2015年02月

もう一人のKさん DAHON Visc P20〜22?【橋輪Blog】

もう一人のKさん DAHON Visc P20〜22?

DSC_1809
前回、カスタムバイクギャラリー ↴ に登場頂いたK さんです。
キネプロギャラリー DAHON Visc P20 【橋輪Blog】


DSC_2603
DSC_2604
DSC_2605

キネプロホイール、DURA クランク、RIDEA ショートV で武装したビスクですが、今回追加でのモディファイ依頼を受けました。


DSC_2601
先ずは、コクピット回りから、Mu SLX 用ハンドルポスト16.200円



DSC_2600
RIDEA  Extendabule Stem 25.4mm   7.810円



DSC_2607
カーボンフラットバーは、TAIOGA Carbo Flat 254 9.500円



DSC_2606
フラットバーでありながら、エアロ形状となっているのが分かる。
故にオープンクランプでないと取付出来ない。



DSC_2608
RIDEA XFH V ブレーキレバー  21.060円



DSC_2602
ERGON GS2-S グリップ  6.040円



DSC_2599
シートポスト:KCNC ライトウイング  20.300円
サドル:2014 tern Verge X20 用    6.480円


DSC_2582
さて、ウエイトを測ってみましょう。



DSC_2583
やった! 9.4kg とオリジナルの11.0kg から1.6kg の軽量化。


それでは、完成形を

DSC_2596




DSC_2597




DSC_2598




DSC_2609




DSC_2610

こちらの Visc もドンピシャ来てますね。凄く綺麗に仕上がりました。 ちょっと待ったー!
おっと、高額なクランクを注文した友人に感化されたのか、更なるリクエストが入る!

DSC_2807
K さんは、Shimano 11 Speed シフターを待っています。



DSC_2808
リヤディレーラー、DURA-ACE 9000  21.437円 装着済。


DSC_2810
american classic 11 Speed フリーハブ 9.720円 装着済。



DSC_2809
カセットスプロケ、DURA-ACE 9000  24.638円 装着済。
チェーン、DURA-ACE 9000  4.867円。


DSC_2815
フロントディレーラー、DURA-ACE 7900  9.856円 装着済。

部品総額は、前回約16万円で、今回が9万円+追加分で9万円。トータルで34万円ほど掛けたビスクとなりました。やっぱ神奈川熱いぜ!

良き友であり、良きライバルと、DAHON Visc P22


極太タイヤを履いた tern Link P24h 【橋輪Blog】

極太タイヤを履いた tern Link P24h

DSC_2626

神奈川に、熱い小径フリークの仲良し二人組がいる。
来店する時は何時も一緒で、去年のサイクルモードでも喫煙所で二人とばったり。そんな二人の愛車を紹介しよう。
DAHON Visc P20 所有のK さん(二人ともKです)は、他にも tern Verge X20 も所有で、今夜紹介する tern Link P24h のK さんも同じく、Verge X10 を所有する大の小径フリークだ。

IMG_6046
フレームに描かれたグリーンのラインとロゴ。ここに重点を置いた。先ずはスポークニップルから。



IMG_6047
勿論、ニップルはグリーン。



IMG_6053
スタミアーチャ内装3段ハブ。しっかり振れ取りしましたからね。


(画像クリックで拡大)
DSC_2611




DSC_2620




DSC_2621




DSC_2622
リヤビュー。SDG のサドル裏側の蛍光グリーンが結構効いてんなー!



DSC_2612
シートポストはKCNC ライトウイング。



DSC_2614
そして極太タイヤ。やっぱシュワルベのホワイトリフレクターって高級感出るよね。



DSC_2615
SCHWALBE BIG APPLE PLUS 20×2.15(406)。
仏バルブキャップは、DIXNA。



DSC_2616
やっぱり「太いがカッコいい」だね!



