2015年04月

”オッサン”のガレージセール KIMORI COLOSSUS 売ります 【橋輪Blog】

”オッサン”のガレージセール KIMORI COLOSSUS 売ります

(画像クリックで拡大)
DSC_3560
KIMORI  COLOSSUS   フレームサイズ:L(530mm)
クロームメッキ / メタリックレッド
コンポ:マイクロシフト 2 × 9 Speed

”オッサン”のキモリ・コロッサス手放します


DSC_3580




DSC_3563
Sugino クランク FSA 53 / 39Tチェーンリング



DSC_3564




DSC_3565




DSC_3568




DSC_3569




DSC_3570




DSC_3562
タイヤ:SCHWALBE KOJAK 20×1.35 



DSC_3567
H-PULS SUPER LITE 20(406)ポリッシュ 



DSC_3566
前後ハブ:AMERICAN CLASSIC



DSC_3571




DSC_3561




DSC_3573




DSC_3574




DSC_3579




DSC_3576

”オッサン”のガレージセール KIMORI COLOSSUS
380.000円でお願いします!
※以前、問い合わせがありました方から順番に8名様ほど先行でお知らせ致しております。


DSC_3545

一目惚れで買ったのに、

あんなに気に入ってたのに、

自分のキモリを売ってまで手に入れたのに、

何故?

キモリが嫌いになったのではありません

此奴のとりことなったのです


DSC_2749

HAND MADE IN JAPAN  KIMORI COLOSSUS HR 注文

これで、3月に開催された埼玉サイクルエキスポでの初お披露目から、2台のHR を受注したことになる

KIMORI COLOSSUS HR



現在、販売しておりますDAHON / Tern / FUJI / ROCK BIKES 各メーカーの価格が3月21日より変更となっております。
新価格はこちらから↴
取扱い4メーカー価格変更のお知らせ【橋輪Blog】

スプリングキャンペーン実施中!
各モデルのカラーの後に付いている SC マークがキャンペーン対象モデルになります。
橋輪ホームページでチェック↴
          http://hasirin.jimdo.com/

ROTOR Q-Rings 無数に開いたチェーンリングボルト穴を考える その3 【橋輪Blog】

ROTOR Q-Rings 無数に開いたチェーンリングボルト穴を考える その3

(画像クリックで拡大)
DSC_3546

T氏は、20インチホイールのDAHON Vector X20 にQ-Rings を装着するにあたり、1週間を要したそうだ。ROTOR は、700C 又は26インチのMTB を基準に考えられており、これを解明するために様々なデーターをエクセルファイルに落とし込んだという。(せっかく頂いた資料だが、スキャナーはあるが、スキャニングと、それをパソコンに取り込むすべが、ぼくにはない。写真を撮ってそれを拡大すれば、何とか見れるレベル。申し訳ない)

(画像クリックで拡大)
DSC_3547
Q-Rings 最大負荷時クランク角と題されたシートには、様々なデータが書き込まれる。想定したモデルは、サーベロ R5 で、クランク角を決める要となっているシートチューブアングルは73(度)となっている。


DSC_3544
この場合、BB中心からサドル着座点までのラインはシートチューブとほぼ一致している。

(画像クリックで拡大)
DSC_3553
上半分がアウターギヤで、下がインナーギヤ。一番上の段を見るとアウターギヤ56T で、トップ11T に掛けた場合、減速比が5.1で、アウター、インナーのポジションを選択するとクランク角は120°〜130°となっている。大よそこの角度が、基本最大パワーの出る位置らしい。


小径車である DAHON Tern もこの表に当てはまるのか?


DSC_3555
DAHON tern オーナーならご存知だが、折り畳み時にスタンドの代わりとなるシートポストが貫けるようBBが前方にオフセットしている。


DSC_3559
全ての数値が大きく現れるDAHON Curve D7 で見てみよう。BB オフセット有り。



DSC_3556
オフセットした分BB センターから着座点のラインが傾いているのが分かる。シートチューブアングルからずれている分こちらは、サドルの高さでもアングルが変わってくるのだ。(サドルが低くなるほど角度の違いは大きくなる)

