2016年02月

SLX ビックシングル更なるアップグレード 4 【橋輪Blog】

Mu SLX ビックシングル更なるアップグレード 4

それでは、BB、クランク、チェーンリングを組み付けて行きましょう。

DSC_2209
ROTOR S.A.B.B CERAMIC BEARING  25.200円(税別)
Self Aligning Bottom Bracket System と言って、BB フェイスカットをしなくとも自動的に最適なベアリングアングルを出しスムースな回転を得る事ができます。


DSC_2221
装着方法は、普通のねじ切りBB と同じです。


DSC_2223
念願のレッドBB。



DSC_2233
なるほど、片側支持だと心持ちシャフトの振れ幅が大きいような。



DSC_2239
流石に回転もスムース。



DSC_2241
チェーンリングを装着する。



DSC_2212
ROTOR のクランクには、チェーンボルトも付属するが、



DSC_2213
TQXG-5 Chainring Screw for Single  1.940円(税別)
やっぱこちらのレッドで、


DSC_1814
ついでにこの辺も行っときます。



DSC_2242
POWER TOOLS MINI VELO CHANRING 62T  8.000円(税別)



DSC_2243
今までに見たことなかった組み合わせですね。力強さを感じます。


これでほぼ完成か

DSC_2244
あれ、カセットとリヤディレーラーがありませんね?


指令はもう一つあった!

このMu SLX ビックシングルは、メンテナンスも兼ねて戻って来ているので、消耗品にあたるタイヤ、チューブからギヤ、チェーンまで全て交換の指示。「ですが船長、DURA の10速チェーンが廃盤となっています」「これに変わる軽量で高性能なチェーンとなるとKMC のX11 SL などが宜しいかと」 との問い合わせに対する返信はこうだった。

「DURAの10sチェーンが廃盤になり、どの様にしようか考えていたのですが、DURA Di2 11s'に変更します。「10s'コンポは全て”レッコ”ですね」

出た!

DSC_2247
DSC_2249

3台分、いや物によっては、4台分ある船長のDURA-ACE Di2

圧巻であります



船長通信

DSC_0114 - コピー
久々の瀬戸内海、伊予灘を東向け航海中、大分県国東市付近へ沈む夕日です。でも、一航海だけで、また冬の荒れた日本海へ戻ります。



「新年スペシャルSALE」開催中⇒ [橋輪SALE]

SLX ビックシングル更なるアップグレード 3 【橋輪Blog】

Mu SLX ビックシングル更なるアップグレード 3

DSC_2210

全てのパーツをアナダイズドレッドに変更する計画は、パワーツールズの変則的なクランクアクスル径の規格により達成できなかった。すると船上より新たな指令が飛んだ!


DSC_2200

「2/19、Blog拝見しました。ビックシングルの、POWER TOOLS のクランクBB規格が”まがい物”なので辞めます。クランクですが、以前、ROTOR情報を頂いた、3D24CRANK(130 PCD AERO) 24AXLE と、SABB BSA対応、赤色のセラミックBBへ変更して下さい。」

きた〜ッ!

DSC_2211
62T のチェーンリングもカセット、チェーンの交換に伴い新品に。



DSC_2201
ROTOR 3D24 CRANKS AERO   36.000円(税別)
130 PCD   24mm STEEL AXLE


DSC_2209
ROTOR S.A.B.B CERAMIC BEARING  25.200円(税別)



DSC_2202
2ピースクランクだがディスク部の分解は不可。



DSC_2203
TDT(TRINITY DRILLING SYSTEM)
CNCのクランクアームは3本のドリルホールが開けらていて、鍛造のアルミブランクから削り出されたクランクは、先端から2本、アクスル側から1本の穴が開けられている。

DSC_2206
アクスル側に見える穴。


(画像クリックで拡大)
DSC_2204
先端も良く見ると塞がれた穴が確認できる。



DSC_2228
ノンドライブサイドのクランクアームを外すには先ずキャップを取り外す。



DSC_2229
ここで説明書を読んでおいて良かった。



DSC_2230
ROTOR が言うDTT スクリューを緩めるが、1回転半緩めなさいとある。



DSC_2231
キャップスクリュー部を良く見ると特殊な加工がされていた。



DSC_2232
スクリューを緩めて行くとセレーション勘合部が広がるのだ。どんどん緩めてしまうと破損するので要注意!