DSC_2625
太さ2.15 となると外周は451 以上になるから、スタンドもここまで上げないと立ちません。



DSC_2617
小物も手抜きなし。



DSC_2618
ペダルはbazooka のグリーンをチョイス。



DSC_2619
ハンドルバーはTIOGA 00 rise/d 25.4mm。



DSC_2613
オチャメなベルはブリヂストンだって。



DSC_2624

(画像クリックで拡大)

DSC_2623

何だろうこの感じ、極太タイヤがとても良くマッチしてメチャメチャカッコいいではないか。(標準装備のマットガードを外しただけではここまで来ない。やはりタイヤが効いている)
tern のプレミアムディーラーである僕がこんないい方しては不味いのだが、個人的にはLink フレームより、Verge フレームの方が断然好きだと思っていたのに、完全にひっくり返された瞬間だった。マジ、カッコいい!


モデファイは、まだ終わっていない

photo_001[1]
RIDEA の5スパイダーアームのグリーンを取り寄せ中だ。

また、高けーんだこのクランク! でもガッツリ合うね


K さんのLink D24h 見て惚れ直しちゃった方、ありますよー!

3台あります
20% OFF の 89.800円(税込) 
2014  tern Link P24h  


明日は、もう一人のKさん DAHON Visc P20〜22?を

MINI LOVE カスタムバイクコンテストにエントリーしました【橋輪Blog】

MINI LOVE カスタムバイクコンテストにエントリーしました

2月1日の【橋輪Blog】で、皆さんに MINI LOVE カスタムバイクコンテストへのエントリーをお誘いしましたが、未だ、ただ一人、
OさんのDAHON Visc P22 しかエントリーされていません。「ぼくのなんて大したこと無いし」 とか 「いやいや、お呼びでないですよ」 ではなく、エントリーして当日、会場でミートするのが趣旨です。まだ、まだ、間に合います。みんなで参加して楽しみましょう!

MINI VELO LOVERS FESTA ‘15 へのお誘い 【橋輪Blog】


13030_811674168895233_1918615549340665667_n[1]
全国から小径車ファンが集まる第3回「MINI LOVE」が埼玉スーパーアリーナにて、2015年3月7日(土)〜8日(日) 2日間開催されます。(カスタムバイクコンテストは7日(土)のみ開催)


カスタムバイクコンテスト応募バイク No.052
DSC_2479
DAHON Visc P22



カスタムバイクコンテスト応募バイク No.054
DSC_2749
KIMORI COLOSSUS HR

現時点でのエントリーは54台。facebookのいいね!による一般投票もやってますよ!
エントリー全ての写真一覧は⇒こちら


橋輪ホームページにKIMORI のページをアップしました。
是非ご覧下さい。まだまだ更新中!
KIMORI
http://hasirin.jimdo.com/


KIMORI COLOSSUS HR 【橋輪Blog】

KIMORI COLOSSUS HR

17インチ化に伴い、ギヤ比を変更したKIMORI COLOSSUS HR

IMG_6259
POWER TOOLS ミニベロチェーンリング62T
船長とお揃いで使うため2枚取り寄せた62T のビックギヤ。


IMG_6262
20インチで、カプレオカセットトップ9T だったのが、HED ホイール装着でトップ11T × 17インチとなったため、56T のチェーンリングでは、オーバーレブですので、62T に6T アップ。


iron_flow[1]

このサドルのテールカウル部分をフレームと同じカラーに塗装して装着予定だが、今のところ入荷待ち。



KIMORI COLOSSUS HR

(画像クリックで拡大)
DSC_2748
KIMORI COLOSSUS HR フレームセット 700.000円(税別)
フレームサイズ: S / M (写真はM)
(スペシャルペイント / メッキ別途)

HR フレームセットの解説は⇒こちら

小さな巨人”コロッサス”。この奇妙な自転車には、計り知れない可能性と、最高技術が結集する機能美がある。そして、現在までこの地球上には無かった乗り物である。


DSC_2759
フレームは木森が特注する10Φのクロモリパイプから、巧みなロー付けで形成されるため溶接ビードが無く美しい。ヘッド近くの左右非対称の補強ブリッジがたまらない。