更に影響を受けるのがこれ

DSC_3536 - コピー (4)
チェーンとクランク中心からが直角に交わったところが最大(ギヤ比大)にしなければ、ってとこ。



DSC_3556
フルサイズの車体であれば、ほぼ水平を指す上側チェーンラインも小径となれば、BBセンターより後輪軸の方が格段に傾いてくる。


DSC_3550
DSC_3549
こちらは、Vector X20 に置き換えてたシートである。スペックシートによるシートチューブアングルは、77.1°だが、サドル高735mm(自分に合わせた高さ)とオフセット分、その他を加味して73.9°と示している。こちらはより細かく記入されていて、フロント55T リヤ11T から12.13.14.15.17.19.22.25.28T と10速分、インナー39T とルヤ10速分の全てが記載され、想定条件としてリヤ15T 以上には1%ずつの斜度とインナー×19T 以上での前乗り寸法の補正も加わる。

(画像クリックで拡大)
DSC_3552
T氏が選んだポジションを黄色枠に示す。上段がアウターギヤで、Pos.(6)。下段インナーギヤは、Pos.5。どちらも120°前半に収めている。アウターとインナーのポジションが違うのは、インナーに落とした場合、上側チェーンラインの角度が下がる(700C に近づく)ため。

これをROTOR の推奨するステップ1 = Pos.3 の104°に設定するとどうなるか? 以下、3枚は同じ写真。

3
ROTOR の言う踏み込む足の最大パワーが出るクランク角度は、このあたり。



2
これをPos.3 の104°に合わせるとクランクは水平より高くなってしまう。



1
小径車に置いてQ-Rings 理想のクランク角に持って行くには、15°補正させたPos.(6)まで遅角させる必要がある理屈が分かる。


凄いなT氏。ここまで来るとQ-Rings の達人、いや変態と言えよう。(失礼) 仕事は何をなされてるのか? 数学か物理の先生か? とにかく先生がいて助かりました。これでもぼくはまだ1/10ほどしか理解出来ていない。立ち漕ぎの続く、ヒルクライムではポジションを6〜5や4へと進角させるだろうし、実際には、パワーメーターを取り付けて乗って見なければ分からないこともあろう、筋肉の付き方でも変わってくるだろう。

後は、オーナーKさんに色々なポジションを試して頂きレポートを聞かせて貰いますかね




現在、販売しておりますDAHON / Tern / FUJI / ROCK BIKES 各メーカーの価格が3月21日より変更となっております。
新価格はこちらから↴
取扱い4メーカー価格変更のお知らせ【橋輪Blog】

スプリングキャンペーン実施中!
各モデルのカラーの後に付いている SC マークがキャンペーン対象モデルになります。
橋輪ホームページでチェック↴
          http://hasirin.jimdo.com/


ROTOR Q-Rings 無数に開いたチェーンリングボルト穴を考える その2 【橋輪Blog】

ROTOR Q-Rings 無数に開いたチェーンリングボルト穴を考える その2

DSC_3545
5アームの場合は、A の位置に各ポジションをセットしろとある。

付属する簡単な説明書を読んでみたが、初めはポジションで、10時間走行しろとある。その後の症状により各ポジションに移行するらしい。


DSC_3541
前回の説明通りにポジションは1 から反対側(正確には180°ではない)2〜5 と続く。これがQ-Rings の素晴らしい発想で、隣のポジション(例えば1 と3 )までは、10°離れているが、チェーンリングボルトの穴に制限があるので、これ以上狭くは出来ない。従って反対側に2を持ってくる(チェーンリングをひっくり返す)ことで、1〜2間を5°と微調整出来ることだ。


もう、訳分からんようになってきた? そうだ先生がいたな!

IMG_0257
この間、アルフィーネ11速内装ハブで、ちょっとヤラカシてしまったT氏だ。カーボンロードから小径、ママチャリまで、こよなく愛すが、



IMG_1421
時には、危険な井手達で走行している。



DSC_2257
T氏のDAHON Vecter X20。早くからROTOR Q-Rings に目を付けている。



DSC_2259
T 氏は、どのポジションで乗られてるのですか? と聞くと
「ぼくは、ポジション(6)です」



DSC_3541
え? てことは、5の反対側に仮想した(6)?



