2015年07月

船長のDAHON Mu SLX Di2 37 【橋輪Blog】

船長のDAHON Mu SLX Di2 体重測定

DSC_5184
DAHON 純正センタースタンド451  3.000円(税別)
162g あるが、使い勝手を考えると全然許せる重量だ。


DSC_5185
上が406で、下が451用。長さは同じで、



DSC_5186
曲げの角度が違うみたい。


それではスタンドを付ける前にお楽しみの体重測定と行きましょう!


DSC_5187
バックがゴチャついていてすいません。今日は風が強くて、かき小屋スタジアムにぶら下げられなかったので。さて、DAHON 最軽量モデルMu SLX オリジナルの8.6kg を大きなタイヤとバッテリーを積んで下回ったのか?



DSC_5188
8.64kg!残念流石に無理だったのか、


ちょっと待った!オリジナルの2015 Mu SLX もついでに測ってみよう!

DSC_5189
キャッチにも「余計なものを削ぎ落とした8.6kg超軽量ハイグレードモデル」とあるが、



DSC_5190
おっと!何と8.69kg 有るじゃないか? そうかカーボンのシートポストをやめたのと、11Speed と1速増えたことで体重が増えていたんだ。


しかもスペックを見ると、Weight 8.6kg w/o Pedals だ、

DSC_5100
DURA-ACE PD-900 が、248g

となると、8.4kg を切ったことになる。ぼくの計算合ってるよね!凄いぞ!
37回にも及んだ船長の2015  DAHON Mu SLX Di2。

これで一応の完成を見たのだが、


まだ重大な課題が一つ残っているのです!




--------------------------------------------------------------------------------
サマーキャンペーン!SC

5月7日より新企画”サマーキャンペーン” SC がスタートです。

モデルによりますが、8.220円〜最大56.240円お得! 
各モデルカラーの後に付いた
(SC)マークがキャンペーン対象商品となります。

(SC)マークは、橋輪ホームページで⇒チェック
橋輪SALE も見てね!

詳しくは、お問い合わせ下さい。


船長のDAHON Mu SLX Di2 36 【橋輪Blog】

RIDEA ヘッドセット組付け編

DSC_5140
巨大なボルトナットで圧入します。



DSC_5150
ベアリングは必ず入れて圧入します。実際ベアリングには一切力は掛かりませんが、センター出しのためです。



DSC_5141
入口までは、手でナットを回すだけで入って行く。



DSC_5142
上側にはヘットパイプ塗装面に直接工具を当てたくなかったので、オリジナルの樹脂製ダストシールとベアリングを当てました。



DSC_5143
更にナットを締め付けて行くとピッタリと圧入されます。



DSC_5145
次は、アッパーレース。欲張って上下同時進行はいけません。



DSC_5151
道具の使い方は必ずナットが下です。守らないとトップチューブの上に大きなナットが落下するはめになりますよ。



DSC_5152
普通のボルトナットでも出来ますが、センターを出して真っ直ぐに圧入したいのです。




DSC_5154
Oリング部は回転しませんが、オイルシールリップにはグリスを塗布しましょう。



DSC_5157
アッパークラウンレースをセットして、



DSC_5158
RIDEA のロゴを正面に、



DSC_5160
DAHON のハンドルポストはアヘッドと同じですよ。プレッシャープラグでベアリングにプリロードを掛けます。



DSC_5161
プリロードが決まったらセンタリングをし、ピンチボルトを締め上げて終了。



DSC_5162
キャリパーを取り付けて完成!



DSC_5163
地味ではありますが、押さえるとこ押さえる玄人好み感、出てますね。



DSC_5165

DSC_5183

DSC_5166

DSC_5178

DSC_5180

最後はスタンド付ければ完成か?

明日につづく、




--------------------------------------------------------------------------------
サマーキャンペーン!SC

5月7日より新企画”サマーキャンペーン” SC がスタートです。

モデルによりますが、8.220円〜最大56.240円お得! 
各モデルカラーの後に付いた
(SC)マークがキャンペーン対象商品となります。

(SC)マークは、橋輪ホームページで⇒チェック
橋輪SALE も見てね!

詳しくは、お問い合わせ下さい。

船長のDAHON Mu SLX Di2 35 【橋輪Blog】

カーボンフォークは難儀ですよ!

DSC_5112

カーボンフォークからクラウンレースを抜くのは難儀ですよ。コラムはアルミですが、レースに接触している部分は全てカーボンファイバーですからね。


IMG_7140
何やら野蛮な工具のラインナップとの格闘であります。



IMG_7139
その切っ掛けを作るのがカッターの歯。ゼロの隙間に少しずつ叩き込んで行くのです。少し歯が食い込んだら端を叩き回し込むように食い込ませます。



DSC_5117
ようやく外れました。高価なクラウンレースリムーバーがあっても切っ掛けがなければ外れません。てか、この方法しか知りません。誰か良い方法があったら教えて下さい。


