに2台積もうって訳ね。



DSC_2584
ドアが開くと勝手にテールランプ点くのね。



DSC_2588
スピードとは、ちょっと畳み方が違うよ。



DSC_2589
うん、でも手慣れたもんだ。



DSC_2590
よし折り畳み完了。



DSC_2591
さーてどうだ?



DSC_2592
あらま入っちゃったね。



DSC_2578
リヤゲート締めた時にタイヤ押してる気がしたけど大丈夫?



DSC_2593
あら、窓だけも空くの?へ〜、知らなんだ。



DSC_2595
こいつは便利。



DSC_2597
屋根に付くこのアンテナでインターネットが出来るんだってさ。



DSC_2596

いや〜みんな、いい車乗ってるよねー!本当にベンツ、ビーエム率高いんだから!しょうがない、俺のオーバーフェンダーでビビらせてやるか!


IMG_8735

オバフェン届いたが、一部欠けている件!

ブッチョなフォールディングバイク OX PECO Buccho 【橋輪Blog】

ブッチョなフォールディングバイク OX PECO Buccho

DSC_2631
OX PECO Buccho(ブッチョ) 172.000円(税別)
カラー:マットオリーブ / マットベージュ 3 Speed

オーエックスのペコに極太タイヤのブッチョが登場!
こちらもかなりのワイドホイールですぞ。

DSC_2619
オーエックスオリジナルリムは、75mm 幅の超ワイドホイール。



DSC_2620
タイヤサイズは、12 × 3.00 で、チューブはアメリカンバルブ採用。



DSC_2628
前後ディスクブレーキ。




DSC_2627
フロントは、クイックリイースハブ。



DSC_2623
こちらも大迫力なリヤビュー。



buccho3[1]
オーエックスオリジナルリムは、このアルミのムク材から削り出される。




buccho4[1]
部材の殆どがゴミとなるハイコストな作り。




DSC_2617
12インチのリムより遥かに大きいチェーンリング。



DSC_2622
リヤハブは、SRAM 3 SPEED 内装ハブ。



DSC_2629
ドラえもんキックスタンド標準装備。



DSC_2615
特殊なスレッドステムにフラットバー。



DSC_2616
SRAM 3 SPEED ツイストグリップシフター。



DSC_2621
ダストブーツの部分がフロントサスペンション。



DSC_2630
リヤのラバーコーンサスペンション。



DSC_2614
VELO サドル。



最速のフォールディングタイムは、1秒!

DSC_2634
トップチューブにあるノブを下げ、



DSC_2636
手前に引き上げれば、



DSC_2638
DSC_2639
折り畳み終了! このまま転がしで行くことも出来ますよ。



DSC_2640
更に、ステムにあるレバーを緩めれば、



DSC_2641
よりコンパクトに。



DSC_2632




DSC_2633

K さん、大変長らくお待たせしました!

SUZUKI EVERY 改造計画 6 【橋輪Blog】

SUZUKI EVERY 改造計画反省点

背筋が、ぞくぞくするほどカッコよくなったが、今回のエブリィー・ファットタイヤ計画には、二つの反省点が出て来た。

IMG_8717
ハンドルを少しづつ切って行くと、



IMG_8718
バンパーに当たる。−36.2mm ものオフセットを付けたもんだから当然。これは想定内。最も絶対に当たらないようなマージンがあったならこれ程面白くはならないだろう。これは、樹脂バンパーの内側を10mm 程の深さで幅50mm 位カットしてやればOK!



IMG_8719
逆に想定外だったのは、リヤタイヤが大幅にはみ出しているお蔭で、スライドドアーが開かなくなるハプニングが発生! だがそんな重大なアクシデントをも、もみ消してくれる程に、このアングルは、カッコいい!「いいですよ、ここで画像クリックして拡大で見ないで」「完成してからゆっくりどうぞ」向こうに、おとなしいEVERY が止まってる。


55510944[1]
次は、このオーバーフェンダーを注文する。

一向に懲りないバカオヤジであります。頭の良い人、こうゆう車作れないからね?

オバフェン来たらまた見てねー!