独自のフロントサスペンション

DSC_2762
4輪車の世界で言う、ダブルウィッシュボーン型のフロントサスペンションは、路面からの衝撃を完全にキャンセルし、且つ又フロントタイヤのグリップ力を増大させ、ブレーキング時には、モーターサイクルのようにキャスターを立たせる方向に働き、旋回性を上げる。(あのアレックスモールトンに近似していると言われるが、開発はダブルパイロンより遥かに遡る)


DSC_2773
ダンパーユニットも木森が設計製作したもので、重たいスプリングを使わないエアサス&オイルダンパーとなっている。



DSC_2774
ステムから突き出すインナーチューブトップボルトにエアーバルブがあり、ここから加減圧することで固さをリニアに調整出来る。(フレームセットには、このステムも含まれる)



DSC_2766
DSC_2764
ステムとヘットパーツ。どちらも中心から削り出された芯の目が見える。



DSC_2780
ハンドリングを司るアッパーアーム。



DSC_2779
サスペンションの収縮を受けるロアアーム。動きを理解するには、それなりの時間を要する。



DSC_2763
自転車なのにハンドルストッパーが付く。これだけしか切れないのに狭い道でのUターンは容易だ。


不思議な力を生むリヤサスペンション

DSC_2772
リヤサスペンションはエラストマー方式。固さ調整はエラストマーの数を変更して行う。一般に「リヤにサスペンションを設けると、ペダリングの力が吸収されてしまう」と言われるが、木森の考え方はこうだ、確かに踏み込んだ時にはエラストマーが圧縮されているが、クランクがボトムに向かい、力が伝わらなくなった辺りから伸び初めリヤアーム(バックフレーム)を押し下げる。この時チェーンリングとカセットスプロケの上側に掛かるチェーンが緊張し、後輪を回そうとするベクトルが発生する。キモリコロッサスの漕ぎ出しの速さ、一漕ぎの伸びの由縁がここにある。


KIMORI COLOSSUS HR

DSC_2758

それでは、コロッサス HR(ハシリン)スペシャルバージョンを解説しよう


DSC_2756
最大の特徴は、ロングスイングアームにより、リヤセンターを伸ばし、ロングホイールベースとしたフォルムにある。


DSC_2777
エンドに繋がるバックフレーム(普通のフレームで言うシートステー)には、オリジナルにあるピロボールがなく、リジットとなっている。



DSC_2771
試作失敗を乗り越え新設計したロンスイリヤアームは、STPアーム(スペース・チューブラー・ピラミッド・アーム)と命名した。



DSC_2775
全てフレームトラスと同じ10Φで組まれているように見えるが、



DSC_2776
チェーンステーだけは、微妙なテーパーチューブにし、補強を入れずに高剛性を確保している。



流行に逆行した更なる小径化

DSC_2757
昨今、ミニベロ、フォールディングバイクの20インチクラスでは、同じ20であっても406から451へとサイズアップするのが、この世界のトレンドであり、カスタマイジングの常識となっている。そんな中、敢えて20インチから17インチへと大幅にスケールダウンしてみた。ミニベロ本来の長所はコンパクトなところにある故、何故に皆、大きくしたがるのか、ぼくには分からない。ゴムである以上重たいタイヤの質量が減り、空気抵抗も軽減するスモールホイールこそが、ミニベロに適したサイズであろうと思う。


DSC_2752
最終減速比であるホイール直径の減少はギヤ比で賄える。



DSC_2750
56T から62T に上げてみた。大きく肉抜きされたチェーンリングが軽快なイメージを醸し出した。



DSC_2754
POWER TOOLS ミニベロチェーンリング62T PCD 130mm



DSC_2770

色々と能書きを述べたが、本当に一番自慢したいのがこのルックス。700Cのロードバイクでは考えられない、ホイールとチェーンリングの大きさが、イコールに近づいて行くこのカッコ良さ。分かって頂けるかな。出来ることなら80T 位付けてみたい。(木森さんなら作ってくれるが、足が追い付かず)



DSC_2761




DSC_2749

HAND MADE IN JAPAN  KIMORI COLOSSUS HR

(3月11日以降、試乗出来ます 事前連絡要)
※試乗には身分証明書の提示を頂いております




船長のDAHON Mu SLX Di2 8 【橋輪Blog】

ブレーキ台座ぶった切る前にもう一度良く考えよう!