DSC_5118
こいつが外れて全部の部品が揃いました。目方を測ってみます。



DSC_5173
DAHON オリジナル 88.0g



DSC_5174
RIDEA 86.0g



DSC_5121
左のスリットの入ったクラウンレースは、RIDEA。



DSC_5134
形、高さ、大きさが異なります。RIDEA では下側のダストシールを使わないためベアリングのセット高が低くなります。



DSC_5129
これはオリジナルの一番下に入るダストシール。



DSC_5130
オリジナルのロワーレースとはピッタリ合いますが、



DSC_5131
RIDEA とは、外寸が同じになってしまうため、入りません。



DSC_5139
RIDEA の方にはダストシールの逃げがない。



DSC_5175
左オリジナルのリテーナーは、SLX / Elite のみアルミ製で、それ以外は樹脂製となっている。



DSC_5122
オリジナルにも是非取り入れてほしい方式だ。テーパー部をベアリングが押すとコラムを締め付ける寸法。



DSC_5123
嵌めるのも外すのも手で簡単に出来る。



DSC_5124
ダストシールがいらないほどロアーレースとフォーククラウンが近づいた。



DSC_5125
下からのゴミの進入より、上からの水の進入を防いだRIDEA の方法は理に適っている。

カッターの歯を使った恐ろしい作業をしたくないって方は、オリジナルのロワーレースでも取り付け可能ですよ。(ダストシール分僅かな隙間ができるが)

次回は、組付けを




--------------------------------------------------------------------------------
サマーキャンペーン!SC

5月7日より新企画”サマーキャンペーン” SC がスタートです。

モデルによりますが、8.220円〜最大56.240円お得! 
各モデルカラーの後に付いた
(SC)マークがキャンペーン対象商品となります。

(SC)マークは、橋輪ホームページで⇒チェック
橋輪SALE も見てね!

詳しくは、お問い合わせ下さい。

船長のDAHON Mu SLX Di2 34 【橋輪Blog】

RIDEA のヘットセットに入れ替える

DSC_5103
それでは交換作業を始めましょう。



DSC_5104
せっかく取回しを決めたブレーキワイヤーは、キャリパーごと外します。



DSC_5105
ピンチボルトを緩め、



DSC_5106
プレッシャープラグを外せば、



DSC_5107
フォークが抜けます。ロアーベアリングの下に付くプラのダストカバーは使えません。



DSC_5108
ベアリングレース抜き工具。



DSC_5109
こいつを突っ込みハンマーでこずいてやれえば、レースが抜けます。




DSC_5126
実際にはブラックの方を取り付けますが、分かりにくいのでレッドで解説。



DSC_5110
グリスが付いてますので、奉納 金壱萬円也 ハシリン殿の上で、



DSC_5114
コラムとの隙間は内側のOリングでシャットアウト。左のオリジナルに防水機能はない。



DSC_5115
外側はオイルシールで。このパーツはRIDEA の方が重い。




DSC_5116
ヘッドパイプに圧入されるレース。RIDEA は、CNC で精度抜群。レースは確実にRIDEA の方が軽い。



DSC_5113
構成部品は、ほぼ同じだがオリジナルは、一つ足りない?



DSC_5112
クラウンレースがここに残っているのだ。カーボンフォークからこれを外すのは至難の技ですよ。

今夜は、ここまで!



今夜のお別れは、
船長が送ってくれた日本海の素晴らしい夕日をどうぞ!


今、日本海側、新潟沖で錨泊中、台風11号ナンカーも明日には熱帯低気圧になるようですね、影響有りませんが。

(画像クリックで拡大)
IMG_1247

あら、タンカーって意外と速いのね!



--------------------------------------------------------------------------------
サマーキャンペーン!SC

5月7日より新企画”サマーキャンペーン” SC がスタートです。

モデルによりますが、8.220円〜最大56.240円お得! 
各モデルカラーの後に付いた
(SC)マークがキャンペーン対象商品となります。

(SC)マークは、橋輪ホームページで⇒チェック
橋輪SALE も見てね!

詳しくは、お問い合わせ下さい。

船長のDAHON Mu SLX Di2 33 【橋輪Blog】

DAHON Mu SLX Di2 最終仕上げと行きますか

DSC_5092


バックオーダーとなっていた船長のパーツ、コントロールテックカーボン製品とDURA ペダルが入荷しました。これで最終組み付け終了となるか? あれ昨日よりパーツが増えてる。それでは、船長御用達コントロールテックのカーボンパーツからご紹介。


DSC_5097
CONTROLTECH MODULE 36.000円(税別)



DSC_5096

リーフスプリングを採用したカーボンレールサスペションで、177g。

 

DSC_5093
CONTROLTECH カーボンボトルケージ 9.000円(税別)



DSC_5094
こちら目方が無いのと一緒の30g。



DSC_5100
Shimano DURA-ACE PD-9000    21.911円(税別)



DSC_5099
RIDEA PRECISION UPGRADED BARING  4.500円(税別)



DSC_5098
Jagwire Sieek Pro Lite シクロクロス  2.800円(税別)



DSC_5101
こちらはレッコされたアニバーサリーから外したコントロールテックカーボンアームシートクランプ(非売品)とカーボン用ブレーキシュー。



DSC_5102

明日は、リデアヘットセットの取り付けを


今夜のお別れは、
船長が送ってくれたダブル・バーチカル・レインボーをどうぞ!


7/15日、太平洋側、九十九里浜沖を新潟西港向けで航海中、日没前に綺麗な虹が...画像添付して置きます。

(画像クリックで拡大)
IMG_1243

IMG_1246

おやすみなさい




--------------------------------------------------------------------------------
サマーキャンペーン!SC

5月7日より新企画”サマーキャンペーン” SC がスタートです。

モデルによりますが、8.220円〜最大56.240円お得! 
各モデルカラーの後に付いた
(SC)マークがキャンペーン対象商品となります。

(SC)マークは、橋輪ホームページで⇒チェック
橋輪SALE も見てね!

詳しくは、お問い合わせ下さい。

記事検索
Archives
  • ライブドアブログ