DSC_2215
POWER TOOLS MINIVELO CRANKSET BB付属 50.000円(税別)。



DSC_2227
歯もそれほど減って無いんだけどな〜。



DSC_2225

5万円のカーボンクランクは、62T のギヤと共に”レッコ”された!


船長ごめんなさい。このクランクチョイスした時も、少し勉強したのに。流石にアクスル径まで測りませんでしたよ。⇒
 ビックシングルのクランクをカーボン化 3 【橋輪Blog】



船長通信

DSC_0113 - コピー
福井からの帰り隠岐海峡へ沈む夕日ですが、あいにく天気が悪く、曇った雲の中へ沈んでいく夕日です。



「新年スペシャルSALE」開催中⇒ [橋輪SALE]

TOKEN のボトムブラケット TK-PF30APS 【橋輪Blog】

TOKEN のボトムブラケット TK-PF30APS

DSC_2177

PF(プレスフィット)30規格のフレームにシマノの24mm アクスルが装着できるBB、TOKEN TK-PF30APS が手に入った。これでようやくDURA のクランクが装着できるぞ!今回もまた勉強になったな。普通、それなりのサイクルショップであれば、こそ練で勉強して何事もなかったように組むのだろうけど恥かき捨てで、さらけ出しちゃうのが橋輪流であります。


DSC_2178
カタログで見るより質感いいじゃないの。



DSC_2179
リップ部分がアルミだったりして良いですね。



DSC_2182
こんな感じで付くのね。ここからは圧入。



DSC_2188
2.0mm のアルミワッシャー3枚と、0.6mm の樹脂ワッシャーが2枚付属するけど何処に使うのかな?



DSC_2190
クランクに仮組してみよう。ばくは、やっぱり5アームの方が好きだったな。



DSC_2191
シェル幅の68mm に合わせる。



DSC_2192
クランクアームを付けるとピッタリだ。シムは要らないもよう。


マジで30分悩んだのがこれ、

DSC_2185
メンテナンスハッチを開けるとオレンジのパイプが3本。インターナルケーブルをフレーム内に通す時のガイドで、インナーを通してから外部へ引き抜く。フレーム側に作られているインナーワイヤーが擦る溝は、2ヶ所。もう一本は、ガイドとして残し、実際に使うのか?


DSC_2184
ヘッドパイプ後方から左右に出ているオレンジのパイプ。左が フロントディレーラーで、右がリヤディレーラー。そして前方に出ている白いのがリヤブレーキ。


DSC_2186
リヤブレーキは、トップチューブから出てくるんだから下の変速用は、2本のはす?



DSC_2187
何だー!こうなってたのか? 長いの1本でやれよ、ややこしい!



DSC_2193

ホイールは、XeNTiS で行くであります!



「新年スペシャルSALE」開催中⇒ [橋輪SALE]

本日は、辰巳出版さんの取材でした【橋輪Blog】

本日は、辰巳出版さんの取材でした

DSC_2142

本日は、辰巳出版さんの取材で撮影会です。カスタム車両は、SさんのDAHON Mu SLX と SPEED Falco。それに、Presto HR の3台を積んで撮影現場に出発です。

DSC_2166
撮影場所は、手賀沼サイクリングロードの南側。



DSC_2149
例の”見えない棒”でスタンバイ。



DSC_2148
ちょっと風があって心配です。



DSC_2143
絶対倒しちゃダメだかんね!



DSC_2144
結構引いて撮るんですね。散歩の人が途切れません。



DSC_2150
ポリッシュのディープリムが内側に抉れてるように見えますね。



DSC_2155
細部もよーく撮って下さいね!