SUZUKI EVERY 改造計画 5 【橋輪Blog】

チョロQ のようなファットボーイになったEVERY

DSC_2549
「これはー、大分はみ出すよ〜」と親父さん。勿論、レース用部品で公道走行不可の商品なので親父さんには何の責任もない。



DSC_2547

ホワイトペイントの6.5インチワイドホイールが完成。ツーインチダウンの試みは見事に当たってグットルッキン! 10インチ時代のモーリス・ミニに、ダンロップセミレーシングタイヤのG5 をスピードスターホイールで引っ張るのが流行っていた頃を思い出す。写真では解りづらいと思うが。パンパンに膨れてます。ホイールにタイヤを組んでもガバガバで、普通の空気の入れ方では、一向にビードが上がらない。それでは、ぼくのハイセンスで、ゴルフカートのようになったEVERY をご覧ください。



DSC_2559




DSC_2556




DSC_2555




DSC_2557




DSC_2560




DSC_2551




DSC_2550




DSC_2553




DSC_2554




DSC_2552

ホイールが飛び出しているどころではない。タイヤも1ブロックパターん飛び出している。親父さんすかさず下げ振り(糸に重りを垂らしたもの)を取り出し測ってみると、42mm 出ている。

「タケシ君、大変ですよ」 「今度はオーバーフェンダーだ!」 
更に面白くなって来たぞ! 

2月に取り戻したゴールド免許を返上する日は近い!

SUZUKI EVERY 改造計画 4 【橋輪Blog】

憧れの聖地、鎌ヶ谷ワイドホイール

DSC_2449

ダンロップタイヤの看板を掲げているが、タイヤは1本も在庫していない。ショーウインドに飾られたアルミホイールも売り物ではないようだ。ヒットしてしまったアルミホイールの修正や、古くなってエアー洩れを起したスリーピースホイールの修理など主に請け負う。この日も既に入手困難なランボルギーニ純正ホイールの修理依頼が来ていた。ホイール修正技術も然る事ながら鎌ヶ谷ワイドホイールを一躍有名にしたのは、スチールホイールを使った巌いる加工ホイールだ。加工ホイールなんて若い人は聞いたことが無いかもしれないが、ノーマルホイール(鉄っちん)を持ち込めば、好きなだけワイドホイールに加工してくれるのだ。アルミホイールが高価だった時代に、お世話になった人も多いだろう。もう加工ホイールを作り続けて40年になるという。

DSC_2448
ぼくが持ち込んだタイヤとホイールを見る。「お茶やろーや」と話好きの気さくな親父さんだ。



DSC_2444
これが加工ホイールだ。初めからプレスされて作られてるようでしょ。



IMG_8615
ワイドタイヤをこれでもかとばかりにワイドホイールで引っ張る。



IMG_8616
その加工方法はこうだ。先ず、何J 出したいかを決め、その幅の鉄板を切り出す。それを丸めて溶接。出来た輪っかを切断したホイールの間に溶接。表側にも溶接ビードが出てしまうが、サンダーで均しパテで修正、最後に塗装して完成。これだけの手間が掛かっていながら加工費は塗装も含め1本15.000円(税別)と激安!しかも笑えるのが6J でも、10J でも値段は一緒。


IMG_8614
メッキバージョン。



IMG_8617
依頼された加工が終ったばかりのドカンのような超ワイドホイール。11.5J でブルーバードに付けるんだって。どんだけはみ出すんだ?


DSC_2455
超ドデカのくそ太タイヤ発見!



DSC_2456
コーヒーの缶と比べるとその太さが分かる。



DSC_2458
タイヤサイズは、295/50R15。取り付ける車体は、日産アトラス。1.5t のトラックで、ゴルフ場の散水車に取り付けるそうで、ダブルタイヤを1本にして芝を痛めないようにするんだってさ。そうゆう需要もあんのね。


DSC_2443
長年持ち続けていたENKEI のセンターキャップを置いてきた。ぼくの部屋より、ここにあった方が自然だ。



DSC_2442
3.5インチ幅にどれだけ足すかだが、3.0インチプラスでお願いした。トータル6.5J いや、6.5B だ。



DSC_2440
ノーマル3.5のオフセットが+40で、継ぎ足す3.0インチが76.2mm だから、76.2−40=マイナスオフセット36.2mm の超やんちゃなホイールとなるはず。155サイズの太さのタイヤで、標準4J あたりのリム幅に組めばフェンダー内に100%収まるが、表裏を逆に組んだような6.5J では、120%はみ出すのは想像が付く。

違法改造で捕まったら、こう答えよう「ちょっと旦那さんタイヤはみ出してますね」 「いいやタイヤは出てねーよ、ホイールが出てんだよ!」

DSC_2459

「よっしゃ!1週間〜10日で仕上げておくよ」

明日は、マシュマロマンの完成を!


記事検索
  • ライブドアブログ