RIDEA CLV 100mm リーチのV ブレーキアームの入荷を待っていた

IMG_6216
写真は、RIDEA CSV  80mm ショートV 
「100mm のブレーキアームを使うにしろ406と451ではブレーキシュー取付位置が相当変わる。これらの比率をどう計算するか?想像もつかん」・・・・
と、頭が混乱したところで終わった前回。だが、見込は無いわけではない。ブレーキ台座ぶった切る前にもう一度良く考えよう!

頭で計算できないのなら、実験してみー!

IMG_6253
RIDEA CLV を取り寄せてみた。何時も使ってるショートVは80mm だが、451ホイールをかわす為に100mm のCLV を取り寄せた。


IMG_6252
ブレーキシューは件の法則から短いタイプが必須。今回は、ちょっとお高いJagwire で、実験。



IMG_6254
ブレーキシューの取り付け位置は、ご覧の通りの超ワイド。



IMG_6256
極端にセットしてみた。これが小さいサイズの406リムとすると、

IMG_6255
こちらが451サイズ。


(画像クリックで拡大)
IMG_6258
極端な図を書いてみるとこうなる。バックフレームにあるブレーキ台座を支点とし、ピンクで表したブレーキアームをワイヤーで引きストロークさせる。すると同じストローク量でも、支点からの作用点が遠い451リムの方が、これだけ移動量が多くなる皮算用だ。


IMG_6286
これは、趣味のラジコン飛行機だが、動翼に大きな舵角を持たせるアクロ機は大変だ。



IMG_6287
サーボのトルクを最大限に生かすために、リンケージは何時も研究している。作動スピードよりもサーボモーターを振り切れるようなレバー比を何通りも試して探し当てるのだ。とは言っても自転車のブレーキにも当てはまるかだ?


実験あるのみ!

IMG_6263
今回、初めて箱から出された船長の2015 DAHON Mu SLX オブシディアンブラック。3台目のSLX だ。



IMG_6264
こちら、SLX オリジナルの長いブレーキシューが付属する85mm Vブレーキアーム。



IMG_6265
こいつを先ず外してしまいましょう。



IMG_6266
CLV の100mm をセット。実験なので取りあえずオリジナルのステンボルトで借り付します。


簡易的に451化する

IMG_6268
ここで、I さんの、フレーム以外の全てを交換し、22 Speed で組み上げたSPEED falco(お披露目写真は、本人登場で後日アップ)の451ノーマルホイールをお借りして、


IMG_6269
451化終了。



IMG_6270
451だとブレーキシューの取り付け位置が、ほぼ目一杯上になる。


ここで DAHON 30周年記念限定モデルANIVERSARY登場!

IMG_6272
”レッコ”される運命と知ってか?
引きずり出されたアニバーサリー、シリアルナンバー001。



IMG_6271
こちらは、前後SRAM RED のキャリパーブレーキ。



IMG_6273
コントロールは、ブルホーンバーにセットされたSTI 105。



IMG_6284
生体肝移植手術のように寄り添うアニバーサリーとSLX。
001 / 300 の刻印を持つ30周年記念バッチが、全てを提供すると言っている。


IMG_6276
カテーテル手術で、アニバーサリーの左STI レバーからの血管を、



IMG_6280
SLX のリヤブレーキに移植する。



IMG_6285
アニバーサリーのブルホーンに装着されたSTI で引いてみる。



IMG_6277
さあーどうだ? ハンドルバーに、びったりくっ付いてしまったらアウト!



IMG_6279

来た〜!

寧ろフロントのキャリパーよりもタッチが良い。
船長〜!変なデバイスなしで出来ちゃいました〜。
ブレーキ台座ぶった切ったら保障無くなっちゃいますからね。
あぶねー、あぶねー。

これでやっと暗いドッグから大洋に漕ぎ出せますよ〜!


※実験にあたり、勇気付けして頂いた熱心な【橋輪Blog】読者に感謝致します。

記事検索
  • ライブドアブログ