DSC_3549
「これ、参考になれば、どうぞ」と何やら座標を頂いた。

理解しよう、とここに書いてある言葉をネットで検索してみたが、全くヒットしない。聞くと「当時、資料が全くなかったもんで、ぼくが作りました」だって。出てこないわけだ。

明日は、T氏によるQ-Rings の小径車に置ける設定理念を




現在、販売しておりますDAHON / Tern / FUJI / ROCK BIKES 各メーカーの価格が3月21日より変更となっております。
新価格はこちらから↴
取扱い4メーカー価格変更のお知らせ【橋輪Blog】

スプリングキャンペーン実施中!
各モデルのカラーの後に付いている SC マークがキャンペーン対象モデルになります。
橋輪ホームページでチェック↴
          http://hasirin.jimdo.com/

ROTOR Q-Rings 無数に開いたチェーンリングボルト穴を考える【橋輪Blog】

ROTOR Q-Rings 無数に開いたチェーンリングボルト穴を考える

DSC_3529

足の上下運動をクランクの回転運動に変えることに、そもそも無理がある。力が掛けやすい部分と掛からない部分の不均等さを不均等なチェーンリングで均等にしてやろうと考えられたのが、楕円リングである。無数に開いたチェーンリングボルト穴の意味。これを解明する!


IMG_4232
RIDEA の場合は固定だった。



DSC_3541
取付けにはPos.1 から180°ずれながら2〜5までのセッティングがある。(5の先でも6.7.8.と行けるが)



DSC_3535
クランクがこの位置では、全く力が働かない。(回転運動しているから慣性的にはあるが)



DSC_3538
スタンディングを考えるとこの位置は有効だが、シッティング姿勢ではどうだろう。(あっ、船長お借りしてまーす)



DSC_3536 - コピー
人間の足であれば、膝が伸び切る寸前が最大のパワーを発揮する。とすれば、この位置がベストとなるだろう。



DSC_3536 - コピー (3)
では、この真上の位置に楕円の最大部を持って行けばいいのか?



DSC_3536 - コピー (4)
いやそうではない。ホイールを駆動するチェーンを引っ張っているのは上側だけ。そのチェーンとクランク中心からが直角に交わったところが最大(ギヤ比大)にしなければ。


DSC_3543

と、頭の後ろがかゆくなってきたのと、暴風大雨のため避難勧告が出たため、これにて失礼する。

何も解明してない



現在、販売しておりますDAHON / Tern / FUJI / ROCK BIKES 各メーカーの価格が3月21日より変更となっております。
新価格はこちらから↴
取扱い4メーカー価格変更のお知らせ【橋輪Blog】

スプリングキャンペーン実施中!
各モデルのカラーの後に付いている SC マークがキャンペーン対象モデルになります。
橋輪ホームページでチェック↴
          http://hasirin.jimdo.com/

ROTOR Q-Rings 【橋輪Blog】

ROTOR Q-Rings

DSC_0573

皆さん、この tern Verge X20 を覚えているだろうか?オーナーKさんが、2013年11月4日の鈴鹿8時間エンデューロにエントリーするためにフロント60T を組んだ tern Verge X20 です。これがまた橋輪に送られて来ました。

IMG_6659
品祖な梱包やなー! 大丈夫か?



IMG_6660
エアーパッキンだけで包まれたカーボンドロップは無事なようだが、



IMG_6658
おっと危ね! 60T-130 と刻まれたチェーンリングが飛び出してますぞー!



DSC_3525
何やら送った時とは、様相が違うぞ、



DSC_3524
カーボンドロップに組んだRED のダブルタップシフター。



DSC_3526
怪しげな持ち込みパーツでフロントキャリパー付けたっけ。



DSC_3519
大変だった60-42T のフロント変速。



DSC_3520
RED 22 のヨーテクノロジーに助けられたっけな。



DSC_3521
あれっ!リヤタイヤが大きくなってるぞー!



DSC_3522
80mm ブレーキアームで451は無理なんだけど?



DSC_3523
こんなアダプターが市販されているのか?



DSC_3527
そして同送されてきたキネプロ406オリジナルリヤホイールとフロント用451ホイール。



DSC_3528
そして1枚の楕円チェーンリング。   ROTOR Q-Rings



DSC_3530
注文を受け発注したインナーリングは、



DSC_3531
44T。



DSC_3532
5・3・1

DSC_3533
4・2 と何やら数字が、



DSC_3529

60T の外径が約245mm で、56T のQ-Ring は最大で243mm 最少で225mm と差ほど変わらない。しかも何でこれほどびっしり所狭しと取付穴が並んでいるのだろう?

K さん、また悩みの種を持ち込みやがったな!




現在、販売しておりますDAHON / Tern / FUJI / ROCK BIKES 各メーカーの価格が3月21日より変更となっております。
新価格はこちらから↴
取扱い4メーカー価格変更のお知らせ【橋輪Blog】

スプリングキャンペーン実施中!
各モデルのカラーの後に付いている SC マークがキャンペーン対象モデルになります。
橋輪ホームページでチェック↴
          http://hasirin.jimdo.com/
営業日カレンダー
2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