DSC_2153
何たって11速のSLX にカプレオ付けたいがために、9速にしちゃってますからね。



DSC_2157
お次は、SPEED Falco成金仕様。



DSC_2158
折り畳みの場合、最近ぼくは、クランク水平で撮りますから、はいその位置。



DSC_2159




DSC_2161
昨日、ハブとスポーク組み替えたばかりなんですよ。



DSC_2165




DSC_2167
NEW モデル紹介で、橋輪オリジナルPresto HR も宜しくです。



DSC_2168
世界限定20台のレアものですよ!



DSC_2170
やっぱカッコいいです!



無事撮影終了! 

(画像クリックで拡大)

DSC_2171




DSC_2151




DSC_2164

お疲れ様でした。プロが撮った画像が楽しみです!


『折りたたみ自転車&スモールバイクカタログ2016』
辰巳出版から、3月31日発売!


Mu SLX と Presto HR は、この号に、SPEED Faico は、次の号に掲載されます。あれ、ファルコは次の号までにフォークが変わっているかも?


DSC_2162

下総基地に帰投する Rockheed P3-C ORION。こんなの撮ってて傍に咲いてた梅撮るの忘れてた!

もう見ごろですよ!


「新年スペシャルSALE」開催中⇒ [橋輪SALE]

ボトムブラケットの規格 BB 30 は、2種類ある? 【橋輪Blog】

ボトムブラケットの規格 BB 30 は、2種類ある?

DSC_2125
初めてみた大穴、BB 30。



DSC_2128
大穴に転落してしまったBB を助け出せるのか?

そのフレームに合ったパーツをチョイスするには、スペック表を見ると解りやすい。メインフレームの欄に「プレスフィット BB30」 とある。DAHON / tern をメインにカスタムして来たことから、BB30 なんて遠い存在と思っていた。

100000028856-l0[1]
FSA から変換アダプターなるものが出ている。BB30 のフレームにシマノのBBが取り付けられるようだが、中はねじ切りだ。4千円ほどするDURA のBBだったが、勉強代として諦めよう。キャノンデールが作った規格にシマノが合わせるはずはない。



100000017130-l0[1]
TOKEN TK-BB30AR-TBT   12.000円(税別)
対応フレーム:BB30 (42Φ×68mm)
小回りがきくTOKEN で探ってみた。「BB30規格のフレームにシマノホローテック競ランクを組み合わせる際、適合するボトムブラケットです」とある。「これカッコいいじゃん。赤が似合うと思うよ」で、発注しようと思ったが、ちょっとまった!せっかく寸法が出てるから測ってみよう!外径42mm のシェル幅68mm だ。


DSC_2139
シェル幅は、68mm でOKだ。



DSC_2141
内径は、おっと、42ではなく46mm あるぞ!危ない、危ない、更に高額なBB を取り寄せてしまって大失敗するところだった。

どうやらBB30 には、2種類の規格があるようだ。同じシェル幅68mm で、内径(BBで言えば外径)42mm でスタートしたのが、BB30。それが進化し46mm になったのが、PRESS FIT30。どちらも圧入のプレスフィットじゃないか?もうちょっと解りやすいネーミングにして貰いたもんだ。


0000189499000[1]
FSAから46mm 用アダプターってのも出ているが、今更お呼びでない。



1_tk_pf30rs_3[1]
TOKEN TK-PF30RS
PF(プレスフィット)30規格のフレームにシマノの24mm アクスルが装着できるBB だが、生産中止。レッドのアルミボディーでカッコいいなと思ったのに残念。


1_tk_pf30aps[1]
TOKEN TK-PF30APS-TBT  11.000円(税別)NEW!

生産中止となったRS と比べると、かなり地味なAPS。現在、TOKEN での選択肢は、これのみのようだ。「なんだよ、樹脂カップよりアルミカップのほうがカッコよかったな」と思ってしまうのは、外見を重視する小径車フリークからか。プレスフィットの場合、BB 回りの音鳴りを防ぐのと、フレームに掛かる負担が少ないため最新モデルは、全て樹脂カップになって来ているようだ。なるほどカッコじゃないのね!

やっぱ、直面しないと勉強しないもんです



「新年スペシャルSALE」開催中⇒ [橋輪SALE]
記事検索
  • ライブドアブログ